ラテン語で月という名のガラスボウル

101127-1.jpg
こんにちは。
デンマークのリスさんに教わったリンゴのデザートが美味しくて簡単だったので、また作りました。今回は目分量。適当な分量でも出来てしまうところが、長く愛されている秘訣なのかもしれません。
デンマーク風アップルケーキ
さて、今回はデンマーク風に大きな器に入れて、取り分けるスタイルで写真を撮ってみました。撮影に使ったのは1970年にフィンランドを代表するデザイナー、カイ・フランクがデザインしたガラスシリーズ”Luna”の青いボウルです(発売開始は1971年)。
Nuutajarvi/Arabia Luna ボウル (直径11cm)
ぼってりとした厚みのあるガラスで、柔らかい曲線を描いた優しい雰囲気の形です。単色の青に見えますが、日に透かすと濃淡の青が混ざり合い複雑な表情を見せてくれます。
Lunaとはラテン語で”月”の意味。月のような冷たさと温かさの両方を感じるデザインです。
ラテン語といえば、後ろにチラリと写っているガラスボウル、イッタラのUltima Thule(ウルティマ ツーレ)もラテン語の意味を持っています。以前も書きましたが、Ultima Thuleとは古いヨーロッパ言語で「知られている世界の境界線(最果ての地)」という意味で、特にラテン語ではグリーンランドを指すのだとか。
デンマーク領グリーンランドはその名に反して、大部分が北極圏に属し、80%が万年雪に覆われた極寒の地です。恐らくUltima Thuleのデザイナー、タピオ・ヴィルカラは氷の地を連想してこの名前を付けたのでしょうね。
Iittala製品でラテン語のシリーズ名は他にもあり、良く知られているところでは、シマシマの”Origo”もそうですね。Origoは英語のOrigin(起源、原点、基点、始点)の元になっていて、ラテン語では”始め”という意味です。
日本では「Origoはラテン語で中心を意味し、食事を楽しむことが暮らしの中心になるように」云々と解説されていますが、これは意訳?イッタラのサイトにも他の海外サイトにもOrigoの意味については何も書いていないので、よく分かりませんでした。物の始まりという意味で「中心」と解釈したのでしょうか。ちなみに中心(center)のラテン語はCentrumだとか。
日本人にはなじみの無いラテン語ですが、西洋では古語として学校で習う言語です。全ての学校ではないようですが、甥の通っているパブリックスクール(イギリスの私立校)ではラテン語をやらされるようです。彼の通っている学校は1552年創立の古い学校ですので、450年前から変わらずラテン語の授業があるのでしょう。
欧米の歴史ある学校では式典がラテン語で行われるそうです。家人の通っていたアイルランドの大学は、正式名称の”ダブリンにおけるエリザベス女王の神聖にして分割されざる三位一体大学”から分かるとおり、1592年にイギリスのエリザベス1世によって創立された、たいへん古い大学です。
そんなわけで、卒業式は伝統どおりラテン語で行われました。
家人は「何を言っているのか、さっぱり分からなかった」そうですが、名前を呼ばれたことはしっかりと理解したらしく、列席の父兄たちが拍手をする中、ちゃんと壇上に上がって前大統領から卒業証書を受け取っていました。
私も拍手をして家人が卒業証書を受け取るのを見ていたら、前に座っていた卒業生の母親らしき女性が振り返り、私に拍手を贈りながら「この卒業式はあなたの卒業式でもあるのよ」と言葉をかけてきました。知らない方でしたが、その学科の卒業生にアジア人は家人1人で、列席者の中でもアジア人は私1人でしたから、私が身内だろうと察したのですね(当たって良かったです)。
そのとき、全く知らない国に来て、周りに誰も知っている人はいず、言葉はほとんど分からず、簡単な意思を伝える事にも苦心し、かといって夜中まで勉強している家人には日常の瑣末な事まで手間を取らせることはできないので、自力で解決するしかなく、そんなこんなの思い出が走馬灯の様に蘇り・・・・
は、しなかったのですが、まあ、その一言にはかなり慰められました。洒落たことを言いますね。
1年余りの短い海外生活でしたが、その経験から外国語は出来るだけ正確に伝えよう、と気をつけています。北欧の食器名は未知の言語のためか、間違った日本語に訳されている場合があるのが残念だなあ、と思っています。手間を惜しまず調べれば分かることも多いのですが。
(ちょっと、愚痴)
では、良い週末を!
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ちなみに卒業証書もラテン語なので、何が書いてあるのか今だに分かりません。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

日本橋丸善でクリスマスクロス

101126-1.jpg
こんにちは。今日は寒いですね。
なんと、来週には12月になってしまいます。猛暑に弱っていたはついこの前のような気がするのに!
12月の声を聞くとそろそろクリスマス準備ですね。サイトにもクリスマスのアイテムを順番にアップしていますが、サイト以外でも12月25日まで丸善日本橋店のクリスマスフェアーでクリスマスのクロス、キャンドルホルダー、マグを一部出品しています。
丸善の行きかたは下記の地図をご参考になってください。場所は3階洋書売り場です。

大きな地図で見る
いま、身辺がちょっとザワザワしているので、なかなか現地にいけませんが、24日のお休みの日に行って来ました。きれいにディスプレイしてあって、担当のTさんに感謝です。これからも水曜日のお休みには出来るだけ行ってみたいのですが、来週の水曜日は既に予定が入っていて、なかなか動けません。申し訳ないです。
また、お隣はフランス雑貨のパニエールさんです。パニエールさんは土日のお昼頃は店頭にいらっしゃるそうです。フランス雑貨について色々とお話を聞かせていただけそうですね。
それでは、お近くにお寄りの際は是非覗いてみてください。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
サイトのクロスもよろしくお願いします。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

《超不定期ハンガリー通信》そうだったのか!

101125-1.jpg
おはようございます。
いつも、人気のハンガリー製バターナイフが再入荷しました。
今回はハンガリーの由美さんが作者のおじさんと交渉して出来た、フクヤオリジナルでサーバーセットも入荷です。
そこら辺の話をちょっと書いてくれないか、と由美さんに頼んだところ、届いたハンガリー通信です。
おじさんの話も、サーバーセットの話も、何も書いていないのだけれど、これでいいのだろうか?
・・・良く分かりませんが、どうぞご覧下さい。ここからが由美さんのレポート(?)です。


*+*+*+*超不定期ハンガリー通信 その20*+*+*+*
『そうだったのか!』

前回、通信のまえがきでミタさんが:
 
”木製品LOVEのお話” ←ーなんて超甘っちょろい書き方をしていて、
 
憤慨しつつも人一倍気の弱い私は、「モクモクはそんな軟弱じゃないもん・・・しくしく」と泣き寝入りしたままに、夏から秋、そして冬を迎えるこの時期まで過ごしてまいりましたとさ。
 
で、
 
本日は ”胸に切ないシマシマLOVEのお話”。
 
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・あふれんばかりの想いを言葉で表すって、難しいですね。
 
そうです、
 
縦じま横じま。
 
放っておくと、身に付けるものからテーブルクロス、なんでもかんでもシマシマになってゆきます。
 
101125-4.jpg池と川、どっちが好きかときかれたら、川です。

 
101125-5.jpgサッカーや野球、ラグビーなどの観戦、それはユニフォームが基本シマシマだから好きなのか?と、今ハッキリした気がします。
ACミランにいたっては、私のためにシマシマですよ。

 
101125-6.jpgこうなると当然、横断歩道も気になります。 道路にシマシマ、白くて非常に正しいです。

 
101125-2.jpgイシュトヴァーンくんも、これまで5回会ったうち3回はシマシマの服。 
若いのに、できた青年です。

 
101125-3.jpgそっか! 彼もこれで、けっこうシマシマなんだっ♪

 

*おしまい*

うーん、やっぱり、良く分からないです・・・・・。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
とりあえず、サーバーとバターナイフについては一番上の写真で確認してください・・・・。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

訃報:Inkeri Leivo

101121-1.jpg
アラビア、アート部門のInkeri Leivaさんが今年(2010年)9月28日に亡くなったそうです。
写真は代表作の一つ、Harlekinシリーズで唯一柄のあるKarnevalです。Harlekinには、白無地の他に赤い色がアクセントの”Red Hut”、青の”Turkos”があります。
Arabia Harlekinシリーズ
もっとも知られたシリーズはArctikaです。
Arabia Arctikaシリーズ
彼女の経歴や作品についてはこちらをご覧下さい(フィンランド語、英語)。
Art Arabia
1944年生まれの彼女はまだ60代の若さでした。ご冥福をお祈りします。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
作品は残るのです。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

《超不定期ハンガリー通信》ハンガリー真夏の「王宮の民芸祭」

101119.jpg
おはようございます。
ハンガリーの由美さんから、夏の恒例「王宮の民芸祭」のレポートが今頃届きましたよ。
この民芸祭とは、ハンガリー、ブダペストのブダ王宮で毎年8月に開催される、民芸品のお祭り。ハンガリー各地から集まった職人による実演販売が楽しめるそうです。
トップ写真の見事な刺繍もその民芸祭での一枚です。
フクヤにも由美さん買い付けの民芸品がありますので、残り少なくなってきましたが、よろしければご覧下さい。
ハンガリー民芸祭アイテム
さて、そのお祭りの様子を由美さんの撮った写真と共にどうぞ。


*+*+*+*超不定期ハンガリー通信 その19*+*+*+*
『王宮の民芸祭』

“Mesterse’gek U”nnepe(メシュテルシーゲク・ウンネペ)”と呼ばれるお祭り、
“名匠の手によるものたちの祭典”なんて直訳でよいものかどうか。。。
これは毎年8月20日の建国記念日を前後に、ブダペスト・王宮の丘で開催されるもの。
↓↓詳しくはこちら(英語の説明あり)
http://mestersegekunnepe.hu
http://www.nesz.hu/content/view/215/81/
国から伝統継承者としての”名匠認定”を受けた人を含め、日々、手工芸に携わる工芸協会員が全国から集まり、作品を持ち寄っての展示販売はもちろんのこと、実演も目にすることのできる”民芸祭”です。
 
おそまつながら、私の考える民芸とは、長い年月をかけて生活に根付いた装飾がそのまま伝統となり、今を生きる人々が受け継ぎ、素朴なままに次世代へ伝えたい事、と捉えています。
現代ハンガリーのその一同を目にすることのできるこのお祭りは、訪れる我々に、モノづくりからあふれる豊かな喜びを与えてくれます。
 
県・地域別に分けられたテントに集まる手工芸家たちは、多くの達人の中のごくごく一部。
毎年お馴染みの顔ぶれが揃うテントもあれば、その時によって出品者が交代するところもあります。
 
夏の楽しみのこの数日間。
舞台プログラムあり、地方名物料理やワインなども楽しめるため、丘のふもとから頂上までの露店を、できれば一日かけてゆっくり見て回りたいものです。
さて、実際どんな様子なのかを、チラリとご紹介してみましょう。
えっ?
ハイハイ?? 
 
夏祭りの話題を、なぜ今頃になって? 
 
そうでしょう~、不思議でしょう~。
 
書いてる本人にも不思議ですから(笑)。
 
えーっとですねぇ、
夏の終わりには書く気でいたものの、ちょっと油断していたら、なんと冬になりかけていて、自分でも驚きです。
一瞬の躊躇のつもりが早3ヶ月だなんて。。。
もしかして時空でも旅してきたんでしょうか、私。
 
なんたってもうすぐクリスマス市が始まりますので、時期的にはそちらを書くべきなのかもしれませんが、
そこは、ほらっ!フクヤさんだから・・・・・・・・ねっ☆
 
↓↓ということで、こちらからどうぞ~♪
101119-1.jpgカロチャ模様の小さな作品を、ミシンで制作中。
あらかじめ真ん中に刺繍された布、その周りに穴を開けつつ、それらをまつりながら、さらにそこへ目にもとまらぬ速さで白糸の飾り模様が、ミシン一つで施されてゆきます。

101119-2.jpg同じ県内でも4~5つの地域に分かれ、その伝統模様が異なるそうです。
どちらの国・地方から伝わってきたか、またどんな民族がそこに多く残ったか、などにもよるそうです。
使う糸の色、同じ花でも表現の違いから、その雰囲気はまるで変わりますね。

101119-3.jpg組み紐のレース編み。
 
交差の順序を間違えたらと思うと、お茶でも飲んでおしゃべりしながら、、、なんてことは無理でしょうね。
出来上がったものは衣装の一部に、また額に入れての装飾にもなるようです。

101119-4.jpgこちらはモダンデザインの布。 
これらを使ってのバッグ、小物などは観光の目抜き通りにあるアトリエショップでもお目に掛れるので、もしかしたら、こちらにご旅行されてご存知の方がいらっしゃるかもしれませんね。

101119-5.jpg子供達でも使える趣味の道具が揃っています。
織物を専門にされるご家族のブースですが、ビーズやフェルト、組み紐に必要なものなどが購入可能です。
 
101119-6.jpg大草原を駆る人々の装束、またその生活に息づいたフェルトの作品たちです。
私、何度か説明を受けたものの覚え切れてません。。。
が、その模様には、まるで記号のようにさまざま意味が含まれており、美しいだけではない伝統模様の神話的深さを感じます。

101119-7.jpgちょうど子供達対象に、フェルトの紐作りをしているところ♪
大きな鉢に石鹸水を用意して、そこに浸しながら手のひらにグルリと回した羊毛をこすり、固めてゆきます。
 
101119-8.jpgトウモロコシの干し皮細工。
乾かした皮の一枚一枚を手元でヨリながら繋げて、食卓用の小さな敷物を編んでおられました。
熟練でも一日かかる仕事だそうです。

101119-9.jpgお揃いの衣装をまとったお二人による、刺繍と機織りの実演。
ブダペストから距離をひとっ飛び、まるで北の山間部に足を踏みいれたかのような光景。

101119-10.jpg“鉄は熱いうちに打て!”
   
101119-11.jpg“なにやってるのーー?”
 
“木を切ってるのーーーー。”
 
101119-12.jpg長い髪を編み込んでいます。 
民族衣装に合わせる髪結いの、技も型も伝統です。

101119-13.jpg水に浸したままの布に細く細くプリーツを作ってゆきます。

101119-14.jpg濡れた状態でヒダを寄せ、乾いてくるとこのように細いプリーツが残ります。
民族衣装のスカート地となります。

101119-15.jpg赤、赤、赤、、、、
赤い模様があふれかえっています。

101119-16.jpgさて、お待たせいたしました。この方はどなたでしょうか??
私の愛するシマシマ・・・いえ、ストライプ柄を含め、素敵な木製品を作り続けられておられる、あのバターナイフ制作者のヤーノシュさんです。

101119-17.jpg実演ではあっという間に、卵やエッグスタンドを作っておられました。
どれも手に馴染む、やさしい作品ばかり。

101119-18.jpgはい、ブダペスト在住である私の友人も、一目惚れした藍染バッグを手に、ニッコリ(:D)♪
40度近く照りつける夏の日差しの下でも、清々しく輝く美しい笑顔です♪

 
 

*おしまい*

以上、真夏のハンガリーからのレポートでしたー♪
サイトを見るとまだ来年の日程は決まっていないようですが、もしご旅行の予定があれば民芸祭に合わせてハンガリーに行かれるのは、由美さんからのお勧めです。
また、フクヤで大好評のヤーノシュさんのバターナイフが再入荷しました。それについてはまた次回。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
鉄と木の説明がおざなりなのは興味がないからなのかしらね?


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓