coffee白樺発売と紅茶問題

shirakaba_1.jpg
こんにちは。既にメルマガでもご連絡しましたが、フクヤオリジナルコーヒー、「白樺」を本日より発売開始しました。
結構、真面目に作ったので、沢山の方に飲んでいただけると嬉しいです。送料も、3袋以上、あるいは4袋以上のご注文で無料になるように致しました。どうぞ、よろしくお願いします。
「白樺」販売ページはこちら
coffee白樺 【北欧のシナモンロールに合うコーヒー】200g
数ヶ月前から、我が家のコーヒーは「白樺」試作品ばっかりです。いつもコーヒーを淹れるのは家人任せなのですが、販売するのだから自分で淹れなきゃと頑張っています。でもコーヒーは淹れ方で味が変わってしまうので、難しいですね。短気なのでどうも蒸らし時間というのが待ってられなくて、いっそうの事コーヒーメーカーを入手しようかと考え中です。
この前、お店で見たElectroluxのKaffe Te(カフェテ)というのがサイズが小さくて、デザインが可愛くて、コーヒーばかりか紅茶も作れて、しかも1万円以下が魅力的でした。で、このエレクトロラックスというのがスウェーデンのメーカーなのですね。そのとき家人に指摘されるまで全く知りませんでした。どうも、こういう業界には弱くて。
と、まあそんなどうでもいいような身の回りの雑記でした。
さて、コーヒーといえば紅茶(?)。
先日の「お湯+ティーバッグ」に、なおさまよりコメントをいただきました。なんと、ハンガリーとスペインでもお湯とティーバッグが出たとか。
また、「息吸い相槌編」でもフランス事情をご報告いただいたNさまより「お湯+ティーバッグ」フランス編を教えていただきました。
「息吸い相槌」ブログ拝見致しました。どうもありがとうございました。
自分でフランス語でやってみると「しゃっくり」に近いものがあると思いました。
ところで話は突然変わりますが、これまた「ティーバッグ」証言のことが。
フランスには存在します。「マリアージュ・フレール」といった有名なティーサロンなど、すべてのお店がそうではありませんが、パリを問わず地方でも時おり見かけてびっくりしたことがありました。
しかもちゃんとメニューを見て銘柄を選ぶんです。その銘柄のティーバッグがソーサーに乗って運ばれてきた時には「なんて安っぽい、、、」と絶句したものです。それに、ティーバッグを直接、お湯が入ったポットに入れるのか、それともティーバッグをカップに入れてお湯を注ぐのかと迷っちゃいますよね。
ちなみにフランス人宅に招かれた時も2通りありました。
やはりミタさんがおっしゃられているとおり、フランスはコーヒー文化の国だからかもしれませんね。
これで世界地図上のフランスもその仲間入りです。

ということで、ハンガリー、スペイン、フランスと来れば、私の”ドイツ発祥北上説”が既に違うことが判明です。やはり、Nさまも指摘していらっしゃるとおり
コーヒー文化=お湯+ティーバッグ
なのでしょうか。世界地図のボーダーラインがぐぐっと西と東に伸びました。
とそんな事を思っているとき、お客さまのTさまより
ブログもいつも楽しみに、読ませていただいています。
お紅茶のお話、私もエーッと思う経験ありました。
ハワイの結構いいホテルのメインダイニングで、食後にすごい木箱が運ばれてきて、「葉巻は吸わないけど…」と思いましたが、パカッと開けられた箱にはティーバックが行儀良く並んでいました。地図の参考になればうれしいです。

とメールが!
ボーダーラインが・・・ボーダーラインが・・・
思いっきり南下中です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
こうなってくると、イギリス、アイルランド以外はどこも「お湯+ティーバッグ」なのかという思いもムクムクと・・・。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フランスから息吸い相槌の報告と紅茶の出し方

101026-1.jpg
おはようございます。
前回話題にした、ヨーロッパ人の「息吸い相槌」について、水面に小石を投げ込んだように、ジワジワと波紋を呼んでいます(本当か?)。
フクヤのお客様でパリに14年住んでいらっしゃる、Nさまから興味深いメールがありました。許可をいただいたので、こちらでご紹介しますね。
——————————–
こんにちわ。お忙しいところ、こんな所から失礼します。
ミタさんのブログが楽しいので時々拝見しながら、自分はそこに書き込むのがどうも苦手でして、お許し下さい。
「息吸い相槌」についてフランスからの証言をしたくて仕方ありませんでした。
フランス語でも「Oui(ウィ)」と答えるときに、息を吸いながら答える人が時々います。いつもではなく、時に。
でもこれはパリだけかな、少しスノッブな感じで、しかも数年前に見られた現象のように思います。
日本語でいうと数年前に「○○とかっていう↑」と語尾をやたら上げて終わるフレーズが耳につくことがありましたが、それに相当しないまでも、日常的にこの「息吸いウィ」を目撃していた気がします。
もしや服部四郎先生はこの現象のことを話していたとは思いませんが、おもしろいですね。
言葉は生き物ですから、どんどん変わっていきます。
私も日本に帰国するたびに、TVを見て驚きます。
またお便りさせていただければ幸いです。
では。
——————————–
Nさまによると、最近ではあまり聞かなくなったそうです。他の国からも比較的年配の、特に女性に見られると報告があるので、もしかしたら一種の流行だったのでしょうか?
Twitterでもフィンランド語の年配の先生が「息吸い相槌」を打つと教えていただきました。今度、フィンランドの若い人に会ったら、果たして言うのかどうか、意識して聞くつもりです
いずれにしても、今後どの国に行っても耳を立てて注意深く聞いて見ます。今まで「息吸い相槌」欧米では普通と思っていた私にとっては、国によって違うという発見だけでも大きかったです。
Nさま、面白い報告をありがとうございました!
さて、話は変わりますが、トップの写真、不思議ではないですか?
実は私にはもう一つ検証したいことがあるのです。それは、

紅茶を頼むとカップに入れたお湯に
ティーバッグを添えて出す国の
ボーダーラインはどこか


日本人の私には不思議なことなのですが、ヨーロッパの国には、カフェやレストランで紅茶を頼むとこの写真の様にカップにお湯を入れて、ティーバッグと一緒に出す国があります。
少しお高いレストラン(といっても私が行く程度ですが)ではお湯の入ったカップが運ばれ、次に木箱に入った様々なティーバッグを見せて恭しく「どれになさいますか?」と聞かれます。
今まで、40カ国くらいに行きましたが、そのなかで言うと、フィンランド、スウェーデン、デンマークの北欧諸国と、ドイツ、オーストリア、オランダの西欧諸国ではお湯とティーバッグが出てきました。それ以外の国では紅茶を頼んでいないのか、記憶にありません。
あ、念のため、イギリス、アイルランド、そしてヨーロッパに入るのか微妙なところですが、トルコは紅茶文化なので、出来上がった紅茶が出てきます(トルコ以外ではポットで)。
話を戻すと、フィンランドで一般の家庭にお邪魔したときもお湯にティーバッグが。オランダでは外で紅茶を頼んでいないのですが、一般の家庭で紅茶をお願いしたら、お湯とティーバッグが出てきました。
北欧、ドイツ、オーストリア、オランダというとコーヒー文化の国です。

コーヒー文化の国=お湯にティーバッグ

といっても良いのか?
なんとな~く、イタリア、クロアチア、フランスではちゃんと出来上がった紅茶が運ばれてきた、ぼんやりとした記憶があるので、例えばドイツあたりから発祥し、北上したのか?
同じヨーロッパでも、西欧ではなく、東欧ではどうなのか?
(東欧ではコーヒーしか頼まなかったので検証できていないのです)
と、世界地図を眺めながら考えているのです。何かご存知の方がいらっしゃったら、一緒に世界地図に線を引いてみませんか?
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
写真に使ったのはGustavsberg Bersåティーカップです。大胆に省略された葉の柄が個性的で人気のシリーズ。Bersåとは、スウェーデン語で「木陰の休息所」という意味で、ちょっと日本語には相当する翻訳語が無いのですよね。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

コーヒー白樺のご感想をまとめました

101025.jpg
こんにちは。
シナモンロールに合うコーヒー「白樺」のモニターの皆様からのご意見が集まりました。
結論から言うと、大変好意的な反応をいただきましたので、ブレンドは変えずに10月28日から販売を開始いたします(ブレンドをしてくださった珈琲香坊のマスターが旅行中で、27日に帰宅するそうなので)。
モニターの皆さまは、シナモンロールを焼いてくださったり、用意してくださったり、手作りのお菓子や甘いものと一緒に飲んでくださったりと、大変真剣にお答えいただき、感激しました。本当にありがとうございます。
中にはお写真も送ってくださった方もいらっしゃいましたので、ご感想と共に紹介させていただきます。また、ご意見の全部を掲載すると長くなってしまうので、お写真をいただいた方のみのご感想を紹介しますが、それ以外の方からも大変参考になるご意見をいただきました。
全員分を掲載いたしましたので、ご興味のある方はこちらからご覧ください。
コーヒー「白樺」お客さまの声
101025-1.jpg愛知県のK.K.さまはアヌさんのシナモンロールを焼いて、お嬢さまと一緒にいただいて下さいました。
「なんとかいい具合に挽けて濃さも中間くらいに。頑張ってシナモンロールを焼いてみました。コーヒー好きの娘と試飲。えぐみなく、変な苦さも無く、酸味もなくて甘いお菓子に良く合い、何杯でも飲みたくなるかんじ。」

101025-2.jpg兵庫県のI.N.さまはシナモンロールを用意してくださいました。
「シナモンロールと一緒に頂きました。
シナモンロールを一口、コーヒーを一口コクと香りが口いっぱいに広がりシナモンとカルダモンの香りがより一層ひきたてられる感じでした。」


101025-3.jpg静岡県のB.Hさまは米粉のコーヒーロールと一緒に。
「こっくりした感じで、喉を過ぎたあとベルギーのビターチョコレートを思い出すような、秋に合う味でした。香りもよいですね。
普段飲む豆とは違うのですが、これだと苦味が少し残るのも好きになりそうです。朝食に飲むというより、しっかりした甘いおやつと一緒に、昼間にいただくのがいいと思います。」


101025-4.jpg東京都のH.T.さまはサクランボフランを作ったそうです。
「袋を開けた時から、ふわっと立ち上がる香ばしい豆の香り、照りっと輝くダークな豆の美しさにときめきました。上手く表現できないのですが、明るい暖色系の色合いの香り(?)のイメージが湧きました。おそらく、華やぎのある香りだということが言いたいのです。(笑) 」

今回のモニターの皆様には豆の状態でお送りしたので、このためにコーヒーミルを用意してくださった方もいらっしゃいました。本当にありがとうございます。
前述のH.T.さまもミルをお持ちでなかったということで・・・。
101025-5.jpg「うちではいつもお店で挽いたコーヒーを買うので、実はコーヒーミルがありません。
今回挽く前のお豆を頂いて、どうやって挽こうかと一瞬悩みました。
ハンドミキサーで軽く砕いてから、乳鉢で地道にすりつぶし準備をしました。(笑)
所要時間、毎回20-30分。
大変でしたが、自宅で豆を挽くことの素敵さに感動したので今後は「豆から自宅で挽く派」に転身します。
ですが、毎回ハンドミキサー&乳鉢はつらすぎるので、コーヒーミルを買おうと思います。」


ここまでしていただいて・・・・。
ありがたいと思いつつも、乳鉢のお写真を見たとたん爆笑してしまいました。
どうか次は是非、コーヒーミルで!
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
鳥取市のコーヒー消費量は日本一とか。珈琲香坊のマスターは鳥取出身。子どものときから味に馴染んでいたのかもしれませんね。
ところで、喫茶店の店主って「マスター」って呼んじゃうのは何故かしら?


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

そろそろクリスマスです

101022-1.jpg
おはようございます。
気が早いと思われるかもしれませんが、フクヤでは来週10月28日からクリスマス関連のお品を順番にアップします。まずは、クロスから始まって、アラビアとグスタフスベリのクリスマスプレート、他に写真にあるジンジャーブレッドカッターやトントゥ柄のアイテムも順番にアップしていきます(Finelのマグはアップ済みですが、色がピッタリだったので一緒に並べました)。
クリスマス関連のアイテムが北欧のビンテージ市場に沢山出始めるのは11月から12月なので、毎年その時期に揃えてストックしています。1年近く待ってやっとお目見え。どうぞ、お楽しみに。
本当はもっと早く出てくれるとこんな面倒なことはしなくても良いのですが、マーケットは地元の人の利用が主ですので、仕方ないのです。
写真のアイテムも随分と前に入手したものです。左側のプレートは、ハンガリーGranit社製。フィンランドで買い付けましたが、輸出用だったらしくバックスタンプには”Made in Hugary”と英語でプリントされています。絵付けはGranitお得意のステンシルを使い、ステンシル独特の滲みがいい味を出しています。
このプレートを見つけたとき、デジャヴに襲われたのですがクリスマス関連の品を取り出していて、その理由に気が付きました。
隣に並べている、Finelのトントゥ柄のホウロウボウルと柄が同じでした!
違いは手をつないでいないだけです。あはははは。やるな。
Granitのトントゥたちは、Finelに比べると微妙にヘタクソで野暮ったく、そこがなんとも味がある雰囲気となっています。東欧の食器はお手ごろ価格ですので、気楽に使うのには丁度いいでしょう。11月になったらアップしましので、お楽しみに。
さて、話は全くもって変わりますが、昨日ブログにアップした「息吸い相槌」について、ごく一部(主に身内)から大変な反響がありました。
イギリスの姉からはイギリス人の兄が横でヒーヒー息吸い相槌に挑戦していてうるさいとメールが来、ハンガリーの由美さんからは2回挑戦しただけで過呼吸状態になったと報告が(ということは、ハンガリーでは無いのね)。
念のためアイルランド在住日本人の友人にも確認すると
「アイルランド人、言う言う。息吸いながら「Yeah」って。
思うにおばちゃん以上の人に多し。
スウェーデン人の友達も気づいてて、彼女が言うには、あんまりYeahと思ってないときに言ってるようだ、と分析(きっと義理母のことだ)してましたが。
気のない返事だから本人達には自覚が無いんだわ。」
と返信がありました。
更にカナダのプリンスエドワード島で「息吸い相槌」が方言として存在している、と書いているブログを見つけました。
「プリンスエドワード島日和」
また、古代文字資料の研究と公開展示を目的として作られた愛知県立大学のホームページ「古代文字資料館」のなかに、正に”「息を吸いながら出す音」に寄せて”という雑記があり、そこに約60年前に書かれた服部四郎著「音声学」に日本語・モンゴル語・英語・ドイツ語・フランス語などの実例があるとか。
こちらのサイトの半ばに「息を吸いながら出す音」についての記述があります。
この本はかなり難解らしく、今はちょっと読む気にはなれませんが、まあ、「吸気で相槌」は有りということが分かっただけでも嬉しかったです。
ただ、ネイティブに「パブでビール飲んで酔っ払って、ゲップやしゃっくりばかりしてるアイルランド人としか話したことがないんじゃないの?」と全否定された事だけが
ものすごく悔しかっただけ
です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
夫は気が付いたことが無いとか。どうしてでしょうね?聞き取れる耳と聞き取れない耳があるのでしょうか?


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ノルウェーから来た美人さん

101021-3.jpg
こんにちは。
トップの写真は、ノルウェーStavangerflint(1968年にFiggjoと合併)でInger Waage(インゲル・ヴォーゲ)による美しいプレートのアップです。
101021-1.jpg全体像はこちらで、後ろに置いてあるクッションと比べてくだされば分かるとおり、とても大きなお皿です。
絵付けは手によるもので、プリントではありません。そのため、1点1点雰囲気が(かなり)異なり、Waageのファンサイトには様々なバリエーションが紹介されています。

101021-2.jpgこちらが、そのバリエーション。
ノルウェーのサイト、INGER WAAGEから写真をお借りしました。
INGER WAAGE
Foto: Ole
こちらと比べていただければ分かる通り、このプレートは中でもかなりの美人ではないですか?
そして、これは
私物です。
ふふん♪
と自慢しても日本での彼女の知名度を考えると、あまり羨ましがられないかも・・・。
なんて気持ちが揺れつつもご紹介したのは、昨日銀座でお茶をした方に「是非」と言われたので。
「三田さんが紹介したら人気が出るかもしれませんよ」
「いや、私はそんな影響力無いですから」
「でも、ノルウェーのものを・・・」
「ノルウェーのですねー」
私がどこに行こうが、何を食べようが、誰に会おうが、みなさん興味も無かろうと思っているので、普段はそういう事は書かないのですが、昨日は北欧に関係のある方と北欧に関係のある所でお会いしたので、ちょっと関心をもって下さるかもしれません。
その方とはノルウェー語翻訳・通訳家・ノルウェー語講師であり、ノルウェー夢ネットの代表、青木順子氏です。
ノルウェー夢ネット
そもそもは、今年の2月に目黒区主催の「北欧を知ろう」講座に講師としてお招きしたのが最初の出会いです。
第3回「北欧を知ろう」講座
青木氏にお会いする前は、もっと年配のちょっと怖い女性を想像していたので、会場に大学生くらいにしか見えない若い女性が現れたときには、一瞬誰か分かりませんでした(後に童顔と判明)。その後、しばしば夢ネットのサイトで青木さんのすっとぼけた調子のレポートを読むにつれ、すっかりファンになってしまったのです。
嬉しいことに青木さんも「今度お茶でも」と言ってくださったので、昨日、銀座に出来た”デンマーク・ザ・ロイヤルカフェ”に行ってきました。
101021-4.jpgこのカフェの名物はデンマークの伝統料理スモーブローと日本の寿司を融合させた新しいお料理「SMUSHI(スムッシー)」です。
写真の通り、小さなパンに具材がお寿司の様に美しく盛り付けられています。私は味を語る語彙に恵まれていないのですが、とても美味しかったですよ。私の乏しい表現よりも、サイトを直接ご覧になった方が良く分かるかもしれません。下にリンクを張ったので、どうぞご覧ください。
デンマーク・ザ・ロイヤルカフェ

青木さんはノルウェー語に関する著書も多く、書店で”外国語学習”コーナーを覗くと青木さんの本が並んでいます。手に取って前文を読むと「やっぱりすっとぼけているなあ」と可笑しくなり、ノルウェー語やってみようしら?とうっかり思ってしまいます。
青木さんの著書はこちら
私は仕事にどうしても必要な英語をまず身につけなければいけないので、危険な誘惑なのですが・・・。
なんと、このカフェで3時間もお話していたのですが、印象に残っているのは北欧の人独特の相槌について。青木さんは、私がアイルランドに住んでいたと知っていて、「アイルランドの人も息を吸いながら相槌を打つと聞いたのですが?」とお尋ねになりました。
「ええ、息を吸いながら”イヤァ”って言いますが?」「ノルウェーもなんですが、スウェーデン、フィンランドの人も息を吸いながら”ヤー”とか”ヨー”って言うんですよ」「はい?そうですね。それが?」
もちろん、北欧の人が息を吸いながら相槌を打つのは気が付いていたのですが、アイルランドでもそうだったので、欧米の人は国に関係なくするものと思い、今まで特に疑問に感じた事はありませんでした。
「イギリス人はやらないんです」「え!!」「アメリカ人には具合が悪いかと思われてしまうらしいです」「えええ!!!」
「バイキングが何か関係しているのでしょうか?」
(アイルランドは北欧のバイキングに占領された時期があり、首都ダブリンもバイキングによる命名)
あまりに衝撃的な内容だったので、帰宅してからイギリスの姉に尋ねると「息を吸いながら相槌を打つ人に出合ったことがない」そうで、姉がそれを社内のイギリス人とアイルランド人たちに確認すると、私とは別の衝撃が走り、同僚が次々と息を吸いながらの相槌に挑戦し、かつフィンランド在住の友人に確認の電話をいれる人まで出てくる騒ぎになったとか。
姉の報告によると、同僚のアイルランド人も、フィンランド在住の友人も「息を吸いながら相槌を打つ人に会ったことが無い」というのですが、全く納得がいきません。「フィンランド語は猫の言葉(稲垣美晴著)」にも有ったのですが、どうも現地の人はそのことにちっとも気が付いていないようなのです。
フィンランド語は猫の言葉 (講談社文庫)
西洋人の耳には分からない音を日本人は聞き取っているのかも知れませんね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
アラビアファクトリー見学のときに日本人のガイドをしてくれる女性は、日本人のご主人があり、日本に長く住んでいた方で、日本語が堪能。彼女は息を吸いながら、日本語で「はい」といいます。
いや、これが、本当なんですってば。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓