フィンランドの宿についているアレ

100525-1.jpg
こんにちは。
フィンランドでは、ほとんどのホテルにサウナがあります。”ほとんどの”と書きましたが、私自身はサウナ設備のないホテルに宿泊したことがありません。
いままで、一泊が数十ユーロのユースホステル、バス・トイレ共有の安ホテル、100ユーロ前後の中級ホテルなどに泊まりましたが、全部に共同サウナがありました。また、ツアーで行ったラップランドのホテルでは部屋にプライベートサウナがあったことも。
と、フィンランドの生活では欠かせないサウナ。大抵の場合はホテル内なのですが、今回宿泊したホテルでは目の前の湖畔にサウナ小屋がありました。上の写真のようにサウナ小屋から湖まで桟橋があり、ここから熱くなった体でドボンと飛び込む事が出来ます。
水は透明度が高く、いかにも気持ちよさそう・・・・だったのですが、宿泊中は前日までの暑さと打って変わって急に気温が下がり、おまけに連日激しい雨。サウナも稼動していないようで、全く人気がありませんでした。
さて、天気はすぐれないのですが、この3日間あちこち回って更に100点ほど見つけてきました。写真は1960年代にフィンランド、アラビア社で作られた陶磁器の人形です。
腕に白樺の枝束と片手桶を持っている所をみると、サウナに行くところか、サウナの準備をしているところなのでしょう。
写真では大きく見えるかもしれませんが、10cmくらいの高さの可愛らしいサイズです。
100525-3.jpgまた、今日は午前中に長い付き合いのディーラーさんのお宅にお邪魔したところ、仕事の前に腹ごしらえと、食事を用意してくださいました。
ラグビーボールのような形をしたフィンランドのスナック、カレリアンピーラッカはおかゆが詰められているものしか食べたことはありませんが、今回初めてポテト入りを頂きました。おかゆ入りもいいのですが、これもポクポクしていて美味しかったです。
ごちそうさまでした。

100525-4.jpgそこで見つけたこの円形の物体。以前から機会があればご紹介しようと思っていたものです。
1960年代か1970年代のフィネル製。高さ1cmほどのホウロウの円盤で、真ん中に穴が開いています。サイズはこれを含めて3サイズかな?
これは、何に使うかと言えば、キッチンコンロのカバーなのです。

100525-2.jpg以前も何度かヨーロッパのコンロはガスではなく電気で、渦巻状になった太い鉄の板が熱くなるタイプがある、と書いたのですが、それはこんなものです。
最近は上にガラスのトップが被せてあるものも有りますが、このタイプもまだまだ見かけます。
photo by actionhero
で、この電気のものは熱しにくく冷めにくい。熱くなるまで時間がかかるのですが、一旦熱くなると中々冷めません。同じく鉄で出来たホウロウや鋳物の鍋と同じですね。
日本人の友人は小鍋でミルクを温めていて、丁度いい温度になったのでスイッチを切って目を離している間に沸騰してあふれかえっていたそうです。
私もこのコンロでは同じような経験があるので、分かる分かる、と大共感しました。とにかくすぐには冷めないので、使った後はしばらく何も乗せられないのです。
さて、前述のカバーはこの鉄のグルグルの部分に被せるものなのです。それで3サイズあるというわけです。と、ここまで書いて、どういう場面で被せるものなのか聞いていない事に気が付きました。
なんとなく自分の経験から、熱くなったコンロの上に被せて物が乗せられるようにするのかな、と思っていたのですが、本当の所はどうなんでしょうか。もしかして飾りかなあ?
いずれにしても日本では使う場面も無いので、見つけても買い付けたことはありません。今回も写真を撮っただけです。もし”欲しかった!”という方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

100525-6.jpgそして、もうひとつフィンランドの宿で見かける独特のものがこれです。
トイレについている小型のシャワー。洗面台に直結していて、洗面の蛇口の栓を開きお湯を(水でも)出したらシャワーのレバーを握るとこの先からお湯が出てきます。
これは、付いていないホテルもあったので全部、とは言いませんが、とにかく他の北欧の国では見たことがありません(北欧以外で見た人もいるそうですが)。ホテルだけでなく、空港などの公共施設でも付いていることがあります。
これに関しては、トイレについているので100%の確立でお尻を洗うものなのでしょうが、実際のところフィンランド人はどうやって使っているのか。デリケートな問題なので聞くに聞けず今日に至っています。
といった、コンロカバーも含めた”自分ではこう思っているけれど、本当の所はどうなんだろうか”問題を、今日フィンランド在住のTさんにお会いしたら伺おうと思っていたのですが、フィンランドに入ってから連絡が付かなくなりました。
どうしたのかな、と思っていたら昨日ご主人から英語でメールが。なんと、予定より早まったけれど、土曜日にご出産されたそうです。本人はお元気そうなのですが、いまは赤ちゃんのために病院にいらっしゃるとか。
もしや・・・とほんの少し考えていましたが、まさか本当に当たるとは思いませんでした。
とにもかくにも、おめでたい話です。今回は残念でしたが、次回フィンランドに行ったときにお子さんにお会いする楽しみができました。
そしてそのときこそ、トイレ問題について聞いてみますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
あのコンロを使って鍋でお米を炊くのって難しいんです。”じゅうじゅうふいたら火を引”くことが出来ないので。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

びっくり掘り出し物

100522-1.jpg
こんにちは。先日も書いたとおり、フィンランドに入っています。
こんな飛行機で・・・。
プロペラ機なんて久しぶりかもー。
100522-2.jpgさて、フィンランドに着いて最初にしたことは梱包資材の調達です。Ikeaと地元のホームセンターに行ってきました。

Ikeaとホームセンターではこんなものを発見。
左はIkeaオリジナルのシャンプー、リンス、ボディーソープや日焼け止めなど。右はホームセンターで見つけたグスタフスベリの便器です。どちらも日本では見ない・・・と思います。(イケアのはどうかな?)
100522-3.jpg100522-6.jpg
シャンプーなどは2.95ユーロとイケア価格(なぜかヨーロッパはこういうものが日本よりもお高いのです)。便器も199ユーロとなかなかリーズナブルでした。
どうりであちこちでグスタフスベリの便器を見かけるはずですね(いま宿泊しているところはアラビアですが)。
さて、ホテルの近くで偶然マーケットが開催されていました。
100522-8.jpg閑散としているように見えますが、人が通っていないときを狙って撮ったからです。
こう見えてもすごい人で、ステージでは”子供エアギターコンテスト”を開催していて、多くの見学者が。
屋台は、手作りのお菓子や石鹸、おばあさんが編み物をしながら自分の作品を売っているところ(それが驚くほどリーズナブルで、手編みのポンチョでも10ユーロ、大きな編みぐるみ5ユーロでした!)など素朴なものもあれば、パンク系のTシャツ屋も。
それに、ものすごい大きな切り身(四分の一尾!)の炭火焼きサーモン屋や、小魚のバターフライ屋。
100522-9.jpg100522-10.jpg

肉屋のハム売り場とカゴ屋さん。カゴと一緒にサウナで使う白樺の束があるのがフィンランドならではです。
100522-12.jpg100522-11.jpg
しつこいですが、閑散として見えるのは人がいないときを見計らって撮ったからですからねー。
100522-13.jpgさて、そんな中にたった一つだけこんなお店が・・・。
アンティークショップ、と言うよりも古道具屋に近いようなお店。テントや机もありません。あまり期待せずに覗くと、びっくりのお品が!

100522-14.jpgこれです。このおじさんが道路の上でラフラフに包んでいるこのお品(いや、包んでいると言うより、被せているだけ?)。
そう、アラビア クロッカスのティーポットではありませんか。それも、ほぼ未使用状態。茶漉しもしっかり付いています。
もちろん確保し、近くのスーパーでチラシを頂き、持ち運んでいるときにうっかり割らないように包み直しました。これで一安心♪

それ以外の今日までのフィンランドでの収穫はこんな感じです。
100522-15.jpg100522-16.jpg
100522-17.jpg100522-18.jpg
商品が重なっている写真もありますので、そこら辺は想像で補ってくださいね。
全部で・・・いくつ位かなあ・・・。
アイテムは別のお店で同じものを見つけたりしてダブっているものもあるので、はっきりとはしませんが、数で言えば200点以上あるはずです。
どうか、全部無事に日本に届きますように!明日はまた河岸を変えて新たな物を探しますね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
留守中に先に送った荷物がもう届いているそうです。
・・・・・税関に。
ああ、買い物は楽しいけど、帰宅してから面倒な作業が待っているなあ。(←ふとどき者)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ヴァイキングの娘

こんにちは。今日、スウェーデンからフィンランドに入りました。現在、夜の9時を回っているのですが、昼間のような明るさです。さすが、北欧。

さて、また食べ物の話でごめんなさい。写真はフィンランドではなくスウェーデンのディーラーさんのところでご馳走になったお昼です。

お昼には、英語の苦手なディーラーさんを助けるために娘さん夫婦とお孫さんも来てくれました。これがお孫さん。半年ぶりに会ったらすっかり大きくなっていました。「写真を撮ってアップしてもいい?」と尋ねると「僕たちの娘に許可なんていらないよ!」と笑って了承していただきました。

もっと可愛い顔を沢山してくれたのですが、上手くその瞬間を撮る事が出来ませんでした。子供の写真って案外難しいのですね・・・。

そして、これがそのお父さん。つまり娘さんのご主人です。なんと、毎年行われるヴァイキング祭りで扮装して出演、更にポスターではモデルもつとめるほどの大柄でいかつい人です。ちなみに、これは去年のポスター。今年の9月には二人でヴァイキング式の結婚式を挙げられるそうで、招待していただきました。ものすごく行きたいのですが、ちょっと時期的に難しいかも。

お母さん似でよかったねー。

ちなみにこの二人は先にお子さんが生まれ、最近入籍し(スウェーデンには戸籍が無いのでちょっと変な表現ですが)、結婚式がこれからなのです。スウェーデンは同居のカップルでも結婚しているカップルと法律的に差がほとんど無いので、結婚にあまりこだわりが無いようですね。いかにもスウェーデンらしい二人です。

さて、写真に撮ったのは様々な味のニシンの酢漬け瓶詰めです。食事はこのニシンの酢漬けから始めるのがスウェーデン流とか。まず好きな味のニシンをお皿に取り、茹でたジャガイモを添えて一緒に頂きます。ほくほくしたジャガイモとニシンの食感が良く合います。

これには、アクアビットという強いお酒を合わせるのが通例と勧めていただいたのですが、アルコールに弱いのでご遠慮しました。お酒が大丈夫な方は機会があれば是非お試しくださいね。

次はメインのサーモンと茹でたジャガイモ。メインのときは、デンマークと同じく上のお皿を片付けて、下のお皿を使っていただきます。

2枚のお皿を重ねて食べる、デンマークの食事マナーはこちらから

ここで、またジャガイモと侮る無かれ。ジャガイモはジャガイモでも、別の種類が用意されていました。

「ニシンにはあのジャガイモだけど、サーモンにはこのジャガイモでないとね」とジャガイモにはこだわりがありました。さすが何十種類もジャガイモがある国です。

その種類の違いを強引に日本のジャガイモで言うと、ニシンは男爵のようなホクホク系、サーモンはメイクイーンのようなネットリ系でした。そして、ニシンの時と違い、サーモンのジャガイモは皮付きのまま出されるのですが、その場でナイフを器用に使って皮を剥いてから頂きます。

買い付けに行くのは時間も手間もかかりますが、直接こういった暮らしぶりに触れるたびに来て良かったと感じます。食器をどう使うのか、道具をどう使うのか。どのように何を調理し、何を使って、どのような場面で食べているのか。

ただ商品をお店で買いつけ販売するのではなく、実際に体験した生の生活の部分も一緒にお伝えしたいと、いつも思っています。

もっとも、短い滞在で私が知るのは、生活のほんの一部ではあるけれど・・・ゼロよりはマシかなあ、と自分を慰めつつ・・・。

最後はバニラアイスに小さな種のプチプチした歯ごたえが美味しい、手作りのベリージャム。このベリーを英語でなんと言うのか分からないそうなのですが、去年の秋に自ら摘んできたものです。ジャムの入った瓶には”2009″と去年の日付が手書きで書かれたラベルが貼ってありました。

とても繊細なベリーなので、道具を使わずに手で摘まなければならないとか。このベリージャムの市販品を買うときはラベルを良く見ないとリンゴと混ぜてある場合もあるそうで、100%ベリーだけの手作りジャムは大変な贅沢でした。

さて、食べるだけではなくちゃんと仕事もしています。ここでは、200点ほどのアイテムを見つけてきました。

また、その翌日は去年知り合った別のディーラーさんのところへ。彼は平日昼間は会社勤めをしているので、電話をして仕事が終わった夕方の時間に会う約束をしていました。

彼からは、ドイツや東欧のものも含めてこんな感じのものを選びました。この写真以外にもホウロウのポットをいくつか合わせて100アイテムくらい。
100520-10.jpg
100520-11.jpg
写真以外にも可愛いものが沢山見つかって、夕方まで待った甲斐がありました。

日本ではこのように会社勤めをしながら副業を持つには時間もなく、また会社の規則で禁止しているところも多いらしいと聞くのですが、スウェーデンではそういったことは無いそうです。

残業や休日出勤もほとんど無く、自分の時間を沢山持つことが出来る、北欧らしい仕事のスタイルなのですね。

ミタ

ところで、ディーラーさんの娘さんの仕事は大学の研修室。専門はディスレクシア(難読症)ということで、ディスレクシアについて色々と興味深い話を伺いました。

ディスレクシアとは文字の読み書きが困難な症状です。知的には全く問題が無いのに、文字を認識できないのだそう。
「あ!それについて何か読んだわ。日本語では症状が出なかった人が、外国に行くと文字の読み書きが出来ず、初めて自分がディスレクシアと気付くことがあるって。」
「そうなの?そういった言語によって症状が出たり、出なかったりすることも、私の研究テーマのひとつなの」
「日本語は絵のようだから理解できるのかしら?」
「日本語は分からないけど・・・。発音を文字の綴りどおりに行う、例えばスペイン語は問題は起こらないけれど、綴りどおりでない、例えば英語やスウェーデン語の一部では症状が出るの」
「あ、そうか。日本語は書いたとおりに読むから」
「そうなの?」
ということでした。人体の不思議です。
「でも」と娘さん。「人はそれぞれある分野では得意で、ある分野が苦手なものでしょう?」
「例えば、私がスポーツが苦手で、絵を書くのが得意みたいに?」
「そう。もし、300年前なら足が遅いことは生活を困難にしたかもしれない」
「なるほど。現代では足が遅くてもトラブルにはならない」
「そうね」
「でも文字の読み書きが出来ないとトラブルになる」
「そう。でも数百年前は読み書きは一部の人のものだったから」
「その時代なら生活は困難ではなかったかも」
「そういうこと」
そうかー。どんな分野でも専門家の話は面白いものですねー。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

初夏のストックホルムで見つけたもの

100518-1.jpg
こんにちは。昨日、冬の寒さのデンマークからスウェーデンに入ると、打って変わって初夏の暖かさでした!
その気温は約10度上がって20度。広場では花が咲き、人々が芝生の上で寝転んで短い夏を楽しんでいます。夏至も近いこの季節ですので、夜は9時ごろまで明るく、屋外なら本も読めるくらいです。
この写真を撮ったのは夕方の6時。まるで昼間の明るさですね。
6時にはほとんどのお店が閉まっていますから、ぶらぶらウィンドウショッピングを楽しみました。
100518-2.jpg数年前から違うプリントの生地を組み合わせた服がはやっているようで、このワンピースも何種類かの生地を上手に組み合わせて、可愛らしく仕上げてあります。
で、写真をクリックすると拡大しますから、よーくお腹の辺りを見てくださいね。
生活
と書いてあります。
これに限らず、日本語プリントの服は毎日のようにどこかで見ます。適切なものもあれば、どこかからコピーしたらしい、意味は分かるけど無関係なもの(”精密な型”など)、そして全く意味の無い平仮名やカタカナの羅列まで。
なかでも最近イギリスで流行っているのは、「Superdry 極度乾燥(しなさい)」Tシャツ。姉の説明によると、イギリスで”おしゃれ”で通っているブランドだそう。コペンハーゲンでも着ている人を見かけましたから、ヨーロッパに流行が広がっているのかも。
“しなさい”が括弧内に入っているのが秀逸です。しかも命令口調がおかしい。下にリンクを貼りましたので、興味があればご覧ください。
Superdry  
そして、この「生活ワンピース」の場合は、スウェーデン語は分かりませんが、英語で言う「ライフ」を辞書で調べた結果と思います。気持ちが分かるだけに、なんとなく惜しい!
100518-3.jpgさて、お腹がすいたので、適当なカフェ(バー?)で食事をしました。何も調べずに飛び込んだのですが、これが当たり。
写真は家人が注文したミートボールです。家人によると「Ikeaより美味しい」そう(何もIkeaと比べなくても・・・)。添えられているベリーは甘みをつけず、酸っぱさがお肉に合います。

100518-7.jpg私が頼んだのは、シーフードのスープ。
スパイスに詳しくないので何が入っているのか分かりませんが、ほんの少し辛く、なじみの無いスパイスの香りが食欲を沸かせ、たちまち平らげてしまいました。

さて、尾篭な話ですが・・・。
100518-4.jpgこのレストランでトイレに入ってびっくり。真っ青なランプで照らされています。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、これは静脈を見えにくくすることで、注射器で麻薬を打つのを防ぐためなんですね。
もっとも、このカフェは夜になると地下がバーになるようで、これも仕方ないのかなあ、と思いましたが、その昔、家人が留学していたアイルランドの大学のトイレもこのランプで照らされていたのには、麻薬がそんなに一般的なのかと驚きました。
ちょっと怖い話なのです。
怖いと言えば、話は戻ってベルギーを出国するときにセキュリティコントロールで、危険物所持のために調べられてしまいました。
私がセキュリティチェックを通ると、背の高いハンサムな係員が「フランス語?それとも英語がいいですか?」とニッコリ笑って私を止めます。
普段から止められると面倒と、金属はヘアピン1本付けないようにと完璧準備なので、どうも私自身ではなくバッグの中身が引っかかったらしい。彼に「英語でお願いします」と微笑み返すと、小柄できびきびした女性係員に引き渡されました。
「英語分かります?!」
「は、分かります」
「手を広げてそこに立って!次は足をその上に順番に乗せて!」
「こうですか?」
「違う!靴は履いたまま!」
「す、すみません(なぜ謝る?)」
「バッグの中身を調べます!」
と私のバッグの中身を一つ一つ点検し、なにやら真っ赤な色で派手な絵や文字が日本語でプリントがされた、手のひらサイズのビニールの袋を取り出して
「これは何!!」と鋭い口調で尋ねます。
ああ、それは、その物体は、さぞかしマチュピチュが寒かろうと母のアドバイスで持っていった、日本が誇る世紀の発明・・・
使い捨てカイロ!
ベルギーがあまりにも寒かったので、念のためにと封を切らないものをバッグに入れたままだったのです。
しかし、使い捨てカイロって英語でなんて言うんだ??
「How can I explain it in English・・・?
 It’s・・・ It’s a・・・」
カイロを握り締め私を睨み付ける係員、ぽかんと口をあけてその真っ赤な物体を見つめる私・・・。ものすごく長く感じましたが、実際はこの間1、2秒くらいだったのでしょう。
「ウ・・・ウォーマー!」
ヘレン・ケラーがウォーター!と叫んだときもかくやと思われるほど。
「ウォーマー?こすると熱くなるやつ?」
「そう、そういうやつ!」
「行きなさい!」
日本の大発明はベルギーにも浸透していたのですねー。ありがとう、誰か分からないけれど、ベルギーに広げてくれた人!でも、出来ればパッケージには英語でも書いて欲しかった。
皆さんも使い捨てカイロを持参するときは、機内に持ち込まないか、英語でなんと言うのか調べてからにしましょうね。今日のワンポイントアドバイスでした。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
けっこう仕事もしています。明日あたりはその話題を・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スモーブロー高いか安いか

こんにちは。
コペンハーゲンは雨です。それも今日は大雨でした・・・。
写真はコペンハーゲンの中央駅前に昨年11月に出来た、日本のパン屋さん「アンデルセン」です。日本のデンマークパンが逆輸入。すばらしい。何でもデンマーク人がアンデルセンで一番驚いたのは、パンの形がみんな揃っていることだそうです。その噂を確認したいと思っているのですが、まだ中には入っていません。
さて、デンマークは本当にパンが美味しいのですが、名物料理と言えば、これでしょう。
日本語でオープンサンドと呼ばれる、スモーブロー。

いつもは決まったお店で頂くのですが、今回は通りかかったお店がとても美味しそうでしたので、空腹を抱えて飛び込みました。

持ち帰りが主流のようですが、店内に小さなテーブルが4台ほどあり、中で頂くことが出来ます。ちゃんとナイフとフォークが添えられるのがデンマークらしくてなんだか嬉しいです。

というのも前回書いた、デンマーク人と結婚したフィンランド人が「サンドイッチをナイフとフォークで食べるのに驚いたわ!だって、フィンランドじゃあ手で食べるもの!」と話していくれたのを思い出すからです。

コーヒーはセルフサービスで10クローネ(約150円)。このスモーブロー3個で100クローネ(約1500円)。ちょっと前までは1クローネが20円でしたから、そのころなら2000円程度ですね。手軽な食事にこの価格には、北欧の物価の高さを感じざるを得ません。

さて、キリスト教のデンマーク、日曜日にお休みのお店、それに土曜日の今日も平日よりも早仕舞いするところが多いです。欧州に旅行に行って日曜日にお店が開いていなくて、がっかりした人は多いのではないでしょうか。

このスモーブローのお店も例外ではなく、日曜休み。土曜日は2時半に閉店なのですが、お店に入ったのは2時15分。「あと15分で閉店なんです・・・」とお店の人が言うものの、今日は大雨。とても外で食べられる状況ではなく「出来るだけ早く食べますから」と中で食べさせていただくようにお願いしました。

お昼が遅くなったのは理由があり、買い付けに行く先も土曜日は14時で閉店のところがほとんどなので、時間の許す限り周っていたからなのです。

今日はこういったものを買い付けました。デンマークだけにロイヤルコペンハーゲンのものが多くなりますね。少しですが、フィンランドやスウェーデン、それにドイツのものも見つけてきました。

今回は初めての蚤の市に行ってみたり(いつも春、秋買い付けなので蚤の市をやっていないのです)、数年前にデンマークの人に教えてもらいながら、時間が無くて行けなかったお店に足を伸ばしたりしていました。

とはいえ、雨で移動も荷物の持ち運びもままならず、全体的に軽めの買い付け。今日までは新規開拓を兼ねていたと思って明日に気持ちを切り替えます。

というのも明日はなじみの場所に行く予定。お天気も回復するというし、そこの大体の品揃えや様子は分かっているので、目を皿にして沢山見つけてきますね。

もっとも、こういうものは出会いがあるので、期待通り沢山あればいいなあ、と願っているのですが。

ミタ

最近は雨に降られることが多いです・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓