北欧神話風(?)アクセサリー

0228-1.jpg
おはようございます。
数日前、シーサーブログの2日間に渡るメンテナンスのため、ブログの更新が出来ませんでした。
メンテナンスのことなど、すっかり忘れていたので、アップしようとした記事がアップできず、気勢がそがれてしまい、そのまま何となくブログの更新も怠っていました。
色々と書きたいことがあったはずなのに、思い出せません・・・。
何だったかなあ?
思い出せないといえば、ジークフリートもブリュンヒルデの事など、すっかり忘れちゃって。
先週、先々週とテレビで、ワーグナー原作「ニーベルングの指輪」テレビドラマ版が放映されていました。
このワーグナーのオペラは北欧神話を元にしているとの事は知っていたのですが、オペラは未見で、ストーリーも全く知りませんでした。
知っているのは「ワルキューレの騎行」の曲くらい。
所謂”北欧”を期待して観たのですが、舞台はドイツになっているのですね。ワーグナーが北欧神話のエピソードを取り入れながら、アレンジしてるそうです。そして、このテレビドラマもワーグナーの原作を短く少し変更しているようでした。
唯一、北欧だったのは、アイスランドの女王ブリュンヒルデの登場。ブリュンヒルデは主人公のジークフリートと愛を誓ったのに、ジークフリートは策略によって薬を飲まされ、ブリュンヒルデのことなど、すっかり忘れ、あとは悲劇に向かってまっしぐら、という話でした(こんなまとめ方でいいのかどうか・・・)。
そのアイスランド女王ブリュンヒルデは、ものすごく強い。とにかく、強い。男性相手でも、1対1の戦いで負けたことが無いのですが、その強さの秘密は神からもらったベルトなのだとか(ドラマの設定では、です)。
「これが、そのベルトだ!」と見せたベルトを見て、あ、この前仕入れたアクセサリーに似ている、と見入ってしまいました。
さて、やっと商品の話になりましたが、フクヤとして初めてアクセサリーというものを仕入れてみました。
写真の2点です。どちらもデンマークから来ました。右のブラス製のものには「Made in Finland」とありますので、フィンランド製のようです。左は恐らくデンマーク製でしょう。何か刻印がありますが良く分かりません。スチール製で紐がとても長く、私(身長166cm)が付けるとペンダントトップの先がおへその辺りまで来ます。1970年代のものということですから、当時のヒッピーファッションでしょうか。紐は皮ですのでお好きな長さに調整できますが、民族風のワンピースに長くたらしてもかわいいでしょう。
ところで「民族風ファッション」って分かりますか・・・?もっとしゃれた言い方があったハズなのですが、どうも思い出せません・・・。ボヘミア・・・フォークロア・・・?
まあ、なんとなく想像していただけると嬉しいのですが。
いささかこじつけ、北欧神話風アクセサリー。来月アップで準備を進めています。さらに、スウェーデンのエヴァさんに尋ねると、アクセサリーを色々と持っているとのことで、少し仕入れられそうです。
それでは、良い週末を!
私といえば、東京は大雨ですので、猫営業部長とのんびりする予定です。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
雨で寒いですね。「ノルウェーの森」のように部屋の中で火でも焚きたい気分です(村上春樹ではなく、ビートルズの方)。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

第5回「北欧を知ろう」講座

スウェーデンのカフェ
こんにちは。
去る2月20日は、スウェーデンをこよなく愛する社団法人スウェーデン社会研究所 所長の須永昌博氏による、「スウェーデンの子育て支援」をテーマにした、第4回「北欧を知ろう」講座でした。
須永氏によると、とにもかくにも、まず、スウェーデン社会の「核」とは、全ての人が法の下で「平等」であり「人権」を持つという点を肝に銘じなければいけないそうです。
例えば、現スウェーデン国王のカール16世グスタフも例外ではなく、彼もまた、国民番号を持ち、納税の義務があり、選挙権を持っているのだそう。もっとも、収入のない国王は税金を納めることはなく、また選挙に行かれることはないそうですが、とにかく、法律上ではそうなっている。
そして、この二つの核を長年に渡って、目指し、実現の方法を模索し、実践しているのがスウェーデンと言う国なのだそうです。
例えば、その実現のための法律は「人は生まれながらに障害者である。たまたま健全な人がいるだけ」であり、そのたまたま健全な人のためを主体にした社会は平等と人権に反する、との発想で作られます。
障害者とは、日常動作が出来ない人のことで、つまり心身障害だけでなく、幼児、病人、怪我人、妊婦、高齢者、そしてもしかしたらスウェーデン語の出来ない外国人(移民)も含まれるのだとか。
さて、今回の講座は子供に主眼を置いた内容でしたので、それでは、子供の人権と平等のために何が行われているかをお話してくださいました。
子供は「生まれたときから社会のもの(親のものではない)」であり、「大人と同じ権利と発言権を持つ」のだと考えられているそうです。それは”国連児童憲章”と”子供オンブズマン”によって守られているのだとか。
国連児童憲章とは1989年に国連によって「児童がその児童に影響を及ぼすすべての事項について自由に自己の意見を表明する権利を確保する」と決められた条約だそうですが、日本では
「児童の権利ばかりが強調されると子供が権利ばかりを主張して親や教師などの大人の意見に従わなくなる」
「日本伝統の親子関係(子は親に必ず従う)を破壊する」
と反対する傾向があり、批准にあたり、一部留保などがされているとか。
(参照:Wikipedia)
日本のニュースで、親による子供の虐待を「躾です」と説明し、見逃されていたために手遅れになった、という悲しい話を耳にすることがあります。子供の人権よりも子供を大人に従わせることが、本当に”伝統の親子関係”なのでしょうか。
一方スウェーデンでは、もともと国連で決まった事を一生懸命に実施しようとする傾向があり、この条約も実に真摯に実行しているのだとか。
子供オンブズマンに任命された人は18歳以下の子供の利益と管理を確保するのが仕事です。全国の学校の子供たちからアンケートをとったり、面談をして、彼らの権利や利益が迫害されていないか調査するそう。また、学校でも、常に児童に教えるのが「大人がおかしい事をしていたら、それを訂正してもいいのよ」と発言の大切さを教えることなのだそうです。
この講座を拝聴して感じたのは、日本では子供は「何も出来ない弱い存在であり、大人の庇護の元にいなければいけない」と思われているのに対して、スウェーデンでは「権利も意見も持っているけれどその活用の方法を知らないので、大人が発揮方法を教えなければいけない」と考えているのかも知れないと思いました。
その感想を須永ご夫妻(奥様もいらっしゃっていました)に尋ねると、「そうですね」とおっしゃって、それにまつわる様々な実例を教えていただきました。
スウェーデンの屋台骨「平等」「人権」は実は長い年月をかけて、子供のときからの教育で作り上げているものだ、と分かりました。今回は国が一つの確固たる理念を掲げ、一丸となって取り組むことの大切さを感じた2時間でした。
さて、今週末は最後のお楽しみ。デンマークのティーパーティーです。講義をしてくださるキム・ペーダセン氏は、デンマーク大使館のシェフと相談をしながら準備をしてくださっているとのこと。また、エコのため、コーヒーを飲むカップは持参とか。
ふふ。楽しくなりそうです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
この文は、月曜日に書いたのですが、そのあと、ブログのサーバーがメンテナンスに入り、延長に延長でした。
やれやれ。
ところで、須永ご夫妻に世間話で「スウェーデン料理教室の先生、心当たりはないですか?」と尋ねたところ、日本IKEAの社長の奥様の名前が上がりました。もし、実現すれば面白いですね。
奥様はケータリングの仕事をされているとのことでしたから、IKEAのミートボール、なんてことは無いと思いますよ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

春の料理教室は新しい先生と日本語で!

0220-1.jpg
おはようございます。
昨日、今年から協力してくださる新しい料理教室の先生たちとお打ち合わせをしてきました。
左は、フィンランド料理を教えてくださることになる、ヨハンナさん。フィンランドの古都、トゥルク出身です。ご主人のお仕事で日本に来て約1年。週に5日日本語学校に通っていて、日本語もお出来になります。まだまだ、話すよりも聞くほうが得意のようで、会話は日本語と英語混じりですが、コミュニケーションは充分取れます。
ヨハンナさんはとにかく、かわいい!第一印象が「うわーかわいいなあ」というくらい。それに、お話しするほどにだんだんと寛ぐ雰囲気のする方です。
聞けばフィンランドでは「ナースをしていた」とおっしゃっていました。確認はしていませんが、お話の様子からどうも、このナースとは”看護士”ではなく”保育士”のようです(ナーサリーのナースですね)。どうりで、ふんわりとした優しい雰囲気がするはずですね。
「日本語は難しいですか?なにか分からないことは?」と尋ねると
「自動詞と他動詞が・・・」
「・・・・・・・・・・・・。えーーーと・・・。
ごめんなさい。私、日本人ですが、日本語、ワカリマセン。」
「そうですか」
ヨハンナさんがっかり。誰か自動詞と他動詞について、ヨハンナさんに教えてあげてください。
右は、フクヤの料理教室初登場の男性の先生。ノルウェーのミカールさんです。第一印象は「目、でか!背、高か!」。写真では今ひとつ分かりませんが、子アザラシのような目をした、長身の方です。
来日3年と言うことですが、日本語は話すだけでなく、読み書きも含めて、敬語と丁寧語も全く問題ありません。
どうして、そんなに早く覚えられるんですか?と尋ねると、「ハーフなんです」。なんでも、お母様が日本人とか。なるほど、それは納得です。
最初は緊張していらしたのですが、お話が進むにつれて、微妙なジョークが飛び出します(ノルウェイジョーク?)。あまりにも生真面目な顔でジョークを言うので、突っ込んでいいのかどうか迷いましたが、思い切って突っ込んでよかった・・・。その後はぐっと寛いだ雰囲気になりました。
いや、別に突っ込む必要はないのですが、一応は関西人の端くれとして、受けたものは返さないと、ご先祖様に申し訳がたたないので。
ミカールさんの講座は日本語でとなります。もしかしたら、微妙なジョーク付きです。もちろん、英語も堪能で、日本で英語を教えることもしていらっしゃるとか。
お料理は「とても、好きなんですよね」とおっしゃるとおり、近々イングリッシュカフェに頼まれて、「ノルウェーナイト」のパーティー料理も担当されるとか。家庭料理からパーティー料理まで幅広くお出来になります。
料理教室の日程ですが、ヨハンナさんは3月の末、ミカールさんは4月の半ばから末頃を考えています。細かい日程などはまた決まり次第ご報告します。
また、ヨハンナさんもミカールさんもダイニングがあまり広くないと言うことで、前回までとは少し違う形式になります。
まず、ヨハンナさんは、東急田園都市線の三軒茶屋のご自宅で、4人までの少人数で2回に分けて行います(同じメニューです)。
ミカールさんはご自宅とは別に場所を借りて、12人でのやや多い人数での開催を予定しています。まだ場所がはっきりとは決まっていないのですが、都内になる予定です。
「場所を借りるとなると、人数を増やす必要がありますね」というと「12人も集まるでしょうか?」と不安そうなミカールさん。あの、ものすごい目の大きな、はっきりとしたお顔立ちで、不安そうな様子をされると、真に迫ってくるのですよね。
ミカールさんがにっこり顔になるように、どうぞ、どしどし、お申し込み下さい。
ミタ
追伸です。
0220-2.gif本日、「スカンジナビアン・ライフデザインマガジン」が発売です。
こちらにはフクヤから商品を撮影用に提供させていただきました。
また、フィンランド料理教室のアヌさんのレシピやお料理の様子が掲載されています。アヌさんは残念なことに3月末に日本を離れ、ドイツに引っ越してしまいます。
それから、私のインタビューが1ページだけあります。もし、良ければ書店で探してみてください。


にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
初めて北欧の別の国同士の方の会話を聞きましたが、面白いものですね。フィンランドとノルウェーは仲良しらしいですよ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

脇阪克二「ちいさいラグ」いえ

100217-1.jpg
おはようございます。先日、とても懐かしい人から電話がありました。
母方のはとこ(親同士がいとこ)です。
母のいとこは、商社時代に中東に赴任していて、その後アンティークのキリムを輸入販売する会社を関西で経営しています。
10年位前は、東京の代官山、その後は駒場にお店があり、その頃は時々遊びに行っていました。今も我が家で使っているアンティークキリムは、当時そこで買い求めたもの(と、頂いたもの)です。
東京のお店は、はとこ姉妹が店番をしていたのですが、やがて東京を引き上げ、それからは交流が途絶えていました。
「実は、新作のフェルト製品の感想を聞かせて欲しくって」
「え?新作?アンティークは?」
「それが、最近は現地の値段が上がっちゃって、買い付けが難しくなったの」
うーん、それは私が扱っている北欧ビンテージも同じような状況なので、分かります。
それで、最近はアンティークキリムの輸入と平行して、オリジナルの製品や、オーダーカーペットの製作をネパールで行っているのだとか。
早速、新作の写真を送ってもらい、ついでに会社のホームページを見ると、なんと、「オリジナル企画製品」として脇阪克二氏デザインのラグがあるではないですか。
脇阪克二氏は、1968年から1976年までフィンランドのマリメッコ社に在籍していた日本人デザイナー。当時デザインした「Bo Boo(ブ ブー)」や「Kumiseva(クミセヴァ)」は今でもマリメッコで作られ、世界中で愛されています。現在は京都在住で、現役のデザイナーとして活躍されています。
「ねえ。この脇阪さんのってどうしたの?」
「ああー。脇阪さんは家族でお付き合いがあってね。新作を作るときにデザインの相談をしたら、”じゃ、描いてあげる”ってデザインしてくれたの」
「これ、うちで扱ってもいい?」
「え?あ、そうかー。脇阪さんマリメッコにいたんやったね」
「そうそう」
と、そんなトントン拍子で(当たり前ですが)話がまとまり、先ほど、そのラグが届きました。
100217-2.jpgサイズは2種類。
写真の小さい方は2色ありますが、「グレーの方は、もう作らないの」「在庫はまだある?」「あるよ」「じゃ、それも」と廃番カラーも送ってもらいました。
とりあえず取り寄せたのは各1枚ですが、ご注文いただければ、はとこの会社に在庫がある限り、お出しすることは出来ます。ただし、一旦在庫が切れると2ヶ月くらい待つことになるとか。
「えー。それってどうすればいい?」「サイトに書いてくれればいい」
そういわれてもなあ・・・。まあ、なんとかするか。
そんな訳で、こちらのラグ、2月25日にサイトにアップします。
「個人的には大きいほうの家、めっちゃ可愛いと思ってる」
そうで、どうぞ、お楽しみに。
ミタ
●ちいさいラグ
「いえ1」デザイン脇阪克二 約45x65cm イラクサx羊毛
「いえ2」デザイン脇阪克二 約35x35cm イラクサx羊毛
*なお、「いえ2」のグレーは廃番カラーで在庫が無くなり次第終了

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
うーん、受注で取り寄せにするかなあ・・・?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

第4回「北欧を知ろう」講座

100215-1.jpg
おはようございます。昨日はバレンタインデイでしたね。いつもはチョコレートケーキを焼くのですが、今年は写真のブラウニーを作りました。ココアパウダーだけで作る簡単レシピです。
お菓子つくりだけでなく、お料理の時もいつも活躍するのは、後ろに写っている、デンマーク製のボウルです。日本の一般的なボウルと違って、深みがあるので、材料を混ぜやすい。
この、デンマークRosti社の「マルグレーテ ミキシングボウル」は1954年に作られ、50年以上経った現在でも同じ形で作り続けられています。その優れたデザインは、MoMA永久展示品となり、MoMA Storeでお買い求めいただけます(もちろん、他のお店でも。でもフクヤには無い)。
MoMA Store
さて、話は変わって、2月13日、東北工業大学准教授 梅田弘樹氏を講師に迎えて、第4回目の「北欧を知ろう」講座が目黒区で開催されました。
梅田氏はフクヤでも、その作品を取り扱ったことがあり、また、家人の中高の同窓生という個人的なつながりもあって、今回ほとんどボランティアとして講演を引き受けてくださいました。
梅田氏のEclipseシリーズ(現在、再入荷の見通し立たず・・・)
梅田氏は、経歴にもあるとおり、もともとはキヤノンでプロダクトデザインを担当していたのですが、「消費されるデザイン」に疑問を持ったとき、アラビアのTeemaシリーズに出会ったことがフィンランドデザインに興味を持ったきっかけとか。
アラビアのTeemaシリーズはフィンランドデザインの巨匠と呼ばれる、カイ・フランクが1953年に発表したKiltaシリーズが元になっていて、それから50年以上たった現在でも、ほとんど形を変えずに製造されています。
冒頭のミキシングボウルと同じですね。
ではなぜ、北欧のデザインがこんなに長く愛されるのか、その理由について留学されたフィンランドを例に、梅田氏なりの考えを語ってくださいました。
まず、デザインの持つフィンランド性を産む背景とは何か。
フィンランドは他のヨーロッパ各国と違い、王国ではなく、王侯貴族を持たない。つまり、貴族を喜ばせるための凝った、華やかなデザインという方向に発展をしなかったのが特長とか。そのため、庶民が使う、機能的なデザインが発達しました。
普通の人が使う物のデザインは、自己表現の発表の場ではない。こうして、どこにでもある様なものを作り出すことが、結局は何十年ものロングセラーへとつながるのではないか。梅田氏は、つまり、ここが自分のデザインが目指すところではないか、と感じたのだそうです。
そうは言っても、実は目立つような変わったものよりも、どこにでもありそうな物を新しく生み出す方が難しいのではないかと思います。どうすれば、フィンランドからはそんな発想ができるのか。
その答えの一つが、デザイナー自身が「作り手」であり、「使い手」である、という点ではないか、というお話でした。
フィンランドに限らず、欧米では、ごく一般の人でも自分で物を作ったり補修して使うことがありますが、フィンランドが他と異なる点は、自然の中での生活から発生した必然性です。
夏の数週間を多くの人がサマーハウスで過ごし、そこでは、電気、ガスなどが整備されていない場合もあるのだとか。人々は火をおこし、道具を作り出す必要があります。
普段は会社勤めの若い世代の都市生活者も、魚を捕り、さばき、火をおこし、調理してと、ごく当然のように自然を相手にしながら休暇を満喫するそうです。
そして、デザイナーも例外でなく、自分で手を動かして物を作ることを知っているので、製造現場や技術に対して敬意があり、またいかにして合理的に、あるいは量産ができるのか、ということも考えます。
加えて、使い手でもある彼らは、本当に必要なもの、そして機能に対しても厳しい目を持っています。
「作り手」と「使い手」。その二つが上手く融合した土壌があり、使いやすく、生活に合理的で機能性に絞ったシンプルな、ロングライフのデザインが生まれるのだとか。
けれども、フィンランドデザインはそれだけで、こんなに広く愛されるものなのでしょうか。
その秘密は梅田氏によると、「どこか野暮ったい所と思うんですよね。あたたかみがある、と言い換えることも出来るかも知れないけど」
そうそう、と私も思わず膝を叩きました。よく話題になる、北欧デザインの機能性や合理性だけで、本当に人は手元に置きたいと思うのでしょうか。物を手にする気持ちは、どこか恋にも似ていて、その製品に好感を持つからこそ沸き起こる感情なのではないでしょうか。
完璧な男性に憧れは感じていても、結局恋をするのは、ちょっとはずした人だったりすることは良くあること。フィンランドデザインも、どこか完璧から少しはずしたところに、人は惹かれるのかもしれません。
ところで、どうしてフィンランドデザインは少し野暮ったいのか。「それは、フィンランドがヨーロッパのなかでも、田舎国だからですか?」と尋ねると、梅田氏は「そうかもしれませんね」。また、他の方が「その野暮ったさは計算しているのでしょうか」との質問には「本人に確認したことはありませんが、違うと思いますよ」とのこと。
この情報社会の中で、世界はどんどん均一化していっています。「でも、フィンランドにはいつまでも、そういうところは残して欲しいですね」とのことでした。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ガラスのお話も面白かったのですが、書ききれません。いつかの機会に。
また、Eclipseの再生産については多くのお問い合わせを頂いています。いろいろ難しい課題がありますが、現在梅田氏と前向きに模索中です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓