「世界のかわいい編み物」にグラニーブランケット掲載

こんにちは、今日は掲載誌のお知らせです。

誠文堂新光社から2013年2月15日発売の「世界のかわいい編み物」にフクヤのグラニーブランケットが掲載されました。

本文中には残念ながら貸し出しをした当店のグラニーブランケットの紹介は無いのですが、せっかくですのでとイメージカットに使っていただきました。当店のグラニーブランケットは下記リンク先からお求めになれます。
★グラニーブランケット
世界のかわいい編み物 [単行本] / 誠文堂新光社 (編集); 誠文堂新光社 (刊)中身はタイトルどおり、欧州、北米、中東、アフリカ、アジア、オセアニアとまさに世界から編み物を集めた本です。
写真をクリックするとAmazonのサイトに飛びます。

ページをめくるとそれぞれのお国柄が感じられる様々なニット製品がカラー写真で並び、モデルさんが実際に身につけたイメージカットは空想が広がります。

ただ、表紙の愛らしさと、タイトルを見て、カタログの様に可愛いニットが並んでいるだけの本と思うと、いい意味で裏切られるでしょう。

各国の編み物協会や博物館、あるいは専門家に取材した、それぞれの国のニット製品のいわれや歴史についての解説文は、編み物をしない私でも興味がかき立てられるほど面白いものでした。

合間に挟まれたコラムには伝統についての過去に遡る物もあれば、フェアトレードを取り上げた未来へと広がる話もあり、編み物にまつわるあれこれを知ることが出来ます。

全てを書くと長くなってしまうので、フクヤらしく北欧に絞ってご案内すると…。

アイスランドはロピーセーターについて。デザインの特徴だけでなく、アイスランドでは9世紀にノルウェー人が連れてきた羊があまり品種改良されることなく残っているため、毛の質に特徴があるという解説には目がひかれました。

デンマークはノールビンドニングについてと、現代作家マリアンヌ・イーサーガさんの作品とインタビュー記事。マリアンヌさんが作品を作るだけではなく、他国、例えばペルーでレクチャーを開催したといったエピソードも書かれています。

スウェーデンはロヴィカ村のミトン(表紙のグレーのミトン)とスペンネ付きカーディガンについて。またコラムではノルウェーのセテスダール・コフタとセルブー・コフタ、フィンランドのコルソナス・セーター、スウェーデンのビンゲとボーヒュース・スティックニングについてのいわれや現在の状況が豊富な写真と共に紹介されています。

また、別コラムのサーミの編み物についても書かれていた中に、寒冷地のため羊の飼育が困難で、むしろ毛皮製品の方が盛んとあったのには、ああなるほどね、と膝を打ちました。

「はじめに」に「編むという目的だけでなく、インテリアやファッションなどの側面からも参考にしていただけたらと思います」とあるように、編み物をしない人でも読み物として充分楽しめる本ではないでしょうか。

ミタ

本の巻末を見ると製作者に帯刀貴子(たてわき たかこ)先生のお名前があって驚きました。帯刀先生は去年フクヤでワークショップを開催してくださいました。今年はバタバタしていて、すっかりお声掛けする機会を失ったのですが、また機会があればお願いしたいです。
また、商品貸し出し店舗に友人のドリプレショップもありました。これもお互いに知らなかったので、あまりの偶然に可笑しくなってしまいました。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Facebookの「いいね!」が1234になりました

1234.jpg

Facebookの「いいね!」が1234になりました!
皆さまありがとうございました。


先週金曜日にFacebookの「いいね!」が1234人となりました(現在は既にその数字を越えています)。ありがとうございました。これからも楽しんでいただけるような情報を発信して行くつもりです。
さて、この可愛らしい写真はお客様からの投稿です。以前フクヤでお求めになられたスウェーデンのビンテージクロスに「3」の数字が入ったクリスマスボールをご自分で編まれて、組み合わせて作ってくださいました。
編み物がお得意とは存じていましたが(クリスマスにフクちゃんボールを作って下さいました)、アイデアが浮かんだとメールを下さって、すぐに完成されたのには驚きました。完成度の高さもさることながら、見た途端パッと笑顔になるような愛らしい写真をどうもありがとうございました!
フクヤのFacebookページでは主に新着のいち早いご紹介をアップ前日の水曜日にお知らせしています。
他にも現地や国内から仕入れた北欧関係の情報やちょっとしたお知らせなど、サイトやブログに書くまでも無い、でも面白そうな話をご紹介しています。
是非下記リンク先からフクヤのFacebookをご訪問ください。
Fukuya Facebookページ
また、Facebookのアカウントをお持ちでしたら、コメントの投稿でも交流もできます。お気軽にコメントを書いていただけると嬉しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
Twitterはこちらから→@Fukuya_20CMD


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

リサ・ラーソンのクズリは実際はこんな動物

130219-1.jpg
こんにちは、今日は珍しく雪の東京です。
これだけ寒い日が続くとうんざりもしますが、一昨日スウェーデンから来た二つのメールが揃って「気温はマイナスで雪が降っていて空が暗くて嫌になる」と書いてあったので、北欧に比べればまだマシだったなと反省しました。
そんな寒い国に住む人もいれば、寒い国に住む動物もいます。
写真はスウェーデンGustavsberg(グスタフスベリ)で日本でも人気のデザイナー、リサ・ラーソンが1970年代に作ったJärv(ヤルフ)の像です。日本語で言うと、クズリ。
クズリと聞いてもピンと来ないので調べてみたら、イタチの一種だそうで、スウェーデンの他にはノルウェー、フィンランド、ロシア、モンゴル、中国北部のタイガやツンドラといった非常に寒い地域に生息するそうです。
体長は1mほど。足の裏が大きく雪の上でも苦も無く移動することが出来、雑食性で、顎の力が強く骨も噛み砕け、小型の動物だけでなく冬は鹿や羊のような大型動物も捕らえることがあるとか。
さて、このクズリはリサ・ラーソンのスカンセンシリーズに含まれる作品です。スカンセンとはストックホルムにある世界最古の野外博物館。広大な敷地にスウェーデン各地の建築物や調度品が移築され、季節ごとに伝統行事を開催しています。いわば、スウェーデン版明治村(むしろ明治村が日本版スカンセンか?)。
敷地内には動物園もあり、北欧の野生動物や家畜を集め、展示と共に保護・保存に努めているとか。クズリもそれらの動物の中の一つです。スカンセンのサイトを見ると、クズリがちゃんと紹介されていました。それも、可愛らしい赤ちゃんクズリの動画と一緒に。
動画はこんな感じです。
130219-2.jpgお母さんと2匹の赤ちゃんクズリ。

130219-3.jpg2匹のうちの1匹はちょっとトロくてはぐれてしまう。
「ママ、待ってー」

130219-4.jpg「ママー、どこー?」

130219-5.jpg足を滑らせてしまいます。
「ああー!」

130219-6.jpg「どこにいたの!」
「ママー」

130219-7.jpg「早く来なさい!」
鹿をも噛み砕く顎で運ばれていくクズリ赤ちゃん。


…という動画はこちらから

Järvungar på Skansen / Wolverines from Stiftelsen Skansen on Vimeo.

いやはや、小さきものはみな可愛い。
クズリは今週アップ予定です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
動画50秒くらいにある、赤ちゃんが足を滑らせたときの前足に注目。なるほど、確かに大きい!

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「コーヒーとパン好きのための北欧ガイド」本日発売

130215-1.jpg
こんにちは。最新の掲載誌のお知らせです。
コーヒーとパン好きのための北欧ガイド (Hokuo Book) [単行本] / 森百合子 (著); スペースシャワーネットワーク (刊)本日発売の、森百合子さん著書の「コーヒーとパン好きのための北欧ガイド」にフクヤからいくつかのお品を撮影の為に貸し出しています。(左の画像をクリックするとamazonのサイトに飛びます)。
商品協力以外にもちょこっとお手伝いしています。その話は後で書くとして、まずは本の内容について。

前著「北欧のおいしい話」「北欧のおいしい時間」と同じく北欧の食についての本ですが、今回はタイトルどおりコーヒーとパンにスポットを当てています。
本はザックリ言うと五つのパートに分かれていて、一つ目のパートはコーヒー。
スペシャルティコーヒー(生産地、農園、品種を限定したトップクラスのコーヒー豆)に代表される、美味しい豆やローストにこだわったカフェを紹介しています。
世界有数のコーヒー消費国である北欧各国ですが、実はあまり美味しくない、という声も聞こえてきます。それは沢山飲むだけに、すっかり気軽な日常の飲み物となり、作り置きされていることが多いからだとか。
そんな北欧に近年「美味しいコーヒーを飲みたい」という気運が高まり、上質なコーヒーを出すカフェの勢いは増す一方だそうです。その中でも北欧コーヒーカルチャーを牽引しているノルウェーとデンマークのカフェにスポットを当てつつ、他の北欧各国のカフェを紹介しています。
このパートの最後には、新進気鋭のこだわりのカフェだけでなく、スウェーデン、フィンランド、デンマークの老舗カフェが三つ紹介されています。こういう古いカフェは地元の人の溜まり場ですので、気取らない現地の雰囲気を知るには最適です。便利な場所ですし、旅先の楽しみの一つ、人間観察を楽しむために足を運ぶ価値はあります。
二つ目のパートはパンについて。
個人的にはパンは北欧の最大の楽しみの一つです。ホテルの朝食でヒマワリの種や胡麻をまぶした、小ぶりなハードクラストのパンに横からナイフを入れ、半分に割った上にチーズやハムを乗せて食べる美味しさといったら!
もちろん、デンマークの本場デニッシュも大好きです。噛むとさくっと軽い歯ごたえがあり、ホロホロと崩れ、バターの風味が広がります。あるいは小腹が空いた時についつい手が出るフィンランドのカレリアンピーラッカの牛乳粥の優しい甘さ、コーヒーと共に食べるスウェーデンのシナモンロールの香りも疲れた時にほっとする味。
そんな個性的な美味しいパンを持つ北欧のベーカリー巡りは面白そうですね。
三つ目のパートはインテリアデザインの素敵なカフェ。北欧インテリアがおしゃれなカフェがいくつか紹介されています。
四つ目は日本の美味しいカフェとベーカリー。五つ目はフィンランドとスウェーデンのパンとお菓子のレシピです。またパートとパートの間に挟まれるコーヒー事情のコラムやインタビューも充実しています。
カフェの楽しみ方は人さまざま。こだわりの豆で淹れたコーヒーの味を味わいたいのか、しゃれた盛り付けのランチを食べたいのか、素敵なインテリアを堪能したいのか、マンウォッチングをしたいのか。
それぞれの要望に合ったカフェを選ぶ、一つの指針になるような本でした。私は、もちろん美味しいコーヒーやパンも味わいたいと思いつつ、旅の途中ならのんびり老舗カフェで地元の人を眺めるのもやりたいかな。
さて、最後のフィンランドのパンとお菓子は現フィンランド大使夫人のアンナさんが、スウェーデンのパンとお菓子はスウェーデン料理家のハナトモさんが担当しています。
130215-2.jpgハナトモさんの作ったパンの撮影の日「撮影が終わったら食べに来ませんか」とお誘いを受けて森さんのご自宅に伺ったら、 サンドイッチケーキを作っている途中でした。
そこで私に課せられた仕事は「パンの上にグリーンピースを敷き詰めてください」。
やりましたよ、小さなグリーンピースを箸でひとつひとつ、大きさや並びを考えながら。邪魔する猫をなだめながらもグリンピースを挟む箸先に集中し、出来上がった時の達成感と充実感といったら!
130215-3.jpgというわけで、このページには「”撮影協力 三田陽子” と入れてください」とお願いしたのですが、完成本を見ると「撮影協力 Fukuya」になっていました。
…残念ナリ。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ちなみに、フクヤのオリジナルブレンドも北欧と同じくスペシャルティコーヒーです。北欧と同じ浅煎りが好みなら「coffee樅」をお勧めします。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

春の新しいワークショップ募集開始!

こんにちは、今日から募集が開始した3月のワークショップ(1日教室)のご案内です。
●まずは大変人気のデンマークの刺繍小箱「エスカ」です。
ev-1303_02top.jpg
今回は初春の花、ヒヤシンスをテーマにトレイを作成します。まるで額縁の絵のようで、壁に飾っても素敵でしょうね。
日時:2013年3月9日(土曜日)13:00 ~ 16:00 (3時間)
定員:6名
受講料:3,800円(材料費込み)
詳細、お申し込みは下記リンク先からどうぞ。
【刺繍小箱エスカ】ヒヤシンスの刺繍のトレイ
●二つ目は恒例のピルタナウハ織りです。
takku_top1.jpg
フィンランドで伝統的に伝わるバンド織りです。小さな折り機とシャトルを使って、体で経糸を支えて織る方法で、大げさな道具が無いのに、驚くほど複雑な柄を織る事ができます。今回は蝶のテーマで「Perhonen(ペルホネン)」柄を織ります。
日にち:2013年3月12日(火曜日)11:00 ~ 13:00
定員:10名
受講料:4,200円 *織り機持参の場合は、3,800円
詳細、お申し込みは下記リンク先からどうぞ。
【ピルタナウハ織り】Perhonen(ペルホネン)春の蝶々柄
●最後は3回目となったプランツジュエリーです。
ev-1303-04_top.jpg
本物のお花や植物で作るイヤリングやピアス。今回は春色の植物たちと、香りのよいヒヤシンスの花をご用意します。着けているあいだもふんわりよい香りのヒヤシンスは、春だけのお楽しみです。
日時:2013年3月17日(日曜日)13:30 ~ 15:30
定員:6名
受講料:3,000円(材料費込み)
詳細、お申し込みは下記リンク先からどうぞ。
【プランツジュエリー】本物の花や植物で作る春の香りのアクセサリー
春ですから、新しい事を始めてみてはいかがでしょうか?
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
最後のコメント「新らしい年だから」「夏だから」「秋だから」と毎回使いまわしている気がしないでもない。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓