あるガラスメーカーの栄光と衰退

1229pala.jpg
おはようございます。
クリスマスに入荷した商品にはこの写真の花瓶、Palaの紫色と緑色があります。前回入荷したものよりも一回り小さいサイズで、切花を飾るのにはちょうどいい大きさでしょう。
メーカーはRiihimaen。1990年に幕を閉じ、現在はもう存在してないフィンランドのガラスメーカーです。
フクヤは取り扱っている商品がビンテージ品なので、このように既に廃業しているメーカーが多くあります。30年、40年、中には半世紀以上も残り、コレクションされるような製品を作りながら、何故、現在はもう存在していないのか。
単純にそこが知りたくて、歴史を紐解くと、ほとんどの場合が「経営の失敗」に尽きることが分かりました。どんなにすばらしいデザイナーがいても、どんなにすばらしい技術を持っていても、経営判断を間違えた為に消えていったメーカーが本当に多い。
このRiihimaenもそのために消えて行ったメーカーのひとつです。商品ページにも解説をつけましたが、ドラマチックに展開する、その歴史は大変面白く、書ききれない部分も沢山ありました。
商品ページの解説と重複する部分もありますが、ここではもう少し詳しく書きますね。とても長いですが、(それでも全部ではありません)お正月の読み物としてどうぞ。
Riihimaenは1910年に、Kolehmainen親子が数人の技術者とフィンランドで始めたガラスメーカーです。最初は57名の従業員と共に単純な形の実用ガラス器から始めました。
やがてアートガラスの製作を手がけ始め、1912年、建築家のOiva Kallioがブランドロゴマーク(あの獣が片手を挙げているやつですね)を作成。1914年、初めてその製品が受賞し(どの展覧会であったかははっきりと分かりませんでした)、その後、バルセロナ、アントワープ、ブリュッセル、ミラノ、パリの展覧会でも受賞を重ねていきます。
技術開発にも熱心で1916年、父Kolehmainenの設計したガラス瓶製造機はガラス製造機として、フィンランド初の特許をとります。この発明は2千年もの間、手作りであったガラス製作にピリオドを打つものとなりました。(一部手作業があるものでしたが)
1920年代の不況時には、通常3日かかるガラスの冷却時間を2時間にするといった技術開発によって乗り越え、1930年代にはガラス瓶製造の完全機械化に成功。会社は発展しつづけ、この間に他の会社を吸収合併し更に拡大します。
1930年代の半ばには、フィンランドのみならず、ヨーロッパでも技術面で最高の工場に発展。このころ1937年に社名をRiihimaen Lasi Oy(有限責任会社という意味)に変更します。
1940年代の第二次世界大戦の時には工場に爆撃を受け、大きなダメージを受けます。しかしこれも、戦争の爆撃によって街の建物の窓が割れ、窓ガラスの需要が伸び、工場をすぐに再開、この危機を乗り越えます。
1950年代、アートグラスと家庭用ガラス、工業ガラスの製造を手がけていましたが、特に完全機械化された家庭用ガラスの製造数をどんどん伸ばしていきます。
1960年代に家庭用ガラスの製造は、Riihimaenの主な事業となっていきました。そうして1920年代から1960年代までは、フィンランド最大のガラスメーカーとなったのです。
ところが、その栄光に影が差し始めたのが、1970年代。
海外から(もしかして日本からも)安価な家庭用ガラス製品が輸入され始めます。既に製品のほとんどを家庭用ガラスに絞っていたRiihimaenはどこよりも打撃を受けることととなりました。更にオイルショックが追い討ちをかけ、Riihimaenの経営者は決断を迫られます。
当時のCEOの決断は「アートグラス部門の廃止」でした。その決定により1976年、アートグラスの製造中止。
同年、前回ご紹介したTamara Aladinも、このPalaのデザイナーであるHelena Tynellも、もちろんGrapponiaなどをデザインしたNanny Stillも同社を去りました。なんだか切ないですね。
話は変わりますが、Helena TynellとNanny Stillは舞台を変え活躍し続けますが、Tamara Aladinはその後デザインの歴史から消えてしまいます。
個人的な感想なのですが、Tamaraはあまりデザイナーという仕事にこだわりがなかったのかも知れません。なにしろ、アートスクールを出ながら最初に選んだ職業はスチュワーデス。
美大時代の同級生でも、傍から見たら才能があり、どうして絵を続けないのかともったいなく思うのに、あっさりと別の道に行く人がいました。Tamaraもそのタイプだったのかも知れませんね。
一方、同じくフィンランドのガラスメーカーであるIittalaの経営陣の決断はその逆でした。力のあるデザイナーを擁し、アート性を打ち出すことによって、安価な輸入製品に対抗しようとしたのです。
そのデザイナーの一人であったKaj Franckは「アートとデザインの間に結びつきがある」という信念をもっていたので、まさに適任といったところでしょう。
ところで、そのKaj Franck、「デザインは残ってもデザイナーの名を残すべきではない」と、デザイナーの無名性についても語っています。今もIittalaが行っている、デザイナーの名を前面に打ち出す、この方針に対しては彼なりに言いたいことがあったのかも知れません。
さて、フィンランド国内の人件費の高騰もあり、Riihimaenの判断は益々同社を追い込み、ついに1990年、その長い歴史の幕を閉じたのでした。
これは、Iittalaなど他のメーカーは経営のプロフェッショナルが経営陣であったのに対し、Riihimaenが親族経営の会社であった、ということも見通しの甘さの原因であったようです。
けれども、すべては今だから言える事。当時にしてみればどの判断が勝ち残るかなど、誰にも分からなかったでしょう。もしかしたら逆にIittalaが廃業していたかもしれない。
今、日本は不況といいます。歴史を見返すと、ある経営判断が長く続いた事業をだめにすることがある。いまその地点に立っている方たちが数年後振り返って、よい決断をしたといえるようになれば素晴らしいですね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

異色の経歴

1227finnair1.jpg
こんにちは。
私は今、成田空港でフィンランド行きの飛行機を待っています。






なああんちゃって。ウソでっす。ばっちり日本にいます。
これは昨年フィンランド航空を利用して、フィンランドに行ったときに成田で撮った一枚です。
ところで北欧に行くときは、通常はスカンジナビア航空を利用します。機内食のパンが温かくて、美味しくて、お代わり自由だから。(←長時間フライトの唯一の楽しみ)
さて、なぜ突然Finnairかといいますと、実は昨日のフクヤ通信でご紹介したTamara Aladinについて調べていると、面白い記事に当たったからなのです。
Tamara Aladinは、1932年生まれ、1959年から1976年までRiihimaenで働く。しかし、彼女の経歴や人生はほとんど知られていず、謎に満ちている。Riihimaenのガラス製品でも知られていないだけで、彼女の作品は多くあるといわれている。
ここまでが、昨日のフクヤ通信の時点で分かっていたこと。いや、これではむしろ”分かっていない”といった方が良いくらいの情報です。で、夕べ引き続き調べていたら、フィンランド語のサイトを見つけました。英語に翻訳してみると・・・
1950-1951 Arabia Ltd.
1951-1954 School of Art and Design
1954-1959 Finnair stewardess

ふーーーん。アラビアで働いていたんだー・・・・。
ってか、“Finnair stewardess”って、今はフライトアテンダントと呼び名を変えた、あのスチュワーデス??
1227finnair2.jpg確か昨年フィンランド航空機に乗ったときにもらった機内誌(Kiitos)にフィンランド航空社の歩みが書いてあったはず。それに同社のサイトからの記事を合わせると、Tamaraが働いていたころの歴史はこうなります。

1947 初のスチュワーデスを採用
1954 ストックホルム、パリ、コペンハーゲン、デュッセルドルフ、ロンドン線の国際線が国内10カ所に乗り入れ
1956 西側ヨーロッパのエアラインとして初めてモスクワに乗り入れ
Tamaraが働き始めた1954年と言えば、フィンランド航空が国際線に乗り入れた記念すべき年。もしかしたら大量採用があったのかも知れません。とはいえ、当時のフィンランドの事情は分かりませんが、きっとスチュワーデスは女性の憧れ、花形職業だったに違いなく、彼女が才気あふれる人だったことをうかがわせます。
Tamara Aladin・・・。
いったいどんなお顔なのでしょう?
なにしろ、謎に満ちた生涯といわれる彼女。私の調査力では写真一枚出てきませんでしたので、確認できませんでした。うーん残念!
と、お休み中ですので、特に何も落ちの無い世間話でした。
それでは、また。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

その名はカルメン

1226carmen.jpg
こんにちは。
昨日、今年最後のアップを終わり気が抜けたのか、午前中にご注文の返信をした後、ぐっすりと寝てしまいました。
さて、昨日はクリスマス。まるでそれに合わせたかのように、フィンランドとデンマークから合わせて3箱届きました。
1226items.jpg残念ながらクロッカスのボウル4個、30cm大皿1枚が割れていたのですが、こんなに残ってくれました。
なぜかこのごろ割れて届くことが多いのですが、年の瀬が押し迫り、配達荷物が多いのが原因かもしれませんね。
この通りKrokusのグレーラインのシリーズがまとめて入荷しました。現地のショップから「未使用だよ」と聞いていたのですが、汚い、とにかく汚い。黄色というか、黄土色というか、ものすごい色。恐る恐る洗ってみたら、なんとピカピカになりました。確かに全く使用した形跡はありません。
良かった・・・。
多分、40年間もある女性の台所にあった(と、アンティークショップのオーナーが言っていました)間に、タバコのヤニが付いていただけなのでしょう。全部で40枚以上についた40年分のヤニ、年が明けたらゴシゴシ洗って、順番にアップしますね。
(ところで、どんな女性なのでしょうね。きっともう70歳近く、結婚のときにお祝いにセットでもらったけど、趣味に合わず使わなかった、といった風でしょうか?)

さて、更にRiihimaenの面白い物も届きました。写真の通り、ひっくり返すことによって、キャンドルホルダーと花瓶の兼用が出来るデザインです。
以前入荷した、オイバ・トイッカのKastehelmiと同じですね。
デザインはTamara Aladin(タマラ・アラディン)。シリーズ名はCarmenです。手持ちの資料によると、このデザインでさまざまな色や大きさが作られたようなのですが、年代など詳しいことは今ひとつ良く分かりませんでした。
一番知りたいのは「何故カルメン?」ということなのですが・・・。(そこか?)
ちなみに飾っている花の名前は”ハートソング キューティーハニー”。全身から力が抜けるような名前です。
それと、フクヤは明日最後の商品発送を済ませてから冬休みに入ります。
この一年間本当にお世話になりました。
フクヤ通信は遠くのお友達にお手紙を書くような気持ちで続けていました。出来るだけ明るい話題にしようと心がけていたのですが、ついつい、体調が悪い、手が回らない、とか書いてしまうこともありました。
そんな時に「大丈夫ですか」「お手伝いに行きたいくらいです」「頑張ってください」とメールをいただき、涙が出るくらいうれしかったです。
また、私事ですが、大変なときに影に日向に手を差し伸べてくれた家族にも感謝しています。一度など有給を取っていた家人がとっさに電話に出て対応し、驚かれたお客様もいらっしゃったようです。(午後2時過ぎ。新着アップ作業の最中でした。)
それでは、今年も残り僅かです。どうぞ、良いお年をお迎えください。
お休み中も気まぐれにブログを書くかもしれませんので、そのときはよろしくお願いします。
ところが、フィンランドでは今、若い人に一番人気の花だとか。オリエンタルなところが逆に受けているのでしょうか?
ああ、いっそうのこと送ってあげたい・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

メリークリスマス!

081225merrychristmas.jpg

Merry Christms and A Happy New Year!

イギリスでは約180万人がクリスマス休暇中に離婚を考えるのだとか。
世知辛いですね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

るるるるるる~

1223tarina.jpg
アラビアのデキャンタとカップのセットが入荷しました。ずいぶん前に入荷したものの色違い、柄違いです。
以前入荷したときは、きちんとした服に身を包んだ紳士、と思っていたのですが、今回カップとセットの姿を見た瞬間から「コンドルは飛んでいく」の音楽が頭の中で響いて止まらなくなりました。
さあ、皆さんもご一緒に!

るるるるるる~
Yes I would~
If I only could~
(←ココしか聞き取れない)
るるる~
そう、だって、この土っぽい色、かぶっている帽子の雰囲気、なによりカップの柄。これってイメージは中南米じゃないの?もしかして?
このデキャンタシリーズの名前は”Tarina”フィンランド語で物語という意味のようです。カタログでしか見たことは無いのですが、同じシリーズには、やはり中南米風に見える鳥や馬の柄のトレイがあります。もしかしたら、フィンランドの地で、暖かい中南米を想像しながら紡いだ物語のシリーズなのかもしれませんね。
さて、背景に使っている布は、先週ハンガリーから入荷したアンティーククロスです。中南米風に見えますが、こちらもやはり寒い、中欧からやってきました(雪が降ったようです)。今回はこのような大きいベッドカバーやテーブルクロスサイズも入荷しました。
1223linen.jpgもちろん、リネンタオルも沢山入荷です。いま、この瞬間だけは、全国のネットショップで一番在庫があるお店・・・・かも?と思うくらい、沢山入荷しました。私のペースでは全部アップし終わるのに、一年くらいかかりそうです・・・。
どうぞ、気長にお待ちくださいね。

ところでペルー帰国子女の従兄弟、「帰国だから言葉は大丈夫だろう?」とアメリカ赴任になったのですが、「ペルー、スペイン語だし・・・」とがっくりしながら渡米しました。
るるるるるる~♪


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓