おいおい・・・

0531Kalevala.jpg
こんにちは。東京は昨日の雨が信じられないほどの良い天気になりました。
皆様がお住まいのところはいかがですか。
さて、この写真はArabiaが1976年から1999年まで合計24枚出した、イヤープレートです。モチーフになっているのは、フィンランドの国民的叙情詩”Kalevala(カレワラ/カレヴァラ)”。
この物語はフィンランド人なら誰でも知っているそうで、そういえばヘルシンキで訪れたカフェアアルトで知られているアカデミア書店でも、幾種類か平積みされていましたっけ。
フクヤでも以前から何枚か扱っていたのですが、今回まとめて入荷したので、気になっていたカレワラのあらすじを読んでみました。
いやー、もう突っ込みどころ満載でしたね。
例えば、冒頭の写真の1983年が描いているのは、カレワラ一の男前レンミンカイネンが、とある結婚式に呼ばれなかったからと逆切れし、宴会に乗り込みその家の主人を殺害。追っ手を逃れて小船で島に向かったら、その島の乙女たちがハンサムな彼を大歓迎しているシーン。
なんと彼は、村中の女に手をつけたものの、一番醜い娘だけ相手にしなかったので、その娘が怒り船を座礁させると脅したそうで・・・。

怒るポイントがずれていませんか。

下に置いてある、1982年のプレートが描いているのは、吟遊詩人にして狩人のヨウカハイネンが、老賢者ワイナミョイネンとの結婚を嫌がり、妹のアイノが海に身を投じたことに腹を立て、ワイナミョイネンを矢で射ろうとしているところなのですが・・・。
そもそも、母親が止めるのも聞かず、ワイナミョイネンに魔法対決を挑み、負けて妹を差し出すと言って許してもらったのは、このヨウカハイネン本人。
原因を作ったのは自分じゃないか。
と、女性の立場から読むと、結構ありえないほど支離滅裂。
このプレートのデコレートを担当した、やはり女性のライヤ・ウオシッキネンが、どう思っていたかどうかは分かりませんが、数あるカレワラ伝説の絵が結構シリアスなのに比べ、彼女の表現はユーモアにあふれています。
最初のプレートの年、1976年には1923年生まれの彼女は既に50代の半ば。私にはまるで、この物語の荒唐無稽さをちょっと離れた立場から、余裕たっぷりに面白がって見ているように思えます。
特徴的なのは装飾的で豊かな表現に、抑えられた色彩。色を数えてみると、紺、茶、黄土、濃い灰色、黒、そして地色の白の6色で作られていました。
何よりも魅力的なのは、登場人物の表情。単純な線なのにその内面まで分かるような表現力です。
この冒頭のレンミンカイネンなんて、いかにもな顔ではないですか?
フィンランド人の心の故郷、カレワラ伝説。厳しい気候の中で生まれたわりに、結構とぼけたお話なのでした。
ミタ
おそろいのエッグカップ、今回はキャンドルホルダーとして活躍中。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンより到着

0528agneta.jpg
おはようございます。
昨日の日曜日はスウェーデンから商品が入荷しました。
0528sweden.jpgそんなに種類はないのですが、今回は久々にGefleのAgnetaがまとめて入荷しました。
それにしても日曜日にも配達があるのですね。
配達員の方に「すごいですね」と言ったら「正月も配達しますよ」とのことで、日本ってそういう点がすごいです。
日本の郵便システムって、どんどん良くなっていて、世界に誇れるサービスだと思うんですけどね。ただ、働く人は大変でしょうけど。
と、まあ個人的な感想は置いておいて、これらの商品も再入荷品を優先にArabiaと一緒にアップするつもりです。
しばらくお待ちくださいね。
ミタ

朝ごはんはバナナケーキでした。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドより到着

こんにちは。フィンランドから荷物が3箱到着しました。
ここから後は実況中継風で、お楽しみください。
0526-1.jpgそれにしても、なぜいつも週末に届くのでしょう?
これは、どんなときも頑張りなさいと言う天からの暗示なのですか。
週明けまで待とうか・・・・
・・・
うーん・・・開けちゃお。

0526-3.jpgおおおおおー。あふれんばかりの梱包材がー!
やばい、雪崩れてきた!
(拾い集めながら)そういえば、梱包材も減ってきているし、助かるな。
さてと、中に入っているのは・・・。

0526-2.jpgじゃーん!
もちろん、チキータバナナ
あ、ごめんなさい。
たまたまバナナケーキを作るために買い置いていたもので、ついついベタなことを。

0526-4.jpg本当は、こんなものが。
ああ、クロッカスとファエンツァ。
プレートはあんまり状態よくないなあ。
ん?この左の茶色のボウルは何?
ひっくり返してみよう。

0526-5.jpgへえ、アラビアのアトリエシリーズね・・・。
RS?誰かなあ。
さてと、2箱目は・・・。

0526-6.jpgベジタシリーズのキャセロール。ふーん、エナメルだけじゃなくって、陶器もあるのね。
あら、あんてぃぬるにすにえり・・?(言えていない)のポットだわ。
すてき、ピカピカ。
ARABIAのシールだってばっち・・・

0526-7.jpg・・・かろうじて付いている。
そういえば、この赤いポットの小は先月から出張中(撮影用貸し出し中)ですが、もうすぐ帰ってくるはずです。
どうせなら2個まとめて紹介したいから、帰ってくるのが待ち遠しいな。

0526-8.jpg
さて、3箱目は、何が入っているのかな。
えーとえーと(先の2箱を動かしながら)
えーと・・・来週にするか。


0526-9.jpg今日はここまで!
バナナケーキ焼けたし、おやつにしよう。
お茶にしよう。
そして夏休みの計画を立てよう!

注文表によると、18種類で50点入荷しているはずです。
というわけで、皆様来週をお楽しみに。
ミタ
来週から、ここは戦場です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

マリアとその家族

0524maria.jpg
こんにちは。
先週スウェーデンから、美しいクリスマスプレートが入荷しました。
メーカーはGustavsberg、デザインはスティグ・リンドベリです。
このアートクリスマスプレートは、1981年の”Flykten till Egypten(エジプトへの逃避)”とこの1982年の”Maria(マリア)”のたった2枚しか作られていません。
詳しい事情は分かりませんが、1982年にリンドベリが亡くなったのが、3枚目が作られなかった理由なのかも知れません。なので、このプレートはリンドベリの最後の作品のひとつと言えるでしょう。
さて中世以来、聖書の物語は西洋絵画において、重要なモチーフのひとつです。アートに限らず、現在でも映画や小説などで、聖書を暗喩させるような物語は数多く作られていて、聖書の内容を知っているか知らないかで、その作品に対する理解度がかなり違ってきたりします。
また、西洋人と接しているとキリスト教的発想を肌で感じることもしばしば有り、聖書の内容を少しでも知っていると、彼らを理解するのに少しは役に立つのではないかと思っています。
かくいう私は、宗教的関心はあまりないのですが、学校で西洋美術史を7年間も勉強するうちに自然に聖書の物語について覚えてしまいました。
なんせ「西洋美術史=キリスト教絵画史」と言うところも有り、宿題に”受胎告知の絵画を集め解説する”なんていうのもあったくらいですから。
こちらの写真のプレート”Maria”はいわずと知れた、イエスキリストの母マリアと幼子イエスキリストの像です。
いわゆる”聖母子像”と言われるものですが、一般的にマリアは、あくまでも高潔に初々しく描かれるのがお約束。なんせ14歳処女懐妊ですからね。
ところが、その聖母もリンドベリの手にかかればご覧のように、華やかで美しく、色気さえ感じる姿になります。ふっくらとした頬は、美しい子供を持った幸せで膨らんでいるようです。
0524Flykten till Egypten.jpgこちらの”Flykten till Egypten”になると、なんかもう、一目見てあははーと笑ってしまいました。
これは、父ヨセフがヘロデ王の幼児虐殺を天使から告げられ、妻マリアと子イエスを連れてエジプトへと逃れるシーンです。
(ヘロデ王は王となる人物が生まれたと聞き、それを阻止すべく2歳以下の幼児を虐殺したという話です。史実は違うそうですが。)
状況としてはかなり切羽詰っていて、ほとんどの絵画では深刻な顔をした3人が、人目を避けるように旅をしている場面として描かれているのですが・・・。
この絵はなんて楽しそうなのでしょう!
花の飾りが付いた帽子をかぶったヨセフは、ロバの背に揺られ、嬉しそうな顔をしたマリアとイエスを暖かく見つめています。
まるで、これからピクニックに出かけるかのような、楽しそうな表情です。写真では写っていませんが、二人を乗せたロバのお間抜け面もかなりのものです。
そして、この気楽な表現がこのシリーズの最たるもので、また、このプレートを単なる聖書の物語にとどめない理由なのです。
聖家族を高潔で近寄りがたいものではなく、まるでどこかに本当にいるような家族として描き、ユーモアさえ感じる表現は、普通の家族の愛情を感じさせます。
普通の家族として描くこと、これがこのプレートに宗教を越えた普遍性と、時代を超えた永遠性をもたらしているのではないでしょうか。
美しく暖かい愛情を感じるプレート、新しい家族を持った人へのプレゼントにしても素敵です。
ミタ

中世の聖母子像で、イエスが縮小された大人のプロポーションで描かれていることに、違和感を持ったことはないですか?これはイエスは生まれながらに完璧であるという意味なのだそうです。
ヘー × 8。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

エッグカップの逆襲

0521lisa-larson-eggcup.jpg
おはようございます。土曜日にスウェーデンから、こちらのエッグカップを含め、いくつか商品が入荷しました。
さて、フクヤではどんなにデザインがかわいくても、人気のシリーズでも買い付けをためらう物の一つにエッグカップとキャンドルホルダーがあります。
理由は、日本の生活になじみが無いから。
特にエッグカップは、子供の頃から毎朝エッグカップに載せたゆで卵を、スプーンで割ってすくって食べていた、なんていう方よりもむしろ、私のように皿の上でガシガシ手でむいて、手に持ったまま塩を付け、ガツガツ食べる方のほうが多いのではないでしょうか。
統計を取ったわけではないので、勘違いしていたらごめんなさい。
でも実際、以前勤めていたお店でも、エッグカップはキャンドルホルダーと並んで、苦戦する代表だったのでした。
ところが、それはデンマークだったかスウェーデンだったかフィンランドだったか(どこよ!)でキャンドルホルダーを爪楊枝いれとして使っているところを目にして、はっとしました。
爪楊枝いれってものすごくアジア風だったり、やけにファンシーだったり、逆にモダンでシャープすぎたり、なかなか思っているようないい容器がないなあと常々思っていたので。
キャンドルホルダー ・・・・
もしやエッグカップでも同じように使えるかも?よし、次にかわいいエッグカップかキャンドルホルダーがあれば、仕入れて試してみよう。
と、探していたところに出会ったのが、写真のLisa Larsonの作品です。
早速爪楊枝を入れてみれば、なんともかわいいこと!これなら食卓に出しっぱなしにしていても大丈夫ですね。
0521uosikkinen-eggcup.jpg一緒にArabiaからライヤ・ウオシッキネンのエッグカップも仕入れました。こちらもかわいい!
いままでなんとなく邪険にしていたエッグカップ。思いもかけない逆襲でした。

こちらの商品は早ければ今日中にアップする予定です。・・・まあそんな約束が守られたことは、まれですけど。でもやる気だけは満々です。
ミタ
本当にいつも気持ちだけは今日中にアップするつもりなのです。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓