習い事はじめ!

0828sinikka_bag.jpg
なんだかすっかり涼しくなって、秋ですね。
体を動かしやすくなってくると新しいことを始めたくなります。秋から始まるお稽古事も多いので、9月から新しい事を始めようという方もいらっしゃるでしょう。
フクヤもそのお手伝いができれば良いなと、秋のお料理教室を開催することになりました。先生は日本在住のフィンランド人の方で、英語でのレッスンとなります。
昨日、打ち合わせを兼ねて試食会を開きました。
0828cookery.jpg
左から前菜、メイン、デザートです。
前菜はスモークサーモンをクラッカーに載せたもの、メインはミートボールとたっぷりのマッシュポテト、デザートはベリーケーキです。
どれも簡単ですぐにできるのにとっても美味しい。いずれも先生がお母さんに教わったホームレシピですが、最近のヘルシー志向に合わせてバターやクリーム、塩の量を減らしてアレンジしているそう。
先生の英語は癖が無くとても聞き取りやすいので初心者の方でも安心ではないかと思います。英語の練習を兼ねて先生に色々と質問をすれば、お料理以外のことでも気軽に教えてもらえますよ。
また、実践は無く先生のデモンストレーションのみになります。見ているだけなので、ちょっと気楽かも。
こちらの教室は10月に開催予定。9月中ごろに募集をしますので今しばらくお待ちくださいね。
さて、そんな秋のスタートに新しいお稽古バッグはいかがでしょうか?せっかくならみんなとは違うデザインで個性を演出したいな、とお思いなら世界に一つの手作りバッグがいいかも。
Sinikkaさんのバッグはフィンランドのヴィンテージクロスを集めて、オリジナルデザインで一つ一つ作られています。かわいいデザインを、手作りの温かさと一緒にどうぞ。
ミタ
昨日は食べ過ぎました。ただいま史上最高体重邁進中なのに・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

秋の便り

0825berry.jpg
おはようございます。
昨日、ついにオリンピックが閉幕しましたね。オリンピックの炎が消えて、すっかり秋の気配・・・。
ということで、炎のポットを出してみました。ええ、ええ、そのまんまですよ・・・。単純なものです。
東京は数日前の雨の日を境に急に涼しくなりました。あんなに暑かったのが嘘のように、むしろ肌寒いくらい。
我が家でもここ数日ミルクティーの出番が増え、この週末は何度もお茶を沸かし、ストックしていたミルクがあっという間に無くなってしまいました。
カップも知らず知らずブルー系よりも、温かみのある色を選ぶように。そんな季節に出してみたいこのポットはフィンランドFinel製、カップはスウェーデンRorstrand Berry。ベリーというと夏のモチーフですが、シックな赤と金色に輝く葉の色合いは、なんだか秋の趣です。
0825berry2.jpgと、ここまで書いていたらインターフォンが鳴りました。
受け取った荷物は、なんと先日ご紹介したuneune様からの手作りの塩キャラメルケーキと無花果のジャム!(しかもちゃんと二人分(感涙))
いやー、ありがとうございます。うわさの塩キャラメル、一度食べてみたかったんですよー。無花果も今が旬ですよねー。うれしいなー。パッケージも素敵で、ラッピングが苦手な私にしたら、驚愕でした。(ちなみにこれがフクヤでラッピングを行っていない理由なのです・・・)
これからどんどん涼しくなると、家にいる時間が長くなって、お茶もおいしいくなりますね。おいしいジャムとケーキを、秋らしい色合いのベリー柄のカップでいっしょにいかがですか。
はっきりしない気候にうんざりしていたのですが、いやいや、なんだかすっかり陽気な気持ちになっちゃいました。やっぱり単純なものです。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

穏やかな時間

0819_mc1.jpg

こんにちは、お客様からまたまた美味しそうな写真が届きました。素敵な写真ですので、ご紹介させていただきます。
こちらのお客様は、先月のFukuyaウェルカムデーにお越しいただいたuneune様で、ArabiaのTyttiのプレートにデザートが美味しそうです。
0819_mc2.jpg
0819_mc3.jpg
こちらは、GustavsbergのVeronikaというシリーズのカップ&ソーサーで、なんと、この手前にある2つの小さな小さなカップは、アンティークのボタンなのだとか。・・・なんて可愛いのでしょう!
Irmaキッチンタオルも素敵に写真に収めてくださって、ゆっくりとした穏やかな時間が流れているような写真に、うっとりと見入ってしまいました。uneune様、ありがとうございます。
ご自身のサイトをお持ちの uneune様、日記には他の写真や、美味しそうなスイーツの写真も満載。また可愛い愛猫ちゃんの写真にも心癒されます。
そんなuneune様のサイト「décorer」は、こちらからぜひどうぞ。
お客様から写真を送っていただいたり、食器や雑貨を使っていただいているお話しのメールをいただくと、本当に嬉しく、心が温まります。
皆様も可愛いお写真がありましたら、是非送ってください。楽しみに、お待ちしております。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ロマンチックねー

0818menu.jpg
おはようございます。
お盆休みも終わり、ようやく涼しくなってきた東京に人が戻ってきました。フクヤはお休みでは無かったのですが、アクセスも注文も減ってたので、今日までなんとなくのんびりとしたペースでした。
(アクセスが減っていたのは「家にいなかった」という物理的理由以外に「ご主人が家にいて・・・(以下略)」というのっぴきならない理由もあったようです)
さて、そんなわけで先週は少し余裕ができたので、懸案だった新しい取引先や商品、企画についていくらか進めることができました。その中のひとつにフィンランドの新たな取引先が加わりました。実はこの取引先、すでに取引のあるショップの紹介によるお友達ショップということで、ご本人にはお会いしたことが無いのです。
メールのやり取りで判断するに、彼はかなりのロマンチスト。
先週のメールにも「だんだん暗くなってきて、もう白夜は望めない。鳥たちはアフリカへ行く準備を進めている。どうして彼らがとどまり、代わりに僕らが飛べないんだろう。」
ポエムですねー。ロマンですねー。
こんな文章を読むと、忘れかけていた感情が蘇るようで、なんだかちょっとくすぐったく、ちょっと嬉しい。
以前も書きましたが、日本に秋冬やってくる鳥は北の国で春夏を過ごしているそう。同じ鳥を見て私たちが「ああ、冬が来たなあ」と思っているころ、どこか遠い北の国で「ああ、夏が去っていくなあ」と感じているなんて、ロマンチック。
ところで、このお休み期間中はご主人と毎日一緒に過ごした方もいらっしゃるはず。久しぶりに腕を組んで外出されたなんて方もいらっしゃるのでは。そんな二人を描いたようなトップの写真は、ノルウェーFiggjoの”Menu”スクエアプレートです。中心に腕を組んだカップルとハートがデザインされています。
かなりロマンチックな絵柄ですが、控えめな色合いとクロスステッチを模したデザインが過剰なロマンチックさを抑えて、スウィート過ぎずいい雰囲気にまとまっています。
年月がたち、すっかり落ち着いたお二人の日常に、ロマンをほんの少し加えてみるのには丁度いいさじ加減ではないでしょうか。サイズも二人に使い易い25cmの長さです。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

冬支度

0814blanket.jpg
おはようございます。
ただいま夏真っ盛りですが、街に出ればもう秋物がウィンドウを飾っていますね。
フクヤも秋冬に向けて半年かけて集めたグラニーブランケットの、サイトアップ準備を進めています。写真は洗濯したブランケットを干しているところです。家庭用洗濯機での作業ですので、一回に2枚程度しか洗えません。それでも厚いブランケットは乾きにくいので、夏真っ盛りの今が洗濯のチャンス。こつこつと少しずつ洗っては干しています。
(写真は2回洗濯をしたところ)
乾いたら、粘着テープで細かい埃取り。床に広げてコロコロ片手に縦横無尽にブランケットの上を走り回る・・・わけではなく、畳んで一面づつかけては裏返し、また裏返してかけるの繰り返しです。
さて、洗濯の前にはほつれている箇所の補修をするのですが、編み物は苦手なので私に直せるのはせいぜいモチーフが離れかかっているのをつなげるくらい。
ええと、ごめんなさい、肝心のモチーフの穴に関しては補修出来ないので、そのままサイトにアップします・・・。
とはいえ、これは私の能力の問題ですので、編み物の知識があると簡単に直せるようです。以前たまたま東京に来ていた叔母(編み物の講師をしていました)に頼んだら、たちまち直してくれたことがありました。
どうも叔母には、私には見えないものが見えるらしいです。
編み目とか・・・。
汚れのためか、なんだかキシキシしていたブランケットも洗い終わった時には柔らかくなります。そんなブランケットを畳んでしまいながら、秋の初めを目標に準備が進んでいます。どうぞお楽しみに。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓