11日目 邂逅

10月21日

1031helsinki-2
今日は日曜日。そう、なーんにもやることの無い日です。
個人経営のアンティークショップが休みなのは仕方ないとして、こんな日はせめてデパート巡りでも・・・と思ったところでストックマンもソコスもお休みです。
私が北欧に行ってまず驚いたのがこのことでした。同じヨーロッパ、キリスト教国のロンドンやパリでも個人商店はともかく、デパートくらいは開いていたと思う。(記憶が古くて定かではないが)
敬虔なカソリック国のアイルランドだって、お昼からは営業していたはず。
なのに、北欧ではデパートもモールも閉まってしまうのです。(時期や場所によっては、営業していることもあるかも?)

観光なら日曜日は美術館巡り(美術館はたいてい月曜休みです)という手も有るのですが、買い付けの場合は移動日にするか、アンティークショップにあらかじめ予約を入れて開けておいてもらうかにしています。
もちろん、今日も抜かりはありません。フィンランド在住の日本人女性、Eさんとお昼に会うお約束済みです。
1031helsinki-3
それまではブラブラと市内散歩です。
お天気に恵まれ、寒さも散歩にはちょうどいい。適当にトラムに乗って変なところに出ちゃって帰り道が分からなくなるのも、妙に楽しい。もちろん、これは治安のいいヘルシンキだから言えること。
国によっては”迷って楽しい”なんて口が裂けても言えない所もあるので、絶対に気をつけてくださいね。
1031helsinki-1
街歩きに欠かせないものは、コンパスと地図。前回の買い付けでコンパスを持ってきた私を、初め思いっきり馬鹿にした二人ですが、旅の終わりには「次は私も持ってくる」と言うほどになっていました。
今回もコンパス大活躍の巻。お勧めの旅の必需品です。(方向音痴の私たちには)
もっとも、あんまりのんびり散歩しすぎて、Eさんとの約束の時間に遅刻しそうになって大慌てする羽目になったのですが。
Eさんとフィンランド人のご主人には、普段行かないような風光明媚な場所に連れて行っていただいて、思いもかけないリフレッシュが出来ました。
改めて、フィンランドって本当に森と湖の国。自然が美しいところなのですねえ、と実感。買い付けばかりで、余裕の無い毎日に潤いのある一日でした。
明日は朝早くから出て、日本へと長い旅となります。
Eさんを初め、今回は新しい出会いがいろいろありました。邂逅というものを大切にしたいと感じる旅でした。
買い付け日記もこれで終わりです。次の買い付けは来年3月の予定です。

————————————————————–
1031helsinki-4
さて、話は変わりますがこちらはARABIA工場。
今回、ファクトリーショップで工場見学について尋ねて見たところ、ハンサムな店員さんが、「工場見学は夏の間-6月くらいからと思うのですが-は毎週無料で行っているのですが、今の時期は予約制で有料になってしまいます。
料金は人数によって違って、お二人だと35ユーロじゃないかと思うのですが・・・。」
「35ユーロ!高いですね!」と答えると、彼は悲しそうな顔で「ええ、そうなんですよ。人数が増えると割安なのですが・・・」と。
とはいえ、飛行機代の高い夏のシーズンに買い付けに行く予定はありません。
そこで、ご提案なのですが、どなたか来年の3月にヘルシンキに行く予定の方はいらっしゃいませんか。もしかして、酔狂にもfukuyaスタッフと工場見学してもいいなんて方はいらっしゃいませんか?
見学の予約はこちらでいたしますので、当日ARABIA工場の前で待ち合わせしませんか?
次回買い付けの日程が決まったら、またこちらのブログでご報告します。その時に一緒に見学してもいいわ、なんて方がいらっしゃったらご連絡ください。10人くらいだと60ユーロくらいで見学できるそうですから(未確認です。ごめんなさい)8人くらい集まれば、料金は一人6ユーロくらいかな、と思っています。
それでは、よろしくお願いします。
————————————————————–

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

10日目 ヘルシンキにて買いまくり

10月20日

helsinki-1
さて、前日ヘルシンキ入りをした私たち。
平日の昨日はアンティーク以外にも、Arabiaファクトリーで今年再生産された、2000年限定モデルEGOX(EGOに牛の模様が描かれたもの)、ムーミングッズなど現行品の入手に余念がありません。

helsinki-2
こちらは見っけ物。
マーケットで、母娘がビンテージの布で作ったバッグを販売していました。使っている生地は、マリメッコ、タンペラ更にはマリメッコの前身、プリンテックスの50年代の物まで!
バッグを作成しているのは、お母さんの方なのですが英語が出来ないので、10代後半か20代位のとても英語の上手な娘さんが通訳で助けています。
14点購入したところ、娘さんは携帯電話を取り出し計算し始めました。
なんだかやりにくそうね、と思い「計算機、貸しましょうか?」と申し出ると「ん?大丈夫。」と、まとめ買い割引まで、ちゃっちゃと携帯で行います。
「うーむ。さすが現代っ子」とアケがうなり、世代間ギャップを改めて感じました。
さて、そうして訪れた週末の今日。ほとんどのお店が閉まってしまうか数時間しか営業しない、ヨーロッパの土日。
「週末を制する者は、買い付けを制す」を高く高く掲げ、いざ行かんフリーマーケットへ!
valtteri-1
こちらは、屋内マーケットValtteri。
シティーセンターからは、交通的に行きにくい場所にあるのですが、幸いホテルから徒歩10分未満のところだったので朝一番に乗り込みま・・・・。

valtteri-2
なんですかー!これはー!
朝一番のつもりが、既に大混雑でまっすぐ進むことも出来ません。
地元の人だって、考えることは同じ。
土日の楽しみ。それはフリーマーケット。ばかばか車で乗り付けるフィンランド人たち。気合の入れ方が違います。
ほとんどのブースが古着なので、陶器やガラス器は目を皿のようにしなければ見つかりません。
時期やタイミングも多いに有るのでしょうが、”買い付け”という意味では労力の割には収穫が・・・という場所ではあります。でも変わったお土産を見つけるのは最適かも。日曜日に行くところが無ければ、是非訪れてみればいかがでしょうか。

helsinki-3
ところで、この日のビックリNo.1は、コレ。1959年デザインのArabiaのビッグなカップ(約500mlも入ります!)FIESTA。
このカップ、何がビックリって、Fiestaのレア度もさることながら、実はソーサーとカップを別々のブースで発見したのです!
最初、ソーサーを見つけたものの「ソーサーだけじゃね」とパス。次に別のブースでカップを見つけたとき「まさか、これ」「まさか・・・」とソーサーのあった場所に逆戻り。
「ぴったりですー!」
いやーこんな事あるのですね。お店の人もビックリしていました。
「コレは、別れたカップルのうち片方がカップだけ持って家を出て、ソーサーだけを残された方も、困ってマーケットに持って来た。そうして再会。
いやいや、待てよ。40年前嫁に出た娘が、ソーサー要らないからとカップだけ持って行った。そうして再会。」
と妄想膨らむ珍事なのでした。

ミタ
それでも、アケは一日の終わりには買い付け商品リストと金額をまとめ、収支計算をしていた。えらいわ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

8日目 トゥルクにて

こんにちは。さて、買い付けレポートもそろそろ後半です。

10月18日

ストックホルムからは、前回同様シリアラインで、フィンランドのTurkuへ。
このシリアライン、ヘルシンキやタリンへも出ているのですが、寝ている間に目的地まで連れて行ってくれるので本当にラクチンです。シリアラインは予定通り目的地へ届けてくれます。もちろんこんな早い時間にお店がやっているわけもなく、そろそろ旅の疲れもでてくる頃。早々にホテルにチェックインし、ちょこーっと気分転換。
1018_mo
はい、お馴染みのムーミンワールド。ここは6月~8月の時期しかオープンしないので、この時期は無人島です。ムーミンやスナフキンがいないのは残念ですが、良くできた家や川など、ムーミンの世界に浸れるので、散歩にはもってこいです。
1018_mo1
忙しく移動する買付旅行では、ついついあそこもここも、あれもこれも、と気がはやってしまいますが、ときどきは息抜きというか、ちょっとは観光する余裕を持っていないと気分的に疲れてしまいます。
1018_tu
そんなわけで(いいわけがましい?)、今回はこんなところにも行きました。1300年に建てられたフィンランドでも由緒ある教会、トゥルク大聖堂です。
夏にはオープンカフェがでて賑やかになるのだとか。大聖堂の中には日本語の解説も置いてありましたので、きっとシーズン中は日本人のお客さんも多いのでしょうね。
1018_tu1
こちらは大聖堂の中。
1018_ma
また、たまたま立ち寄ったモールのダイエーのようなスーパーで、ARABIAやiittalaの食器やバードシリーズがこんなに普通に売られていました。フィンランドでは一般的なメーカーなので、当たり前といえば当たり前の光景ですが、なかなか日本ではみない光景(?)なので、写真を2、3枚。
まわりにいた買い物客の人たちは、ちょっと奇妙に思ったかも?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

6日目 ストックホルムにて

皆様こんにちは。
23日に両手いっぱいに荷物を抱え、無事帰国しました。
現地から発送の品も続々入荷予定です。お楽しみに。
それでは、買い付けレポートの続きです。

10月16日

malmo-1
さて、昨日の15日の朝にマルメを発って、ストックホルムへと向かいました。
スウェーデンは既に紅葉の季節で、マルメの駅もこの通り紅一色です。

malmo-2
ストックホルムへのチケットは既にネットで日本から予約してあるので、この写真の機械に予約番号を入力すればスルスルとチケットが出てきます。
支払いも、ネットで予約したときにカードで清算済み。早く予約すれば割引もあるのでお得です。
スウェーデン鉄道のホームページはこちら>>>
便利ですので、是非試してみてくださいね。

マルメからストックホルムへは4時間の旅。
まずはまっすぐに宿泊先のLenaおばさんの家で荷物を降ろします。一息ついた時にはもう4時近く。アンティークショップを回るには遅い時間でしたので、その日は市内散歩だけをして翌日に賭けることにしました。
gam-1
そうして、翌日の16日。
朝9時に宿を出て、まずはガムラスタンに朝の9時半に到着。ところが今度は逆に朝早すぎ。どのお店も開いていないという羽目に。
この通り、ガムラスタンの町で動いているものといえば、この清掃車と手持ち無沙汰にお店のウィンドーを覗く観光客だけ。
そうそう、アンティークショップの開店は11時。12時オープンなんていうのも珍しくないのでしたね。中には営業時間たったの4時間だけなんてお店も有り、いったいどうやって生計を立てているのか、詰問したい気分です。

とにかく、有り余る時間を観光にまわすことにしました。
そうして、どれくらい時間が余っていたかというと・・・
これくらい↓↓
gam-2
ガムラスタン一小さい(約14cm)アイアンボーイの像と、記念写真を撮ってしまえるくらい。
構図が決まるまで5枚も撮ったよ。右へ行ったり左へ行ったり、前や後ろに行ったり、10分くらいかかったかな・・・。
向かいのアパートの窓から、掃除をしながら私の姿をジーと見ているおばさんが居たっけ・・・。朝から不思議な光景見せちゃったかもね。
まあ、そんな風に思いもかけない観光を済ませ、12時になると同時に目的のアンティークショップに突入。
スウェーデンものばかりか、ArabiaのSinilintuを3客ゲットなど、ざっくり20点ほど買い物をして、きちんと目的を果たしたのでした。

ミタ
malmo-3
マルメで発見。「TOKYO1964 オリンピク」惜しい!
しかし、意外とお高い。約8500円なり。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

3日目 謎の男現る

10月13日

さて、2日目の昨日はマルメのアンティークショップを周って精力的にスウェーデンの陶器を入手。
そのとき4週間前にオープンしたばかりという、熱心なショップのオーナーに「自宅にはもっと有るから、明日どうですか」という魅力的な誘いを受けたのですが、私達には断らざるを得ない理由がありました。
それは、一年ほど前から付き合いのある、アンティークショップのオーナー、エバの家を訪問する予定があるからです。
エバは、ショップのオーナーといってもお店は持たず、仕事をリタイヤした後に、コレクションを年に数回のアンティークフェアーで販売しているという、コレクターとショップの中間のような人。
さて、約束の時間に宿に車で迎えに来てくれたのは、初めて会うエバのご主人。私達の姿を見つけて、車の中から大きく手を振り、陽気に現れました。
挨拶を交わしながら車に乗り込むと、お昼ご飯は食べたか聞かれ、食べていないと答える私達に「それは良かった。ぜひ私達と一緒にお昼をしませんか?エバも待っていますから」と嬉しい誘いです。
てっきり自宅と思ったのですが、どうやらレストランへ連れて行ってくれるよう。目的地へ向かう道すがらご主人が車の中から一軒の家を指差し「あれが私達の家です」そうして、しばらくするともう一軒を指差し「あそこは亡くなった母が住んでいたのですが、今は私達が管理をしています」と、ここまでは普通の会話の範疇。
次にまた別の家を指差し「あそこも私達の家です。以前は息子が住んでいましたが、今はロンドンの大学院です」
「・・・・・あの・・・失礼ですが、家は何軒お持ちなのでしょうか?」
「いくつも(Many)。」
私の質問にまるでナゾナゾのような答です。
心理テストか?
やがて到着したレストランは海辺の瀟洒な建物。エバもそこで待っています。
レストランに入ると、そこは彼らの行きつけらしく店員が次々に挨拶をし、二人と短い会話を交わします。席に着くとご主人は私達にはメニューを渡さず「私を信じてオーダーさせてくれますか?」「ええ、お願いします。」
そうして、やがて運ばれた魚料理の美味しかったこと。付け合せのポテトがこれまた甘くて美味しい。食事の間もご主人の巧みなトークに間が持たないなんて事もありません。
ところでここで、もうひとつの不思議が。
レストランの横を散歩する人たちが何人も、彼らの姿を見つけると手を振り会釈して通り過ぎます。
「小さな町ですからね」とご主人。「はあ、そんなもんですか」と間抜けな答えをする私。
食事も終わり、すっかり満足した私達は再び車に乗り、ご主人のお母さんの残した家へ。それは、その庭の片隅に小さな小屋があり、そこがアンティークの保管場所になっているからです。
古い瀟洒な建物は意外と広い庭を持ち、庭の中心には小さな人工の池と可愛らしいアシカの形をした噴水がありました。
夢中になって商品を吟味したり、エバに値段を尋ねたりとその小屋で2時間ほど過ごしている間、ご主人は出たり入ったりしながら「庭でブドウを摘んだので食べてくださいね」「庭で採ったりんごをどうぞ」と甘くて美味しい果物の差し入れです。
買い付けも終わり小屋を出るとご主人が「終わりましたか?ところで私達は、まだいい友人ですか?」とお茶目に笑い、車まで歩きながら「スウェーデンの典型的な家を訪問したことは?」と尋ねてくれます。
「いいえ、まだありません」と答えながら周りを見渡すと、さっきまでは夢中で気が付かなかったのですが、周囲には何やら豪邸が並んでいます。
そこでまたまた疑問が頭をよぎりました。
・・・・ここは?
「では、ぜひ家に来てください」「喜んで!」
車で数分走り案内されたのは、赤い屋根に白い壁、塀に沿って小さな花が植えてある、まるで絵本に出てくるような可愛らしい自宅。
「可愛い!」とはしゃぐ私に「中は意外と広いんですよ」とご主人。
「あら、そうなんですか」と中に入った私達の目にまず飛び込んだのは、壁いっぱいにほぼ天井までの書棚を背にした、10畳ほどのダイニング。書棚の上には一目見て貴重なものと分かる、スカンジナビア各国のビンテージが所狭しと乗せてあります。
床に目を転じると、踏むのが気が引けるような美しいピースカーペット。
右を見ると、20畳ほどの広さのリビング。壁の一面には同じように天井近くまでの書棚が占め、アンティークやビンテージに関する本がびっしりと埋まっていて、その上には本でしか見た事のないようなリンドベリの作品が並んでいます。上を見ると見事な象嵌のシーリングランプ。そこから横を見ると8畳ほどのサンルーム。ガラスの扉の向こうには美しい庭が広がっています。サンルームとリビングの境目にはオープン棚がしつらえてあり、そこにもビンテージの数々が。
あっけにとられ「ここは・・・まるでミュージアムですね・・・」とつぶやくとエバが「ちょっと典型的なスウェーデンの家、とは言えないかもね」とご主人に笑いかけました。
お二人に「コーヒーをどうぞ」と言われても、初めて見るようなお宝の一つ一つに目を奪われて、それ所ではありません。
呆然とコレクションを眺めながら、10分後くらい経ってやっと落ち着き、コーヒーとお菓子を頂く間、お二人から50年間掛けて集めたコレクションについて、貴重で愉快なお話を沢山伺えました。
数時間後周りが暗くなり始め、名残惜しいお別れの時間です。エバにさよならを言い再会を誓い、ご主人が運転する車で宿まで向かいます。
そのとき、ついに我慢しきれなくなって「ちょっと聞いてもいいですか?お仕事は何をなさっているのですか?」と尋ねる私にご主人は
「見せてあげますね(I’ll show you)。」とまたしても不思議な答え。
やがて、車の窓から手前に見えてきた建物群を指差し言うには
「ここのオーナーなんです。この印刷会社を経営しているんですよ」
・・・マジ?
「か、か、会社の名前は?あ、今メモるの忘れちゃった!あー!あなたの名前をネットで検索したら出てくるかしら?」
「かも知れませんよ。私は地元の政治家でもありますから。」
・・・マジ?
「全ての謎が解けましたー!」
と探偵ドラマのように絶叫する私に「分かりましたか?」とゆったりと微笑む彼。
真実はこうして最後に語られる。断崖絶壁の上でないのが残念。
ニックネームは社長で決まりです。
ミタ
———————————————————-
社長コレクション(略してシャチョコレ)の一部です。
eo-1
リビングの本棚の上にある、リンドベリの作品。
馬が気になって「そこのリンドべリ見せてください」と頼むと「どの?」と返されました。
まあ、確かに隣もその隣も多分、その向こうにあるのもリンドベリですが。

eo-2
リビングの別の壁際にあるリサ・ラーソンたち。
そういえば、右端のハリネズミ、買い付けてきましたよ。別の店で。
ピンボケですみません。

eo-3
えーと。このピアノの上にあるのは、コスタボダの人気デザイナー、Ulrica Hydman Vallienのご主人が作った陶器だそうで。
えー。名前は失念しました。ちなみに同じ作者の巨大な馬の置物もあり。

eo-4
ダイニングの本棚の上にあった、ヴィンブラッドの花瓶を下ろしてもらって撮影。
向こうの寝室と書斎に続く廊下に、ぼんやりと別のコレクションが写っています。

eo-5
素敵なお庭に飾ってあった陶板。これについて聞くのを忘れてしまいました。隣の温度計に気をとられて。
マイナス40度まで有るのって、どうよ。
プラス50度もどうかと思いますが。

———————————————————-
クリックで応援よろしくお願いします。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓