ゆらゆらと

0430emma.jpg

こんにちは。
昨日の日曜日、目黒通りの自転車屋に新しい自転車を買いに行ったついでに、インテリアショップの散策をしてきました。
目黒通り、別名”目黒インテリアストリート”(エル・デコのネーミングかな?)の終点、”モーダ・エン・カーサ自由が丘店”はフクヤから500mほどのところにあるので、散策を逆走でスタートするには、なかなか都合が良いのです。
学生の頃には”ACME”や”モダニカ”といったミッドセンチュリーの家具店にはしばしば足を運んだものですが、いつの間にかほんとうに沢山のインテリアショップが出来ているのですね。
G.W.のスタートということも有ってか、片手に地図を持って歩く人にも沢山すれ違いました。と、いうことはきっと目黒駅出発の皆さんですね。
そして、インテリアストリート再デビューでもある私も、バッグに密かに地図を忍ばせて一軒一軒まわります。
地図はこのELLE DECOのサイトからダウンロードできるので便利ですよ。
更に途中のインテリアショップで、東京インテリアショップガイドELLE DECO4月号北欧特集を購入するという念の入れよう。
G.W.明けに自転車が届いた暁には、この本を参考にまた行くつもりです。
0430elldeco.jpgさて、雑誌や本に北欧の一般家庭のインテリアが写っていると、食器棚をチェックしてしまう癖があるのですが、今回も購入した”ELLE DECO4月号”の123ページにGustavsbergのEmmaを発見しました。
誌面で「イケアの家具に、マーケットで買ったもの。両親や祖母からもらったものをミックスしているわ。」と語るのは、その名もEmmaさん。(偶然???)
モダンなインテリアに懐かしいものをミックスする。ちょっとしたハズシのテクニックというだけでなく、緊張をほぐす暖かなアクセントですね。
トップの写真は
Gustavsberg Emma コーヒーカップ
Gustavsberg Spisa Ribb ケーキプレート
・スウェーデンのビンテージクロス(来月アップ予定です。)
・IKEAで購入したキャンドルホルダー
ゆらゆらと水面に浮かんだようなEmmaの花のタッチは、ゆれるキャンドルの炎にイメージが合うような気がします。
(ささやかですが、私もイケアを合わせてみました。)
ミタ

0430anamon.jpg
Anemonのブルーが届いたと思ったら、あーあ・・・。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

発想の転換

0426trayhoder
おはようございます。
突然ですが、皆様は普段お盆やトレイをどうやって収納していますか?
なんとなく、キッチンで置き場所に困っていませんか?私は冷蔵庫と壁の隙間にファイルボックスを入れて、そこに立てているのですが、下げるなんて思いつきもしませんでした。
この写真はスウェーデンから来た、ヴィンテージのトレイ下げ。(適当な日本語が思いつきません・・・。)その名もBrickbandです。
Brickbandといっても”レンガ楽団”のことかと早とちりしてはいけません。スウェーデン語でbrickaがトレイ、bandがリボン状の紐のことで、二つ合わせてbrickbandなのです。
日本語で言うと”お盆紐”?(やっぱり適当な日本語が・・・。)
いつもぞんざいに扱っていたトレイも、こうやって可愛いリボンで下げてみると、初夏の日差しに当たって心なしか喜んでいるような気がしませんか。
このリボンは丸いお盆も下げられますよ。キッチンにぜひ取り入れてみてください。サイトにはもうすぐアップです。
また、一緒に写っているArabia Rosmarinをはじめ、Ulla Procopeの作品はこちらからどうぞ。>>>

ミタ

P.S.
ビンテージクロスのアップですが、ゴールデンウィークまでにはなんとか・・・と思っていたのですが、間に合いそうにはありません
ですから、皆様どうか安心してお出かけくださいね。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

なごむ~

0425cloth.jpg

おはようございます。
スウェーデンのビンテージクロスファンの皆様、お待たせしました。
昨日、途中で何かよからぬ事故でもあったのか、ボロボロになった箱と共に、たっぷり入荷いたしました。
スウェーデンかどこかの関税で、検査のため開けられたのでしょうか。箱は適当にテープで再梱包した上に紐で十文字に縛られ、まるで波平さんが飲んで帰宅するときに手に下げている、折り詰めの状態でした。
とはいっても中身は寿司などでは無く、写真のとおり心なごむ可愛いタペストリーや、カーテン、テーブルクロスたちです。
これから写真を撮ったりページを作ったり、ゴールデンウィークまでには終わらせるつもりですが、どうなることやら・・・。(ひとごと?いやいや、私のこと。)
相変わらずお待たせしてしまっていますが、どうか許してくださいね。
ミタ
それと、日本の郵便局の名誉のために。Japan Postでは開梱後、美しく再梱包してくれますよ。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

Brown is Beautiful

0724browns.jpg

色を扱う仕事をしてきたためか、嫌いな色や苦手な色というものがありません。

ただ一つ、黒だけを除いて。
どういうわけだか、黒い色に囲まれると気が重くなるのです。服も冠婚葬祭用以外はほとんど黒を持っていません。

なのでインテリアでも、ファッションでも色で引き締めたいときは、黒ならぬ茶が登場します。茶って結構便利に使えるのですよね。ナチュラルにもモダンな色にも、大人っぽいのも子供っぽい色にも、男性的にも女性的な色にも合うのです。
そんなわけでいつの間にか集まったfukuyaの茶のアイテム。
そこで、雑誌の特集風にまとめてみました。
image.jpg

左の上からMarimekko SamovaariテーブルクロスGefle AgnetaコーヒーカップGustavsberg Viggenコーヒーカップ
中の上からGefle FontanaコーヒーカップGustavsberg Emmaコーヒーカップ、Rorstrand Anemonティーカップ、Gustavsberg Rosenbrunコーヒーカップ
右の上からGustavsberg Spisa RibbコーヒーカップGustavsberg Termaコーヒーポットです。
色でテーマを決めて、コレクションしてみてもいいかも知れません。それにしてもこうやって集めてみると、ちょっと壮観ですね。
ミタ
そんな私ですが、クリックで応援してください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

秋の栗と夏の花

0423amaria.jpg

こんにちは。
先週末スウェーデンから商品が入荷しました。
0423anemon.jpgご要望の多かったSylviaのコーヒーカップとケーキプレート(残念ながら3枚破損!!ショックです。)
それにAnemonのティーカップも入荷商品の中に入っています。
どれもピカピカでツヤツヤなのでお勧めですよ。
今回意外な掘り出し物だったのが、写真のRorstrand Amaliaです。すでに扱っているRorstrandのKastanjと同じフォルムに可愛らしい花の柄がプリントされて、花の表情がなかなか良いのです。
栗という意味のKastanjが秋の装いならAmaliaは夏の花。
ペン書きのようなタッチで描かれた一つ一つの花が、一見素朴ですが実はモダンなグラフィック。是非近くで見ていただきたいのですが、サイトではちょっと無理なので、できるだけこの魅力が伝わるように工夫して撮影するつもりです。
個性がある花達が集まって、一つのパターンとして飽きのこないデザインになっています。一年を通して使えそうですが、特にこれからの季節のお勧めの涼しげなティーカップですよ。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓