京都とデンマークとイギリス、そしてコルク栓

fukuya 015.jpg
おはようございます。
上のお写真はお客様のもももままさまからいただいたもの。
なにやら理科実験室のようですが・・・・
さて、何のお写真でしょうか。
————————————————-
夏の終わりにFukuyaさんで素敵なスパイスジャーを買いました。チボリ。
キャプションには
「イギリス、Portmeirion Pottery製の1960年代のスパイスジャーです。元々はコルク栓が付いていたのですが、こちらは失われています。デザインはSusan Williams-Ellisによるもので、彼女がデンマークのチボリ公園を訪れたときの印象をもとにデザインしたと言われています。」
と書かれていました。
私はSusan Williams-Ellisが誰であるかもわからないのですが、この小さなスパイスジャーがとても気に入りました。
コルク栓が失われているならペン立か、花瓶にして使いたいと思ったのです。
届いたチボリは思った通りセンスのいいものでしたが、スパイスジャー以外はペン立にも花瓶にも向かないことに気が付きました。
これはどうしてもコルク栓を見つけなければなりません。
fukuya 023.jpgそこで思い出したのが京都の三条通に昔からあるちょっと不思議なお店です。お年寄りのご夫婦が店番をしておられて、売っておられるものが理科の実験道具類。試験管や試験管立て、ガラス管、ビーカー、広口ビンなどなど。試験管を洗うためのブラシが店先にぶら下がっています。
以前、Bodumのガラスポットの注ぎ口を洗うのに丁度よいこのブラシを買いました。一緒に卓上のお酢入れ用にカンガルーの頭にも見える可愛い蓋の茶色の薬品入れを買いました。
お勘定をしてもらいながら、薬品入れの横の棚の箱の中にさまざまな大きさのコルク栓があるのを見て、「へぇ~。」と思っていたのでした。
そうだ、あそこに行こう!
チボリをバッグに入れて京都三条へ。
お店にはおじいさんがおられました。(たぶん店主)
「これに合うコルク栓ありますか?」
「ちょっと見てみよか?どれ。・・・・これ洒落たもんやな。柄がええな。」
「ユーズドのものなんで手に入れたときには栓がなくて・・・」
「どこで手に入れたん?骨董市?」
「ネットで。」
「イギリスのもんやな。色も洒落とる。」
「チボリって名前が付いていて北欧アンティークの店に出てました。」
「いくらやった?」
「3000円くらい。」
「ええ買いもんや。」
楽しくおしゃべりしながらいろんなコルクを試してくれたのですが、大き過ぎたり小さ過ぎたり。
「圧縮コルクでもええか?これはどうや。」と出していただいたのがぴったり収まりました。
厚さが3cmあり、栓の開け閉めがとても楽です。
おじいさんは栓をしたチボリを丁寧に包んでくださって、近くで大きな骨董市が出ることも教えてくださいました。
160円払いました。
fukuya 020.jpg帰りにお店を改めて見わたすとなんと秤屋さんでした。
お店の右の棚が理科の実験道具類。左側が大きなハカリ類。中央は不思議な生活雑貨のようなものなどが小さなスケールと共にコマゴマと。

そして見えにくいキャッチコピーが控えめにお店の自己主張をしていました。
fukuya 021.jpg 「目から鱗のようなものが落ち
 The scale fall from one’s eyes!
 新しいはかりで新発見!Scale」


京都のお店は奥が深い。
スパイスジャー「チボリ」には只今梅塩が入って卓上でお酢の入った薬品入れと並んでおります。
————————————————-
このお店、ショーケースといい、棚といい、置いてあるものといい、本当にいい味が出ていますねー!近くなら行ってみたいのですが、さすがに京都は遠い・・・。
ところで、英語でも「目から鱗が落ちる」というとは知りませんでした!そこで、調べてみると、そもそも日本のことわざでは無いらしいです。元々は聖書のエピソードから出来た言い回しが日本に来て、すっかり定着したらしい。勉強になりました。
それにしてもこれは、Scale(鱗)とScale(秤)をかけた上に意味もちゃんと通る、素晴らしい駄洒落コピー!誰が思いついたのか気になるところですね。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..
↑クリックで応援してください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あたたかい色のティーポット

091126-1.jpg
おはようございます。
久しぶりにアラビアRuija(ルイーヤ)のティーポットが入荷しました。厚めの素地ですので、保温性があり、これからの季節にぴったりです。1.2リットルとたっぷり入るのも、かなり嬉しい。なにせ、紅茶中毒の我が家では、この季節毎朝1リットルお茶を入れても足りないくらいですから。
フォルムデザインは、1960年にUlla Procope(ウッラ・プロコペ)がルスカシリーズのための作ったSモデルです。このルスカシリーズのコーヒーカップは、アラビア史上一番売れたアイテムだそうです。
Sモデルには様々なデコレートがなされていますので、同じ型で柄違いを揃えてみるのも楽しいかもしれません。
さて、このRuijaシリーズは1975年から1981年まで作られました。実はモデルデザインをしたプロコペは1968年、40代の若さで突然亡くなっています。つまり、このシリーズが出された当時は既にこの世にはいなかったのですね。
Ruijaのデコレートデザインを施したのは、アラビアの人気デコレーターの一人、Raija Uosikkinen(ライヤ・ウオシッキネン)です。
プロコペは1921年生まれで、1948年からアラビアに所属、ウオシッキネンは1923年生まれで、1947年からアラビアに所属しているので、この2人は、ほぼ同世代であり、同時期にアラビアでキャリアをスタートしています。
おなじSモデルでは、RosmarinAnemoneはプロコペ本人よるデコレート。太い筆にたっぷりと顔料を含ませ描いた、柔らかくあたたかい雰囲気は、Ruijaに共通するものがあります。
ところで、Ruijaのデザインが15年近い年月の隔たりを感じさせないほど、プロコペ自身の過去のものにとても雰囲気が似ていることには驚かされます。特に、同じ年に同じSモデルを使ってウオシッキネンがデザインしたOtsoシリーズが、いかにも70年代風なのを見ると。
もちろん、彼女も企業の一員ですから、アラビア社からの要求があってのデザインだったのかも知れません。それでも、このデコレートを考えているときに、早くに亡くなった同僚が作った過去の作品を思い出さずにはいられなかったでしょう。
RuijaがRosmarinとAnemoneと異なっているのは、素地が白からベージュ色となっているところです。ほのかな温かさを感じるその色合いは、なんとなくウオシッキネンの思い出の優しさも感じるのです。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..
↑クリックで応援してください。
最近入手したフィンランドのデザインミュージアムの資料でRosmarin、Anemone、OtsoのデコレートがRaija Uosikkinenと知りました。サイトの訂正はこれから・・・で、いつ?(自分に突っ込み)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あなた誰の子?

091123.jpg
おはようございます。
今日は3連休の最終日ですね。お天気も悪くないので、どこかにお出かけの方もいらっしゃるのではないでしょうか?学生のときはスケッチをしに上野動物園や井の頭公園に通ったことを思い出します。
何時間も外でスケッチをしていると、右手の甲だけ焼けるんですよねー。ほら、左手はスケッチブックの下なので焼けないのです。まるで、ゴルフ焼け。
さて、本物の動物園もいいですが、こんなガラスの動物園はいかがですか?(そういえば同名のアメリカの戯曲がありますね)
手前にあるのはスウェーデンのガラスメーカー、コスタ・ボダの「BODA ZOO」シリーズのゾウです。
←以前同じシリーズのライオンが入荷したことがあります。
ちなみに、このライオンもゾウも、日本ではRoyal KronaにおけるLisa Larson作とされている場合が多いですね。
ですが、ライオンに関しては、海外オークションやスウェーデンのコレクターサイトなどで、BODAのロゴシールが付いたものや、一回り大きなサイズにBertil Vallienのサインがエッチングで入っているものを見たので、Kosta BodaにおけるBertil Vallien作で間違いないと思っています。
トップの写真のゾウも足の形や雰囲気が、ライオンととてもよく似ているので、同じくKosta BodaのZooシリーズではないかと思いつつ、確信を得るまでちょっと時間が掛かりました。
まずは、多くの日本の記述にある、Royal KronaのLisa Larson説も含めて、調べてみることに。
その過程でラッキーなことに、古いRoyal Kronaの「DJUR I FRIHET」シリーズのカタログを見つけました。
↓これです。
royal_krona_animals.jpg
右端の猫は明らかにLisa Larson作ですね。ほぼ同じ形の陶器製を今もLisa Larsonのスタジオで買い求めることが出来ます。
ちなみに、このRoyal Kronaのガラスの動物たちも、Larson以外にも複数の作者が関わっていたので、全てが彼女の作品ではありません。
さて、このカタログには、上で触れたライオンもゾウもありません。それに、なんだか少しイメージが違います。
そこで、一旦Royal Kronaという説を捨てて、Kosta Bodaに絞ってみると、同じゾウをいくつも発見。そして、ほとんどの場合、作者はBertil Vallienとあります(一部Monica Backstromとの記述もあり)。
更に要素を絞って調べると、Kosta Boda Zooシリーズの当時のカタログを持っているというコレクターの方が、「カタログによると、大きいゾウの作者はVicke Lindstrand、小さい方はBertil Vallienと記述されている」と記していていました(同じくライオンもBertil Vallienとはっきり書いてありました)。
というわけで、このゾウはKosta BodaにおけるBertil Vallien作でOKですね。もっとも作者は誰であれ、このゾウの可愛さには変わりはありませんね。
それにしても、こうやって、思い込みや通説が覆される瞬間って、本当に楽しいのです。色々な可能性から答えを探し出す作業は、推理小説、歴史小説好き魂がバシバシ刺激されます(歴史小説って、推理小説に似ていますよね?)。と、いうわけで、私の連休は調べ物で終わる予感なのです。
こちらのゾウ、来月アップ予定です。お楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..
↑クリックで応援してください。
Royal Kronaのガラスの蝿ってどうなんでしょうか?確かに野生かもしれませんが・・・欲しい?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド→ロシア

091119-1.jpg
おはようございます。
先月、フィンランド料理の試作をしたときに材料が余ってしまいました。
北欧クリスマス料理教室フィンランド編

091119-2.jpgそこで、サーモンはサワークリームとパスタに、ビーツはボルシチにすることにしました。ボルシチにもサワークリームを加えます。
「ビーツはボルシチにすることにしたよ」と話のついでにハンガリーの由美さんにメールすると「じゃあ、ユーリャに習ったウクライナ風レシピを教えるね」と返信が。
(ところで、由美さんはよく話の中でいきなり個人名が出てくるのですが、ここで「だれ?コーリャって?」と尋ねると罠にはまるのであえて聞きません。)
以下が由美さんが教えてくれた
「ウクライナ風ボルシチ(ユーリャ直伝、でもちょっと私のアレンジあり)4人分くらいかなー」
のレシピです。
ちなみに原文のまま。分かりづらいところは想像で補ってくださいね。
—————————————–
*牛肉または豚(好きなほうでいいって。私はいつも牛だけど・日本だとカレー用かな)・・・200gくらい
*玉ねぎ・・・中1個
*ニンジン・・・中1本じゃおおいか?いいや。
*ジャガイモ・・・好みの量(4~5個?)
*キャベツ・・・うーん、キャベツ4分の1個くらいか?
(*豆・・・好みの、、、白い小さめの豆って、日本だとなんだ?なければ省いていいけど、入れると美味しいから、味が淡泊な豆なら、なんでもいいと思うよ)
*ビーツ・・・小1個くらい (注:今回は缶詰を利用)
*トマト・・・小1個
*ニンニク・・・1~2片
*月桂樹の葉・・・1~2枚
*セロリ・・・根っこか茎のところ適当
*塩、コショウ、(クミン、コリアンダーなどは好みで)
*酢・・・大さじ1くらい
*水・・・完成が4人分くらいのスープになるくらいの適当さでよろしく。
*バター・・・大さじ2くらい?
 
*サワークリーム
 
下準備
(A):フライパンでたっぷりのバターで千切りにした「玉ねぎ」&「ニンジン」をよーーーーーく炒める。
もうくたくたのべっタリするくらい。でも焦がしちゃだめだめっ!
(B):ビーツはやわらかく茹でて皮をむき、千切りにしておく。
(C):ジャガイモ、キャベツも小さめの一口サイズに切っておく。
 
1)肉は小さめのそぎ切りでも角切りでもお好みで。 これを水から炊く。セロリも一緒に。アクはまめに取るけど、取り過ぎないようにね。
あのね、ぐらぐらぐつぐつ炊いて大丈夫なんだね。不思議―。
2)トマトを丸ごと、キャベツも加えて少し煮る。
3)(A)、ニンニク、月桂樹、ジャガイモを加えてやわらかくなるまで煮る。
4)塩、コショウで味付け(粒コショウが好みなら肉と共に始めから加えてね)
5)最後に酢を加えて完成。 食卓でサワークリームを添えましょう~♪
 
とにかく材料を鍋に加えてゆくだけ! やってみると意外に簡単だし、けっしてヘビーではないから~♪
残ったら翌日は冷ご飯でリゾット!これがまたおススメだから。
—————————————–
というわけで作ってみたのが上の写真です。日本でボルシチというとトマト味というイメージがありますが、本当は、ボルシチの赤はビーツの赤。ですのでトマトの酸味が苦手な方でも美味しくいただけるのですよ。
さて、ボルシチといえばフィンランドのお隣、ロシアの郷土料理。何でも2010年にはフィンランドとロシア間が高速鉄道で結ばれ、今まで6時間の距離が3時間半に縮まるとか。
そんなロシア料理の新店がフクヤから徒歩7分のところに、昨日11月18日に開店しました。
091119-3.jpg「ロゴスキー深沢カフェ」です。
実はここは私の古い友人のご実家のお店。ロゴスキーといえば、1951年創業の日本で一番古いロシア料理レストランであり、アメリカのグルメガイド「ザカットサーベイ」日本版でも紹介されていた(気がする・・・?)老舗レストランです。
この深沢のカフェはお姉さん夫婦によるカジュアルスタイルの新店です。

091119-6.jpg夜にはカクテルも楽しめます。シェーカーを振るのは友人の甥っ子。初めて会った12年前は半ズボンの小学生だったのに、こんなに大きくなっていてビックリ。

091119-5.jpg高校生のときに、ご実家に遊びに行ったら必ずおやつに出してくれた、懐かしいピロシキです。おやつがピロシキってどうよって感じでしたが、美味しいのでパクパクいただいたものです。
深沢カフェではピロシキは全部で6種類(種類が増えている!)。テイクアウトあり。

091119-4.jpgそして、これがロゴスキーの「ウクライナ風ボルシチ」です。
家人が一口食べて「やっぱ、うちとは違うねー」とニコニコ顔でした。うーん微妙な発言・・・。
昨日はお昼と夜と2回行ったのですが、お昼に伺ったとき、偶然カウンター席でピアニストの一世さんという方とお隣になりました。聞くと、ロゴスキーの古くからのファンで、ロシア留学経験のある彼が「ロシアより美味しい!」と遠くからいらっしゃったそうです。
こちらの一世さんのブログでもロゴスキーのことが紹介されていました。
→ピアニスト一世オフィシャルブログ

ロゴスキーでは通販も行っているそうですから、もしこの味を試してみたいという方は、ホームページからお買い求めいただけますよ。
→ロゴスキーのホームページ
というわけで、ロシア料理もいいけれど、フィンランド料理も食べてみたいわ。という方は、フィンランド料理教室にご参加くださいね。残り1席です♪こちらもよろしく。
cook-0911-top_banner.jpg
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..
↑クリックで応援してください。
次はつぼ焼きキノコをいただきます。ちなみにこれも、おやつに出てきました。おやつがシチューってどうよ、って完食でしたが。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

北欧のクリスマスのケーキは?

091116-1.jpg

おはようございます。
11月も半ばになり、街中はクリスマスムードになりつつありますね。
日本ではクリスマスケーキというと、イチゴのショートケーキが定番なのですが、いままで訪れたヨーロッパ各国では、このスタイルのクリスマスケーキを見たことがありません。調べてみると、大正時代に不二家が始めたのが起源らしいですよ。
以前住んでいたアイルランドではイギリスと同じく「クリスマスプディング」という真っ黒なケーキを作ります。これはケーキといっても焼くのではなく、茹でたもの。
様々なスパイスと細かくしたパン、ドライフルーツやビールなどのお酒、牛脂などを混ぜ、6時間以上も茹でて(あるいは蒸して)作ります。11月の半ばくらいに作り、その後1ヵ月ほど涼しいところに保存します。
そして、いよいよクリスマスの日に、家族でテーブルを囲み、取り出したプディングにブランデーをかけ、火をつける瞬間が、ハイライト!!!
で、お味は・・・・
もっちりとした食感(茹でますからね)もかなり個性的で、好みが分かれるところでしょう。「私は苦手だけど、イギリスの人は好きなのかなあ?」とイギリス人に尋ねると「まあ、伝統だからね・・・」と曖昧な返事をもらいました。
この独特な味を作り出しているひとつの原因は、やはり、牛脂やビールといった特殊な材料によるものなのでしょうね。だって、北欧料理の先生方に教わった同じくスパイスたっぷりのクッキーやケーキはとても美味しいのです。
たっぷりのスパイス。恐らくこれは保存性を高めるために使うのでしょう。さらに、昔はとても高価だったスパイスを使うのは、クリスマスだけの贅沢だったのでしょうね。
北欧では、所謂クリスマスケーキというものは無いようです。代わりに作るのは「ジンジャーブレッド」というこれもスパイスの入ったクッキーが良く作られると聞きました。
ノルウェー料理教室のヒルデ先生がオリジナルのジンジャーブレッドレシピをフクヤで公開してくれています。下にリンクを張りましたのでよろしければチャレンジしてくださいね。
→ヒルデのノルウェー風ジンジャーブレッドクッキー

もちろん、「北欧」とひとくくりにしないで、各国ごとに見ると、フィンランドでは星型のお菓子や、スウェーデンではサフラン入りのねじったパンなど独特なものは色々ありますが。
そして、このジンジャーブレッドと同じように、クリスマスには、ジンジャーを入れたケーキを作ることもあるのだとか。前回買い付けで訪れた、フィンランドのアンティークショップでいただいたケーキもそのひとつで、これはいつもクリスマスのときに作るのよ、と教えてもらいました。
→2009年10月7日の記事
そして、そして・・・前置きがとーーっても長くなってしまいましたが・・・


ついに
「マリアンヌさんのジンジャーケーキスパイスミックス」
が出来ましたー!!

本当は粉も砂糖も入ったミックス粉を作りたかったのですが、そのためには依頼しているスパイス会社が別途小麦粉などを仕入れなければいけなくなるので、まずはスパイスだけのミックスを作りました。
レシピはマリアンヌさんに教わったとおり。試作からマリアンヌさんの言葉で作り方に微調整を加えながら、やっと完成しました!
今年のクリスマスは、イチゴショートもいいけど、北欧風にジンジャーケーキもアリかもしれませんよ~。
ミタ
ただいま、お買い上げクリスマスカードプレゼント中!!



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
ジンジャーは体を温め消化を促進させる効用があるとか。これもクリスマスに良く使われる理由のひとつかなあ??


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓