おフラ~ンスざんす

1231bistro.jpg
おはようございます。
今日は12月31日。2007年最後の日ですね。お正月を海外で過ごす方もいらっしゃるのでは?
ヨーロッパでは、お正月よりクリスマスの方が盛大なのですが、それでも新年の祝い方は国によって様々。家人がパリでは新年を迎えるときに人々が凱旋門の周りに集まり、誰彼と無くキスを交わすという噂があると言うのですが、本当でしょうか?(知っている方は教えてください)
2007年最後の今日は、そんなフレンチな香りのティーカップのご紹介。白い器に、淡いブルーと赤のラインが引かれた、フレンチ・トリコロールの配色です。
フランス製?と思いきや実はフィンランド・アラビア製なのですが、その名も”Bistro”と思いっきりフランス風。年代は比較的新しく、1980年以降のものです。
フィンランドのアンティークショップで目にしたとき、可愛いけれどフクヤのほかの商品と雰囲気が違うかな、と一旦却下。お店を一巡してもう一度見てみると、やっぱり魅かれる。一緒に置いてあるケーキプレートと合わせると、益々かわいい。
「う~ん」と考えて「好きなら・・・いいか」と、まずは2セット購入しました。
シンプルなのにかわいらしいく、”しゃれている”というちょっと古い言葉がふさわしい。懐かしいこの雰囲気をどこかで慣れ親しんだような?と記憶を探ってみると、20年以上前にフランス雑貨店めぐりをしていた、ずいぶん昔のことを思い出しました。
学校帰りに渋谷や原宿、代官山をぶらぶら歩きしていた、あの夏の日差しの強さまで鮮明に覚えているのに、もうこんなに年月が経っているなんてビックリですね。80年代は、矢の様に過ぎていった気がします。
このカップが発売された1980年代、オリーブ少女だったあなたへ。今日のような過ぎ去った年月を振り返る日に、こんなティーカップを取り出して、お母さんにもこんな時代が有ったのよ、と思い出してみてはいかがでしょうか。
Arabia製、おフランスな香りの Domino Bistro は来年1月販売予定です。
それでは皆様、良いお年をお迎えください。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

クリスマスキャロル

1225roasted chicken.jpg
おはようございます。
今日はクリスマスですね。といっても、日本にはクリスマス休暇は無いので仕事、という方も沢山いらっしゃると思います。(私もです)
ヨーロッパをはじめとしたキリスト教国では当然、今日はお休み。ヨーロッパでクリスマスを過ごそうと、旅行に出たもののどこも閉まっていて困った、なんて話は良く聞きます。
4年前のクリスマス、私たちはカソリック教国で知られるアイルランドにいたのですが、お店や会社はおろか公共交通機関まで全て(バスも電車も飛行機までが!)お休みで、まるでゴーストタウンのようなクリスマスの光景に驚いたものでした。
そういえば、子供のころの日本のお正月も、このようなものでしたね。もっとも、さすがに公共交通機関は動いていましたが。
この年アイルランドで、いかにもヨーロッパらしいクリスマスの光景を見たのは、今でも良い思いでです。それは、賑やかなクリスマスデコレーションでも、クリスマスマーケットの人ごみでもありません。
クリスマスを目前にした12月22日。パブが2件しかない小さな村に滞在していた私たちは、窓の明かりを頼りに街灯の無い暗闇の中、そのうちの一軒のパブへ夕食をとりに向かいました。
扉を開けると、外の静けさとは打って変わって大変な人で混雑しています。中でも目立ったのは、大声で騒ぐ20代の若者のグループ。きっとクリスマス休暇で帰省し旧交を温めているのでしょう。
やがて、地元の素人音楽家たちが持ち寄った楽器でアイルランドの音楽を演奏し始めます。曲が始まると数人の若者が立ち上がり、軽快にステップを踏みながらアイリッシュダンスを踊りはじめました。
アイリッシュダンスはタップダンスの原型とも言われ、上半身を固定して足だけでステップを踏みながら踊るダンスです。
女の子が飛んだり跳ねたりするたびに、ひだの多いキルトスカートがパッパと翻り、ステップを踏むごとに靴音が軽快に響きます。そのパフォーマンスに周りの客も手拍子で答え、一段と雰囲気が盛り上がってきます。
そのとき冷たい空気とともに扉が開き、年配の女性に引率された子供たちの一団が。こんな時間に何かしら?と思ったら、引率の女性の合図で子供たちが声をそろえてクリスマスキャロルを合唱し始めました。
楽器の演奏は止み、パブの中は静まり返ります。さっきまで踊り騒いでいた若者たちもその歌声にじっと聞き入り、小声で一緒に歌う人も。
数曲歌ったあと、代表の子供が募金箱を手に客たちの間を回り、募金を集め終わると御礼をして子供たちは、もう一軒のパブへと去っていきました。
そうして再び音楽が始まり人々は話の続きを再開し、あの静けさが信じられないような、元の賑やかなパブに。
それは、見事な静と動の移り変わりでした。
そういえば、私もキリスト教の幼稚園だったので同じように、地元の消防署や警察を回ってクリスマスキャロルを歌ったものです。(募金は募りませんでしたが)
また、当時住んでいた家の隣は、キリスト教系の女子大の教授のお宅で、毎年クリスマスイブには女子大生たちがキャンドルを片手に、そのお家の玄関先でクリスマスキャロルを合唱するのが恒例でした。私も毎年裏庭に出て、母が用意してくれたキャンドルを手に、フェンス越しにじっと夜の闇の中で歌声を聴いたのでした。
私にとってクリスマスの思い出といえば、大きなツリーでも賑やかな街の明かりでもなく、暗闇に灯る小さな明かりとクリスマスキャロルの歌声。
さて、皆さんの思い出はなんでしょうか。
それでは、メリークリスマス!今日は思い出に残る素敵な聖夜をお過ごしください。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

サンタから欲しいものは?

1223stencil.jpg
おはようございます。
明日はクリスマスイブですね。今日、お肉屋さんに予約をしているチキンを取りに行かなければいけないのですが、東京は朝から冷たい雨です。
今朝はせっかくいつもよりも1時間早く、5時前に起きたのですが7時ごろまで外が暗くて気持ちも晴れません。明るくなるまでの2時間をお茶を飲みながら何もせず、雨音を聞きながらぼんやりと過ごしてしまいました。
さて、フクヤにはそんな雨粒を思わせるような水玉(ポルカドット)のカップ&ソーサーが入荷しています。
ただし、東京の曇り空や私の憂鬱を蹴散らすような、爽やかな黄色と水色。
こちらのカップ&ソーサーはステンシルで絵付けされたもので、同じくステンシルで作られたストライプ柄も入荷しています。
このシリーズは1940年代から1960年代に気軽な日常使い用として、アラビア社が何種類も作ったもので、特別な名前の無いのがほとんど。フクヤではまとめて”ステンシルシリーズ”と呼んでいます。
1223stencil2.jpgヘルシンキのアラビアミュージアムにはそのステンシル模様をどのようにつけたのか、良く分かる展示があります。
このような模様を型抜きした金属の型に、カップを入れてスプレーで色を吹き付けて作っていたそうです。
おそらく当時は手ごろな価格で販売されていたものと見え、ずいぶんと酷使されていたよう。市場では傷や欠け、汚れ、ヒビのあるものが多く、状態の良いものを探すのが難しいです。
今回ラッキーなことに、おそらく未使用のポルカドット2色と、販売当時の箱に入ったまま、デッドストックのストライプを手に入れました。どちらもとてもよい状態です。
このシリーズ、当時と同じように気軽に使って欲しいと、今までフクヤでは頑張ってお安めにしていたのですが、どうも値上げをせざるを得ないようです。
なにしろ、このユーロ高。それに加え、現地でステンシルシリーズの人気が上がってきて、以前のような価格で入手するのが難しくなりました。
2003年は130円台前半だったユーロ、今は160円台半ば。5年未満で25%アップと計算してみると、改めて驚きます。なんだかヨーロッパに行きづらくなりました。
サンタさん、クリスマスプレゼントに来年はユーロをもう少し下げてくださいね。(エクスポートのお仕事をしている方には申し訳ないですが・・・。)
1223santaletter.jpgさて、サンタといえばフィンランドから私宛にこんな手紙が届きました。
差出人はJoulupukki(フィンランド語でサンタクロース)。どうやら家人が申し込んでいたらしい。
子供のときは、母が同じようにサンタクロースからの手紙を申し込んでくれていたので、これはなんとも懐かしい。受け取ったのは何十年ぶりでしょう!
喜んで開封すると、一言も読めません。それもそうで、全てフィンランド語です。家人に「どうしてフィンランド語・・・。」と尋ねると「だって、サンタはフィンランドから来るんでしょ?」と。
えー。最近のサンタは日本語も大丈夫みたいよー。
せっかくの長文の手紙。何が書いてあるのかさっぱり分からないのは、なんとも残念です。
うーん、今度誰かに読んでもらおうか。
それでは、メリークリスマス!
皆さんにサンタクロースから素敵な贈り物がありますように!
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

これで、たっぷり、あったまって

1221saunamug.jpg
一年を通して毎朝、ポットにたっぷりの紅茶を淹れ、ミルクを注いで飲むのが長年の習慣です。
夏はせいぜい1、2杯のお茶も、だんだん寒くなってくると飲む量も増え、この季節は二人で1.2リットル入りのポットでも足りない。
毎年、この時期になるといつものマグカップでは物足りなくなって「大きいマグが欲しいなあ」と思いつつ、結局手に入れないまままた春を迎えてしまうという繰り返しです。
1221100mug.jpg←いつものマグカップ。
もう、こんな容量では全然足りません。
昨日のフクヤ通信でもお伝えしたとおり、長い間部屋の片隅で眠っていたフィンランドからの荷物を、ようやく開けたら中からアラビアのサウナマグが一つ出てきました。
今まで、お父さんマグお母さんマグ子供マグは入荷していたのですが、一家そろってのマグは初登場です。3人家族と思っていたのですが、もっと小さな子供がもう一人加わっています。裏側には黒猫も。この猫はお父さんマグに描かれていた猫と同じかな?そうすると、この家族は全部で夫婦と子供二人、犬2匹、猫1匹の大家族ですね。(それと、コウモリとクモも!)
このマグ、本来はビアマグという名前で、ビールを飲むためのもの。そのため容量はたっぷり400mlです。
お酒を飲まない私ですので、いままで縁がないと思っていたのですが、あら、大容量マグとしてはとっても良いかも。
イラストを描いたのは、Gunvor Olin-Gronqvist。コスモスシリーズなど太い筆致のものを多くデザインしていますが、彼女のまた別の面が見られる作品です。ユーモアのある表現と、確かなデッサン力。
ああ、フィンランドの日常ってきっとこんな感じなんだろうなあ、と思わせるような説得力のあるイラストは、彼女の観察力の強さだけでなく、対象に対するあたたかな視点のためでしょう。
たっぷり飲んで、一口ごとにイラストを眺めて。身も心も暖めてくれるような素敵なマグカップです。
こちらのマグカップ、アップは来年になりそうです。

ミタ
VERYという雑誌から取材の申し込みがありました。来年あたり登場するかも?です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

またまた、いただきました

1218norway1.jpg
おはようございます。
少し古い話なのですが、先週ノルウェー大使館から呼び出しを受けました。呼び出しというのは冗談で、ノルウェーが観光や特産品を日本にもっと紹介していきたいのだけれど、意見を聞かせてもらえないか、という内容のインタビューの依頼です。
日ごろ「ノルウェー信じられないぐらい物価高いわ!何とかしてもらいたいものよね!」と言いふらしていることが、いよいよバレたかと思いきや、外資系のPR会社に勤めている友人のMちゃんからの話でした。
最初電話を受けたときに正直にそのノルウェーの感想を言い「こんなことしか言えないから無理」と伝えると「そう思ったならそういう風に言ってもらえばいいんですよ!」と食い下がります。
「それに陽子さんのお店でノルウェーの商品、人気あるって言ったじゃないですか!」
フィッギオかあ。個人的には思い入れあるんだけどなあ・・・」
「そ、そ、そ、そうなんですか?でも、ほらそんな話とかも!」
よほど人が集まらないのか、Mちゃんもあきらめません。
そしてついに、ここで最終兵器が。
「お茶とか・・・。お昼、一緒に食べましょうよ!
「行く」
と承諾したものの、最初英語で送られてきたinvitation(招待状)眺めるにつれ、こんな私でも良いのかと不安が募ります。そのまま当日を迎え、インタビュー前にMちゃんにおごってもらった、カニのパスタをがっつきながらも、心配が消えません。
MちゃんはMちゃんで、「担当は私じゃなくって、新入社員なんですよね・・・。ちゃんと人が集まったか、心配・・・。あ、このハムのペースト美味しいんですよ。」と別の不安がある様な事をちらりと漏らします。
結果的には、すばらしいメンバーばかりで(除、私)、参加してよかった。他のインタビューイーは、北欧の出版関係、建築士(Eclipseの梅田さんの後輩でした)、キューレター、旅行会社、家具関係のお仕事をされている方々で、その方たちのお話を拝聴するだけでも、ものすごく楽しかったです。
(皆さんが名刺を用意されているのには、びっくりしました。名刺、考えてもいなかったので、手元には3枚しかなかった・・・。社会人の常識でしたね・・・。びっくりするなって。)
帰り際、Mちゃんの同僚のノルウェー人女性が「フクヤの商品が好きで・・・今回は私からお願いしたんです。母もああいった食器を沢山蚤の市などで集めているんですが、最近は見つけるのが難しくなっていて。
フクヤ、よく売れています?
「え・・・」
戸惑う私にMちゃんが通訳をしてくれます。
違うのよ、Mちゃん。質問が分からなかったのではなく、あまりにストレートな問いかけに、答え方が分からなくて困っただけなの。
ぼちぼちでんなあ」って英語でなんて言うんですか?
ところで、ノルウェー大使館からは、冒頭の本2冊と国旗のバッヂをいただきました。本にはグリーグのCD付。ちょっと得しちゃいました。
ミタ
こんな私で本当に良かったのかしら・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓