あらためて感謝です

こんにちは。
今日はfukuya通信が書けません。
だって、ネタがないんです。
0731fukuya.jpgだって、ほらね。
がらーん
物がない・・・。

なんとwelcome dayの一日で119点のお買い上げがありました。
そりゃ、棚も空っぽになりますね。
本当にありがとうございました。改めて感謝の気持ちで一杯です。
土曜日に丁度いいタイミングでデンマークから「6週間のバカンスから帰ってきたわよー。たっのしかったわー♪」と能天気なメールがありました。5週間のバカンスかと思いきや、6週間だったのかー!ちっ。
早速「リアルワールドへようこそ!さあ、仕事しましょ。Erik Kold 持ってない?持ってるでしょー。出しなさいよー。(八つ当たり)」と返信しました。
あれから2日経ちますが返信がありません。まだバカンスから醒めていないのでしょうか。
ベアー冬眠から起きろー。起きてくれー。
しつこいようですが熊ではありません。ベアーは名前です。)
他のショップの再開は8月に入ってから。
来週からのやり取りが楽しみで、ウズウズしています。
ミタ
なんて言いながら、私は入れ替わりで8月半ばから2週間オランダ&ノルウェーでーす♪
って、しょ、商品はいつ入荷するの?大丈夫かfukuya。どうなる冬のボーナス?


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

アンティの帰還

070730pot.jpg
おはようございます。
土曜日は、自転車でいらっしゃった方から、遠くから足を運んでいただいた方まで本当にありがとうございました。
家人の目算によると、76人の方がいらっしゃったそうです。(ずいぶんリアルな数ですが、あくまでも勘です。)
今fukuyaは祭りの後のように、何がなにやら分かりません。あるはずのところにあるはずの物が無く、思いがけないところから思いがけない物が出てきたりします。
なぜ、靴箱の上にスプーンが・・・?
そうして、welcome dayに本の撮影のために貸し出していた、アンティ・ヌルメスニエミの真っ赤なポットも、お買い物に来た編集の方と一緒に帰ってきました。
落ち着いたらサイトにアップしますね。
さて、土曜日の晴天とは打って変わって、東京は雷雨です。昼間だというのになんだか薄暗い。
そうして、この薄暗い天気にアンティの真っ赤なポットが、しっくりと合っているのを発見しました。
「暗さ」「寒さ」「氷」「雪」という風土的背景が、北欧デザインの特徴にあると「スカンディナビアン・モダン・デザイン」のカタログにあるそうです。
なるほど、この赤い色も明るい太陽の下よりは、こういった薄暗い室内で間接照明の下で見る方がずっと美しいニュアンスをかもし出してくれています。
日が燦々と照りつけ、外で過ごす時間の長い南欧では絶対に生まれなかったデザイン。
北欧デザインの良さが光るこんな悪天候の日こそ、使ってみたいアイテムです。
ミタ
当日サイトで場所を確認しようと思ったのに、閉鎖されていたので困ったと、3名の方からご意見を頂きました。気が付かずごめんなさい・・・。猛省しています。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

皆様ありがとうございました。

0729welcome1.jpg
こんにちは、ブタです。Rorstrandで産まれて、スウェーデンから来ました。今はfukuyaの番をしています。
昨日のwelcome dayには沢山のお客様が見えて、番トンの僕も忙しかったです。
中には僕のことを欲しいって言ってくださる方もいて。でも、ミタが私物だからダメですって断っているのが耳に入りました。
キレイな人だったので、本当はそっちのお家のほうが良かったんだけど、残念です。
0729welcome2.jpgそれから、何時間も前から来てくださっていたのには、本当に感激しました。でも、並んでいただくのは申し訳ないから、次からは予約制にすればいいって僕から提案しました。
ベランダでのお買い物は、さぞかし暑かったと思います。僕も夏は猛暑、冬は酷寒のなかで働いているから、気持ちが分かって、お客様が熱射病にならないかって心配しました。
当日はアケがレジ担当、ゆきが梱包、ミタが接客って言われていたのに、ちっとも接客しないからちょっと怒られていました。
本人が言うには、恥ずかしかったそうです。話しかけてくれれば、ノンストップで話すけど、自分から話ができないので、次からは話しかけてくださいって。
でも、そんなことお客様に要求してはダメですよね。僕からもよくよく注意しておきます。
0729welcome3.jpg最後の最後の時間までお客様に来ていただいて、番トンとしてもやりがいがありました。
終了後、アケとゆきが数えながら片付けているのに、ミタが良く分からずどんどんしまうから、二人は困っていました。
これがその現場写真です。
僕は家族として、恥ずかしいです。
そうそう、それから皆様に伝言を預かっています。
お暑い中、また交通の便が悪い中、本当にありがとうございました。
初めてのことで、至らぬ点も多々あったと思います。次回からは今回の開催をふまえ、もっともっと素敵なイベントにしていきますので、今後ともよろしくお願いします。
スタッフ一同


以上です。
ブタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

究極のエコバッグ

0725ecobag.jpg
こんにちは。
先日、お客様のI様からこんな素敵な手作りバッグの写真が送られてきました。
なんと、スウェーデンのビンテージテーブルランナーをバッグに作り変えたものなのです。
0725ecobag2.jpgこちらの写真にある、テーブルランナーがBefore。そして、上の写真のバッグがAfterです。
細長いランナーをバッグに仕上げるために、合う布を脇に足したそうです。
スタッフの間でも、なるほどこんな使い方があったのか、と素晴らしいアイデアに絶賛の嵐。しかも、もともとはユーズドのクロスを転用ですから、究極のエコです。
バッグ以外にも小さめクロスならポーチ、大きいテーブルクロスならエプロンと、アイデアがどんどん膨らんできます。
意外と新しい布を買って作るよりも経済的ですし、世界にひとつのオリジナルアイテムができますよね。
I様のように本来の使い方にこだわらす、自由な発想で皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ビンテージクロスは、人気の商品なのでもう残りわずかになってしまいましたが、私もやってみたいという方は、こちらまで。


0725fukuya.jpgさて、welcome dayの準備も着々と進んでいます。今日はこんな看板を作りました。(文字、はみ出しまくりです)
ちょっと分かりづらい建物なので、この看板を目印にご来店ください。大きな柿の木が建物の角にあるので、そこにぶら下げておきますね。
また、Krokusの価格についてお問い合わせが寄せられましたので、いくつか価格をお知らせします。
コーヒーカップ 10500円
17cmプレート 8000円(傷あり20~10%OFF)
24cmプレート 10500円(傷あり10%OFF)
31cmプレート 15000円
各アイテムはお一人様2客までとさせていただきます。より多くの方に使っていただきたいので、ご了承ください。
それでは、ご来店を心からお待ちしています。

ミタ

【fukuya welcome day 開催します】
7月28日fukuyaが一日だけのお店を開きます。当日はお得なSALEもありますよ。
詳しくはこちらまで>>>


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

My life as a…Lotus?

0724rotus.jpg
おはようございます。
先日、録画してあったスウェーデン映画「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」を観ました。
20年程前、公開間もなくにこの映画を観た時は、むしろ主人公のイングマル少年のほうに近い年齢だったのに、今は彼を囲む周りの大人たちのほうに近くなってしまいました。(恐ろしい!)
改めてみると、初めて見たときにはイングマルの視点で観たシーンも、大人の視点で見直すことで、新鮮な発見もありました。
この映画を撮った、ラッセ・ハルストレム監督はその後ハリウッドに進出。「ギルバート・グレイプ」「サイダーハウス・ルール」「ショコラ」などを手がけました。いずれも幸せとは言えない環境の中で、へこたれずに生きていく人を優しい視線で描いた作品です。
余談になりますが、もしレオナルド・ディカプリオを単なるアイドル俳優と思って敬遠している方がいらっしゃれば、「ギルバート・グレイプ」をご覧になってください。きっと彼の演技に驚かれる事と思います。彼はこの映画で、アカデミー賞助演男優賞候補となりました。
さて、もうひとつ映画の見方が変わったのは、どうしても使われているインテリアが気になる。これは職業病ですね。
この映画は特に1950年代後半が舞台とあって、食器やカーテンのプリントに目が行ってしまいました。イングマルの家でも叔父さんの家でも使われているのは、縁に装飾のあるシンプルな食器。それでも目を凝らしてみると、ベッドで横たわるお母さんの傍らにあるのは、もしかしてGustaveberg Lotusのグレーでは・・・。
この映画は最後にスウェーデンのヘビー級ボクサー、イングマル・ヨハンスンが優勝し世界タイトルを取る場面で終わっていますから、1958年に始まり1959年に終わるお話だと分かります。
Lotusが発売されたのは1958年。時代考証的には不自然ではありません。
正直に言うとあまり自信は無い、というか、もしかして全然違うかもという気もするのですが、まあそう思って見るのも映画を観るちょっとした楽しみです。
イングマルを取り囲む田舎の人たちのように、ほんわかとやさしい色のこのシリーズ。こんなカップが似合う、優しい人になりたいものです。fukuyaではコーヒーカップのイエローを取り扱い中です。
ミタ
「1人も悪い人がいなくて、でも愚かなばかりに大変なことになって、それでも最後は丸く収まる」映画が好きです。
ラッセ・ハルストレム作品から、「ギャラクシー・クエスト」までいけます。お勧めがあれば教えてください。

【fukuya welcome day 開催します】
7月28日fukuyaが一日だけのお店を開きます。当日はお得なSALEもありますよ。
詳しくはこちらまで>>>


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓