買い付けに行きます!

40年ほど前、私が生まれる前のことですが、今は亡き祖父は世界一周の旅に出たそうです。
最近になって、実は「世界半周」だったと父に聞いたのですが、それでも、見たことも無いアフリカ、東南アジア、ヨーロッパ、オセアニアの国々の話は小さかった私をワクワクさせ、いつか私も世界一周の旅に出ることが夢に。
お年玉やお小遣いをため、初めて本当に海外に行ったのが16歳のとき、それ以来機会があれば出かけ、同じ趣味を持つ人と結婚してからは更に勢いがつき、数えてみれば訪れた国はもう30ヶ国を超えていました。
それも、ほとんどが節約旅行。
今回スタッフ全員で北欧に買い付けに行くと決まったとき、頼まれもしないのに、そんな私が主導を握ったものだから、スタッフはいい迷惑だったかもしれません。
0228backpack.jpg「スーツケース?まさか!全員バックパックで機内持ち込みサイズにすること。」
「宿代は1人1泊5000円以内にします!」
「浴槽付きがいい?5000円以内でそれは無理!トイレもシャワーも共同だからね。」
と、いうわけで荷物はこの通り、機内持ち込みサイズに全員まとめました。宿も宣言どおり、1人5000円以内で確保。
物価が高くて有名な北欧ですが、個人が空き部屋や空きアパートを旅行者に貸しているところを利用すれば、比較的安い宿泊代で済みます。
今回デンマークでは、Dansk Bed – Breakfast で、スウェーデンは、Bed & Breakfast Service Stockholmという宿紹介エージェントを通して、個人所有のアパートメントを紹介してもらいました。
また、フィンランドは新しくてきれいと評判のホステル、Eurohostelに。なんと、このホステル、サウナ付き。さすがはフィンランドです。
出発は明後日3月2日、帰国は12日です。ご注文の発送等は帰国後になります。この間ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

雑誌「世田谷ライフマガジン」で紹介されました。

こんにちは。
本日発売の「世田谷ライフマガジン No.20」という雑誌にfukuyaが紹介されました。

特集は「自由が丘の歩き方」。fukuyaが取り上げられたのは、巻末近くの「TOPICS」コーナーです。
世田谷近辺にお住みの方以外には、あまり関係の無い雑誌かも知れませんが、もし、お休みの日に自由が丘にでも行こうかな?という方は、ぜひ
なんと、本邦初公開のスタッフ全員の顔写真が掲載されています。(恥ずかしー)

さて、Krokusカップ&ソーサーが当たるアンケートも、昨日ご好評のうちに締め切りました!
沢山のご応募ありがとうございました。アンケートの一つ一つに目を通し、あたたかいコメントに涙している私達です。
抽選準備のため、金曜日に早速ゆきの子供達が抽選くじを作ってくれたそうです。
IMG_6202.jpgゆきの報告によると・・・
「クジ作りは6歳になるミズの担当。
1から順調に番号を書いていましたが、100を越えた頃にクレヨンシンちゃんが始まり、集中力も薄れてしまい気が付けばボーッとテレビを見ていたのです。
しかし、1時間ほどかけてなんとか応募総数分は数を書き上げました!
3歳のスズは抽選担当のはず・・・
スズも書きたい、スズも・・・、っといつもありがちなスズの邪魔しマンの登場です。
「スズはちょっと待ってって」っと言っても待てないスズは、自分でどこからか紙を出してきて、お姉ちゃんの隣に座り、同じようにクジらしきものを書いていました。
『スズはクジ引いてね』っとお願いをすると、嬉しそうな顔をしながら『うん』っと。
自分の役割を与えられ満足げな表情をしていました。」

とのことです。
ミズちゃん、鉛筆握る手に力が入りすぎて色が変わっちゃっていますね。
いよいよ、抽選は今日。
結果はホームページ上でご報告します。お楽しみに。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

主婦のひそかな楽しみ

こんにちは。ランチはもう済みましたか?
主婦のランチは残り物の処理や、簡単に手近にあるもので済ませがちなものですね。
でも、せめて盛り付けくらいは可愛くして、気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。
0223market.jpgこちらは、可愛らしいイラストで人気の、FiggjoからMarketシリーズです。
華やかに見えますが、実はグリーンだけで表現されていて、イラストを描いたTuriさんのセンスを感じます。
トマトサラダが入っているのは、小さなソースボード。ソースだけではなく、こんな風にサラダを盛ってもステキです。
グリーンのイラストが赤いトマトを引き立ててくれて、昨日の残りものだって、グレードアップして見えます。
下のお皿は、今回入荷したスクエアプレートです。細長い形は案外便利で、いろいろな場面で活躍してくれます。
忙しい家事の合間の、ひそかな楽しみ。
一人の食事時間も、ウフフと笑みがこぼれてしまいますよ。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

スウェーデンから来たライオンだー。

おはようございます。
昨日も、怒涛のように撮影、検品をしました。
さて、これからアップする商品に、Fukuya初のKosta Boda製品が入っています。
コスタボダとは、スウェーデンを代表するクリスタルブランドですが、初めてその名前を聞いたのは、15年位前のこと。
仲間内で一番早く結婚する子に、お祝いはなにがいい?と尋ねると「コスタボダなら何でもいい」と返され一同ポカンとしたことを思い出しました。
「こす・・・ぶた?」「なにそれ?」「なんでも六本木にお店があるらしいよ」「え!そんな所まで行かなきゃ売ってないの!」
それ以来、”コスタボダ”という奇妙な名前が記憶に刻み込まれたのです。
そして、これが今回入荷のコスタボダの製品です。
0222lion.jpgガオー
ライオンだぞー。

写真では大きく見えますが、実際のサイズは手のひらに乗るとても小さいもの。顔つきもよく見れば、とぼけたお間抜け顔で可愛いのです。
Kosta Bodaの70年代につくられた、ZOOシリーズの一つと言うことは分っているのですが、デザイナーがよく分りません。
ZOOシリーズについて調べてみると、でるわでるわ、Erik Hoglund、Bertil Vallien、Vicke Lindstrand そしてLasa Larsonの名前まで。
もしかすると、このシリーズは一人のデザイナーではなく、様々なデザイナーがデザインを提供したのかも知れませんね。
このライオンに関しては、これより一回り大きいものにBertil Vallienのサイン入りが有るということが分っているので、彼のデザインではないかと推測しています。
デザイナーの名前など分らなくても、この製品の魅力には何の関係もありません。見ていると心が和んでくる、癒し系の姿かたち。
動物好きが高じて、昔ケニアのサファリにも行ったのですが、残念ながら雄ライオンが見られませんでした。
そのかわり、せめてこの子がお婿に行くまでは、デスクの上を指定席にしばらく和ませていただこうと思っています。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

入荷パニック続き

おはようございます。
大量入荷明けの昨日、身内の手まで使って検品、整理をしました。
作業しながら、常に頭を離れないのが
「さてさて、どうやって次の作業を進めようか」と言うこと。
頭の中で、商品を仕分けしていきます。
0220nyuuka1.jpgその1:幼なじみ編
これらは長い付き合いなので、あまり悩まず、仲良くお付き合いできそうです。

0220nyuuka2.jpgその2:昔の友達編
この人たちは、fukuyaでは初お見えですが、昔付き合ったことがあるので、要領はわかっています。思い出せばすぐに仲良く出来るでしょう。

0220nyuuka3.jpgその3:習い事友達編
初めてお目にかかる方たちなのですが、これまでも似たようなタイプとはお付き合いしているので、何とかなるでしょう。

0220nyuuka4.jpgその4:赤の他人編
問題は、この子達。
Cathrineholm(キャサリンホルム)のホウロウポットたちですが、このタイプとお付き合いするのは初めて。
なんだか、ものすごーく後回しになりそうな予感がする子達なのですが、アンケートでもご要望の多かったアイテムですので、なるべく早くお知り合いになりたいと思っています。

これから撮影に入ります。撮影の前段階として、今朝近くのジムで腿と腰のウエイトトレーニングを1時間こなしてきました。
これで、長時間の中腰での撮影も大丈夫。
がんばります。
ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓