北欧お土産プレゼント!(その1)

0430irma.jpg
おはようございます。
ゴールデンウィークも始まりましたね!
そこで、(なんで?)フクヤでは

「祝!ゴールデンウィーク 3大キャンペーン!」

を実施します!

●キャンペーンその1

「12,000円以上のお買い上げで送料無料!」
本日のご注文から5月31日のご注文分までの、お買い上げ金額が12,000円以上の場合、全国どこでも送料無料でお届けします!
詳しくはこちらからどうぞ
↓↓↓
キャンペーン内容について

●キャンペーンその2

「G.W.お取り置きサービス!」
同じく本日から5月31日までのご注文分をお取り置きサービス!この間は何回ご注文しても大丈夫です。ご注文金額の合計が12,000円を超えたら、もちろん「送料無料」をご利用いただけます!
G.W.中はお留守という方も、G.W.中は家族がいるんです・・・という方も、どうぞご安心くださいね♪
詳しくはこちらからどうぞ
↓↓↓
キャンペーン内容について
●キャンペーンその3
「北欧お土産第1弾!イヤマちゃんエコバッグ プレゼント!」
デンマークのIrmaスーパーマーケットのエコバッグを5名様にプレゼントします!応募はこちらからどうぞ。
↓↓↓
Irmaエコバッグプレゼント応募
このプレゼントキャンペーンは、6連発です!
今回お土産に用意したのはこのアイテムたち。これからもお楽しみに!
kensyou2.jpgkensyou1.jpgkensyou3.jpg
どういう順番かは、気まぐれ・・・。
ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
上の写真の素晴らしい緑は、向かいの豪邸の庭です。いつもありがとう!N子さん。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ハリネズミの集会

0427harinezumi.jpg
おはようございます。
デンマークとフィンランドからハリネズミが揃いました。左の陶器のものも爪楊枝たてで、背中の穴に挿すことが出来ます。
ところで、今回はデンマーク爪楊枝も一緒に入荷。
0427tumayouji.jpg
以前こちらの記事で、デンマーク爪楊枝事情について書きましたが、この通りデンマークの爪楊枝は両方が尖っているのです!(じゃーん!)
ああ良かった。実物をお見せできることが出来て!
今回チークのハリネズミをお買い上げの方には、このデンマーク爪楊枝も一緒にお送りしますね。この爪楊枝を使い切ったときは、もちろん日本の爪楊枝を刺すことも出来ます。
その際に、より本場に近づけるためには、尖ったほうを上にして挿してくださいね。
やってみればわかりますが、結構、痛い作業です。
ミタ
<追伸>
で、爪楊枝ホルダーって、どうするの?と思った方。
これからの季節、イチゴと一緒に食卓へどうぞ。
大うけ間違いなし。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
ラフラフな写真でごめんなさい。いま、リビングも事務所も荷物でいっぱいで写真が撮れないんです・・・。
残り4箱・・・・。どうする自分、どう出る家族。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

懐かしい味と・・・。

0425mugs.jpg
おはようございます。
買い付け商品の入荷ラッシュに追われて、すっかりブログがおろそかになっていました。

何せ、この有様です。
0425box1.jpg..0425box2.jpg..0425box3.jpg
↑事務所         ↑撮影台の足元にも   ↑ついにリビングまで(家族大迷惑)
昨日は6箱届いたのですが、その中に写真のTeemaマグカップも含まれていました。人気の柄も再入荷していますので、マグカップが好きな方に喜んでいただけると思っています。
そんなマグカップ好きのお客様、愛知県のKさまより、先週厳しい競争を勝ち抜いてゲットしたマグカップのお写真を送っていただきました。
0425teema_mug.jpg『連絡が遅くなりましたが、一昨日マグカップが届きました。
いいですわ、ええでかんわ です。
早速コーヒーを淹れて(頂きもののカフェグレコっていうの)隣に しるこサンド←これご存知でしょうか? 愛知県近辺しか売ってないか? を置いていっぺん写真でも、と思ったのですがうちには家用のカメラがなく、娘らはそれぞれに持っていますが毎日ご持参なので、携帯で撮ってみましたが・・・
ということでなかなか我が家での可愛いマグズがお披露目できなくてすみません。
今回は頑張ってスタンバイした甲斐がありました、ほんとうにありがとうございました。
また明日!も楽しみにしております。』
(このメールは水曜日に頂きました、ってもう3日前・・・。)

しるこサンド!?なんじゃそりゃ?
好奇心に駆られて調べてみると、なんと40年もの歴史を誇る「松永製菓」のロングセラーで、愛知県近辺の方には懐かしさと美味しさで愛されているお菓子だそうです。
Kさまも「幼少の頃から食べてます、おじいちゃんが好きだったので常備されてました。サクサクしてますよ!」と大絶賛。
そうかー。今これを遠く故郷を離れて読んでいる愛知県出身の方は、今頃膝を打って喜んでいらっしゃることでしょう。
子供のときから馴染んでいる味と言うのは、時々無性に食べたくなりますね。「モロゾフ」のプリンやチーズケーキは、東京でも簡単に手に入りますが、「炭酸せんべい」とか「そばぼうろ」なんて聞くと懐かしくてたまらない。関西出身の方は共感していただけるのではないでしょうか。
さて、そんな懐かしい味は、スウェーデン出身の方にとってはジンジャーケーキになるのかな?
0425ginger_cake.jpgこちらは、以前スウェーデン出身のマリアンヌさんに教えてもらったジンジャーケーキです。
マリアンヌさんがお母さんに教わったと言う、古いレシピで作った、素朴で懐かしい味。料理教室に参加してくださった皆様にも好評で、何度も作ってくださったそう。
たっぷりのスパイスが数種類混ざって作り出す味は思いがけず美味しく、我が家でも、お客様にお出しする定番となりました。
そんなマリアンヌさんのジンジャーケーキですが、スパイスを揃えたはいいけれど、その後で使い切れない、ということは良くあることではないでしょうか。

0425spice_set.jpgそんなあなたに朗報!
マリアンヌさんの快い承諾と協力を得て、「マリアンヌさんのジンジャーケーキスパイスミックス(長い・・・)」をフクヤで販売することになりました!
(ぱちぱち)
これは、瓢箪から駒のような話で、たまたまフクヤが紹介された新聞を見た学生時代の友人から、10年ぶりくらいに連絡が。聞くと今はスパイス製造会社で商品開発をしているとのこと。
それならば!と始まった企画なのです。
長いやり取りを経て、先週「第一回試作スパイスミックス」が到着。これを使って、ケーキを焼いて、試食して・・・・
と思っているのですが、入荷ラッシュと重なってしまって、いつまで経っても手を付けられません。
ごめんね、Yちゃん。来週には焼くからね。
そんなわけで、スパイスミックスの販売開始は・・・えっと・・・。
ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
これから更に6箱届きます。ケーキはお母さんに頼もうかな・・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ハンガリーのお菓子レシピ【第1回】コークスゴヨー

DSC08204.JPG
おはようございます。
ようやく「ゲルゲイ先生のお菓子講座」が始まります。
ようやくといっても、どれくらいの方が覚えていらっしゃるか分かりませんが、少なくとも、私としょうこさん(誰か分からない方はこちらのコメント参照)は待っていた。
第1回目はココナッツ風味のチョコレートボウルです。バレンタインの贈り物にもどうぞ。(って今頃!)
ところで、「連載確実」というので、フクヤのホームページにコーナーまで作ってしまいましたよ。この1回で終わってしまったらどうしましょう・・・。
レポートはハンガリー在住の由美さんからです。では、始まり、始まり~。


* 【ゲルゲイ先生のお菓子教室】ウォーミングアップ編 * 
第1回 コークスゴヨー(Kókuszgolyó)

 
■ 材料
gergely_2.jpg*ビスケット(牛乳で練ったような素朴な味のタイプ)を細かく粉状に砕いたもの・・・250g
*ココアパウダー・・・20g~30g
*甘み控えめジャム(プルーン、サワーチェリー、ラズベリーなど)・・・大さじ5杯くらいで様子を見る
*粉砂糖・・・100g
*乾燥ココナツフレーク(細かいタイプ)・・・40g~50g
*牛乳・・・200~300cc
*ラム酒・・・大さじ1杯弱
*仕上げ用乾燥ココナツフレーク・・・適宜(30gくらい)


 
皆さま こんにちは。
ハンガリーではイースターを含めての連休を終え、人々は花咲く春の訪れを喜んでいるところでございます。
そんな穏やかなある休日の午後のこと、ゲルゲイ先生のお菓子教室が実現いたしましたので、その様子をご報告いたします。
今回は火を使わずに、全ての材料を合わせてこね上げるもの。
単純作業ではありますが、これがなかなかの力仕事で、生地の加減に慣れないとベタベタな作業になりやすく、味加減もぞんざいになりがち。
ではまず、先生のご紹介から。
DSC08150.JPG私「えー、こちらが・・・あ、ちょっとこっち向いて下さいよ(と先生へデジカメを向ける)」
先生「(ブタペスト情報誌に目を通していたところ) はい? えっ!顔? ゆみさ~ん正面はダメです~」
と、手にしていた情報誌で顔半分を隠されておられますのが、日本語学科の大学生・20歳のゲルゲイ先生でいらっしゃいます。
最近髪の毛をバッサリと切られ、見た瞬間に思わず私は「今度はパンクスになるの?」と聞いてしまったほど。
「え~、違います~、短くしただけ」という彼は、前回のハンガリー通信での三田さんご指摘の通りに、オタク(ヲタク)で正解。
根っからのアニメっ子である本人からは「僕はイケメンではありませ~ん」とのことです。
ちなみに真っ青だった髪の色は現在、微妙なブルーグレー混じりとなり、唇だけにあったピアスはここ最近、耳にも増えました。

DSC08180.JPGさて、
 
先生がボールに材料をドバドバと入れ始めておられますね。
実は全材料は目分量(あとで計量したのは私)。
先生の作り方は、味見しつつ不足分を加えてゆく方式(ハンガリー方式ともいう)です。
先生「あ、粉砂糖わすれた!」
 
(袋のまま ざざざーーーっ)

DSC08174.JPGとにかく混ぜる、こねる。
ひたすら、ひたすら。
先生「えっと、ジャムをもうちょっと」
私「はいはい(とスプーンを渡そうとしたところ)」
先生「あ、このままで」 
 
(親子三代(お祖母ちゃん・お母さん・先生)で作った自家製プルーンジャムを、瓶から直接ドバドバっ)

DSC08185.JPG先生「・・・・・♪♪(何気に味見しているようで、実のところモグモグ食べてるし)」
私「あ、ズルイ!」
先生「ココアが足りませーーん」
 
(やはり袋から ざざざざざーーーっ)
 
さらにまた、こねる、こねるこねる。。。
 
DSC08197.JPGそして、ほどよい状態(固めの漉し餡くらい)になった生地を水で湿らせた手でちぎりながら、丸くお団子の形にしてゆきます。
それをココナツフレークにまぶして、完成。
 
ゲルゲイ先生の作るものは、ちょうどトリュフチョコレートくらいの大きさで、(私には)一口サイズ。

DSC08203.JPGちなみに市販のものはこんな感じ・・と、ひとつ見本を作っていただきました。
(それにしてもこのデカい手で、なんて丁寧な作業をされるのでしょうか)
小さいほうが、本日の完成品でございます。
 
完成写真にあります、ざっと50個くらい(作りながら食べているので本来60個は確実)は二倍量の材料で作りましたので、上記にあります分量では半分、たぶん20個~30個くらいが目安でしょうか。
その気になれば(その気にならなくても私なら)ちょこちょこと一人でも食べきれる量ですが、通常なら数人で集まる時のお茶菓子に、また食後のデザートにどうぞ。
(あ、こら!ゲルゲイっ! 撮影する前にそんなに食べたら、無くなるでしょっ!(怒))
ではでは次回もお楽しみに~~*

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。
今回のお菓子は、ココナッツ好きにはたまらない味、と思います。
次回は何が登場でしょうか。(ちょっとドキドキ。いろんな意味で・・・。)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

こんなん出ました

0420-2.jpg
こんにちは。特に何もしていないのに気が付いたらお昼になっていました。
月曜日は気ぜわしないですね。
さて、こちらは昨日開梱したスウェーデンの荷物に含まれていた、Gustavsberg Sommargyllen。Sommargyllenとはアブラ菜科で、黄色い小さな花を沢山咲かせる植物です。もしかしたら「菜の花」の仲間、と言ったほうが良く分かるかもしれません。
以前同じ柄のプレートが入荷しましたが、今回は小さなかわいいボウルが入りました。
縦長の形に横から指でぎゅっと押したようなフォルムが可愛らしい。
家人に見せると「石鹸いれ?」と言われて、あ、それは良いかも、と私物のBliwを入れてみるとピッタリでした。爪洗い用のブラシと一緒に洗面所に置いたらきっと素敵ですね。
0420-1.jpgさて、このボウル以外にもこの写真のようなものが届きました。昨日、すっかりきれいに洗いましたので、あとはデビューを待つだけ。
一部、AgnetaやAnemonといった再入荷品は今週アップできそうです。
あらためて見ると、花柄が多いですね。ちょうど春だし、季節的にいいかもしれません。
どうぞ、お楽しみに。

ミタ
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ..
↑クリックで応援してください。昨日から「北欧ランキング」にも参加しました。よろしくお願いします。

なんだか、今日の通信はとっても短くて・・・・
読みやすかった?(いつもは長すぎですね)


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓