Made in Japanの里帰り

110529-1.jpg
こんにちは、昨日、一昨日と雨のなか、Welcome Dayにお越しの皆さま、ありがとうございました。
お近くの方はもちろん、遠くからも、そして今回は特に愛知県からKさまが来て下さって感激しました。お土産の「しるこサンド」は、あの後もご来店のお客さまにもお配りして喜んでいただきました♪
この2日間は残念ながら雨でしたが、それもそのはず関東地方は早くも梅雨入りしたとか!一気に気温も下がって、肌寒くなってしまいました。梅雨が明けるまでは、まだまだ温かい飲み物が手放せません。
そんな肌寒い日に便利な魔法瓶がデンマークから先週3点入荷しました。いちいちお湯を沸かして温かい飲み物を作るのは意外と面倒に感じるもの。朝、魔法瓶に作り置いておけば半日は温かさを保ってくれます。この魔法瓶の様に暖色を使った色合いは、温かさを益々強調してくれますね。
さて、このポット、手前の茶の花柄の裏を見ると、「Made in Japan」とありました。なんと、数十年ぶりに里帰りしたポットです。調べてみると、メーカーは大阪の「ピーコック魔法瓶」、私は初耳でしたが、和レトロファンの間では有名なメーカーのようです。
ピーコック魔法瓶(旧:孔雀印魔法瓶)は1950年創業、既に市場は象印魔法瓶とタイガー魔法瓶が占めていたので、海外向け製品を多く製造し、海外での知名度が高いとか。国内販売は創業の4年後、1954年からといいますから、いかに輸出に力を注いでいたのかわかります。
このポットはデンマークに輸出されたものなのですね。はっきりとは分かりませんが、1960年代くらいでしょうか。海外で数十年に渡ってコーヒーを温め続けていたポット、お帰りなさい、お疲れ様、と言いたくなります。
これらのポットは準備が出来次第順番にサイトでご紹介いたします。寒い日は温かな飲み物を、これからの暑い日には冷たい飲み物にもお使いいただけます。
ところで、お店にはキッチンがないので、スウェーデン語講座やWelcome Dayでの店番の時は魔法瓶にコーヒーを入れて用意しています。
110529-2.jpgこの左の写真のストローで巻かれたものがお店で使っている魔法瓶。スウェーデンでは”TV-Kanna”といい、Kannaとはポットのこと、TVには諸説あり、テレビを意味するとも言われています。以前このポットについてブログを書きましたので、よろしければ下記のリンク先をクリックしてご覧下さい。
レトロ魔法瓶
1950年代から1960年代に作られた古いものなのですが、保温性はしっかりとしていて5時間くらいは温かさを守っていますよ。
このお色は在庫がありませんが、お色違いでしたらお買い求めになれます。
TV魔法瓶 (ベージュ x 緑)(スウェーデン製)

また、フクヤではオリジナルブレンドコーヒーを3種類ご用意しています。シーンやお好みに合わせてお選び下さい。下のバナーをクリックするとコーヒーのお買物ページに飛びます。
banner1.jpg
アイスコーヒーには、軽い味がお好みなら「coffee白樺」、苦めがお好みなら「coffee杜松」がお勧めです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
コーヒーはコーヒーメーカーの上で保温すると煮詰まってしまうので、魔法瓶で保温する方が美味しさを保ちますよ。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンで一番売れている車は?

こんにちは。
今週の火曜日は「スウェーデン語入門講座」の第2回目でした。
最初に先生に出されたクイズがタイトルの「スウェーデンで一番売れている車は?」という質問。
「ボルボ?」「日本車かなあ」「トヨタ?」なんて考えていのですが、答えは・・・・

この写真の車の形をしたお菓子「bilar」でした。

スウェーデン語でBilとは車のことで、これが複数形になるとBilar、このお菓子の名前です。そしてパッケージには「Sveriges mest köpta bil (スウェーデンで一番売れている車)」と書かれているのですね。

車の形をした、マシュマロのような、グミのような、ラムネ味のもので、最初食べた時は「ぼんやりとした味」が正直なところ。ところが食べ始めるとこのパンチの無い味がクセになり、生徒さんの中には「止まらない」と口に運ぶ人も。

このお菓子を入れているのは同じくスウェーデン、ロールストランド社の子供用シリーズ、Pipです。
Rorstrand Pip キッズボウル
Rorstrand Pip キッズプレート
子供用の食器は使用頻度の高さや、子どもが使うということで傷が付きがちです。残念ながら、この2つも傷が付いてしまっていますが、全体的には良い状態です。年代ははっきりとはしませんが、ロゴから推測すると恐らく1960年代です。

このボウルに入れたBilarの歴史を見てみると、1953年発売開始とあり、なんと60年近い歴史があるんですね。当時のスウェーデンにおける車普及率は分りませんが、特に子どもにとっては「カッコイイ」なんて人気のお菓子だったのかな?

宣伝文句の「スウェーデンで一番売れている車は?」がそれを物語っていますね。
110526-2.jpgさて、スウェーデン語教室では毎回講師手作りのお菓子をお出ししています。
前回のお菓子はもちろん、Billarではなく、このスモーランド風チーズケーキ。なんとチーズも牛乳から手作りの凝ったお菓子です。チーズの種(?)はタイミングよく日本に遊びに来たスウェーデン人の友人に持ってきてもらったものとか。
サッパリとした口当たりでアイスクリームとの相性も抜群。とても美味しくいただきました♪ありがとうございました。

この「スウェーデン語入門講座」は6月に日曜日クラスを開催します。まだ残席がありますので、もしご興味があれば是非お申し込み下さい。
詳細は下記リンク先からご覧ください。
【スウェーデン語入門】楽しく、美味しく、スウェーデン語を学ぶ <全3回>
さて、ここでスウェーデンの車にまつわる雑学をもうひとつ。

スウェーデンの車線が右側になったのは1967年
それまでは日本と同じ左側でした

実は私がそのことを知ったきっかけは、このノルウェー映画「キッチン・ストーリー」です。映画の中でスウェーデン人がノルウェーとの国境を越えるときに車線を変更し「ややこしいなあ」という風にばやく場面があります。

不思議に思って、スウェーデンでディーラーさんに尋ねると「そうなの、私が免許を取ったのが1965年。その2年後に車線が変わって、私はすぐに慣れたけれど、父はなかなか馴染めなくて大変だったわ」と。
ちなみにこの車線変更、「ダゲン・H」と呼ぶそうで、ちゃんと日本のWikipediaにも書かれていました。
ダゲン・H (Dagen H)
ところで、この「キッチン・ストーリー」。なんの予備知識も無く観ても面白い映画なのですが、戦争中の北欧各国の事情について予習しておくと、より面白いと思います。そして、台詞の端々から垣間見える、ノルウェー人とスウェーデン人がお互いに抱く複雑な感情が、なんとなく理解できるかもしれません。

ミタ
本日も新着アップします。
下記リンク先からいちはやく今日の新着がご覧になれます。
5月26日15時アップ予定の北欧ビンテージなど36点


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

「北欧 かわいいものみつけた」展

110522-1.jpg
おはようございます。
一昨日の土曜日に自由が丘IDEEで開催されている「北欧 かわいいものみつけた」展に行ってきました。これはインテリアスタイリストの斎藤志乃さんが今月に出版された本と連動した企画で、本に掲載されている雑貨をその場で購入することが可能です。
北欧かわいいものみつけた [単行本(ソフトカバー)] / 斎藤 志乃 (著); ピエブックス (刊)こちらがその本です(画像をクリックするとAmazonの商品ページの飛びます)。
遡ることちょうど1年、去年の5月の買い付けの最中、コペンハーゲンで志乃さんにばったりと会いました。ぼーーと歩いていたら突然「三田さーん」と声をかけられ、まさかこんなところで知り合いに会うとは思ってもいなかったので、一瞬誰か分かりませんでした。
まあ、もうひとつの理由は、いつもボーイッシュな志乃さんが女の子っぽい可愛い服装だった、というのもあるのですが・・・。
そのときに「本の取材で」と言っていたので、いつかな、いつかな、と思っていました。
展示会で志乃さんに「1年かかったのね」と話しかけると「1年半かな?本を作るのって時間が掛かるのよー」と。特に今回は震災の影響もあり、少し出版が遅れたとか。
110522-3.jpgその本、「北欧 かわいいものみつけた」では、志乃さんがフィンランド、スウェーデン、デンマークの北欧3カ国を周って集めた「かわいいもの」たちが志乃さんらしい視点で語られ、それぞれの品を見つけたお店や場所と共に紹介されています。
蚤の市はもちろん、アンティークショップやかわいい雑貨屋、いい季節に行ったら絶対に訪れたいスウェーデンのローゼンタールガーデン、スカンセンやフィンランドのセウラサーリ野外博物館といった観光施設。もちろんデザイナーの志乃さんらしく、美術館もはずしていません。
また、フィンランドではマリメッコとアラビアの工場を見学したそうです。特にマリメッコは「私ここで働く!」と思ったほど素敵だったとか。
もし初めての北欧旅行を計画していて、古いものでも新しいものでも、とにかくかわいいものが好きな方にはガイドブックとしてお勧めです。
午前中は蚤の市やアンティークショップでレトロな雑貨を探し、お昼はかわいい雑貨屋巡り。午後は美術館を訪れて、旅行中の一日は美しいガーデンやタイムトリップしたような場所でノンビリお茶を楽しみたいな、そんな旅がしたい方にはとても参考になると思います。付録には訪れた場所の地図が付いているので、志乃さんが辿ったのと同じ場所を訪れることが出来ます。
110522-4.jpgさて、話は戻って、土曜日にIDEEに行くと、なにやら机に向かって必死になっている志乃さん発見。
理由を尋ねると「本を買ってくださった方にサインを頼まれたんだけど、私サインって書いたことなくって、練習しているの」と。見ると紙にいくつも自分の名前を書いています。
どうも、向こうには志乃さんの練習を待っているお客さまがいらっしゃるよう。
「ねえ、サインってこんな風に(と紙にペンでぐちゃぐちゃと線を引いて)読めないようなのじゃないとダメ?」
「いやー?それ(楷書)でいいんじゃないの?」
「そう?なんか子どもの連絡帳みたいじゃない?」
「うーん、今からじゃ無理だし、それでいいと思うけど・・・」
「こういう場合って”○○さん江”って”へ”を漢字で書くのかな?」
「わかんない・・・」
なんだかんだと逡巡しながらサインを書いて、お客さまに本を渡した志乃さんに、私も購入した本を差し出して「サインしてください」。
「ええー本当?」
「”三田さん江”って書いて、江の字の最後は延ばして先にハートを書いてね♪」
「うん、やってみるよ」
110522-5.jpgと、このように書いてもらいました。
(もちろん”江”の先のハートはジョークです)
「北欧 かわいいものみつけた」展は6月6日まで。詳細は下記のリンク先、IDEEのサイトをご覧下さい。
IDEE自由が丘
今週末のFukuya Welcome Dayの時についでに立ち寄っていはいかがでしょうか?いや、逆かな?IDEEのついでにフクヤにお立ち寄り下さい。IDEEからはたったの徒歩20分です(バスもあり)。
そうそう、Welcome Dayを開催している5月28日は志乃さんが在廊しているそうなので、本にサインをしてもらえるかもしれませんよ(適当なことを・・・)。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ノルウェー関係者から「やっぱりノルウェーは含まれていないんですね」と自虐的な声が聞こえてきそうですね。
北欧の、おとぎばなしと雑貨たち [単行本(ソフトカバー)] / 斎藤志乃 (著); ピエ・ブックス (刊)こちらは志乃さんの最初の本です。
画像クリックでAmazonに飛びます。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデン語入門講座1回目終了♪

110518-1.jpg
こんにちは。昨日、「スウェーデン語入門講座」の第1回が開催され、無事終了しました。
当初、14時からの会のみの予定でしたが、反響が良く、急遽16時からの第2部も追加。その第2部には私も生徒として参加させていただきました。
写真は第1部の時のものです。先生手作りのスウェーデンのお菓子、Kokostopをいただいているところ。これは”ココナッツの頂上”という意味だそうで、このとがった形が特徴です。外側はさくっと、中はしっとりとした食感とココナッツの香りが良く、結構大きい物なのですが、2つ、3つと手が出てしまいます。
第1回目の講座は、まずはスウェーデン語の特徴ある発音、å、ä、öの練習から。そして、スウェーデン語の簡単な挨拶と自己紹介を教わりました。初日なので、まずはスウェーデン語に触れるところからだったのですが、時には綴りから想像できない発音に、ぬぬぬぬ?と混乱することも。まずは英語読みを頭から消さないとダメかもしれません。
また、スウェーデン語は歌うようなイントネーションが特徴とのことです。日本語のなかでも、関東地方はアクセントが平坦なので、慣れない抑揚をつけて話すのは気恥ずかしくなりがち。上手に話すためにはその気持ちを捨てるのがコツかもしれませんね。
次回はいよいよ会話編に入ります。今週は初顔合わせの方ばかりで、ちょっと緊張したのですが、来週は恥ずかしい気持ちを捨てて頑張るぞー。
さて、この「スウェーデン語入門講座」ですが、ご要望が多かったので、6月頃に日曜クラスを設けることにしました。まだ日時などの詳細は未定ですが、決まり次第メルマガでご報告いたしますね。
もし、フクヤのメルマガをご購読で無い方はこの機会にお申し込みしてみてはいかがでしょうか?
メールマガジン購読申し込み(無料)
110518-2.jpgさて、明日も通常通り15時に新着アップをいたします。フクヤのFacebookに明日アップ予定の新着をアップロードいたしましたので、よろしければご覧下さい。
5月19日アップ予定の新着

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
コーヒーはフクヤオリジナルブレンドの「樅」をお出ししました。美味しいと、ご注文もいただきました。ありがとうございます。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

集めたくなるステンシルシリーズ

110515-1.jpg
おはようございます。
フィンランドのアラビア社では、1960年代から1970年代にステンシルの手法で装飾をしたシリーズがあります。一体何種類作られたのか、わからないほど沢山の柄があり、そのほとんどはデザイナーもパターン名も分りません。
気楽な日常用として作られたシリーズで、全体的にラフな絵付けになっています。けれども、今となってはそのラフさが魅力となり、コレクターもいるほどで、現地でも価格が上がっているアイテムのひとつです。
このステンシルシリーズに使われた型は、例えばフィンランドを代表するデザイナーのひとり、Kaj Franck(カイ・フランク)によるAAモデルもあれば、アラビアの数少ないアール・デコ風のデザイナー、Greta Lisa Jäderholm-Snellman(グレタ・リサ・イェーデルホルム=スネルマン)によるMLモデル、フォルムもデコレートも美しい”Nipponシリーズ“も手がけたOlga Osol(オルガ・オソル)によるRLモデルなどなどと枚挙にいとまがありません。
これだけ様々な型をステンシルシリーズに流用しているところを見ると、当時、手元にある使えそうな型は何でも使っちゃえ、と考えていたのではないかとすら思えてきます。
ちなみにGreta Lisa Jäderholm-Snellmanの魅力溢れる人となりについては、下記の商品説明に詳しく書きました。
Arabia She-Foo デミタスカップ
Olga Osolについては下記のフクヤ通信をご覧下さい。偶然見つけた珍しいOsolの顔写真もあります。
フィンランドから来たNippon
さて、様々な型で作られているステンシルシリーズですが、私が特に好きなのは写真のGöran Bäck(イェラン・ベック)によるBRモデルです。
このモデルは、ステンシル以外にも例えばエステリ・トムラがデコレートのIsokukkaAurinko、ライヤ・ウオシッキネンのデコレートによるHermesKaarinaがあります。
イェラン・ベックはカイ・フランクの元で原型作りを経た後、主に業務用の型作りを手がけていました。彼の作品については以前ご紹介しました。
「業務用」の凛とした魅力
110322-2.jpg今回フィンランドのセルフサービスカフェで、BRモデルのカップが集まっている、この光景に出くわした時に益々いいなあと思うようになりました。
業務用を多く手がけた彼の無駄の無い型は、ステンシルというシンプルな手法にものすごく合っていると思いませんか?
買い付けではこのカフェに触発されて、ステンシルを特に集中して集めてきました。このBRモデルに限らず、カイ・フランクのAAモデルや細身のOTモデルなども買い付けました。これから夏に向けて順番にご紹介していきますので、お気に入りのひとつを見つけていただけると嬉しいです。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
このカフェの光景はかなり印象的で、いつかBRモデルだけ集めたカフェを開きたいとさえ思ってしまいました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓