瑞々しい野菜柄の便利サイズプレートRorstrand Granada

120628-3.jpg
こんにちは、梅雨はどこへ行ったのか、天気予報と違いここ数日雨の降らない東京です。とはいえ、どこかどんよりとしてて、湿気も多くスッキリしないのは確か。
そんなときはこんな明るいデコレーションのプレートを使ってみてはいかがでしょうか。鮮やかな黄色がアクセントに瑞々しい野菜が描かれたこちらは、ロールストランドのGranada デザートプレートです。
直径20センチ前後のデザートプレートはデザートだけでなくサラダにも使えるサイズです。今回はスウェーデン風ミートボールと付け合せのポテトを盛り合わせましたが、この様に取り分け皿としても丁度良く、もし迷ったらまずお勧めしたいサイズです。
RO-GRA2-22Aa.jpg写真では良く分らないのですが、柄は端に描かれているので、盛り付けたときにもちらりと見えるのが楽しい。
黒のラインはプリントですが、彩色は手によるものです。このように筆跡を感じる色付けが、最近のプリントで絵付けしたロールストランド製品には無いビンテージならではの味わいです。
余談ですが、近年の北欧の製品は北欧以外の国で多く生産されています。製造も北欧にこだわると、どうしてもビンテージになってしまいますね。
閑話休題。
このGranadaシリーズに良く似たものでVerduraシリーズがあります。この二つはとても雰囲気が似ていますし、Granadaはスペインの都市の名前、Verduraはイタリア語で”野菜”を意味し、ラテン系の名前との共通点もあります。どちらも同じデザイナーによるものなのでしょう。
と、推測になってしまうのは、実はデザインを誰がしたのかがはっきりとは分かっていません。製造は1960年代。当時のマリアンヌ・ウエストマンによるPicknick(ピクニック 1956年-1969年)やPornona(ポモナ 1956年-1971年)のヒットに伴い、良く似た雰囲気で作られた物の一つのようです。
そのためデザイナーはマリアンヌ・ウエストマンとの説がかなり根強く広がってしまっています。ただ、マリアンヌ・ウエストマン作品がお好きな方ならその違いにピンと来るのではないでしょうか。
彼女の作品は野菜も魚もほぼ真っ直ぐに、とてもお行儀良く並んでいて、このようなラフな配置やラインは見られません。現在もご存命のウエストマンにインタビューした人によると、彼女は実にきっぱりとした性格のようで、矢張りそのキャラクターが作品に反映されているようです。
もちろん、同じ作者が年月と共に作風が変わり、異なる雰囲気の作品を作る事はあるのですが、これらのシリーズがPicknickと同時期に作られている事を思えば、それも考えられない。やはり別のデザイナー作と考える方が自然ですね。
数年前に刊行されたスウェーデンビンテージの本でもVerduraのデコレーションデザイナーの名前が空欄になっていて、現地でも分かっていない様です。これらのデザインの持つ伸びやかさ、明るさは気持ちを晴れ晴れとしてくれて、素敵な作品なのに、どんな人が作ったのか分らないのが残念です。常に現地からできるだけ新しい情報を取るようにしていますので、いつか分かったらここでお知らせしますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
当時日用品として作られたものは記録が無い場合が多く、なかなか詳細が分りません。作者が分からない場合は、単に私の調査不足の可能性もあり、また後で判明する場合もあり、いずれにしても当時、生きて作品つくりをしていた人が存在していたのは確か(今もご存命かもしれません)。個人的には「作者不明」と記載する事に抵抗があるので、商品説明では空欄にするようにしています。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧夏至祭ニシン酢漬けパーティー

120629-1.jpg
こんにちは、先週6月21日は1年のうちで一番日が長い夏至の日でした。そして冬が長くて暗い北欧では夏の到来と日の長さをお祝いする”夏至祭”がクリスマスに次ぐ程の重要なイベントとなっています。そんな夏至祭の時の定番メニューはニシンの酢漬け(夏至祭でなくても、ですが・・・)。
写真に写っている瓶はノルウェー夢ネットを主催している、ノルウェー語通訳・翻訳の青木さんに以前頂いた手土産のニシンの酢漬け。沢山頂いたので、せっかくだからと、我が家で27日に北欧風の夏至パーティーを開く事にしました。
酢漬けの瓶と一緒に並んでいるのはハナトモさんが作って持参してくださったペーストが詰まったアラビアのPomonaジャムジャーたちです。白いのはタラコとクリーム、オレンジはニンジン、茶色は豆だったかな?中身とジャーが作る色の組み合わせが美しいですね。
集まってくださったのは、もちろんニシン酢漬け提供の青木さん、そして先ほどご紹介したスウェーデン料理家のハナトモさん、ノルウェーサッカー通のSさんご夫妻、フィンランド手芸ユニットTakkuのエックさん、お仕事の都合で最後に登場は「北欧のおいしい話」など北欧の食についての著者である森さん(残念ながらエックさんとは行き違い)。
120629-2.jpgハナトモさんから「ニシンの酢漬けにはディルを入れて強めの塩で茹でた新ジャガが必須です。ゆで卵もあれば色がきれいですね」と教えてもらったので、その二つを準備して、酢漬けの蓋を開けます。
トマト風味とマスタード風味、そして手前の一つが開いていないのですが、実はこの瓶、中で発酵が進んで蓋がパンパンに膨らみ、隙間から汁が噴出していました。
まだ青木さんが到着していなかったので、ハナトモさんがラベルを「スールシルド(酸っぱいニシン)とあります」と読み上げるので、頭に浮かんだのは世界一臭いといわれるスウェーデンのニシンの缶詰シュールストレミング。
120629-3.jpg覚悟を決めてSさんのご主人が開封。良かったことに想像していた匂いはしなかったのですが、開けた途端に表面にぶくぶくと泡が立ち始めました。
一口食べると舌がピリピリする刺激があります・・・が、実は3種類の中でこれが一番美味しかった!全然臭みはなく、ピリピリとはしますが、意外と酸味も少なく、それどころか発酵が作り出したであろう、旨みが先立ちました。

120629-4.jpg茹でた新ジャガの横にあるのは、ハナトモさんが焼いたクミン入りパンです。
クミンの爽やかな香りに、ほんのりとシロップでつけた甘みとコクがあります。

120629-5.jpgパンは、私も含め皆でどんどん食べてしまい、森さんが到着の時に無くなっては大変、とあえて一切れ残した程の大人気でした。

120629-10.jpgところで、北欧ではパンやお菓子、時にはお料理にもダークシロップを使うレシピがあるので、このように砂糖と一緒に販売されています。
写真はフィンランドで撮ったものですが、北欧各国の言葉で商品名が書いてあるので、どこでも同じものが手に入るのかな。

120629-7.jpg北欧では簡単に手に入るシロップですが、日本では入手が難しく、ハナトモさんは大手輸入食品スーパーで入手されたそうです。本当はダークを使いたかったのだけれどライトシロップしかなくて・・・と説明してくれました。
いやいや、充分美味しかったです。

120629-6.jpgそして、これはSさんのご主人が作ってくださったサーモンとアボガド、モッツァレラチーズの前菜。味はもちろん間違いないのですが、更に色とデコレーションの美しさに感動。

120629-8.jpg左下にあるのは、Sさんの奥様が作ったノルウェーの魚団子”フィスクカーケ(Fiskekake) “。市販品は日本のはんぺんに似ていると良く紹介されますが、手作りは歯ごたえがしっかりとしていて、むしろさつま揚げ風。練り物が好きな私には好物ど真ん中です。
そして、奥に有る黄金色の物体が、Sさんのご主人が作った絶品炒飯!
パラパラご飯にしゃきしゃきレタス、隠し味の昆布茶がいい仕事をしていて、ハナトモさんをもって「炒飯マイスター」の称号を与えられました。
夏至祭には炒飯ですよね。

120629-9.jpg私が用意したのはスウェーデン風ミートボールです。ミートボールは北欧では定番の家庭料理なので、レシピは様々。
今回私はソースに生クリームではなく白ワインとサワークリームを使いました。その代わりひき肉にたっぷりの生クリームを入れ、隠し味に刻んだスモークベーコンを混ぜ込みました。全部目分量なので、再現は難しいのですが。
ところが、このために通販でリンゴンベリージャムを買っておいたのに、付け合せるのをすっかり忘れていました。痛恨のミス!

120629-11.jpgエックさんからはデザートに、とフィンランドのお酒”ラポニア トゥルニ”とシャンパンの差し入れ。
お酒に詳しくないので、知らなかったのですが、ラップランドに自生するベリーの一種を原材料にしたリキュールで、希少なものとか。
ジュースで割っても美味しいのですが、エックさんのお勧めはもちろんシャンパン割りです。

ところで沢山残っちゃったベリージャム、パンと一緒にでも食べるかね・・・。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
この集まりにデンマークが欠けているので、デンマーク勢を見つけて来るように指令が出たのですが、どこかにいませんかね、デンマーク関係者でバカ話に付き合える方。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

結婚9999日目のお祝い

こんにちは、梅雨の真っ最中の東京、どんよりとした天気が続きます。
そんな鬱陶しい気分を晴らすような、ぱっと明るいお写真を頂きました。
120626-1.jpg
この写真を下さったのはフクヤご近所グルメガイド「fukuyaのおいしい散歩」第1回に登場の「ロゴスキー深沢カフェ」のマダム、美香さん。
インターネットの「生まれてから何日たったのかな」のサイトに誕生日ではなく、結婚した日を入力したら、たまたま結婚9999日目!
急遽お祝いをすることにしたのですが、その日はあいにく台風(そう、あの日です)。買物に出ることも出来ず、渋谷にいたご主人に連絡をして帰りにケーキやご馳走を買ってきてもらったそう。
ご主人が買ってこられた美味しいお寿司を食べ、食後はハートの形のケーキで〆たそうです。カップに入っているのは中国茶らしいのですが、使っているのは以前フクヤでお求めになったフィンランド、アラビアのビンテージ。
向かって左の青い柄がDoria、右側がTyttiのどちらもケーキプレートとコーヒーカップです。
柄が沢山入っているものが好き、という美香さんらしいカラフルで賑やかで楽しいコーディネートです。フォルムもデコレートも異なるシリーズですが、こうやって並べると意外と良く合うことに驚きます。
ちなみにケーキのお皿はスウェーデン、コスタボダのもの、クロスは日本の粟辻博デザインのものだそうです。粟辻博さんは1980年代、90年代のテキスタイルデザインにおける第一人者として活躍をされましたが、1995年に若くしてご病気で亡くなられました。
日本のテキスタイル界に大変な影響を与え、例えば現在マリメッコのデザイナーとしてご活躍の鈴木マサル氏も粟辻デザイン室の出身です。
明るく朗らかな美香さんらしいお祝いのテーブル。こんな記念日もあるんだと、こちらまで楽しい気持ちになりました。どうもありがとうございました!
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ロシアとフィンランドはお隣同士。文化や習慣の面でも似ているところがいくつもあるんですよ。とはいえ長くロシアに苦しめられたフィンランドは隣国にあまり良い感情は抱いていないようですが。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヒンメリワークショップを開催しました

120627-1.jpg
昨日、フクヤ初のヒンメリのワークショップを「ヒンメリ―フィンランドの伝統装飾」の著者であるおおくぼさんを講師に迎え、開催しました。ヒンメリとはフィンランドに伝わる伝統工芸で、麦わらをつないで作ったモビールです。主にクリスマスに飾られる飾りとして使われます。
120627-2.jpg以前もご紹介しましたが、こちらはフィンランドの知人のお母さまが作った大きなヒンメリです。ワークショップでは約30cmほどのものを作りましたが、幾何学系をつなげる事でこのようにデザインも大きさも無限に広がります。
もちろん、おおくぼさんの著書には様々なデザインによる、大きなヒンメリの作り方も掲載されています。

120627-2.jpgヒンメリの藁は乾いていると割れやすいので、事前に30分位水に浸して置かなければいけません。

120627-3.jpgヒンメリの下にあるのは、同じく藁で作ったクリスマスの飾りです。北欧全般に飾られるものですが、フィンランド語ではヨウルプッキ。もしかしたら、スウェーデン語のユールボックの方が耳慣れているかも知れません。
おおくぼさんはいつかこのヨウルプッキ作りもやってみたいとか。

120627-4.jpgさて、参加者の皆様がお揃いになったところでおおくぼさんから作り方の説明を受けます。

120627-5.jpgそして、これは半分くらいが終わったところ。

120627-6.jpg小さな飾りが出来たら大きな部分に入ります。

120627-7.jpg形になってきました。

120627-8.jpg完成間近。

120627-9.jpg出来上がりー!
皆さんの作品を並べて見ました。こうやって作った作品を沢山作ってつなげる事も出来ます。吊り下げるとゆらゆらと揺れる様子や、光が作り出す影が大変に幻想的で美しい工芸品です。

もし、ご興味がありましたらおおくぼさんが主催しているnoninokoのホームページでキットの販売もされているそうです。キットには麦わらが100本入っているので、今回のワークショップ位の大きさなら3個作れるそうです。どうぞ、下記リンク先からサイトをご訪問下さい。
noninoko

午後の部にご参加のお客様の一人はご自分の結婚式にヒンメリをお配りになる予定とかで早速キットを購入していました。80個作るのは時間がかかる作業ですが、受け取った方の笑顔を想像すると苦にはならないかもしれませんね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
120627-10.jpg最後におおくぼさんがサンプルで作られたヒンメリをいただきました。今日からお店に飾っています。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマーク生まれ、人と環境に優しい洗剤「メゾンベル」

maisonbelle_banner.jpg
すっかりフクヤ通信の日にちが空いてしまいました。お知らせしたい事は色々あるのですが、最近買い付けした商品をバリバリ整理していまして、なんだか気もそぞろでした。
商品整理をしているとご紹介したいような物が沢山出て来るのですが、ちょっとそれは置いておいて先に今月からサイトで販売を開始したデンマーク、イザベラ・スミスのクリーナー(洗剤)<メゾンベル>のご案内です。
イザベラ・スミス、の名は日本の方には馴染みが無いかと思いますが、デンマークのマーサ・スチュワートと言えば想像が付くでしょうか?デンマークのカリスマ主婦として、ライフスタイルを提案し、自分自身がセレクトした商品を扱うお店も持っています。
maisonbell_img.jpg
       見た目もマーサに似ている?
メゾンベルは生分解可能で無毒性なので、ご使用のときにゴム手袋の着用は不要です。香料には天然のアロマオイルを使い、自然で優しい香りが漂うので使用中にふっと気持ちが和みます。
実は猫を飼い始めた時に気になったのが床掃除クリーナー。それまで使っていたのは化学系のものなので、猫が床を歩き、足や手を舐めると考えると、どうしても使う事に抵抗がありました。普段は水拭きを中心に、汚れがひどいときはクリーナーで掃除した後に念のため水で二度拭きしていました。
小さなお子さんや赤ちゃんのいる家庭ではこんな苦労をしているんだろうなあ、といつも感じていたものです。メゾンベルの製品を紹介頂いたときにまず浮かんだのがその事。使ってみると優しいアロマの香りに、今までのものがどんなに人工的な強い香りだったのか改めて知りました。
今、我が家で愛用しているのはマルチクリーナーです。ありとあらゆる材質や場所に使える万能クリーナー。製品に書かれているオリジナルの使い方を見ると「4リットルのお湯に40mlを溶かす」とあります(日本の製品案内では1リットルに10ml)。
恐らく現地では布だけでなく、バケツに作ってのモップ掃除も想定しているのでしょう。我が家では1リットルでも余るくらいなので、私は更に少なく、500mlで作っています。
120626-1.jpgまず、500mlのお湯を用意し、小さじ1杯(5ml)のマルチクリーナーを溶かします。

120626-2.jpg次に用意するのは100円ショップなどで市販されているペットボトル用スプレーと空になったペットボトル。

120626-3.jpgペットボトルに完成した洗剤を入れて、スプレーを付ければ出来上がり。
この写真のボトルは、既に何度も使ったので、減ってしまっていますが・・・。

手近な場所に置いて、床でも壁でも調理台の上でも気が付いたらシュッとして掃除しています。無毒性なので、電子レンジやオーブンなどにも安心して使えます。
このボトルに1リットル入っていますので、500mlの洗剤なら200本分作れます。もし薄めるのが面倒、と言う方なら、そのまま使えるマルチクリーナー(500ml)もありますよ。
これから気温と湿度が高くなり、衛生的に不安な季節になります。小まめなお掃除が必要ですが、香りが良いと掃除中の気分がいいものです。どうぞお試しくださいね。
メゾンベルのクリーナーは下記リンク先からどうぞ。
メゾンベル
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
私は床掃除が悩みだったのでマルチクリーナーに飛びついたのですが、代理店さんのお勧めはトイレクリーナー、そして一番人気は食器洗い洗剤のディッシュウオッシュだそうです。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓