チェコスロバキアの爽やかカラー

100629-1.jpg
こんにちは。
私はKLMオランダ航空のTwitterをフォローしているのですが、昨夜「今日のオランダ対スロバキアの試合結果を予想しよう。景品はボーイング747の模型」と入ってきました。
Predict the result of today’s #worldcup match between #ned and #svk and we’ll raffle a B747 scale model.
家人に「ボーイング747の模型欲しい?」と聞くと「欲しい!欲しい!」とやけに積極的なので、1-0と予想していたのですが、今朝家人に聞くと、はずれたみたいですね。結果は2-1だったそう。
サッカーには詳しくないのですが、スロバキアが出ていると聞いて、へーと思いました。5年ほど前なのですが、スロバキアの首都、ブラチスラバに行った事があります。

100629-3.jpgこれはブラチスラバのメインストリートです。メインといえども静かなものです。
数年前になりますが、バリ島を旅行したときに偶然スロバキア人のカップルとタクシーで乗りあいました。
「スロバキアに行ったことがあるよ」というと「もしかしてウィーンに行く途中なんじゃない?」「そう」「やっぱりねー。みんなスロバキアは通るだけなんだよねー」「いや、一泊したよ」
「え゛ーーーー!!」

100629-2.jpgと激しく驚き、かつ何故か大笑いされたのですが、確かにお城くらいしか何も見所が無いといえば無いのかもしれません。でも中世の趣を残す古い町並みは落ち着きと静けさがあり、ブラチスラバ城から眺めるドナウ川の様子はなかなかいいものでした。
これは裏道。修道院があるのでしょう。お祈りを終えたのか、修道士やシスターたちが粛々と向かいの建物へと道を横切って消えていきました。数十年、もしかしたら数百年変わらぬ光景なのでしょう。観光客も少なく、のんびりするにはいい街でしたよ。

さて、スロバキアは1992年まで”チェコスロバキア共和国”で、隣の国チェコと同じ国でした。学校では”チェコスロバキア”と教わった記憶が鮮明で、なんだか分離独立は最近のような気がしていたのですが、もう20年近く経つのですね。
そのチェコスロバキア時代の製品が、主にデンマークを経てフクヤにも入ってきます。こういうとき、やっぱりデンマークは他の北欧諸国よりも大陸よりなんだなあ、と地理的なことを思ってしまうのですが。
チェコとチェコスロバキアのお品はこちらから
写真はそのチェコスロバキアのオーバルプレートです。今の季節に丁度いいような爽やかな色です。サイズ違いの2枚で、オーバルプレートは盛り付けが意外と簡単なので、お勧めです。
奥に置いたカップもチェコスロバキア時代のもの。可愛らしい花柄と涼しげな色合いが気持ちいいですね。
実は、このカップは残念ながらヒビが入ってしまっていました。そこでアウトレットとして480円でアウトレットコーナーに昨夜こっそりお出ししました。
アウトレットコーナー
またまた、いつの間にかアウトレット品が溜まったので、アウトレットを追加しつつあります。少しずつ写真を撮って、毎日ちょっとずつ追加しようと思っています。ですので、今夜も少しアップする予定です。
なんだか沢山有って、考えるのが面倒になったので、やけっぱちで価格を付けました。中にはほとんど分からない程度のダメージで思いっきり価格を下げているものもありますので、どうぞ、時々アウトレットコーナーを覗いてもらえれば嬉しいです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
景品は英語で”raffle”。私はRとWの聞き取りが苦手で、あるとき「ヨウコ!ラッフルやっているからおいで!」といわれ「ええ?ワッフル?もらえるの?わーい♪」とスキップせんばかりの勢いで行ってがっかりしたことがあります。食べ物が良かった・・・。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

555の謎

100627-1.jpg
おはようございます。
写真はドイツWaldsassen(1886年-1994年)のビンテージコーヒーカップです。このメーカーの1960年代、1970年代のものはフクヤでも人気が高く、もう残りが少ないのですが、もしご興味があれば下記リンクからどうぞご覧下さい。
Waldsassenのアイテム
今回も大変愛らしいものが入荷しました。ドイツや東欧物はパターンが切り絵の様に単色で表現されているものが多いのですが、こちらは珍しくグラデーションがかかっています。
良く見るとそのグラデーションは、色そのものを変化させているわけではなく、一段階濃い細かな点で表現されていることに気が付きます。その影の効果でパターンに深みと面白みが加味されていますね。
ちょっとアールデコの雰囲気もあるおしゃれなコーヒーカップです。こちらは奥にあるフィンランドから運んできたガラスのケーキドームと一緒に7月1日にアップしますね。
ポイント2倍のドイツフェアは7月1日までで、このカップも対象です。もしご興味がありましたら、7月1日中にお求めになるとちょこっとお得ですよ。
ドイツビンテージフェア
100627-2.jpgさて、このドイツ製のカップはスウェーデンで求めてきました。面白かったのは、ソーサーの裏を見ると写真のシールがついていたことです。
ここにある「VDN P555」とは1951年から1973年までスウェーデンで使われた品質保障マークで、食品や日用品、動物の飼料にまで及ぶ品に100規格で義務付けられました。
陶磁器にも表示を義務付けられたのは1960年代に入ってから。ですので、このマークのついている陶磁器は1960年代から1970年代初めまでのものと分かります。

100627-3.jpg写真では分かりにくいのですが、この通り、その時期に作られたスウェーデンのメーカー、Rorstrand、Gefle、Gustasbergにはロゴと一緒にプリントされていますね。
“VDN”とは”Varudeklarationsnämnden”の略です。この意味が良く分からなかったのですが、直訳すると”宣言委員”??
555の数字の前についているアルファベットは材質を表します。
B=benporslin(ボーンチャイナ)、 F=flintgods(フリントウェア)、 P= fältspatporslin(長石)、 S= stengods(ストーンウェア)。
フリントウェアというのが今ひとつ分からなかったのですが、イギリスから来たストーンウェアにカオリン鉱物を混ぜて軽くしたもの(大きなものでも扱いやすくするため?)だそうで・・・ますます分からないですね。
そして、数字の”555″は、”貫入のリスクなし”、”あらゆる食品に使用可能”、”75度の食洗機対応”という3点を保障しています。全てにおいて五つ星ということなのでしょうか。
このWaldsassenは”P555″、写真のロールストランドは”F555″、グスタフスベリは”F555″、ゲフレは”V555″・・・え?
V?
それはさておき(追求無しでお願いします)、このWaldsassenはドイツから誰かが持ち帰ってきたと言うよりも、30、40年前にスウェーデンに輸出されたものと思う方が自然です。
ドイツで製造されていますから、当然スウェーデンの品質保証マークをプリントすることなどしていません。そこで、シールで対応したのでしょう。
何が面白かった、というと当時スウェーデンは輸入品にもこの品質保証マークを義務付けていたのだろうと、考えられるところです。これはちょっとした発見でした。
ソーサーには小傷がありますが、全体的には良いビンテージコンディションです。ケーキドームともども、よろしくお願いします。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
デンマークのディーラーさんから先日のサッカー”日本対デンマーク戦”についてメールが来ました。昨日のミエちゃんのお母さんとは別のディーラーさんです。
彼女が言うには「夫が激怒している」そうで、「日本に対してではなくて、デンマークに」

「過去の栄光だけの
ボールも蹴れねえような
年寄りばかり出しやがって!
恥だ!バカだ!」

ということでした。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧から来たバイキング

100625-1.jpg
こんにちは。
なんでも、今朝のサッカーの試合で、日本はデンマークに勝ったらしいですね。
ああ、驚いた。
昨日、デンマークから「娘のミエは日本を応援すると宣言したわ」とメールがありました。さぞかしミエちゃんも大喜びでしょう。
ミエちゃんは日本のマンガやアニメが好きな13歳。まるで日本人のような名前ですが、デンマークに古くからある名前なのだそう。
初めてご自宅に招待されたとき、以前からミエちゃんは日本のアニメが好きと聞いていたので、アニメのキャラクターグッズをお土産に持っていきました。
ミエちゃんを紹介されたときに、日本で言う高校生くらいに見えたので、あ、お土産は幼すぎたかな、とちょっと戸惑ってしまったのです。
ところが食事の最中に「ミエは来年、堅信礼を受けるのよ」と教えてもらって、びっくり。
堅信礼とはキリスト教の儀式の一つで、13、14歳くらいの子供が受ける一種の成人式です。
「じゃ、ミエちゃんは13歳なの?」「今は12歳で、来年13歳よ」「大きいねえ・・・」「この歳にしては、ちょっと大きいかな?」
うーん、そうなんだ。私の身長が165cmなのですが、もしかしたら私より少し大きいくらいかもしれません。
デンマーク人の平均身長は男女ともに世界第2位。第2位といってもどちらも1位と1mmしか違わないので、世界最高身長と言ってもいいくらいでしょう。男性の平均が181.6cm(日本171.6cm)、女性は167.9cm(日本158.5cm)だそうです。
今回のサッカーデンマーク代表の平均身長も185cmくらいとか。194cmの選手もいるそうですが、実際デンマークだけでなく、北欧に行くとそれくらいの人に普通に道ですれ違うので、彼が特に大きいわけではないでしょう。実際、スウェーデンのディーラーさんの義理の息子もそれくらいあり、夏はバイキング祭りでバイキングの役を演じています。
2010年5月21日の記事
そう、北欧といえばバイキングの発祥地として有名です。そんな大柄な人たちに襲われたらさぞかし怖かった事でしょうね。一方で北欧の人たちはバイキングにかなりの親しみを持っているようで、お祭りだけでなく、様々なバイキングをモチーフにしたものを見つけることが出来ます。
この写真のバイキング人形は、デンマークではなく、スウェーデンから来ました。作者はスウェーデンのKarl Erik Iwar(1920年-2006年)。Upsala-Ekebyで10代の頃から研修を積み、やがて独立して自身の工房を持った人です。
この人形はその工房時代の作品。これがまた、ものすごく形がシンプル。なにせ、本体は単なる円錐形なのです。その単純な形がかえって質量を感じさせ、バイキングの体の大きさを生き生きと現しています。
こちらは一昨日入荷したスウェーデンで買い付けた品の一部です。ディーラーさんの発送をお願いしていたので、随分ゆっくりですがやっと届きました。とはいえ、全部で8、9箱のうちの2箱ですから、ソーサーだけ先に沢山届いてしまいました。
「ゆっくり発送していいですよ」と伝えてあるので(一度に届いても置くところもありませんから)、全部揃うのはいつ頃になるのか、ちょっと分かりませんが、届いたものから少しずつアップしていきます。
スウェーデンものはあまり知られていないのですが、本当にかわいいので、お勧めですよ。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
Twitterで「(デンマークは)お国柄か、残業はしません、て感じだよなぁ。次の試合は、サービス残業になれてる日本チームの方が今回は強い気がする」と書いていた人がいましたが、本当になりましたね。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ハンガリーのお菓子レシピ【第8回】オルガアルマーシュ

100623-0.jpg
こんにちは。
とっても久しぶりにハンガリーから「ゲルゲイ君のお菓子教室」のレシピが来ました。
由美さんからのメールは半分がサッカーの話題で・・・。
いや、由美さんがイタリアサッカーファンということは知っていたんですがね、私にサッカーの話題を振られてもサッパリ分からないのですよね。
ドログバ、ってどこの誰なんでしょうか?
さて、今回のお菓子はリンゴを使ったものです。サッカーとも、ドログバとも何の関係もありません。
では、どうぞ。


*【ゲルゲイ先生のお菓子教室】夏の始まり編*
第8回・Olga almás (オルガアルマーシュ)

■ 材料(25㎝×34㎝の角型)
100623-1.jpgA)ケーキ
*りんご・・・800g(大4コくらい)
*卵…7コ
*粉砂糖・・・180g
*薄力粉・・・200g
*ベーキングパウダー・・・大1/2
*水・・・大3
*ココアパウダー・・・大2
 
::形成にアルミフォイル使用
B)カスタードクリーム
*グラニュー糖(または粉砂糖)・・・90g
*牛乳・・・500cc
*薄力粉・・・60g
*卵・・・1コ
*バニラ砂糖・・・20gくらい
*ラム酒・・・適宜
 
C)ココアソース
*粉砂糖・・・120g
*お湯・・・大2
*オイル(または溶かしバター)・・・大2
*ココアパウダー・・・大3


みなさま こんにちは。
 
ある日のこと。
サッカーの話題が出たところで日本人Mさんが
「ところで、ワールドカップってどこでやってるんだっけ?
という、まさかの質問をしてきました。
いくらあのミタさんだってこれくらいは知っているかと思われますので、不意を突かれた私はまったくもってどう答えてよいのやら・・・
 
「アメリカだよ」
 
な~~んて一瞬言ってみようかとも思いましたが、いちおうは正しく
「南アフリカに決まってんだろーーっっ!!」と、ちゃぶ台ひっくり返す勢いで叫ぶにとどめておきました。
いやいや、そんな愛らしいMさんを前に同席していた日本人Nさんと共に呆れつつ、しかし、そーなんだよねー、まだかな~まだかな~と待ちわびていたのに、もう大会は始まってるんだよね~~・・・
そう、大会は始まっている。
 
つまり6月、しかも気づけばすでに半ばを過ぎているし。
っっってことは果物天国ハンガリーは旬が始まっているわけですよ、あれまーーっ。
ホントだ♪
市場には苺がすでに出回りきって、さくらんぼ、サワーチェーリー、杏、ラズベリーなどなどが顔を見せ始めております!
相変わらず「試験だ、ギャーーーーッ」と騒ぐゲルゲイ先生(夏休みはまだ)をとっ捕まえて、早く作ろうよお菓子!!どの果物で??とにじり寄ったところ、
 
「では今回はリンゴで」
↑ぜんぜん旬じゃないじゃんねぇ。 
確かにこの春から初夏にかけてヨーロッパを襲った悪天候により、ハンガリーでも旬の果物のダメージは大きく、しかしそんな中でも、年間通して常においしく存在するのがリンゴ。
しかも今回提案されたケーキは私も知らないものでしたので、よしっ!とオッケーを出しましたところ、言いだしっぺの本人、作り方があやふや・・・・・・・・・・
ということで、彼は実家へ帰り、修行し直して来ましたとさ。
 
今回は前フリが長かったですね。
100623-1.jpg1)
まず型の底と側面が隠れるように、アルミフォイルで覆います。
そこへスライスしたリンゴを隙間なく並べてゆきます。

100623-2.jpg2)
”卵黄”へ粉砂糖を加えながらよく混ぜます。

100623-3.jpg3)
ベーキングパウダー&薄力粉をふるいながら少しずつ加え、途中で水も加えます。

100623-4.jpg4)
ツノが立つくらいに泡立てた”卵白”も加え、混ぜます。

100623-6.jpg5)
よく混ぜた4)からお茶椀一杯分くらいの生地を別に分け、そこへココアパウダーを混ぜておきます。

100623-7.jpg6)
リンゴを並べた上から4)の生地を流し込んでゆきます。

100623-8.jpg7)
その上へ5)で作っておいたココア生地を全体にかけてゆきます。
かたまりすぎたココア生地の部分が気になるようなら、ヘラで少し伸ばして全体に広がるようにしてみて下さい。
このあたりの作業は多少おおざっぱでも大丈夫なようです。
170度前後のオーブンで20分ほど焼き、様子をみます。
表面が膨らんできますので、竹串で生地の様子を確認してください。
かためのスポンジケーキのような仕上がりです。

100623-9.jpg8)
カスタードクリームを作ります。
牛乳とグラニュー糖、バニラ砂糖を小鍋に入れて、砂糖が溶ける程度に温めておきます。
そこへ卵黄+小麦粉をよく混ぜたもの(固いようなら鍋の牛乳を少し混ぜる)をかき混ぜながら加えてゆきます。

100623-10.jpg9)
火が通り、カスタード状に仕上がったら、泡立てた卵白を加え、よく混ぜます。
卵白は加えなくてもよいそうですが、加えることによってクリーミーに仕上がるようです。

100623-11.jpg10)
焼き上がった生地を裏返しになるように型から出し、アルミフォイルを剥がします。 
アルミフォイルを使うことによって、このように生地とリンゴが平らに密着するそうです。

100623-12.jpg11)
生地を冷まし、カスタードクリームをたっぷり塗って、そこへ混ぜ合わせたC)ココアソースをかけ回します。
    
そう、かけ回すのですが、しかし

100623-13.jpg12)
ゆるすぎると、この写真のように流れ落ち過ぎてしまいます。
(多少垂れてくるのは良いらしいのですが)
そう、つまり今回の試作では最後のココアソースはゆるすぎまして、ほとんど下へ落ちてしまいました。
 
しかしこの状態を見て興奮のゲルゲイ先生:
 
「うっわーーーーっ!! すっっっごーーーーーいっ☆♪」
 
なぜか大喜び。
 
しかも、作り終えてとっととうちへ戻って行った彼に電話で
「あのー、ほとんど垂れちゃって表面に残ってないんだけど、、、」
と確認したところ
 
「大丈夫だいじょうぶ! いいよいいよー、うちで作ってもよく垂れちゃうからーーーー」
 
ってさー、こんな垂れてイイなら、そもそもココアソースをかける意味はあるのか?
つまり、なんとなーーーくココアの味が残っていればイイということか?
 
まあ、そのあたりの追及はやめておきましょうね、せっかくの夏ですし。
 
 
   
先生のおうちでは焼き立てを切り分けて食べるそうですが、夏場にこれだけの量を作れば明日の分は冷蔵庫へ、となりますね。
100623-14.jpg今回そうしてみましたら、生地とリンゴがなじみ、カスタードもほど良く固まって、思いがけずに冷たいリンゴの焼き菓子となりました。
焼き立てに「甘すぎるかも?」と感じた風味も、翌日冷やされたら落ち着きました。
ということで、是非みなさまも試されてみて下さい!

 
100623-15.jpgゲルゲイ先生のおまけ写真、今回はこの一枚。
イメージだけお届けいたします。

 

*おしまい*

*フクヤより*
ゲルゲイ“先生”の今までのお菓子はこちらからまとめてご覧になれます。
ゲルゲイ君のハンガリーお菓子講座
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
冷え性のためか、食べるとヒヤッとするので、果物は苦手なのですが、果物の焼き菓子は好きなんです。作ってみようかなあ。


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンがお祝いに沸いた日

100621-1.jpg
皆さん、19日の土曜日の夜にあれを観ましたか。
世紀の、というといささか大げさかもしれませんが、様々な困難を乗り越えて、ついにあのステージに上ったかと思うと、観ている私も感動ひとしおでした。
待ち構えた参列者が見つめる中、真っ直ぐに前を見ながら歩き、心から嬉しそうに微笑む二人・・・・。国旗を手に大歓声で埋め尽くす国民の興奮と喜びまでも画面から伝わってきます。
・・・・え?
サッカー日本対オランダの話じゃありませんよ?
100621-2.jpgスウェーデンのビクトリア王女とダニエル氏のロイヤルウェディングです。
写真は”Mail Online”というネットニュースからお借りしました。こちらからはもっと沢山の写真がご覧になれます→Mail Online
現地時間の午後3時半、日本時間の午後10時半から挙式は始まったのですが、テレビ中継はもっと早くから行われていました。
そのテレビ中継はライブでネットから視聴することが出来、私も午後8時ごろからパソコンに釘付け。
王室としては簡素なとてもいい式でした。朝起きてからチェックしたニュースによると、その後の披露宴も心温まるとても素敵なものだったそう。
こちらのサイトからはその結婚式の様子がビデオで観られます。1時間近い長丁場ですので、家事の合間にどうぞ。
TV中継された挙式の模様
ビクトリア王女とダニエル氏、ここまで様々な困難を乗り越えてきました。なにせ、ダニエル氏、職業は高級スポーツジム経営ながら、庶民出身。それも、両親とも、いわく”田舎の町”の公務員という、ごくごく一般的な家庭で、詳しくは分かりませんが学歴も問題になったそうです。
一方で長子後継のスウェーデンでは、ビクトリア王女は次期女王。当然の様に国王夫妻は二人の交際に反対していました。2002年から交際していた二人。長い説得がついに実り、6月19日の挙式となったわけです。
二人の交際に反対していた国王夫妻ですが、実はこの二人も多くの反発を乗り越えて結ばれたのです。
カール16世グスタフ王の妻、シルヴィア王妃は1972年のミュンヘンオリンピックの際に当時皇太子であったカール・グスタフの担当であったコンパニオン。
ドイツ人の父とブラジル人の母を持つドイツ国籍の一般女性でした。戦時中、ドイツにはいい思い出のないスウェーデン国民の間では反発もあり、また彼女の父親がナチス党員であった事もその一因だったそうです。
それでも二人の愛情はゆるぎなく、やがて国民もシルヴィア王妃の明るい人柄に魅了されていったとか。
出会って4年後の1976年に二人は多くの困難を乗り越えて結婚しました。
さて、写真のスミレの柄が美しいRorstrandのSylviaシリーズ。
1976年にRorstrand250周年記念として作られたもので、買い付けたアンティークショップの店主によると、同年に挙式を挙げたシルヴィア(Sylvia)王妃にちなんだのではないかと言うことでした。
なるほど、それならば何故このシリーズがシルヴィアと名づけられたのか分かる気がしますね。美しく優雅な様子は福祉活動に熱心で、心優しいシルヴィア王妃そのものです。
ところで、プレートの上に乗せてある、ケーキの写真。こちらはスウェーデン名物「Prinsesstårta(プリンセスケーキ)」です。プリンセス・ビクトリアにしゃれて選んでみました。
緑色のマジパンで包んだ、かなり個性的なこのケーキ、スウェーデンはとても一般的なもの。名前のいわれを調べたら1930年代に上流階級の子女向けのお料理教室から生まれたものらしいです。その生徒たちに含まれていた、Märtha王女、Margaretha王女、Astrid王女が特にこのケーキをお好みになったからとか。
ご興味のある方はIKEAのレストランでも「プリンセスタルト」という名前であるそうですから、機会がありましたらどうぞお試しくださいね。
ミタ
100621-2.jpgにほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ちなみに以前の買い付けレポートにあったカエルのケーキはこの変形版です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓