天真爛漫な白い花

110728-1.jpg
おはようございます。
ノルウェーから大変可愛らしいシリーズが再入荷しました。
Figgjo(フィッギオ)で1969年から製造された、Daisy(デイジー)です。製造終了ははっきりとはしませんが、1980年代のことでは無いかと思います。
デザインはTuri(Turid) Gramstad Oliver。カタカナで表すと”トゥーリ グラムスタッド オリヴェール”です。
日本では”チュリ”とか”チューリ”書かれていることもあるのですが、ノルウェー語通訳・翻訳の青木さんに確認したところ、”トゥーリ”が原音に近いそう。
さて、このトゥーリさん、1980年にFiggjoを退職してから、主にテキスタイルを使った作品を作るアーティストとして現在も活躍しています。おそらく陶磁器の絵付けからすっかりと離れていたと思うのですが(確信はありませんが)、1年ほど前からノルウェーでFiggjo時代の作品が回顧展の開催や、新聞、テレビで取り上げられたりと再評価されています。
Turi.gif
上の写真はその回顧展に合わせて、Figgjoで製作した新作を手にするトゥーリさんの元気なお姿。写真をクリックするとリンク先で動画と回顧展の様子が見られますので、是非ご覧下さい!
トゥーリさんは1938年生まれですから現在73歳。動画に写るお姿はしゃきしゃきしていて、何よりおしゃれ!アシンメトリーなヘアースタイルに不思議な柄の靴下(?)凝った織りのコートの重ね着はなんともキュートです。
今回Daisyが再入荷をしたので、再度Daisyについて調べてみると、恐らくこの回顧展に関連したTuri-Designの新聞連載記事(全12回)が見つかりました。とても短い記事であまり詳しくは書かれていないのですが、小見出しが”Daisy ble piratkopiert i Japan”。意味は
“デイジーは日本で海賊版が出された”
どうやら、あまり愉快な内容ではないですね。
先ほども書いたとおり詳しい記述はないので、記事から分るのは、日本でコピー品が出されたこと、Figgjoはこの件に関しては特に抗議などの行動は起こさなかったこと、の2点だけでした。
今の人にはピンと来ないかもしれませんが、かつて日本はコピー品で名を馳せた不名誉な過去があります。実際スティグ・リンドベリやカイ・フランクも日本のコピー品には悩まされたよう。
カイ・フランクは来日講演で「日本独自のもの作りを」と語ったそうで、またリンドベリがとある日本の窯元で模造をやめるようにと諭す後ろにバッチリとリンドベリ作品のコピー商品のポスターが貼ってあった、という逸話は、さて、どこで読んだのか?
幸か不幸か、私はこの日本製に出合った事が無いのですが、デイジーのような単純な絵柄は真似しやすかったのは想像に難くありません。ただ、売れないような魅力のないデザインをコピーしても意味は無いこと。ある意味(皮肉にも)このデザインが優れているひとつの証拠なのでしょう。
デイジーの花言葉は「純粋(purity)」や「無邪気(innocence)」など。純潔を意味するのでヨーロッパでは花嫁の冠として使われることもあるそうです。
残念ながら日本においてこのデザインはinnocence(無罪)とはいかないようですが、ここ日本にいても当時の贋物をみないということは、本物の力が結局勝ったのかも知れません。デイジーシリーズ、日本だけでなく北欧でも大変な人気があります。今回プレートとコーヒーカップがまとめて入荷しました。
まずはプレートをアップしましたので、よろしければご覧ください。
Figgjo Daisy ケーキプレート
コーヒーカップは来週あたりにアップします。
ミタ
追伸:
ご存命のうちに再評価されるとはご本人もさぞ嬉しいことでしょうね。実はトゥーリさんの日本での回顧展と本人の来日が実現しないかと思っているのですが・・・。日本でもこんなにファンがいるということを、お元気なうちに知ってもらいたいのです。
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今日は意識的にノルウェーのお品を取り上げました。背景にあるポットもノルウェーのものです。美しく可愛らしいノルウェーの製品をご覧くださいね。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

5周年記念!なんと全品10%オフ!

おはようございます。
ブログ、メルマガで、1ヶ月前から「フクヤ会員になると、いいことあります」と書いていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?
はい、確かに昨日までプレゼント企画もありました。でも、5周年最後のお得情報はこちら

「ネットショップのお買物
全商品10%オフ!24時間セール!」
&
「Fukuya Welcome Dayにクーポン持参で
3日間全商品10%オフセール!」

の2本立てです!
それぞれのセール詳細は下記をご覧下さい。
■24時間ネットショップのお買物全商品10%オフ
対象: フクヤ会員さまのみ
期間: 7月21日13時-22日13時
方法: 21日13時になると下記画面の様に、お買物確認画面で”会員IDをご記入下さい”との欄が現れますので、ここに会員IDをご記入下さい。お買物終了後の自動配信確認メールでは割引前の価格が記入されていますが、後ほどお送りする確認メールで金額を修正いたします。
↓クリックで拡大!
110720-1.gif

対象商品: ウールラグを除く、全商品です。セール品、アウトレット品も更に10%オフになります!
*なお、割引は商品代金に適用されます。送料、手数料、には適用されませんのでご注意下さい。
*ポイント利用された場合はご利用後の商品代金から10%オフです。
*ID記入欄のコメントは変更することがあります。
■Fukuya Welcome Dayでお買物全商品10%オフ
対象: フクヤ会員さまのみ
期間: 7月22日13時-24日18時
方法: 下記リンク先のクーポン券をプリントアウトしてご持参下さい。クーポン券に会員IDが無い場合は割引は適用されませんので、どうぞお忘れなくご記入下さい。
お得な割引クーポン券
対象商品: 店内全商品です。セール品、アウトレット品も更に10%オフになります!
●まだフクヤ会員で無い方はこの機会にどうぞ。下記リンク先に詳しいご案内があります。
ポイントがたまるお得なフクヤ会員。入会金、年会費無料!
●今月のFukuya Welcome Dayは22日、23日、24日の3日間開催!アクセス方法などは下記リンク先をご覧下さい。
フクヤ実店舗のご案内
それでは、お待ちしています。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今年の猛暑よりも熱く、大型台風よりも強い企画(?)です。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

メーメー子羊の可愛い食器

110716-1.jpg
おはようございます。
アイルランドに住んで、まず違和感を感じたのが、パスタもカレーもナイフとフォークで食べるところでした。しばしば北欧に行くようになって、観察する機会が増えると、北欧の人もパスタもカレーもナイフとフォークで食べているではないですか。
そこで「カレーならスプーンで食べた方が簡単じゃない?」と尋ねると、もじもじしながら「だって、そんなの子どもみたいで恥ずかしい」と。どうも、ヨーロッパでは両手でカトラリーを持って食べるのが大人の証のようです。
その証拠のようなカトラリーがあります。デンマークのデザイナー、カイ・ボイスンによる子供用カトラリーセット。プッシャーと呼ばれるT字型のものと、持ち手が輪になっているスプーンとの2点セットです(ただし、日本では先割れスプーンと3点セットになっている場合が多い)。
カイ・ボイスンシリーズ ベビープッシャー / カイボイスン・・・カイ・ボイスンシリーズ ベビースプーン / カイボイスン
写真クリックでAmazonの販売サイトに飛びます。
これがそのプッシャーとスプーンです。日本では多くの人がプッシャーは親が赤ちゃんの為に食物を潰す道具と思っているようです。また、販売店でも間違ってそのように説明されていることがあり、販売側の責任を問いたいのですが、これはそのための道具ではありません。
そもそも潰すものなら名前はプッシャー(押すもの)ではなく、マッシャー(潰すもの)でしょうし、大人用の大きさであるべきですよね?
“Child’s food pusher”と英語で調べていただけると分りますが、プッシャーとは
「まだナイフとフォークをうまく使えない小さな子どもが、ナイフ代わりに食べ物を“押して”フォーク、あるいはスプーンに乗せる道具」
と説明されています。つまり、小さなときから両手でカトラリーを使う訓練をするのですね。いわば、日本における子供用の練習箸でしょうか。
さて、欧米で子供用食器セットは、プレート、ボウル、マグの3点セットが基本です。ボウル、マグに比べるとプレートは多くの場合、使用傷が多く、良い状態で残っているものが少ないです。そりゃあ、こんなカトラリーで不器用にガシガシこすられては傷も付くでしょう。日本の様に箸で食べるのとは食器の受難度は大違いです。また乱暴に使うためか、3点セットで残っている場合も少なく、大抵何かが欠けています。
今回まれなことに、ノルウェーStavangerflintから大変愛らしい子供用の食器が3点揃って入荷しました。男の子と女の子、そして羊です。シリーズ名は”Bæ. bæ, lille lam(メーメー子羊)”。プレートで子羊を捕まえた2人、マグでは(写真に写っていませんが)男の子が大きな刈りバサミを手にしています。そしてボウルではついに丸裸にされた子羊と靴下を編む2人。
温かい靴下を手に入れる2人を、毛が無くなりすっかり寒くなった子羊が恨みがましそうな目で、ジットリ見ていますね(冗談です)。
イラストはGro Pedersen Claussen(1941年- )。1963年から1967年までStavangerflintにデザイナーとして所属し、以降はフリーのデザイナー、またテキスタイルメーカーのデザイナーとして2006年まで現役で活躍していました。
彼女の描く人物は、アーモンド形の大きな瞳を持ち、色使いに独特な愛らしさがあります。Stavangerflintにおける所属期間が短く、作品があまり無いのですが、例えば”Ud Efter Ol“シリーズが知られています。が、なんと言っても子どもの姿が本当に可愛らしい。
そのGroの本領発揮ともいえる子供柄の子供用食器シリーズ。せっかく3点揃って入荷なのでセットで販売したいと思っています(未定ですが)。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
スパゲッティをナイフで切ってフォークに乗せて食べるのですが、私はこの方が食べづらいです。やはり子どものときからの訓練で慣れているんですね。次は対抗して箸で食べてみようかな?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

《超不定期ハンガリー通信》ハンガリーから夏の果物のお菓子

こんにちは、毎日暑いですね。こんなに暑いとサッパリとした果物を食べたいものですが、どうして日本は果物の種類が少ないんだろうね!と由美さんとぼやいているこの頃です。
お金を出せば手に入らない物は無いくらい何でも豊富にそろう日本です。とはいえ、やっぱり普段食べるものなら気軽に手軽に買いたいですものね。
一方アイルランドに住んで困ったのが「葉野菜がない」ということでした。とにかく根菜ばかりで、葉物が極端に少ない。日本にいるときは気にもしていなかったのですが、葉野菜がないと献立が限られるものなんですね。もっともアイルランド人はほとんど毎日同じものを食べているから問題が無いのでしょうが。
と、国によって食習慣が違うと売られているものも違うわけで、豊富な果物が手に入るハンガリーから美味しそうな果物のケーキについてのレポートが由美さんから届きました。それでは、ご覧下さいね。


*+*+*+*超不定期ハンガリー通信 その24*+*+*+*
『チェリーと愉快な仲間たち』

 
110705-1.jpg
先日ちょこっとご紹介したサワーチェリーのケーキ。
あれは基本の簡単生地+好きな果物というもの。
この簡単生地も、人によっては粉の種類の違いや乳製品のプラスαあり、また旬にどの果物を選ぶかの嬉しい悩みもあり、その組み合わせは無限に広がっているような気さえします(大げさ?)。
 
今日は先日のサワーチェリーに続きまして、仲間をご紹介いたしましょう。
題して
“チェリーと愉快な仲間たち”
 
さて、どこが愉快なんでしょうか。
探してみて下さいね。
 
110714-1.jpg←黄桃と白桃

“本来の分量よりも少なめの生地を、いつもと同じ大きな型に伸ばしたために、薄めの生地に焼くことになった黄桃ケーキ。”  
以上は先日報告しました”怪我の功名”ですが、形が崩れた黄桃を砂糖煮にし、その薄めの生地に広げて焼いたら、その薄さ加減があら、新鮮っ♪でした。
フィンランド風パンケーキも薄めにオーブンで焼くものだそうですから(まだ作ってみてないけど)、大きく焼いてあとから小さく切り分けるスタイルのお菓子は気楽な日常の手作りにとても適している、と思います。ちょっとした集まりでの人数にも対応しやすいですしね。
 
110714-2.jpg←ブルーベリーとダークチェリー

“普段は素通りする高級果物で、なんとケーキを焼いちゃうっ”
という、とんでもなく素晴らしい企画です。
FUKUYAさん5周年記念おめでとうということで(全く関係無い素敵な言いワケです)。
 
別につぶれてもいないブルーベリーを、あえて焼いちゃうなんてもったいない。。。と思いつつ、ブルーベリーの色に負けました。
普段は黒スグリ派の私なんですが、とにかく深く濃い色の果物にめっきり弱いんです。
それに今回は、”私をケーキにして下さい、是非フクヤさんのために。”という声も聞こえた気がしたし(一体どこから?)。
 
ちなみに、ダークチェリーは売り子のおばさんから「おまけ」という、一握りのプレゼントです。せっかくなので写真におさめました。
 
110714-3.jpg←1)ブルーベリー 2)半分に切った黄桃 3)帰宅途中でつぶれてしまった黄桃、
それぞれを一つの生地で焼きました。 
こうすると、今日はどの果物で作ろうか?と悩みませんね。

110714-4.jpg←こちら、薄めに焼いた杏ケーキ。 
先日の黄桃ケーキを再現するべく、ベーキングパウダー無しで作った薄めの生地です。
薄いため、ぱくぱく食べちゃいます。。。

  
簡単に記しますと、
私のオーブンプレート30㎝×38㎝です。
そこへ直接クッキングシートを敷いて壁になる部分を折ってすこし立ち上げるか、ちょうどいい長方形の型を用意しても、どちらでも。
白っぽくよく混ぜたバター&粉砂糖(グラニュー糖可)&卵黄&よく立てた卵白は、振っておいた薄力粉+ベーキングパウダー少しと一緒に最後に加えます。
すべて同量300gづつ、これがいつもの生地です。
*同じ材料を150~200gくらいづつにして、ベーキングパウダー無しが薄めの生地です。
 
酸っぱすぎる果物なら、あらかじめ別分量の砂糖をまぶしておくか、かるく砂糖煮にしておきます。
 
暑い暑い夏には冷蔵庫に入れたほうが良い時もありますよね。
そうして翌日に冷えてしっとりしたものも、実はまたおいしいんですよ。。。
 
110714-5.jpg←で、市場へ行くと危険なのは、予定外に買ってきてしまう果物。
「あっ! ジャムにいいっ」と思ってしまうと、今日は用事があるから作るのは無理だろうと心の半分は反対し、もう半分は”果物が私を呼んでいる”と思ってしまうわけです。
 
こうして眠い目をこすって作った杏ジャムは、冬になって「作っておいて良かった。。。」になるわけですね。

 
で、愉快な仲間たち。
 
えーっと、なんか素敵な響きかなーと思って。。。 ダメ?
 

*おしまい*

うーーん?
こんなに毎日が暑いと、冷えた果物ケーキが本当に美味しそう。それに果物のケーキは色がきれいなのがいいですね。愉快な仲間の意味が良く分からなかったのだけが、心残りですが(どうやら使いたかっただけ)。
ミタ
追記:
お客さまから焼き温度と時間について質問を頂いたので追記します。
由美さんの自宅では、電気のオーブンで170度で20分から30分とのことでした。ガスオーブンやガスファンオーブンではもう少し早く焼けると思います。最初は様子を見ながら焼いてくださいね。
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
263986_148102925266194_106190439457443_299099_7681131_n.jpgお客さまからも5周年のお祝いに手編みのポットホルダーをいただきました。そのものすごい全貌は下記リンク先からご覧になれます。
手編みポットホルダーの裏と表
ありがとうございました!


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Fake Flora

110711-1.jpg
おはようございます。今朝は6時半に起きましたが、あまりの日差しの強さに8時近い時間かと思って少し焦りました。
さて、こちらはそんな光の強烈な夏にふさわしい、涼しげな水色ガラスのNuutajarvi Floraボウルです。
このFloraシリーズはフィンランド最古のガラスメーカーNuutajarvi(ヌータヤルヴィ)でデザイナーOiva Toikka(オイヴァ・トイッカ)が1966年に発表したものです。このFloraシリーズはヌータヤルヴィのヒット作となり、同社がIittala(イッタラ)に吸収合併されたのちも継続され、1991年に製造終了となりました(2002年に限定で復刻)。
当初はKastehelmiと同じく、プレスガラスでタンブラーが作られましたが、上手くいかずすぐに取りやめ。吹きガラス手法に変えたところ、この繊細な軽さを作り出すことに成功し、その後はタンブラーに限らず様々なアイテムが作られました。
さて、このFlora(フローラ)シリーズ、世界的なヒットのためコピー品も多く出回るという残念な事になっています。以前ディーラーさんからはアメリカでコピーが作られたと教えてもらいましたが、調べてみると東南アジアでも生産され輸出されているようです。
今回あらためて調べた過程で、いくつかのサイトでコピー品を間違えてFloraとして記載しているところを見つけました。
110711-3.jpgこちらはデンマークで見つけた、そのコピー品のひとつ。この場合は色が明らかに違うのですが、フォルムだけ見たら区別がつかないくらいそっくり。これがもしクリアなら、パッと見では分らないかもしれません。
そして、困ったことにクリアのコピーも多く作られています。
では、コピー品をうっかり購入してしまわないためには、どうすればいいのか。
それには基本的な商品の知識を頭に入れることかもしれません。
まず色ですが、クリア、ライトブルー、ダークグレー、ヴァイオレット、ダークブルーの5色が作られています(カラーは1978年で生産終了、それ以降はクリアのみ)。ですので、それ以外の色はコピー品の可能性が高いです。
アイテムはボウル、グラス、タンブラー、プレート、ピッチャー、花瓶がそれぞれ数サイズ、それにチーズカバーの29種類が作られたそうです。ちょっと書き出すのが大変なので、詳しくはこちらのIittalaのサイトでご確認ください。
Flora, Fauna and Pioni
けれども色はともかく、それら全部の形を覚えきるのは、なかなか大変。ひとつは「これはレア」と説明されたら「本当はレアなのではなく、単に贋物なのではないか」と疑うのも有りなのですが、実際に滅多に見つからないフォルムもあるので、ややこしい。過去に多くを扱っていて商品知識がしっかりとした、信頼できるお店で購入するのが安心かもしれません。
それにしても、このグラス、本当にそっくりで「もしかしてカルティオの色でちょこっと作ってみたんじゃないの?」という気がしてくるのですが、良く見ると底がかなり厚くて均一ではないんですよ。写真をクリックすると拡大するので、分ると思います。
違いを見ると、なるほど輸送泣かせのFloraの薄い仕上げって、結構すごい技術なのねえ、とあらためて知ることになるのです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
以前も書きましたが、私は商品説明に「レア」「珍しい」を余程のことでも無い限りは使わないようにしています。全ての生産数、流通数を把握しているわけではないので。自分がたまたま今まで出会わなかったり、たまたま市場に出回っていないだけかも知れませんから。取り扱っている品に関しては出来るだけ謙虚に接するように心がけています(と自分に言い聞かせています)。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓