フィンランド料理教室その3

0531_stitch.jpg
おはようございます。
一昨日届いたのはルーネベリタルトグッズばかりではありません。
この写真は、フィンランドの刺繍作家、サリさんによる作品です。サリさんとFukuyaオリジナル刺繍キットについて企画が進んでいると初めてご紹介したのが1月16日の記事。なんと、そのときには”春には”なんて書いていますね。(もう6月・・・)
次に登場したのが4月4日の記事。このときに試作品を見せていただいています。かなりイメージに近くなっていたので、サイズの変更と既にある作品のアレンジだけをお願いしました。
この作品を作るにあたってお願いしたのは、
1、フィンランドにしかない物、特にフクヤらしく食器や食べ物(なぜ食べ物←自分?)を。
2、パッと気持ちが明るくなるような色を使って欲しい。
3、日本で市販されているフォトフレームサイズに合わせて欲しい。
の3点でした。
0531_stitchkit.jpgで、帰国してからも何回かのやり取りの末、この通り完成いたしました!
キットには布、糸、針、マウント紙と全て入っているので、届いたらすぐに作品を作ることが出来ます。
(フィンランドには日本のフォトフレームサイズが無いとの事で、やや縦に短く横に長いです。)
キットは3種類
・ククサとシジュウカラ
・カレリアンピーラッカ
・ルーネベリタルト
フクヤオリジナルですので、もちろん、フクヤでしか手に入りません。6月には販売開始予定です。
さて、食べ物が出たところで、フィンランド料理教室のご感想、最終回です♪


0530_finnish_cooking1.jpg←焼きたてのほかほかは格別です!
先日は大変お世話になりました。
当初申し込みをした際は「私英語話せないけどどうしよう…」と不安もありましたが、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
おそらく先生のおっしゃていた内容の半分位しか聞き取れていなかった気もしますが(笑)「こういう事を話してるんだろうな」というニュアンスは十分理解できました。
聴覚が不自由な部分を視覚でフォローできたというか…
先生宅の素敵なインテリアも刺激を受けとても有意義な一日でした。
意外だったのは、サラダが思いのほか手がかかっていたこと!考えてみたら、私の欧米料理のイメージって大雑把というか…
「焼いただけ」「切って乗せただけ」「缶詰め空けただけ」とかそういうイメージがありました。
でも実際はグリーンサラダのきゅうりの皮は剥いてあるし、ArcticOcean’sSaladは小エビの背綿取って、たらこは皮から削いで調味料もいろいろ入っていてとても手の込んだものでした。
(普段の私の手抜き料理のほうがよっぽど大雑把 笑)
観光旅行では味わえない感動でした。
また、実は私の中で「これを見たい」というポイントをひそかに抱いて参加しました。それは「キッチンタオルの使い方」です!
我が家でもIKEAで購入したキッチンタオルを使っているのですが日本のフキンと違って、「でかい」「ごわごわ」「普通の綿100%」なのでフキンとしては使えないんです。
(=手や食器はふけるが、台拭きにはならない。パイルほど水を吸わない。)
しかも巷で売られているかわいい北欧のキッチンタオルは2000~5000円くらいのものがざらです。
「こんな可愛いけど高っかい!
キッチンタオルに醤油でもついたらどうすんじゃい?!」 Σ( ̄□ ̄;)
…と、かねてより思っていたわけです。北欧の方はどうしているのか、とても気になっていました。
その疑問も解決。
先生が、手拭き用キッチンタオルの他に台拭きらしき小さい布をつかっているのをみて「そうか!北欧にもフキンと別で台拭きがあるんだー!」と
ひとり「ほほぅ~」と思っていました。
いわゆる「スポンジワイプ」みたいなのが台拭きなんですかね。
ずいぶん長くなってしまいましたが…
とても素敵な企画だとおもいます。続けてください!
今後もぜひ参加したいと思います。
アヌ先生が使われていたのはフィンランドでロールで売っているキッチンワイプの薄手のものと思います。それを手のひらサイズくらいに小さく切って使っていました。


0527finnish_cooking.jpg←好きなだけ好きなものを食べるのがフィンランド流ということで、食べる順番は自由に!
こんにちは。
火曜日は楽しい時間をプロディースいただき、ありがとうございました。
三田さんのおかげで、英語があまりわからない私でも、料理のベテランでもない男の私でも、楽しく参加でき、フィンランド料理、作る気満々になりました。日曜日にシナモンロールに挑戦してみます!!
一緒に参加された方々も親切で、いろいろと教えていただきことができましたし、講師のアヌ先生もフレンドリーで魅力的な方でした。
機会にめぐまれたら、是非、また参加したいと思います。
今回の私の最大の収穫?は素敵なリアルな三田さんにお会いできたことでした。
えへへ。
そう。今回は男性が初めてご参加されました。男性の方が混ざっていると会話が盛り上がるからいいですね!


最後にオチがついたところで(ついてない?)、ご感想は以上です。
英語が分からなくて、と書いていらした方もいらっしゃいましたが、堂々とアヌ先生に話しかけていたので、全くそうとは思っていませんでした。
多分、こういう会に参加して楽しむコツは、このお客様のよう積極的に楽しみ、もじもじしないことだと思います。
英語が分からないから、一人では不安、男性だから(?)と躊躇している方もいらっしゃるかもしれませんが、全然心配は要りません!もし不安なことがあるなら、どうぞご遠慮なく質問してくださいね♪
では、次回の料理教室をお楽しみに。
リアル三田にも会えます。(特典・・・でもないか)
ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
刺繍は1本取りです。目が・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド料理教室その2

0530_runebergintorttu.jpg
おはようございます。昨日鉄火巻きルーネベリタルトグッズが無事到着いたしました。Teemaにプリントしたマグカップ、ポーチ、鍋つかみです。
で、マグの周りをぐるぐると囲んでいるポーチなのですが、最初20個お願いしたところ「在庫が16個しかありません」と返事があったので16個全部送ってもらいました。
到着して開梱してびっくり。確かに16個あるのですが、デザインが違いが5種類混ざっていて、全部で6種類!形も違えば、ナイロンやコットンやキャンバスなど、素材も違う。
「そうかー、ありったけ送ってくれたのね」と申し訳ないやら「でも、どうしよう・・・」と困るやら・・・。
これが実際にお店があるなら一緒に混ぜて販売することも可能でしょうが、ネットショプではそうは行きません。
とりあえず、数がまとまっているナイロンの大き目のものと、コットンの細めのものをサイトにアップするとして、残りは・・・・
見なかったことにしよう♪(←問題先送り)
さて、フィンランド家庭料理教室のご感想、第2弾。掲載はメールを頂いた順です♪


0530_finnish_cooking2.jpg←アヌ先生は胡椒が大好き。いつもたっぷりと使います。
料理教室はいつもあんな感じで和やかなので、いつもとても楽しんでいます。
なにげない話題から、フィンランド事情を聞けたりして、そういった点でもとても楽しく、今後も絶対に参加したいと思っています。
昨日、帰りに皆さんと話していところ、土日だと参加しやすくなる人は多いだろうけど、争奪戦になりそうだからこのままのウィークデイがいいねーという感じでした。
私も会社休んで参加ですが、息抜きになるのでウィークデイが希望です。
いつも思うのですが、アヌの英語は本当にキレイで、しかも母国語じゃないとは思えないほどペラペラで、英語の勉強にもなります。
毎回自分の力の落ちっぷりにへこみますが、それでも楽しいです。
こんな機会じゃないとあんなに英語話したり聞いたりってないですから。
少し前までは一方的に日本がフィンランドに恋している感じでしたが、フィンランドの人たちも日本に興味を持ってくれているなんて何だか嬉しいですね。
ではでは長くなりましたが、今後ともよろしくお願いします。
本当に昨日も楽しかったです。ありがとうございました。
p.s. シナモンバンズは危なく猫に奪われそうになりましたが、死守しました(笑)。
こちらのお客様はいつもお勤め休んでのご参加なので、土日の方がいいかしら、と思ったのですが、このままで、というリクエストでした。先生もそのほうが都合が良いらしいので当面はこのままで行きますね。


0530_finnish_cooking3.jpg←こんなに薄ーく伸ばせるのは、アヌ先生ならではの粉の配合が・・・。フィンランドの粉と日本の粉は違うからと手に入る粉を混ぜることでフィンランドの味に近づけたそうです。
先日の料理教室ではお世話になりました。
とっても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。
フィンランドで食べておいしかったからまた作ってみようと思っても、思いがけない材料が入っていたりして、やっぱり習ってみないとわからないものだな、と思いました。
また、食材は現地でしか手に入らないものと日本のものをうまく組み合わせて、再現性の高いものにしてくれているので、それも勉強になりました。
それからみなさんとの北欧に関するおしゃべりも楽しかったです。
また楽しい企画を楽しみにしています!
せっかく褒めていただいたわたしのスウェーデン語ですが、実際は全然だめですよ・・・すらすら会話、への道はまだまだです・・・
上手そうに聞こえてよかったです(笑)
英語もままならないわたしですが、なんとなくで始めたスウェーデン語、でも意外と混乱せず、楽しんでいます。
全然使い道がないのですけどね・・・
それでは。
こちらのお客様はスウェーデン語を長く習っていらして、教室でもアヌ先生とスウェーデン語で会話を!アヌ先生はフィンランド語のほかにスウェーデン語、ドイツ語、英語と4ヶ国語が出来ます。うらやましい。


明日は最終回、第3弾をお送りしますね。
それでは、良い休日を!
ミタ
0530_boxes.jpgにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
お取り置き期間も終わり、いよいよ一気に出荷です!梱包が終わった箱を順番に入り口に積み上げていると、いつの間にか自分を部屋に閉じ込めていました。
さ、山椒魚??(by 井伏鱒二)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド料理教室 その1

0529finnish_cooking1.jpg
おはようございます。
去る、5月26日に、フィンランド家庭料理教室を開催しました。
今回は1名空きがあったので、これ幸いと私も参加したのですが、個人的に、ものすごーく楽しかった!
バカみたいな感想ですが、そうとしか言いようが無いくらいだったのです。
で、逆に私ばかりが楽しんでしまったかと心配になって、参加の皆様に感想をお願いしました。
早速、送っていただいたメールはどれも心から楽しんでくださった様子が書かれていて、ほっと安心しました。皆様、私の簡単な感想と違って、丁寧に書いてくださったので、連載にしますね。掲載はメールを頂いた順です。


0529finnish_cooking2.jpg←みんなで成型したプッラに砂糖を振るアヌ先生。楽しそう♪
今日は、念願のシナモンプッラを教えていただき、これまで、見よう見真似で作っていた「なんちゃってプッラ」とはまったく違う生地に、目からうろこ状態でした。
これでようやく、本物が作れます!
クラッシュカルダモンを手に入れるのを待っていられないので、とりあえずは粉末で挑戦してみます。
シュリンプサラダは、今回のように黒パンにトッピングにすると、手軽に出来るおもてなし料理にもなりますね。
日本人に馴染みの食材が、ディルともよく合い、味のアクセントになっていましたし、固さを加減すればサンドイッチの具にしても良さそうです。
メインディッシュのマカロニキャセロールは、フィンランドの定番メニューなんですね。マカロニ料理そのものを、北欧で食べた覚えがなかったのですが、作っているときから、「美味しそ~」と、メモを取る手も休みがちになっていました。
焼きたてのパリパリした部分は、チーズの香ばしさも加わって美味しかったですし、中のマカロニは肉の旨みとミルク液がよくしみこんでいて、これまたモチモチで美味しく、一皿で2度も3度も楽しめるメニューです。
それに、作り方もとっても簡単で、アレンジも色々出来そうです。
参加するたびに、北欧の美味しいメニューを自宅で披露でき、家族も楽しみにしているようです。
今回もまた先生や三田さまのお陰で、参加することが出来ました。
ご準備や企画内容など、色々と大変だと思いますが、またの機会を今から楽しみにしています。
また、今回初めて参加された方、お顔馴染みになられた方がたにも、大変お世話になりました。
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
こちらのお客様はパンについてはベテランの方で、アヌ先生が何気なくやっている作業の理由を説明してくださって本当に助かりました。いつもありがとうございます。


0529finnish_cooking3.jpg←隠し味はなんと明太子!最初は間違って買ってしまったのだけれど、美味しかったからアヌ先生の定番になったそうですよ。
こちらこそ、ありがとうございました。
本当に、楽しい時間をすごす事ができました。
サラダは『あのパン』と本当によく合いますね。パンだけだとあんまり好きじゃないかもと思いきや、合わさると小踊りしたくなるほどの美味しさでした。
中に具を入れないで、ソースとしてサーモンなどにかけてもいいかも!とかいろいろ工夫ができそうです。ディルは個人的にもっともっさり乗せたいです。あれからお気に入り。
マカロニキャセロールは、自分で作る時はジャムを添えるかは別として、ケチャップよりだんぜん美味しかったです。(少数派?1人か!)
自分で作る時は、もう少しチーズとろとろで。お手軽なので、出番増えそうです。
簡単なケーキは作ったりしますが、手間と時間と美味しさを考えると、パンは買う物!!
と思っていました。一次発酵とか二次発酵、材料はきっちり量って…とか、本当に面倒くさいイメージだったのですが、手がベトついたらスムースになる目分量で粉足していいんだ、発酵の時間も見て大きくなりました!でいいんだ。目からうろこです。
(あっ、茹で時間は計るんだマカロニの。これこそした事ないです)
焼きたてもおいしかったですが、一晩おいた物も味がなじんで別のおいしさでした。
早速とはいきませんが、是非作ってみます。
またの機会を楽しみにしております。
そう!なんとマカロニにジャムがフィンランド流なのだそうです。でも、むしろお年寄りの方が好む味、ということで、子供たちは断然ケチャップなのだそうです。


少しでも楽しさが伝わりましたでしょうか?
感想はまだ頂いていますので、続きはまた明日♪
ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
アヌ先生もとても楽しかったそうです。実は一番最初の回では先生も緊張でガチガチで心配したのですが、今はリラックスされいて安心しました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

携帯でお買い物できます(多分・・・)

0528mobile.jpg
おはようございます。
今日は週に一度の新着アップの日です。
実は先週、「会社なのでパソコンから注文ができません・・・」と悲しみに暮れたメールを頂きました。
というわけで、ついに未知の領域「携帯サイト」に着手することにしました。携帯サイトでは使うらしいからと、サイトにはリンドベリのDominoシリーズを思わせる「QRコード」なるものを付けました。
アドレスは下記です。
fukuya携帯サイト
http://www.fuku-ya.jp/m
こちらでは、最初の画面では「新着」のみをご覧いただけるようになっています。サーバー提供会社のシステムで、カテゴリ「NEW ARRIVALS」では、新着の40点のみしか表示できないのですが、その下の「▼並べ替え」から「新着商品順」を選択して表示すると新着全商品を含めたサイトの全商品が出るようになるはずです。どうぞお試し下さい。
試験的に先週からひっそりとオープンしているのですが、既に携帯からご注文いただいた方もいらっしゃいました。だから、ご注文できるはずです・・・。
・・・・と、いささか言葉に力が無いのは、実は私は携帯はショッピングはおろか、ネットもやったことが無いのです。メールも着信も月に数本程度。電源が切れていても3日間気が付かない、毎月の請求も基本料金のみという状態なので、今回の携帯サイトもパソコンで確認しながらの手探り状態で作成しました。
携帯でもちゃんと見られるようにレイアウトを変更したり、表現を変えたりしましたが、上手くいっているといいのですが・・・。
どうも、自信が無いので、私のお勧めは「パソコンで確認して、携帯でご注文」です。こちらもパソコンと同じく、3時に新着アップを予定しているのです、少しもたつくかもしれません。ごめんなさい。
ミタ
0528domino.jpgにほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
Dominoシリーズ
写真:Bodil Karlsson / Nationalmuseum


QR.gifこっちは、QRコード。
これでもちゃんとフクヤのサイトが読めるはず。
ちなみに生まれて初めて携帯でQRコードを読みました。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

テーマは青

0527blue1.jpg
おはようございます。
私は5年ほど前まで、紅茶やコーヒーをカップとソーサーで頂くとき、間違った作法で飲んでいました。
いつも、日本茶のお湯のみと茶托と同じように、ソーサーをテーブルの上に乗せたまま、カップだけを持っていたのです。
でも、リラックスして椅子に深く腰掛けて頂くときは、ソーサーをテーブルに残さずに、一緒に手元に持って来るものだったのですね。(テーブルに着いているときは別ですが。)
些細なことですが、ある日ベルギー人のお宅でお茶を頂きながら彼女がこうやって飲んでいるのに気が付いたとき、かなり驚きました。
そして、イギリスの甥が我が家に遊びに来たとき、まだ子供の彼がソーサーごとカップを手元に持ったのを見たとき、「うーむ、子供でもやるのか・・・」と、このときも軽く驚いたのを覚えています。
こういう些細な習慣のようなものは、やっている方も無意識ですし、こちらもわざわざ教わるものでもないので、やはり一緒に食卓を囲んだりしないと気が付かないものですね。
0527finnish_cooking.jpg昨日開催した「フィンランド家庭料理教室」も、そんな外国の文化に触れる機会でした。
今回は私も参加させていただいたのですが、ものすごい楽しかったです。これもアヌ先生だけでなく参加の皆様のおかげと感謝しています。
詳細についてはまた別の日に書きます。

さて、ただいま、粛々と明日の新着アップ準備を進めています。
明日のテーマは「青」。
もしかしてお気づきかもしれませんが、ここのところテーマを決めて商品を選んでいます。先々週は「変わったもの」、先週は「花柄」そうして今週は「青」。理由は、このごろ暑いから。
0527blue2.jpgこのように青いものを集めました。一緒にアップする黄色いイースターのファブリックとは反対色なのでサイトが華やかに見えます。
他にもTeemaのマグやフィッギオのウォールプレートなどをアップ予定です。

あ、そうそう!
Teemaのマグといえば、去年Arabia工場見学のときに、展示してあるのを見つけて大興奮した、不思議な柄のひとつ。一見「鉄火巻き」その正体は「ルーネベリタルト」というものを、フィンランドのポルボーの売店で偶然発見しました!
なんと同じデザインでポーチや鍋つかみなどの小物もありましたので、一緒に買い付けてきました。ただいま日本にマグ30個が小物と一緒に、どんぶら向かっています。
なんとこれは、ポルボーのオリジナルデザイン。というのもポルボーとルーネベリタルトの間には切っても切れない関係が有ったわけで・・・。
こちらもお楽しみに。
ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
昨日お会いした料理教室ご参加の方に「ブログの写真で、もっと小さい方を想像していました」と言われました。
ええ、意外と大きいのですよ、私。
だから、このコーヒーカップも写真では小さく見えますが、実際は写真で想像するよりも大きいですよ。
って、いくら何でもそこまで大きな手ではありません!


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓