変異、変形という名のカップ

120130.jpg
この印象的な装飾のカップはスウェーデンGefle製、Variant(ヴァリアント)シリーズです。このオリーブグリーンと紫のほかに青を含めて、色は全部で3色。これは300cc入る大きなサイズですが、他にコーヒーカップサイズもあります。
現在サイトにあるのは紫のものだけですが、写真のオリーブグリーンも入荷しました。ただし、ソーサーは失われています。とはいえ、これだけ大きなカップですからマグとしてお使いいただけるでしょう。クラシックなパターンですが、意外と時代は新しく、製造は1960年から1964年です。
arthur_percy.jpgデザインをしたのはスウェーデンデザインに大きな影響力を持ったArthur Percy(1886年-1976年)。英語読みでアーサー・パーシーと表されることもあるのですが、スウェーデン語読みではアルテュール・ペルシィかな?どうも北欧語は上手くカタカナに現わすことが出来ない上に、読める人が少ないので英語読みが定着しがちです(Stig Lindberg/スティグ・リンドベリもスティグ・リンドバーグと英語読みの時代もありました)。
さて、カタカナ表記を諦めて、Arthur Percyは美術学校で学び、アーティストとして活躍していた1923年にGefle社に入社しました。それはスウェーデン製造業においては、初の社内デザイナーの一人だったとか。
当時のデザイン界はアールデコの真っ盛り、Percyもまたアールデコのデザインを得意とし代表作やヒット作を次々に生み出して、国内外で様々な賞を受賞します。
6年前もフクヤ通信で書きましたが、このVariantシリーズは1960年代にも関わらず、アールデコの影響を色濃く残しています。1960年代当時の人にとっては、もしかしたら「懐かしい、若い頃流行ったわ」なんて事もあったのかも知れませんが、手馴れたバランス感覚にはゆるぎなく、当時も新鮮さを持って受け入れられたのでは無いでしょうか。
Variantとは「変形、変異」という意味。このデザインのどこに変異があるのか、見る人によって解釈は異なるでしょう。どこか目の錯覚を誘うようなパターンは今でもクールで印象的。見るたびに、ああ、と発見があり、いつまでも楽しんでいただけるシリーズです。
ところで、Arthur Percyは画家としても活躍しました。デザインの仕事は年に3ヶ月だけ、残りの日は絵を描いて過ごし、晩年の10年間は絵だけを描いていたとか。この頃のデザイナーは最終的には画家になる人がわりといらっしゃいますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
余談ですが、ブランド名のGefleはスウェーデン語の読み方では”イェフレ”。でも、これでも耳で聞くとちょっと違う。本当にカタカナ表記は難しいです。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ピルタナウハにご参加ありがとうございました

120127-1.jpg
こんにちは、2月21日、25日にTakkuによるピルタナウハ織りのワークショップを開催しました。今回のテーマは「Lumi(雪)」でした。
120127-4.jpg21日は5名、25日は8名のご参加があり、中には茨城県や兵庫県から来ていただいて、本当にありがとうございました。

120127-2.jpgもう何回も参加してくださっている方です。さすがに綺麗に織れていますね。

120127-3.jpg和のお召し物にも良く合っています。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。
120127-5.jpg次回は3月にイースターのテーマでの講習を予定しています。モチーフはクロッカスの花。
少し凝った織り方ですので、中級レベルですが、初心者の方でも無理なく織れる程度との事。来月に詳細をお知らせしますので、どうぞお楽しみに♪

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
他にも北欧を感じる手工芸1日教室開催しています。詳細は下記リンク先をご覧くださいね。
フクヤの1日教室

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

キング&クィーンのビッグなカップ

120126-1.jpg
ご来店のお客さまとお話をしていると、大きなカップをお探しの方が結構いらっしゃいます。大抵は朝のカフェオレやミルクティーを飲むのに必要とのこと。
実は私もとても大きなカップを探した事があります。というのも、一人で紅茶を飲むときはイギリスの姉から送られてきたティーバッグを直接マグにいれ、お湯を注ぎ、ミルクをいれる、というイギリス人風作り方をすることがほとんど。イギリスのティーバッグは濃く出るので、通常のマグでは容量が少なすぎるのです。
色々探して、結局アラビアのビアマグLoylyに落ち着きました。このLoylyシリーズは現在品切れですが、容量は満杯で約400ccあります。
写真のカップはさらに大容量で、なんと450cc。こんな容量の大きなカップを、いったい何を飲むために作ったのか聞くとココア用とか。そういえば以前知り合いのベルギー人が「日本のココアはカップが小さい!ココアは大きなカップであるべきなのに!」と憤慨してたことがありますから、なるほど、さもありなん。
とはいえ、現在は北欧でもこんな大きなカップでココアを飲む事もあまり無いようです。「まあ、朝食にたっぷりコーヒーを飲む時用かな?」との事ですが、このサイズはスープにも良さそうですね。
トランプを思わせるキングとクィーンの柄はユーモラスで、印象的。フォルムをデザインしたのはフィンランドを代表するデザイナーの一人、カイ・フランクです。フォルムそのものは1953年にデザインされていますが、デコレートは1960年代に入ってからかな?デコレートデザインは誰なのか分りませんでした。
本来はソーサーが付いているものなのですが、残念ながら3つとも失われています。けれどもこれだけ大きなカップならマグ代わりにソーサーなしでもお使いいただけるでしょう。
ご興味があれば是非下記リンク先をご覧下さい。
Arabia ビッグカップのみ (キング&クィーン)
ところで、当店ではカップ、ポット、クリーマー、ピッチャー、ソースボート、鍋にも、恐らくどれくらい入るのか気になるであろうお品は全部容量を記載しています。実は意外とお客さまから反響が大きいのは、この容量を書いてあることです。
きっかけは自分がネットで買物をしたときに、大きな容量のカップ、クリーマー、ポットを探していたのに、ほとんどのお店ではサイズはあっても容量が無かったことです。自分が知りたい事は他の方も知りたいかもと、商品説明を書くときに毎回、水屋で計量カップ片手に測ることにしました。大抵は30秒ほどの作業ですが、手間と言えば手間。それでも喜んでいただけるのならやり甲斐があると言うものです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
本当は洗っているときについでに測れば一石二鳥なんですが・・・。
そういえば、以前お客さまに「え、全部洗っているんですか」と驚かれたのですが、新品で無いので必ずしもきれいな状態で入荷するわけではありません。で、洗ったら見えなかったヒビや貫入が濡れて現れるんですよね(シクシク)。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アラビアの雪の花プレート

120124.jpg
おはようございます。
昨夜、東京は雪が降り真っ白に覆われたのですが、今朝はもう溶け出しています。
その雪を少しすくってフィンランド、アラビア社のお皿に乗せてみました。選んだお皿は単純な発想で「Lumikukka(ルミクッカ)」。フィンランド語でLumiは雪、Kukkaは花ですから、雪花という意味です。
実際描かれている花の種類は何なのか、良く分からなかったのですが、小さな白い小花が放射状に付いた愛らしい姿です。
写真に使ったのはピンクですが、Lumikukkaシリーズは他にグレーと青があり、どれも淡い色合いで、白で描いた花ははっきりとは見えません。
けれども近くで見ると細く繊細な茎の先に小さく愛らしい白い花が咲いているのが分ります。
そんな優しいデコレーションをしたのは、女性デザイナーのRaija Uosikkinen(ライヤ・ウオシッキネン)。製品は1960年から1964年まで生産されました。
ケーキプレートのほかにはコーヒーカップ、クリーマー、シュガーボウルとホールのケーキを乗せるための大き目のお皿があり、当時はコーヒーセットとして出されたようです(ティーカップはありません)。
コーヒーセット、というとディナープレートやソースボードなど食事用の食器は作られなかったという意味です。
雪深く、寒く、薄暗いフィンランドの冬の日。自然と外よりも中で過ごす時間が長くなります。そんなとき気晴らしに友人の家に行って、柔らかな光の中でこれも柔らかなLumikukkaでコーヒーと手作りのケーキを頂くのはさぞかし心が温まる時間だったのでしょう。
ケーキが減るにつれて姿を表す白い花は、雪解けを待つ人々に小さな喜びを与えてくれたのかもしれませんね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
珈琲香坊さんにコーヒーの淹れ方を教わったら格段に美味しくなりました。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「北欧のおいしい話」トークショー再演決定!

ev-1202-03topbanner.gif
こんにちは、今日はイベントのお知らせです。
昨年10月に行った「北欧のおいしい話」著者の森さんによるトークショーを再演します。
北欧のおいしい話 スウェーデンのカフェから、フィンランドの食卓まで (Hokuo Book) [単行本] / 森百合子 (著); ブルース・インターアクションズ (刊)北欧各国を周って美味しいものを食べた経験を基に書かれた「北欧の美味しい話」。
著書の中ではスウェーデンとフィンランドを取り上げ、レストラン情報だけでなく、お勧めカフェやメニューの話も充実!
旅先で美味しくないものに出会うと心底ガッカリすると言う食いしん坊さんにお勧め。北欧旅行には持参したい1冊です。
トークショーでは「北欧のおいしい話」の販売とサイン会も予定していますので、当日お求めになることも出来ますし、既にお持ちの方は持参していただければその場でサインをしてくださるそうです(写真をクリックでAmazonの購入サイトに飛びます)。

詳細は下記ですが、申し込みはリンク先からお願いします。


日にち:2012年2月18日(土曜日)
場所:東京都世田谷区深沢2-15-5(フクヤショップ内)
時間:13:00 ~ 15:00 (12:30開場)、16:30 ~ 18:30 (16:00開場)
*入替制ですので、お申し込みの際に、ご希望の時間をお選び下さい(同じ内容です) 。
定員:各回10名
締切:定員になり次第締切
聴講料:800円(シナモンロールとコーヒー付き)
お申し込みと詳細はこちらから
【北欧のおいしい話】著者 森百合子さんトークショー&サイン会


実は前回はキャンセル待ちが10名様ほどいらっしゃったので、再演の話はすぐに決まったのですが、私の買い付けとその後のバタバタ、森さんの北欧取材旅行が順番にあったので、すっかり遅くなってしまいました。
120123-1.jpg今回もフクヤ店主(まあ、私ですね)手作りシナモンロールと珈琲香坊さんの美味しいコーヒーを最後にお出しします。おやつを食べながら森さんとの歓談をお楽しみください。

フクヤではその他北欧を楽しむ様々な1日教室を開催しています。現在募集中のクラスは下記をご参考下さい。なお、いずれも残席が少なくなっていますので、お申し込みはお早めにお願いしたします。
EV-1201-04.jpgスウェーデンの引き上げ編みリストウォーマー(中級者向け)
凝った編み方に見えますが、メリヤス編みが出来る方なら簡単に出来ます。色はお好みのものを選べますので、自分だけのデザインをどうぞ。

EV-1202-02.jpgスウェーデンの編みフェルトリストウォーマー(初心者向け)
初心者の方でも最後にフェルトに加工するので編み目の不揃いが分らなくなります。コートの袖口から見える角の飾りが可愛らしいアクセントです。

EV-1202-01.jpgイースターのルームフレグランス~北欧の春を楽しむ香り~
アロマテラピーで北欧のイースターに欠かせない水仙の香りのルームフレグランスを作ります。ゲランの「夜間飛行」にも使われる高級な水仙のエッセンスは女子力アップの香りとか!

EV-1202-03.jpg刺繍小箱エスカでクロッカスのトレイ
デンマークの伝統工芸エスカで北欧の春を告げる花、クロッカスの刺繍付きトレイを作ります。厚紙などは寸法にカットしたものをご用意しますので、はじめての方でも箱づくりを楽しんでいただけます。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
皆さんのお申し込みをお待ちしていますね!

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓