体に優しい温かさ、湯たんぽ

100928-1.jpg
家人の留学に伴って、アイルランドに住んでいたことがあります。
アイルランドはイギリスと思われることもあるのですが、イギリス領なのは北アイルランドだけで、南の地域は独立国です。
とはいえ、700年のイギリス支配(1949年独立)の影響で、文化的にはイギリスと良く似ています(宗教は異なります)。そればかりか、言葉も第1公用語のアイルランド語を日常的に使っているのは一部の地域だけで、それ以外の多くの地域では第2公用語の英語が話されています。
人口が横浜市くらいしかない小さな国なので、アイルランドのテレビチャンネルは3チャンネルしかありません。そのうち1チャンネルはアイルランド語なので、アイルランド語が分からないと見られるのは2チャンネルのみになります。そのためか、イギリスの放送を受信できるように契約している人がほとんど。
というわけで、私もアイルランドにいる間はイギリスの放送をいつも見ていました。BBCは国営チャンネルですが、NHKと違いコマーシャルがあります。(姉からBBCコマーシャルないよー、と。見ていたのは民法チャンネルでした)
そして、秋が深まるとバンバン流れるのが、クリスマス関係のコマーシャル。「胡桃割り人形」の音楽(金平糖の踊り)に合わせて、お勧めのプレゼントが次々画面に現れます。そのとき目を引いたのが”湯たんぽ”。
そういえば、イギリスの大手薬局”Boots”に行くとカラフルな色や、可愛い柄、ぬいぐるみの形をしたものなど袋物がずらりと並んでいましたが、あれは湯たんぽだったのか!とコマーシャルを見て初めて気が付きました。
姉が「イギリスではこの時期、かわいい!と思って手に取ると、湯たんぽカバーだったりする」とぼやくのも分かるくらい一見すると湯たんぽカバーとは思えない物も。
湯たんぽは時代遅れのイメージがあったので、イギリスでこんなに普及しているとは思わず、とても驚いたものです。それに、日本で見たこともないような可愛いカバー!湯たんぽについて調べると、体に優しく空気も汚さず、いいことばかり。使ってみると足元からぽかぽかと暖かくぐっすりと眠れます。こんなおしゃれなカバーが日本にもあればなあと、心から思ったものです。
でも、私が知らなかっただけで、いつの間にか湯たんぽは日本でも見直されていたのですね。
それならば是非、湯たんぽを扱いたいと、フクヤを始めたときフィンランドの人に尋ねると、驚いて「湯たんぽ!?売っているのを見たことが無い!だって、冬でも家の中はとても温かいし、必要ないのよ」と返事が。
なるほど、極寒の国では家の造りが全然違うのですね。かえって、中途半端に寒いイギリス近辺の方が普及しているのか(それでも、日本の家よりはずっと温かいのですが)。なにせ、映画「The クィーン」でも女王が湯たんぽを抱えて、寝室から出てくるシーンがあったくらいですから、その普及度が分かります。
秋が近づくといつも湯たんぽが頭に浮かぶ数年を過ごしていたのですが、ようやく縁があって湯たんぽを取り扱う事になりました。ドイツ、ファシー社製です。この話をすると、姉に「なんでドイツ?」と尋ねられたのですが、なんとこのファシー社の最大の輸出先はイギリス。年間10万個以上をイギリスに輸出しているそうです。
イギリスの人口は約6千万人ですから、毎年600人に1人はファシーの湯たんぽを購入していることになります。姉の家にある湯たんぽもカバーはイギリス製でも、中身はドイツ製かもしれません。
今回取り扱うのはカバーもドイツのファシーオリジナル。写真のニットの白、フリースのハート型(中の湯たんぽもハートの形なんです!)、そしてギフトボックスつきのフェルト製(白とマゼンタのハート)です。
100928-2.jpg100928-3.jpg

来週の10月7日販売開始を目標に、ただいま絶賛撮影中!どうぞお楽しみに♪
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
アイルランド人の友人が「子どものとき2段ベッドの上で寝ていたんだけどね、朝起きると天窓からツララが下がっているんだよ。僕の息の蒸気が凍っていたんだよねー」と。室内で気温がマイナスってことね・・・・。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ブランケットの季節です、急に

100927-1.jpg
おはようございます。
数日前から急に冷え込んで、慌てて冬支度をした方もいらっしゃるようですね。
というわけで、フクヤも慌てて冬の商品を出すことにしました。恒例、グラニーブランケットです。
去年の春から半年間かけてコツコツ集めて、夏の間にコツコツ洗濯し(家庭用の洗濯機なので一度に2、3枚しか洗えないのです)、コツコツ写真を撮っていました(暑かった!!)。
振り返れば、去年は9月には出したのですが、あまりにも暑いから今年は10月からにしようかな、と思っていたらいきなりの気温の低下に慌てました。予定より1週間早く、9月30日に第1弾として2枚出します。
突然の気温の低下と雨続きで、洗濯待ちのブランケットたちが心配になってきました。まあ、秋晴れを待って順番に準備しましょう。
そもそも、フクヤでブランケットを取り扱い始めたのは、個人的な趣味が高じてのこと。ですので、我が家にも何枚かブランケットがあります。いい柄が入荷するとコレクションを増やしたくなる気持ちを抑えつつ仕事をしています。
実はブランケット好きは、私だけでなく、猫営業部長も。
100927-2.jpg11月の終わりに我が家に来た猫営業部長はずっと、こうやってグラニーブランケットに包まれて一日を過ごしていました。これは我が家に来て1週間後くらいの12月に撮った写真。
既に5ヶ月で、子猫と言うには大きめの月齢に加えて、とても臆病な性格だったため、ブランケットの中からなかなか外に出てきてくれなかったのです。たまに熟睡していると、油断してこうしてブランケットの隙間から頭が出てくるくらい。
そのためか、今でもグラニーブランケットが大好き。あまり商品に興味を示さないのですが、ブランケットだけは別で、ちょっと目を離すと上に乗って寛ごうとします。ですので、撮影後は速やかに撤去、ストックも目に付かないように不透明の袋に入れて防衛。以前、透明の袋に入れていたら、必死に袋の上から掘っていたので。
でも、どうやらブランケット好きの猫はうちだけではないようで、ブランケットに粘着ロールをかけると猫営業部長と色の違う毛が付いてるのを発見することもあります。
北欧でもどこかの家庭でペットとブランケットを一緒に使っている家があるのだと思うと、なんだか心も温かくなってきますね。
すっかりきれいにしたブランケットをお楽しみに。
さて、この秋冬のあったか商品はこれだけではありません。フクヤ初登場のお品もあります。ご紹介は明日(多分)。お楽しみに♪
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
最近は、丁度いい過ごしやすい季節が短いですね。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アウトレットセール!

100921outlet.jpg
おはようございます。
昨日までの3連休はいかがお過ごしでしたか?
私は、こつこつアウトレットセールの準備をしていました。
と、いうわけで、アウトレットコーナーに今朝新たに24点追加しました!最大、えーと、大体89%オフです。
中には全然アウトレット状態ではないものも加えました。どうぞご覧くださいね!

アウトレットコーナー
さて、ここでお知らせがあります。
今週の新着アップですが、23日の木曜日が丁度祭日に当たるので、24日の金曜日にアップします。時間はいつもどおり3時ですので、どうぞお間違えなく!
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
今日のフクヤ通信は最短かも。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ニシンの酢漬けはジャガイモと

100917-1.jpg
おはようございます。

子供の頃、日本のご飯に替わる欧米の主食とはパンなのだと思っていました。洋食を食べに行っても「ライスですか?パンですか?」と聞かれますし。

ところが、アイルランドに住んで、つくづく実感しました。

彼らの主食はです。

もちろん、ヨーロッパも広いですから、例えばイギリスでは芋にしてもパンにしても主食という概念はないと聞きました。イギリスで同じ家にホームステイしていた北イタリア人がパスタを食べながら「イタリアでは一緒にパンを食べるんだ。パンくれる?」と発言し、炭水化物で炭水化物を食べるのか!と驚いたこともありますが、それはともかくイタリアの主食はパスタのよう。

それでも、北欧の家庭に呼ばれて食事をご馳走になってみると、どうも北欧の主食はアイルランドと同じくジャガイモのような気がします。食事にジャガイモが一緒に出されても、パンが出された記憶が今ひとつありません(あったかな?)。

そして、ジャガイモと同じく、北欧ではニシンの酢漬けを良く食べます。その証拠に専用のニシンマリネ容器があるくらいです。写真は左から時計回りに、スウェーデンDeco社、スウェーデンRorstrand社、ノルウェーFiggjo社、デンマークKnabstrup社のニシンマリネ容器です。書かれている文字はそれぞれの国の言葉でニシンのこと。いずれも数十年前のビンテージです。

以前入荷したそのほかのニシン酢漬けいれはこちら

もっとも、今は簡単に市販のものが手に入るので、家庭で作って容器に保存するようなことはあまり無いと思いますが。

そのニシンマリネは、このように、ジャガイモと一緒にいただきます。これはスウェーデンでご馳走になったときの写真です。

このときは、このように5種類の味を用意してくださいました。サワークリーム味、ディル味・・・えー、あとは忘れました。すみません・・・。

日本人が想像する酢漬けと違い、どれも比較的甘口のしっかりとした味付け。その甘さがジャガイモと良く合うのです。そして、もちろんこのときもパンは出てきませんでした。替わりに芋が2種類出てきました。

1種類は先ほど書いた、ニシンマリネと一緒に食べるジャガイモ。料理に合わせて、これにはこれ、というこだわりがあるそうです。

2種類目はメインのサーモンと一緒に食べるジャガイモ。「どう?違うでしょ?」と問われても、正直良く分かりませんでした。この違いを感じるのは、さすがジャガイモが主食(多分)の国の人。

もし、ご自宅で北欧風のニシン酢漬けを食べる機会がありましたら、是非たっぷりの茹でジャガイモと一緒にどうぞ。個人的にはパンよりもお勧めですよ。ニシンとジャガイモを小さく切って、同じく小さく切ったゆで卵と一緒にポテトサラダにするのもお勧めです。この調理法はスウェーデンの伝統食で、その名も「おじいちゃんの楽しみ(old man’s delight/gubbröra)。食べやすく、甘口なので、おじいちゃんだけでなくお子様でも大丈夫ではと思います。

北欧風のニシンマリネはIKEAでお買い求めになれるそうですが、IKEAは通販をしていないのが残念なところ。私は北欧食材専門店のアクアビットジャパンさんの通販で買っています。

ご参考までにリンクを貼りましたので、ご興味があればご覧くださいね。
アクアビットジャパン
そして、是非、パンやクラッカーではなく、ホクホクのジャガイモと一緒にどうぞ!そして、そのときはもちろん主食ですから、1人3個は食べましょうね!(実は私が1個か2個しか食べないので「もっと食べろ」と言われたのですが無理でした…)。

ミタ

このお料理を頂いたときの、もっと詳しい内容は下記リンク先にアップしています。合わせてご覧下さいね。
★ヴァイキングの娘


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

お休みの日の北欧の日

100917-5.jpg
おはようございます。やっと秋めいてきましたね。
気温が下がって動きやすくなったら、お出かけはいかがでしょうか?
一昨日の水曜日、お休みを利用して、ちょっと北欧芸術めぐりをしてきました。芸術の秋といいますからね。
100917-4.jpgまずはバスで、目黒区民ギャラリーで開催されている「北欧モダンチェアー100展」へ。
これは目黒通りのインテリアショップが主催している展覧会で、北欧の名作椅子100脚を一同に集めたものです。一部を除いて座り放題。気になっていた椅子の座りごこちを試すいい機会です。
会場には目黒通りのインテリアショップのオーナーさんがいて、一つ一つ詳しく解説してくださるのも嬉しいです。また、展示されている椅子には、個人所有も含まれています。何十年も実際に使用され家族の歴史を刻み、いい色に変化したYチェアーを見ると、心が温かくなります。
開催期間中は目黒通りのお店を巡るスタンプラリーやイベントも用意されています。展覧会の入場は無料ですので、連休中は足を運んでみてはいかがでしょうか。開催は、9月20日までです。
北欧モダンチェア 100展
その後は、渋谷へ移動して以前から気になっていた“CRAFT SPACE わ”へ。
そもそも、このお店を知ったのは、母校の元学長、柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)氏の作品を扱っているからです。在学中は学長の作品はおろか、名前の読み方も分かっていなかったのですが(ゆずきさやろう、と思っていました)最近ひょんなことから作品を知り、すっかり好きになってしまいました。
“わ”のサイトを訪問してみると、なんとフィンランドの工芸や絵本の輸入にも力を入れていて、珍しいフィンランドの本が手に入るとか。ブログを拝見すると、フィンランドの楽器、カンテレの演奏会もされているようです。
本は取り寄せにも対応しているそうですから、もしお探しのものがあれば問い合わせてみてはいかがでしょか?
CRAFT SPACE わ
そして、最後は家人とクラブクアトロへ。
2010_hh.jpgデンマークのフィドル奏者、ハラール・ハルゴーさんのコンサートです。
このコンサートはお客さまから教えていただきました。音楽には詳しくないのですが、アイルランドに住んでいたときに、伝統音楽を奏でるフィドルの音色にすっかり魅了されました。
フィドルとはヴァイオリンと同じ楽器ですが、特に民族音楽で使われるヴァイオリンを指し、アイルランド以外ではスカンジナビア地方で多く使われています。「ヴァイオリンは歌う、しかしフィドルは踊る」の言葉で分かるとおり、ヴァイオリンの演奏に比べるとフィドルはもっと庶民の生活に溶け込んだ曲を奏でるもの。
クラシックの演奏とは違い、時には足を踏み鳴らし、舞台を所狭しと動きながら自由に演奏する陽気な音楽は、聞いているだけでもウキウキと気持ちが明るくなります。また陽気な音楽ばかりでなく、平和や愛がテーマの曲も多く、ドイツとデンマークの数世紀の争いの末、平和となった国境の街をテーマにした曲はしんみりと心を打ちました。
競演のヘレーネ・ブルームさんの歌声も素晴らしく、意味は分からなくてもデンマーク語の響きが美しく魅了されました(1曲、英語の歌もありました)。
今日、9月18日は場所を移動し、兵庫県立芸術文化センターでコンサートがあります。お近くの方は足を運ばれてはいかがでしょうか。
ハラール・ハウゴー with ヘレーネ・ブルー 来日公演2010
興味があるけれど、行けない方にはCDが発売されています。
ハラール・ハウゴーのCD「バーニング・フィールズ」
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
休みくらいは北欧から離れて、と思うのですが・・・。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓