夏至祭の日に咲いたモナミの花

130622-1.jpg
今年(2013年)は、正確には昨日の6月21日が夏至でしたが、北欧では昨日が夏至祭前夜で、今日の6月22日が夏至祭です。夏至祭は冬が長くて暗い北欧にとって、一年で一番日が長い昼を祝う嬉しい日です。
残念ながら日本は雨の夏至となりましたが、60年ほど前の同じく雨に降られた夏至の日、一人の少女が傑作を生み出しました。1950年代、60年代にスウェーデンのロールストランドを代表するデザイナーの一人、マリアンヌ・ウエストマンのモナミ(Mon Amie)シリーズです。
まだ美術大学(Konstfack)に在学中だったウエストマンは、雨のためお祭に参加する気にはなれず、近くに咲いていたイソツツジ(スウェーデン語でSkvattram)の花のスケッチを始めました。
130622-2.JPGこの花がイソツツジです。単純に図案化されたとはいえ、雄しべが長く、外に大きく飛び出した特徴がそのままモナミに表現されています。
早くから認められ、大学在学中にはロールストランドで研修生として所属していた才能ある彼女ですが、まさかそのスケッチが後に35年に渡る大ロングセラーとなり、多くの賞を受け取るとは思ってもいなかったでしょう。
1952年の若干24歳の時に発表、1987年に一旦生産が終了しましたが、2009年に80代のウエストマン自身が関わって形を変えてロールストランドから復刻されています。正に生涯に渡る代表作となったモナミは、こうやって誕生しました。
モナミはフランス語で「Mon amie」と綴ります。そのまま訳すと「私の友達」ですが、amieとは女性を指すので、この場合「私の”女”友達」の意味になります。
夏至を祝うお祭の日に、踊ったり歌ったりの賑やかな人々の輪から離れ、一人スケッチブックにペンを走らせていた彼女は、雨の中で白く輝くイソツツジの花に親友にも似た感情を抱いていたのかも知れませんね。
モナミシリーズは下記リンク先からどうぞ。
Rörstrand Mon Amie
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今年の夏至祭は良いお天気になりそうですね。2013年現在、ウエストマンはいまもお元気だそうです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

戦時下の花リンドベリのファイアンス焼

130619-3.jpg
グスタフスベリを代表するデザイナー、スティグ・リンドベリの作品の一つに「Fajans(ファイアンス)」があります。
ファイアンスとはシリーズの名前でなく、焼き物の手法で、13世紀にイスラムからヨーロッパに伝わりました。ヨーロッパでそれぞれの発展を遂げ、イタリアでは「マジョルカ焼き」、オランダでは「デルフト焼き」と変化しました。
130619-1.jpgそれまで透明な釉薬が使われていたところ、錫(スズ)を含んだ白の釉薬を掛けることで、その上から鮮やかな色で彩色が出来るようになりました。
また火に入れる前に釉薬の上に彩色をするので、顔料はフレスコ画のように釉薬に吸い込まれ、鮮やかな色彩を保つ事が出来ます。
16世紀ごろには盛んに作られましたが、やがてコストの安い他の陶磁器に席巻され徐々に衰退。リンドベリがグスタフスベリに入社した1930年代には既に過去のものとなっていました。
606px-Lindberg_och_Kage_1938.jpgけれども、1920年代からグスタフスベリでは、リンドベリの師匠であるヴィルヘルム・コーゲらが、18世紀のような日用品は無理でも芸術作品として再現できないか、と復刻に取り組んでいました。
(写真左)ヴィルヘルム・コーゲ、(写真右)スティグ・リンドベリ 1945年
以前も書きましたが(受け継がれる美)コーゲはそもそも画家であったため、キャンバスのように自由に色を表現できる素材を求めていたようです。コーゲに弟子入りしたリンドベリも共にファイアンスの課題に取り組みます。
130619-2.jpgそして1942年、過去のものとなっていたファイアンスに新しく芸術的価値を加えたグスタフスベリのファイアンス焼きが展覧会で発表。
その輝く色彩で表現されたロマンチックで新しい雰囲気を持った作品群はスウェーデン陶芸界に驚きを与え、その場で国立美術館が数点の買い上げをしたほどでした。
当時ヨーロッパ全土は戦争の最中。不安と沈うつな気分が蔓延していたこの時代、明るくのどかな花のようなファイアンス焼きは人々を魅了しました。とはいえ、グスタフスベリ製陶所も材料不足や人手不足の問題を抱えながらの制作だったそうです。
ファイアンス焼きは土器なので特有の温かな質感があります。釉薬に直接描いた彩色は、釉薬に吸い込まれ、筆で描いた柔らかさが強調されています。描き直しが利かないので、熟練の絵付師によって描かれたのでしょう。
バックスタンプに入った星、月、魚、傘、ハート、鳥などの小さなマークは、fajansmålareと呼ばれる絵付師のサインです。それらの多くのサインと絵付師の名前の照合が資料として残っているのには驚きます。ファイアンスの絵付師は大切にされていたのでしょう。
今回は写真のファイアンス焼きのボウルが入荷しました。こちらは明日(6月20日)アップ予定です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
スウェーデンは中立国でしたので、戦場とはなりませんでしたが、南からはドイツ軍、北からはソ連軍が迫り、かなり危険な綱渡りをしていたようです。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

エスカで紙ばさみ作りの様子

130618-1.jpg
先週末、デンマークの刺しゅう小箱工芸「エスカ」で紙ばさみを作る講習を開催しました。
講師はいつものつれび工房さん。つれび工房さんのエスカはいつも大人気でたちまち満席になってしまうので、今回は2回ご用意したのですが、それでもキャンセル待ちが出てしまいました。
130618-2.jpgまずは刺しゅうから。これは1回目の教室です。

130618-3.jpg今回は花輪の中にイニシャルを入れるデザイン。みなさんお好きなアルファベットを選びます。

130618-4.jpg刺しゅうが終了すると、いよいよ紙ばさみを作ります。

130618-5.jpg完成したら刺しゅうをはめ込んで完成です。

130618-6.jpgちなみに、こちらは2回目の講座にご参加の皆さま。真剣な面持ちでのりを塗っています。

130618-7.jpgそして完成作品がこちら!
1回目は偶然半分の方が「M」だったのですが、2回目の講座では様々なイニシャルが選ばれて、並べると面白かったので、写真を撮らせていただきました。

つれび工房さんのブログを拝見すると、早速給油のレシート入れとして車でお使いの報告もあります。ご参加の皆さまからも「実際に使えるものが作れるのがいいですね」と感想をいただきました。
台風が近づいていたので心配をしていましたが、両日とも小雨程度で、終了の頃にはすっかり上がっていました。お天気に恵まれて、本当に良かったです。
次回のエスカは秋を予定しています。まだ詳細などは未定ですが、日にちだけでも決まれば「開催日カレンダー」で先にお知らせしますので、そちらもご利用いただければと思います。
開催日カレンダー
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
先生の作ったサンプラーにはデンマークのアルファベット「Æ」「Ø」「Å」が含まれていたので、これを刺しても面白いな、と思いました。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

お台場でトークイベント「北欧ぷちとりっぷ」

130615-1.jpg
こんにちは、毎日蒸し暑いですね。いっそうのこと、爽やかな北欧へ飛んで行きたい!
でも無理!
そんなあなたへ、北欧のプチトリップ気分が味わえるイベントのご紹介です。

『コーヒーとパン好きのための北欧ガイド』重版記念イベント
北欧をまるごと楽しむ!!~北欧ぷちとりっぷ~
コーヒーとパン好きのための北欧ガイド (Hokuo Book) [単行本] / 森百合子 (著); スペースシャワーネットワーク (刊)

森百合子さんの著書「コーヒーとパン好きのための北欧ガイド」の重版を記念して、コーヒー、食、雑貨、暮らしぶりをテーマにトークショーが開催されます。
トークには森さんを中心に、ノルウェー夢ネットの青木さん、そして不肖ワタクシ三田が北欧についてお話させていただきます。
普段から良く顔を合わせるメンバーで、会えばグダグダと何時間でも北欧ネタで盛り上がったり、盛り下がったりしていますので、そんな気軽な雰囲気で聴講の皆さまも一緒に参加しているような気分になるイベントになればいいかな、と思っています、個人的に。
森さんと青木さんはもっと真面目なイベントを目指しているかも知れませんが。
当日は参加型の北欧クイズや沢山のプレゼント、さらにミートボールやシナモンロール、ベリーのカクテルなどの北欧の食べ物もご用意しています。
また北欧人ゲストも登場しての質問コーナーも設けますので、(私にではなくゲストへの)鋭い突込みをお待ちしています。


日時:7月6日(土)12時半開演 15時終了予定
会場:Tokyo Culture Culture (お台場)
チケット料:前売り1500円、当日2000円(飲食代別途)
出演: 森百合子(Hokuo Book)、青木順子(ノルウェー夢ネット)、三田陽子(Fukuya)
詳細はイベントサイトをご覧下さい。
東京カルチャーカルチャー「北欧ぷちとりっぷ」


ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
何人かの方に「ミタさん人前に出るの苦手なのに、本当に大丈夫ですか?」と心配されました。ちょっと分からないですが、とりあえず原稿をちゃんと用意して備えます。それから森さんと青木さんが慣れているので、寄らば大樹の影 大船に乗ったつもりでいます。当日、目を見て話せなくても勘弁してください。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

花咲くケーキスタンドMiranda(ミランダ)

130612-1.jpg
こちらは、Heikki Orvola(ヘイッキ・オルボラ)が1970年代にデザインしたMiranda(ミランダ)シリーズ。プレスガラスの技法で重なった花びらを表現し、シンプルでいながらどこか気になるデザイン。
130612-2.jpgこのシリーズにはプレート、デザートボウル、クリーマー、シュガーボウルなどが作られましたが、この写真に使ったのは、足つきのケーキスタンドです。
ケーキスタンドは高さがあるのでテーブルコーディネートにメリハリが出ます。何よりも特別感の演出には最適。今回はこのブラウンとクリアの2色を買い付けましたので、準備が出来次第順次アップします。
ところで、ケーキスタンドに乗っているのはスウェーデンのチーズケーキ「småländsk ostkaka」。ハナトモさんのスウェーデン料理教室で第1回目に教わったレシピです。

130612-6.jpgハナトモさんが娘さんと遊びに来てくれたので、先生に教わった成果を見せようと作りました。ちゃんと教室でやった通りにバニラアイスも沿えて。

130612-5.jpg軽食には家人がデンマーク風のオープンサンド(スモーブロー)を用意。

130612-3.jpg写真で後ろにボンヤリと写っているのはハナトモさんと娘さんです。今年の2月28日生まれの出来立てほやほや3ヶ月半。

130612-4.jpgハナトモさんからはヤマモモとメロンの手土産をいただきました。ヤマモモって見るのも食べるもの初めてでしたが、なんとも不思議な果物ですね。中に大きな種があるのも知らず、ガリリと齧ってしまいました。酸味が強く、さっぱりとしていて、食後にはぴったりでした。

Mirandaシリーズは現在サイトに同じ茶のデザートボウルをアップしています。ご興味があれば下記リンク先からそちらもご覧下さい。
Arabia/Nuutajarvi Miranda デザートボウル (茶)
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
リンク先の商品説明にもありますが、Miranda販売当時の1970年代はNuutajärvi(ヌータヤルヴィ)が当時アラビアを所有していたWärtsilä(バルチラ)社に売却された結果、Arabia(アラビア)ブランドで販売していました。なので、MirandaシリーズにはArabiaロゴが付いています。その後、1980年代にバルチラはIittala(イッタラ)も買収し、Iittalaブランドになりました。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓