乙女心を一撃

lisalarsonseal.jpg
こんにちは。なんだか久々のフクヤ通信ですね。
連休前にちょっと風邪をひいてしまいまして、仕事がペースダウンしてしまいました。連休明けは溜まった仕事と、沢山のご注文(ありがとうございます!)の対応に追われ、あっという間にこんなに間が開いてしまいました。
本当は連休明けからフィンランド旅行の続きを書きたかったのですが・・・。例えば、
1129santacrausvillage.jpgロヴァニエミのサンタクロース村郵便局で、アドレス帳持参でクリスマスカードを20枚くらい書いたけど、ポストカードは郵便局で買うより村内の土産物屋のほうが安かったじゃないのよー。
とか。

1129mc.jpgロヴァニエミの世界最北端のマクドナルドに行って、フィンランドオリジナルハンバーガーを(家人が)食べました。
見た目よりずっとおいしいらしいですよ。
とか、

1129helsinki.jpgヘルシンキにて、アンティ・ヌルメスニエミデザインの地下鉄の中で写真を一枚。このとおり中もオレンジ色!
それにしても、ヘルシンキはヨーロッパの首都にしては、有色人種が本当に少ないと、改めて感じました。
とか、

1129socos.jpg楽しみにしていたハックマンデパートのクリスマスディスプレイはまだ準備中で、仕方ないからソコスデパートのウィンドウを撮影したけれど、寄せ集め感が否めない。
とか、

1129posti.jpgクリスマス時期の今、ヘルシンキ中央郵便局の職員は、皆おそろいのマリメッコのTシャツを着ていて、うらやましかった。
欲しいと言ったら、マリメッコで買えば?と言われちゃった。
悔しいから写真だけ撮りました。
とか、いろいろ書こうかなあと思ってはいたのですが、そうこうしている内にスウェーデンからまた荷物が届いて、それどころでは無くなってしまいました。

071129sweden.jpg到着した中には、この写真に写っているもの以外にも、冒頭のリサ・ラーソンデザインのアザラシフィギュアも含まれています。
こちらは復刻版もあるのですが、入荷したのは1978年のオリジナル。復刻版と違い、裏のロゴは刻印で入った”LILLSKANSEN Lisa L. Gustavsberg SWEDEN”の文字と”Design LISA LARSON”というGustavsbergのシールが付いています。色は白ではなく、薄い茶の班が入ったグレイッシュイエロー。
個人的には復刻版よりもこちらのほうが可愛いと思っています。
なぜなら、おひげの毛穴が無いから。
やっぱり、毛穴は無いに越したことはありませんものね。乙女としては・・・。
ミタ(乙女じゃないけど、乙女座です)
そういえば、世界で一番美しいマクドナルド(ブダペスト)にも行ったことがあります。
マックマニア疑惑。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ラップランドで犬まみれ

dog-sled1.jpg
おはようございます。
昨日、無事フィンランドより戻ってまいりました。
dog-sled2.jpg今回は、プライベートも兼ねて前半はラップランドに行ってまいりました。
ここは北極圏のLeviという小さな町で、もうすぐ一日中日の昇らない本格的な冬がやってきます。とはいえ私からすれば、既に真冬の様子。雪が積もり、気温はマイナス10度です。
11月の今でも、明るくなるのは午前9時半ごろ、午後の3時半には日の入りですから、お昼を過ぎるともう暗くなり始めます。

さて、そんな冬のラップランドの楽しみといえば、オーロラとウィンタースポーツ。今回特に私が楽しみにしていたのは・・・
犬ぞりです!
dog-sled5.jpg
犬がかわいそう、という風にも思えますが、聞くところによると犬に嫌なことを無理強いすることは出来ないそうで、この犬たちもそりを引くのが楽しくてたまらないのだとか。
この通り、犬たちはそりに繋がれた途端に早く走り出したくて、興奮のるつぼ状態です。
dog-sled3.jpgまずは、私たちの犬にご挨拶。犬たちは良く慣れていて、触っても大丈夫です。
手を出した途端にじゃれ付いてきて、たちまち犬まみれになってしまいました。
私たちのそりのリーダーは後方の黒いオス犬で、年齢は11歳!人間でいえばかなりの高齢。ものすごいスタミナです。
このファームには約100頭の犬がいて、中には雑種もいるそうですが、主な種類はハスキーやマラミュート。この種類は頭のよさはもちろん、スタミナが有るのがポイントとのことでした。
ちなみに100頭もの名前を覚えているのか、ファームのオーナーのマリアさんに尋ねると、「もちろん!犬小屋の上に名前が書いてあるからね」。
ジョークですよね・・・。

dog-sled4.jpg犬ぞりは、なんと自分たちで操作します。これは、もう期待以上の楽しみ。道は犬が知っているので、私たちのすることといえば、ただただブレーキを踏んだり離したりするだけ。
念のためマリアさんに、もしそりから落ちたらどうなるんですか、と尋ねると「犬は無視してどんどん行っちゃうわね。だから歩いて帰ってきてね。すっごく遠いから大変だけど、頑張って。」
ジョークですよね・・・。
「あはは。大丈夫、スノーモービルで横についているから。」

dog-sled6.jpgさて、大興奮でなきわめいていた犬たちは、放たれた途端に待ってましたとばかりに走り出しました。前方のそりとの距離は15m以上に保たなければいけないのですが、私たちの犬は元気いっぱいでたちまち距離を詰めてしまいます。
そこでブレーキを踏んで調整すると、一頭、二頭と犬が振り返って「なんだよー!走らせろよー」とでも言いたげに、抗議の目で睨んできます。さらにそりを止めていると、我慢できなくなって今度はワンワン吼えながら、ぐいぐいとそりを引こうとします。もう、やる気全開。
それにしても、そりに乗りながら見え去る雪の森の美しいこと!はるか向こうを眺めると、低い低い太陽が雪空を暖かい光で彩り、グレーとオレンジの混ざった複雑な空の色が前方に広がっています。
すっかり葉の落ちた白樺の木は、枝が凍りつきキラキラと僅かな光を反射しています。反対にいまだ青々と葉を茂らせるモミの木はすっかり雪に覆われ、下から覗くほとんど黒に見える濃い緑と、真っ白な雪のコントラストが見事です。
目を落として正面を見ると、今度はそりを引きながら、ふりふりしている犬たちのお尻が和ませてくれます。(動物や鳥のお尻って可愛いですよね!)
そうして、ラップランドの美しい光景を楽しみながら1時間ほど森を滑りぬけた後は、小屋での温かいコーヒーや紅茶とジンジャービスケット、暖炉の火で自分で焼くマッカラ(フィンランドソーセージ)と素敵なおもてなしが待っていました。
ところで、ここのファームはもちろん犬ぞり競技に毎年参加するそうで、競技の中にはキャンプしながら2日半かけて数千キロ走る過酷なレースもあるのだそうです。
北欧では一番どこが強いのか尋ねると「ノルウェーね。あそこはいい犬がいるのよ。」
「他の国では?」
「アメリカとカナダ。カナダは強いわね。それにね、カナダは勝つと多額の賞金が出るの。フィンランドは、そうでもなくて。勝ってもハッピーなだけ。」
なるほどねえ。
100頭もの犬の管理や、ファームの経営など想像を超える苦労があると思います。それでもそのハッピーが賞金に勝る大きさだから、やっていけるのでしょうね。
マリアさんの晴れ晴れと話す顔を見ていると、そんな風に思うのです。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

雨の日が待ち遠しい…

このごろ見かけるのが、おしゃれなビニール傘、
女性をターゲットにした可愛らしいプリントがされた傘をよく見かけます。
しかしfukuyaの一押しはムーミン傘が絶対にお勧め!muumin.jpg
全体にムーミンワールドがプリントされており、色も落ち着いたグレーで
女性のみならず、男性の方でも使えるデザインが嬉しいですよね。
素材がアルミ素材182gと軽量・更にコンパクト
これなら鞄の中に入れっぱなしでも、邪魔になりません。
今回、瑞希にモデルとなってもらいましたが、
本人も『かるっ』っといつもの傘よりも軽いと実感したようです。
ゆき
今日は朝から保育園の懇談会、週末ぐらいはゆっくり休みたいが行事には欠かさず参加をしているので、
いつも通りの生活パターンとなってしまいました。
気づけばお昼、何食べようかな・・・


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

臨時休業のお知らせ

1113uosikkinen_plate.jpg
おはようございます。
以前からそれとなーく仄めかしていたのですが、本日15日から20日まで臨時休業いたします。
個人的な理由で申し訳ないのですが、フィンランドにオーロラ見学へ行ってまいります。
私も家人も趣味といえば旅行でして、二人で一泊の温泉旅行から5週間のヨーロッパ横断の旅まで、香港からアフリカまでと約35カ国に行きましたが、実は気温がマイナス10度なんて所に行くのは初めてです。
いったい、何を持って行けばいいのか・・・。どの程度の防寒着が必要なのか・・・。さっぱり見当が付きません。
厚手のセーターや腹巻、レインスーツなど普段は入れないような物をリュックに詰めながら、本当に必要か?と自問自答。いつもは一時間ほどで終わる旅支度も、時々手が止まってしまいます。
何せ、人一倍寒がりで冬が苦手なのですから。
うーん、何とかなるか・・・。
冒頭の写真は、ライヤ・ウオシッキネンのイヤープレートです。北欧のさまざまな冬の生活を、可愛らしいタッチで描いています。
見るからに寒そう。でも、なんだか楽しそう。
こんな風に冬を楽しむ気持ちが無ければ、北欧では暮らせないのかも知れませんね。
(とはいえ、フィンランド人に聞くと「暗くて寒いから憂鬱」とのことでしたが)
こちらのプレート、大きいサイズは良く見かけるのですが、今回の買い付けで二周りくらい小さい、直径12cmのものを3枚見つけてきました。
大きいサイズ3枚と一緒にクリスマスまでにはアップしますね。(いつも、いつも予告だけで申し訳ないです)
それでは、不在の間ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。
ミタ
今回は初めてフィンエアーに乗ります。(普段は高いので乗りませんから)フィンランド直行便、楽しみです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

モデル撮影

1112lughaidh.jpg
いっぱい、いっぱい、まえに、パパとママといっぱい、いっぱい、ひこーきにのって、それで、いっぱいでんしゃにのりました。
それで、にほん、っていうママのうまれたところにきました。パパはおしごとだから、まえにおうちにかえりました。
ママは、あと10ねたら、ぼくもママとおうちにかえると、いいました。
1112lughaidh2.jpgそれで、ひとつ、ねました。それで、おきたら、しらないおんなのひとがいました。
おんなのひとは、ぼくをだっこして、たかいたかいして、それで、もーふで、ぐるぐるしました。それで、ぽんぽんしました。あったかくて、うれしかったです。
それで、しゃしんをとりました。でも、もーふはぼくにくれませんでした。

一時帰国中の友人の息子「るい(Lughaidh)ちゃん」7ヶ月。
ギャラは”高い高い”で、人生初のモデル体験中。
最近熱中しているのは、舌を出すこと。(おもしろいの)
特技は、ペットボトルをくわえること。(はがかゆいの)
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓