ヴィクトリアという名のプレート

120224-1.jpg
昨日2月23日、スウェーデンのヴィクトリア王女が第1子にあたる女の子を出産されたそうです。スウェーデン王室は長子承継制ですので、現国王の後は2代続けて女王ということになりますね。なんと出産後8時間で退院という驚きの早さ。欧米は概して出産後1、2日で退院しますが(イギリスのダイアナ妃も翌日退院)さすがに当日は驚きです。
スウェーデン料理教室の花水さん情報によると、スウェーデンでは名物(?)のプリンセスタルトがどこでも売り切れ状態とか。プリンセスタルトは何かというと出されるケーキで、1930年代に当時のMärtha王女、Margaretha王女、Astrid王女がお好きだった事がネーミングの理由。
一昨年(2010年)の6月にヴィクトリア王女の結婚式にちなんでプリンセスケーキもフクヤ通信で紹介しましたので、ご興味のある方は下のリンク先をご覧くださいね。
スウェーデンがお祝いに沸いた日
このときは、王女のお母さま、シルヴィア王妃にちなんでエレガントなRorstrand Sylvia(ロールストランド シルヴィア)シリーズをご紹介したのですが、今回はヴィクトリア王女にちなんで、同じくRorstrandの、Viktoria(ヴィクトリア)シリーズをご紹介します。
ヴィクトリア王女の綴りは「Victoria」と”K”ではなく”C”ですが、スウェーデンではこの両方の綴りが同じように使われています。”victory(勝利)”を意味する力強い名前。
ヴィクトリア王女は王室一家としての公的な活動を始めた頃からストレスのため拒食症に悩み、しかしそれを勇敢にも国民に公表し、克服するまで何年もかかりました。その過程で知り合ったのが現在の夫であり、当時スポーツトレーナーであったダニエルさん。現在、王女は拒食症の対策・予防活動に取り組んでいるとか。
地方出身で一般家庭の彼との交際は猛反対にあったものの、8年の交際を経て結婚したそうです。周囲も根負け、名前の通り最後は勝利したようですね。また、ダニエルさんの努力も大変なものだったのでしょう(最初は英語も出来ないと国民にバカにされていたことも)。
このプレートに描かれているのは青い果実です。描かれているのはリンゴではないかと思うのですが、はっきりとは分りません。
ただ、保存がきき寒い冬でも手に入るリンゴは、北欧では貴重な果物として、クリスマスの装飾にも使われます。また、北欧神話では女神Iðunn(イドゥン/イズン)が管理している黄金のリンゴは、永遠の若さを約束するとされていて、いかに大切な存在かが分ります。
そして、気さくな性格で国民に人気のあるヴィクトリア王女のように、スウェーデンでは広く愛されている果物です。
120224-2.jpgViktoriaシリーズは作者がはっきりとはしていません。良く似たEdenシリーズがSigrid Richter作ですので、同じく彼女によるものかも知れませんが、単に良く似た雰囲気で別人が作った可能性もあります。
ただいまディナープレートとケーキプレートがあります。これらはvictoryにふさわしく、勝利の月桂冠を思わせるデザインで、これも素敵です。ご興味のある方は是非ご覧くださいね。
Rorstrand Viktoria

さて、赤ちゃんの名前は本日公表されるそう。矢張りシルヴィア王妃やヴィクトリア王女のように伝統的な名前になるのでしょうか?その暁にはロールストランドに是非ベビープリンセスの名前を付けたシリーズを作って欲しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
日時は未定ですが、アロマの先生が次回はプリンセスタルト型のアロマソープ作りを予定しています。決まり次第に告知いたします。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン料理教室でセムラ♪

120222-1.jpg
こんにちは、昨日の定休日はHanatomoさんによるスウェーデン料理教室に参加してきました。
メニューは
120222-2.jpg・Sallad Waldorf(ウォルドルフサラダ)
日本では珍しいセルリアック(セロリの原種)とリンゴとローストした胡桃を合えたサラダです。爽やかな風味に胡桃の香ばしさがアクセント。美味しくて皆さんお代わりしていました。
・Laxpudding(サーモンプディング)
サーモン、ポテト、玉ねぎを薄くスライスし、層にして卵液で固めたグラタンのようなお料理です。ふんわりとした具と表面のカリカリポテトの食感のコントラストが良く、優しい味は飽きが来ないのでついつい食べ過ぎてしまいそう。

120222-3.jpg・Semla(セムラ)
そして、今回の目玉がこのお菓子です。ちゃんとパンから全部手作りで、焼きたての風味が格別の美味しいセムラでした。
セムラはこの季節に食べるスウェーデンのお菓子で、去年の今頃スウェーデンに行ったときにあちこちでご馳走になり、少し参った事があります。実は私はセムラの中に入っているアーモンドペースト(マジパン)が苦手。
料理教室ではアーモンドプードルからペーストを作り、生クリームと一緒にたっぷりパンに挟んでありました。恐る恐る口に運ぶと、これが全然今まで食べたものと違って美味しい!市販のセムラのような人工的な香り(これが苦手)がなく、自然なアーモンドの香りが口に広がります。手作りって美味しいのですね。アーモンドペーストへの苦手意識が全部なくなりました。
Hanatomoさんのスウェーデン料理教室は26日にも予定していて、今日いっぱい参加者を募集しているそうですよ。
【スウェーデン料理教室】 2月クラスのご案内です
セムラについてもうちょっと詳しく説明すると、スウェーデンで四旬節の前日に食べる伝統のお菓子です。キリスト教ではイースター(復活祭)の始まる前の46日間(四旬節)は行いを悔い改めるために、断食をし祈りを捧げる期間としています。そのため、その前日は卵やバターなどを使い切るために、また断食前の贅沢としてリッチなお菓子を作り、食べる習慣がヨーロッパ各地に残っています。
イギリスやアイルランドではパンケーキを食べるのですが、北欧ではバターたっぷりのパンにこれまたリッチな生クリームを挟んだお菓子を食べるのが慣わし(国により中身や生地に僅かに違いはあります)。
フィンランドではラスキアイスプッラ、デンマークではフェステラウンボラ、ノルウェーではファステラーベンスボッレ。そして、スウェーデンではセムラと呼びます。スウェーデン以外の国の名称は直訳すれば「懺悔節のパン」という意味なのに、なぜかスウェーデンだけセムラ。
セムラってなんだ?と調べたら、はっきりとはしないけれど、もっとも上質な小麦という意味のラテン語が起源という説が有るそうです。スウェーデン独特の名称なのですね。
独特といえば北欧の中でデンマークだけは、この日にリッチなお菓子を食べるだけでなく、子どもたちが仮装してお菓子の入った樽を叩いて壊し、中のお菓子をもらう習慣があります。
これはそもそもは樽の中に黒猫(災いの象徴)を入れていたとか。いまもその名残で樽に黒猫が描かれていることもあるようですが、なんとも猫には迷惑な話ですね。
デンマークと違い、フィンランド、スウェーデンでは四旬節が終わったイースターの始まりに子どもたちが仮装してお菓子をもらいに家々を周る習慣があります。今年のイースターは4月8日。例年よりも遅いので、ことさら春の楽しいお祭になるでしょう。またそれは、イースターの頃に書きますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ちなみにフィンランド、スウェーデンでは魔女の仮装が伝統。最近はスパイダーマンもいるようですが。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

グラスに咲く花、Floraシリーズ

120221-1.jpg
おはようございます。秋の買付ではNuutajärvi(ヌータヤルヴィ)のFlora(フローラ)グラスのクリアが面白い事に数ヶ所で見つかったので、それぞれの場所で入手し、まとまった数が集まりました。写真には3個しか写っていませんが、全部で7個あります。
Nuutajärvi(ヌータヤルヴィ)は1793年創業でフィンランド最古のガラスメーカーですが、後にArabia、そしてIittalaに吸収合併されています。
このFloraシリーズはガラスに独特のフォルムを持った花が描かれ、幻想的で美しく、ヌータヤルヴィの最大のヒット作となりました。デザイナーはOiva Toikka(オイヴァ・トイッカ)。2010年から彼の勤続50周年を記念して復刻したKasteheimi(カステヘルミ)のデザイナーとしての方が、今は知られているかな。
このFloraシリーズは1966年から、Iittalaに合併後の1991年まで製造され、2002年にはグラスやボウルといった数種類が復刻されました(復刻板のデザインは僅かに異なります)。
このグラスは復刻版よりも小さめ、オリジナルの200ccサイズです。オリジナルにも復刻と同じく300ccがありますが、容量としてはこれくらいの方が使いやすいでしょう。吹きガラスの手法で作られたグラスは1点1点厚みが僅かに異なり、手作りの温もりを感じます。吹きガラスにすることで、薄さと繊細さを実現し、手に取るとふっと持ち上がる、その軽さに驚かされます。
Floraシリーズは、その人気を反映し、数々のアイテムが作られましたが、プレートは直径17cm、26cm、40cmの3サイズのみです。17cmのケーキプレートはたまにありますが、大きなプレートはあまり見た事がありません。今回はその26cmプレートも入荷しました。
120221-2.jpgプレートいっぱいに描かれた有機的な植物たち。上に何かを盛って隠してしまうのが惜しい気がするので、お菓子やフルーツにいいかも知れませんね。
もちろん、お料理が減るに連れて美しいエンボス柄が見えてくるのも楽しみの一つでしょう。
こちらのお品はただいま準備中。花の咲き始める春までにはアップしますので、どうぞお楽しみに。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
後ろのピッチャーは既にサイトにアップしています。どうぞご覧くださいね。
Iittala Essence ピッチャー (スウィートピンク)(1リットル)
復刻は今も現役で家庭で使われているため、逆にあまり市場に出てこないのです。それにしても2002年ってもう10年も前なんですね!あと10年もすれば市場に復刻が流れ始めるかな?

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

エスカで春を待つトレイが出来ました

120220-1.jpg
こんにちは、昨日デンマークの伝統刺繍小箱エスカで作るクロッカスのトレイの1日教室を開催しました。雪を割って咲くクロッカスは北欧では春を告げる嬉しい花です。北欧ではまだクロッカスが咲くまで1ヶ月ほどありますが、一足先に春を感じる作品を作ります。
一昨日に雪が降ったので、心配していましたが、ピカピカの晴天でお店の中は暖房を点けなくても暖かいくらいでほっとしました。遠くから来られる方もいらっしゃるので、足元が悪いと大変ですものね。
120220-2.jpg先生のおつくりになったチャートを見ながら間違えないように刺して行きます。

120220-3.jpgだんだんクロッカスの形が見えてきました。
今回は刺繍に慣れている方が参加されていたので、手際よく刺繍部分が出来上がっていきました。なんでも、ずっとエスカをやりたくて教室を探していらしたとのことです。

120220-4.jpgそして、いよいよお待ちかねの箱作り。厚紙と布は先生がカットして用意して下さっているので、貼るだけです。

120220-5.jpgとはいえ、結構コツが必要で、きっちりと浮かないようにしながら角を合わせるのは簡単では有りません。

120220-6.jpg刺繍をはめ込んで、完成!

120220-7.jpgみなさん丁寧に取り組んで、とってもきれいに出来ました。
完成作品を見て、何を入れようか想像が膨らみます。実際に使えるものを作るのは、作っているときも、出来上がってからも楽しいですね。

どうもご参加いただきありがとうございました。また、思いがけず刺繍の本も何冊もご購入頂いて嬉しかったです。次回は6月ごろかなあ、と先生と話しています。決まりましたら、改めてご案内いたしますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
6月なら夏至祭がテーマかしら?

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「北欧のおいしい話」トークショーご参加ありがとうございました

ev-1202-03topbanner.gif
おはようございます。
昨日、第2回「北欧のおいしい話」著者、森さんによるトークショーが終了しました。
ご参加のみなさま、どうもありがとうございました。今回も終了後にお話が盛り上がり、1部は30分延長、2部にいたっては、もう後もつかえていないということもあり、なんと2時間延長!時計を見たら8時30分だったときには目を疑いました。
どうも長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。お帰りはすっかり暗くなっていたのですが、大丈夫だったでしょうか?
今回ご参加された方の半数くらいが北欧に行かれた経験があり、あれが美味しい、これが食べたい、あそこは美味しい、という話は尽きる事がありませんでしたが、かく言う私も一参加者として楽しみすぎて、すっかり撮影を忘れてしまい、その様子を写真でお伝えできません。痛恨のミスです。
120219-1.jpgこちらは、イベントのときにお出ししたシナモンロール。スウェーデンで購入した粗引きカルダモンとパールシュガーがポイントです。この2点は日本では手に入らないので、北欧に行ったときは忘れずに買い足しています。
また、森さんと私の共通認識は「北欧のシナモンロールは生地がしっかりしているのが美味しい」。このシナモンロールは、フィンランドの人に教わった通り、その点にもこだわって作っています。決して日本のパンの様にフワフワでは無いのですが、それが癖になるのです。レシピは公開していますので、お試し下さい。
アヌのフィンランド風シナモンロール


北欧のおいしい話 スウェーデンのカフェから、フィンランドの食卓まで (Hokuo Book) [単行本] / 森百合子 (著); ブルース・インターアクションズ (刊)昨日のトークショーに出てきたお店の一部は、もちろん森さんの著書にも書かれています。美味しいものが大好きな方は、旅のお供にお勧めです。

北欧のおいしい時間 デンマークのカフェから、ノルウェーの食堂まで [単行本] / 森百合子 (著); スペースシャワーネットワーク (刊)また、森さんは来月にノルウェー、デンマークの食をテーマに新著「北欧のおいしい時間」を出版されます。こちらは既にAmazonで予約可能です。画像をクリックするとAmazonの予約サイトに飛びますので、是非ご覧になってください。

この新著に関連して、ノルウェーにテーマを絞った森さんの講演会を「ノルウェー夢ネット」さんで4月に行うそうです。この講演には私も聴講者として参加します。ご興味のある方は詳細が下記リンク先からご覧になれます。
「ノルウェーはこんなにおいしい!~”北欧のおいしい時間”森百合子さんを迎えて~」
ところで、実は講演に先立つ3月にノルウェーに行く予定。新著を参考に美味しいものをがっつり頂いてきます。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓