来年は良い年になりますよう

111231.jpg
数日前から仕事部屋で見かけていた天道虫がパソコンの前にいました。
去年の今頃も同じ模様の天道虫がいたのですが、多分別の子でしょう。調べてみると天道虫の寿命は2ヶ月くらい。秋に生まれたものは、越冬して春までといいます。それなら、この秋に生まれた子でしょうね。
天道虫の主食はアブラムシですが、飼育するなら砂糖水でも良いと言うこと。少し弱っているようなので、コットンに染み込ませた砂糖水の上で休ませて、後で暖かな枯葉の下にでも置いてくるつもりです。
良く知られている事ですが、天道虫は多くの国で幸運や冨のシンボルとされています。その理由は様々あるようですが、一つは手のひらに乗せると、どんどん高いところに上って、その先端から空に向かって飛んでいくところからイメージされたそうです。
ふと、その”多くの国”に北欧は含まれているのか気になりました。確かに北欧にも天道虫をモチーフにしたアイテムは沢山あり、幸運の印とされているようなのですが、近年になって他の国から伝わったものかも知れないし。
上手く探すことは出来なかったのですが、唯一ドイツの古い伝承を集めたサイトでそれらしきものを見つけました。
いわく、北方ドイツ及び北欧にはフレイヤ(Freja、Freyja、Fröja)という冨と欲望と愛と幸運と春を象徴する女神がいる。彼女を現わす動物が天道虫である・・・とのことでした。
フレイヤは北欧神話の女神です。日本のWikipediaにも詳しく説明されていましたので、ご興味があればご覧下さい(こちらには天道虫については書かれていません)。
フレイヤ Wikipedia
さて、今年はどういうわけか、個人的にはあっという間の短い年でした。社会的には胸が痛む大変な出来事があり、まだ完全には解決もしていない状態です。
そんな中、フクヤは多くの皆さまに支えられて1年を過ごしました。震災の後はご注文数が減ったのですが、その中の「割れてしまったので、また少しずつコレクションを集めなおします」と被害に遭われた地方のお客さまからのお買物には、胸が詰まる思いがしました。大変な中フクヤを思い出していただき、ありがとうございました。お届けしたお品で少しでも明るい気持ちになって頂けたでしょうか?
フクヤとしては去年の12月にお店をオープンし、ご来店やワークショップの開催などを通し、実際にお客さまと接する事が出来たのは大きな変化でした。お客さまと直接お話しすると自分の勉強不足に深く恥じ入ることもしばしばでしたが、知る喜びも頂きました。
フクヤに変化があったように、皆さまの上にもそれぞれの1年が通り過ぎていった事と思います。この1年の多くの感謝の気持ちを込めて、来年は益々皆さまの元に沢山の幸運の天道虫が訪れますように、お祈り申し上げます。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
フレイヤの車は2匹の猫が曳いているのですって。
猫・・・・ハート(トランプ)


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧の春の香りのルームフレグランス作り

ev-1202-01a.jpg
ヨーロッパではクリスマスが終われば、次はイースターが待っています。毎年日にちが変わるお祭ですが、今年は4月8日。この日が近づくと、町にはイースターを祝う黄色のラッパ水仙があちこちに飾られます。
easter.jpgその水仙の香りのルームフレグランスを作ってみませんか?指導は「北欧の古道具屋さんみたいなアロマテラピー教室 すぅ」主催の西村さん。
基本の水仙の香りにご自分のお好みの香りをプラスして、オリジナルフレグランスを作ります。水仙の精油は高級香水であるゲラン「夜間飛行」にも使用されている、希少価値の高いものとか。自分や相手の気分を高揚させ酔わせる「催眠」「催淫」「鎮静」効果があるそうです。
詳細、お申し込みは下記リンク先をご覧くださいね。
【アロマテラピー】イースターのルームフレグランス~北欧の春を楽しむ香り~

ところで、どうしてイースターの花が水仙なのか、と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その答えの前に、まずイースターとは日本語の「復活祭」で分る通り、キリストの復活を祝うお祭ですね。けれども実は古代の春のお祭りや、春分の後に行うユダヤ教の新年(過越)のお祭りが混ざってできています。つまり冬が終わり、春の到来を告げるお祝いとしても認識されています。
復活祭に欠かせないのは、卵(イースターエッグ)。卵は、そこから雛が孵ることから、イエスが墓から出て復活したことと、春に草花が生命をよみがえらせることの、二つの意味を持っています。
さて、ここからQ&A
Q.卵から孵るのは?
A.ひよこ
Q.ひよこの色は?
A.黄色
Q.黄色い花は?
A.ラッパ水仙
そんな「さよなら三角 また来て四角 四角は豆腐 豆腐は白い 白いは・・・」的発想でイースターの花はラッパ水仙になったという訳。
もちろん、水仙がこの季節に咲くのも理由の一つです。背の高い水仙の黄色は本当に明るく美しく、アイルランドに住んでいたとき、水仙の群生が目に入ると「ああ、いよいよ本格的な春が来た」と、ぱーと明るい気持ちになったのを覚えています。
ましてやもっと長く厳しい冬を過ごした後ではどれほど喜びを与えるのか、想像に難くありません。
皆さまも来年の春を明るい香りで過ごしてみてはいかがでしょうか?お申し込みをお待ちしていますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
北欧3大祭は、イースター、夏至祭、クリスマスです。イースターの時は子どもたちが魔女の扮装で家々を周ってお菓子をもらいます。ハロウィンに似ていますね(北欧には伝統的にはハロウィンはありません)。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヤンソンの誘惑&フィンランドのベリーのケーキレシピ

111227-1.jpg
こんにちは、先日Twitterにクリスマスディナーの写真を出したら、ケーキのレシピを知りたいとお問い合わせをいただきました。
ついでと言っては何ですが、当日作ったスウェーデン料理「ヤンソンの誘惑」のレシピと一緒にご紹介します。
ヤンソンの誘惑(Janssons Frestelse)
<4人分>
ジャガイモ 8個(大なら4個)
玉ねぎ 中1個
北欧のアンチョビ(ansjovis)125g缶 1個
牛乳 100cc
生クリーム 200cc
バター 50g(適量)
パン粉 大さじ1
111227-4.jpgオーブンを200度から225度に余熱。
玉ねぎを薄切り、ジャガイモをマッチ棒よりも太いくらいの大きさに細切りする。
グラタン皿かベイキングプレートにバターを塗る。
ジャガイモの半量、玉ねぎ、ちぎったアンチョビ、残りのジャガイモと重ねる。
牛乳、生クリーム、アンチョビ缶の汁(半分くらい)を上から掛ける。

111227-5.jpgパン粉、バターの塊を散らし、オーブンで30分から45分、少し焦げ目が付くまで焼く。
様子を見て途中で生クリームか牛乳を足してもOK。

111227-3.jpgここで書いた北欧のアンチョビ(ansjovis)とはこの写真のものです。日本では手に入らないので、私はスウェーデンから持ち帰りました。試した事はありませんが、ネットでスウェーデンから取り寄せる事が出来るようです。
Abba: Grebbestads Anchovy – Fillets, 125g
イタリアンアンチョビで代用する場合は50g缶を1缶半使ってくださいと、日本在住のスウェーデン人、マリアンヌさんに教わりました。
ただ、北欧のアンチョビとイタリアンアンチョビは魚の種類も味も違います。家人に言わせると「スパゲッティナポリタンとトマトソースパスタくらい」似て非なるそう。北欧のアンチョビは数種類のスパイスが入り(企業秘密らしいのですが、上記のリンク先によると、シナモン、ジンジャー、サンダルウッドは入っているだろうと)、スパイスの甘い香りだけでなく、味にもほんのり甘みがあります。
手持ちの北欧料理の本によると「このアンチョビに代わるものは無く、入手は困難だが、日持ちするので機会があれば手に入れてこれを使うように」とアドバイスもありました。レシピを見ると分るように、塩コショウなどの味付けは一切無く、アンチョビだけが味の決め手なので、確かに大切。どこかの輸入食品会社で扱ってくれないでしょうかね?
111227-2.jpg
さて、リクエストいただいていたのは、このケーキの方でした。これはフィンランドのアヌさんに教わったレシピです。健康志向のアヌさんらしく、バターの代わりにオイルを使います。
ところで、何でもいまノルウェーではバターダイエットの流行でバター不足になり、クリスマスの時期にお菓子が作れないと騒動になった挙句、密輸(?)する輩もいるとか。
バターダイエットって・・・・・何よ?(大いなる疑問)
閑話休題
Marjapiirakkaa (ベリーケーキ)
小麦粉 350cc
ベイキングパウダー 小さじ1
卵 2個
砂糖 100cc
植物油 100cc
リンゴ、あるいはオレンジジュース 100cc
好みのベリー(イチゴ、ブルーベリーなど、数種類混ぜてもOK) 400~500cc
板チョコ 適量
111227-6.jpg卵と砂糖を合わせて泡立てる(ベイキングパウダーが入るのでクリーム状になる程度でいいと思います)。
オイル、ジュースを入れて混ぜ、小麦粉とベイキングパウダーを混ぜたものを振るい入れ混ぜる。

111227-7.jpgバターを塗った型に生地を流し込み、上からベリー、適当な大きさに割ったチョコレートを好みの量乗せる。
ベリーが冷凍の場合は、あらかじめ解凍し、しっかりと水気を切る(重要)。
200度に予熱したオーブンで20分焼く。
様子を見て焼き足りないようなら更に10分焼く。

111227-8.jpg焼き上がり。
チョコの少し焦げた苦味と甘さ、ベリーの甘みと酸味のハーモニーをお楽しみ下さい。
アイスクリームやホイップクリームを添えると、更にフィンランド風です。

*写真では直径21cmのタルト型を使いましたが、アヌさんはベーキングトレイを使って、もう少し薄い焼き上がりでした。薄い方がフィンランドのオリジナルに近いようです。また、厚みが有ったためか、結局焼きあがりまで45分くらいかかりました。
*ベリーの甘みが足りない場合は砂糖を振り掛けてください。
*大粒のイチゴを使うときは適当な大きさにカットしてください。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ヤンソンの誘惑は、予め玉ねぎやジャガイモを炒めるレシピもあります。ただ、日本語版のWikipediaに出ているチーズがかかっているレシピは、私の知る限り、見た事がありません。もちろん、絶対に無いとは言い切れないのですが、かなりレアな作り方と思うのです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

来年は北欧の手工芸1日教室でスタートを

こんにちは、皆さま昨日は良いクリスマスを過ごされたでしょうか?
欧米では1月の初めまでクリスマスの飾りのままですが、日本では「さあ、お正月」と切り替わるので、慌しいですね。我が家では今日から年賀状に大掃除と年始の準備を始める予定です。
さて、来年はどんな年になるでしょうか?中には新しい事を始めたいという方もいらっしゃるかもしれません。それなら、手工芸元年にしてみるのはいかがでしょう?
フクヤでは1月にも北欧の手工芸ワークショップを準備しています。いずれも初心者向けですのでスタートを切るにはお勧めですよ。
まずは、フィンランドの伝統織物、ピルタナウハ織りです。
takku_top1.jpg
フィンランド人による手工芸ユニットTakkuのお2人、ヘイディとエックに教わります。小さな織り機を使って体でリボンを織る作業は童心に返り、いつの間にか夢中に。体験者からは「楽しい」と好評をいただき、毎回参加してくださる方もいらっしゃいます。
EV-1201-03img.jpg今回のタイトルは「LUMINAUHA (ルミナウハ/雪リボン)」。フィンランドの寒い冬をイメージしたデザインです。
1月21日と25日に開催しますのでご都合の良い日をお選び下さい。
詳細とお申し込みは下記リンク先からどうぞ。
【ピルタナウハ織り】フィンランドの雪のイメージを織る

また、フクヤ初の編み物教室も1月17日に開催します。ブログでのご紹介が遅れましたが、先週メルマガで告知し、既にお申し込みが催行最小人数に達しているので、開催決定しました。
ev-1201-02top.jpg
手紡ぎ・編み物作家の帯刀貴子さんに教わるスウェーデンのリストウォーマーです。もちろん使うのは、上質なスウェーデンの毛糸、「オステルヨートランド羊毛紡績」製。
今の季節指先が冷たくてつらい事が多いのですが、大きな血管の通っている手首を暖めると、血が温まり指先だけでなく体も温かくなってくるとか。
ev-1201-02b.jpg寒い、寒いスウェーデンの、防寒の知恵ですね。参考にするのはこのスウェーデンの可愛くオシャレな編み物の本。色は講師が持参した中からお好きな組み合わせを選んでいただきます(早い者勝ちですよ!)。
お申し込み、詳細は下記リンク先からどうぞ。
→【リストウォーマー】スウェーデンのリブ編みリストウォーマー(初心者向け)

どちらも、フクヤオリジナルブレンドコーヒー「白樺」でお茶の時間をご用意しています。是非、ご参加くださいね。
ところで、コーヒーと言えばこのオリジナルブレンドを作ってくださった「珈琲香坊」のマスターによる「コーヒーの美味しい淹れ方講座」を1月18日に予定しています。
ev-1201-01a.jpg
こちらも既にお申し込みいただいているので、開催決定しています。現在12時の部は若干名、15時の部はまだ余裕がありますので、是非ご参加くださいね。大好評の(ということにしておきます)フクヤ店主手作りシナモンロールが食べられるのは、この時だけですよ。
お申し込み、詳細は下記リンク先からどうぞ。
→【珈琲香坊】コーヒーの美味しい淹れ方講座 (北欧のシナモンロールとお土産付き)
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
楽しいイベント目白押し。ところで「目白押し」は小鳥のメジロがギューギューと体を付け合って木に留まることから出来た言葉らしいのですが、我が家に来るメジロはそんな可愛い姿を見せてくれません。実際に見て見たいなあ。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Merry Christmas

111225-1.jpg

God Jul!
Hyvää Joulua!

皆さま、良いクリスマスをお迎え下さい。
ハンガリーの由美さんからもクリスマスのメッセージが届いています。
FUKUYA 3.jpg
来年は由美さんのフェルトも追加しますので、どうぞお楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓