フィンランドで小腹が空いたから

買い付けでは郊外を周るので小腹が空いても気の利いたカフェやベーカリーがすぐに見つかるなんてことはありません。でも大抵の郊外の小売店にはちょっとした喫茶コーナーがあるので、寛いでいる地元のオジサンやオバサンに混ざって一息つくことがあります。ここもその一つ。

ガラスケースに並んだ、フィンランドならではのスナックの中から、Voisilmapulla(ヴォイシルマプッラ)とRahkapulla(ラハカプッラ)のどちらにするか迷って、結局両方にしました。ちなみに四角いドーナツはMunkkipossu(ムンッキポッス)といい、直訳すれば”豚ドーナツ”。端っこを豚の耳に見立ててちょっと引っ張って成形し、中にジャムが入っています。

閑話休題。プッラはフィンランド語で、こういった菓子パン(発酵菓子)のこと。ヴォイシルマプッラは「バターの目のパン」という意味で、中心に砂糖バターが入っています。ラハカプッラはラハカというサワークリームのような発酵乳を砂糖で甘くしたものが中央に入っています。

紅茶はムーミンのイラストの描かれたティーバッグにしました。あんまりにも前の事でフレーバーの種類が思い出せませんが、美味しかったのは覚えています。

また別の日に、倉庫型ショップの前にテーブル一つの小さな屋台が出て、おばあさんが店番をしているのが目に止まりました。ここには何度も来ていますが、店頭で何かを売っているのは初めて見ました。日曜日だったので、寄付か何かの関連で近所の方が出店していたのかもしれません。

プラスチックの覆いの下に並んでいたのは、フィンランドのスナック、リハピーラッカ(肉ピロシキ)。

紙には「今日揚げたリハピーラッカ 1個2ユーロ」とあります。

お店のオーナーさんが「彼女のは美味しいわよ、私を信じて!」と勧めてくれました。

1個買い求めて、その場を離れながら食べてみると、美味しい!

今まで何度かフィンランドでリハピーラッカを食べましたが、油っぽくて気持ちが悪くなる、具が少ない、味がイマイチと、あまりいい思い出はないので、正直言うと期待していませんでした。ところが、これは具がびっしりと入って丁度いい味付け、外側はカリッと香ばしく、生地はふんわり。

踵を返して販売のテーブルに戻り、知っている数少ないフィンランド語「Hyvä(美味しい)」と言い、もう1個くださいと身振りで伝えると、シャイで目をあまり合わせてくれなかったおばあさんが恥ずかしそうにニッコリしてくれたので、私も嬉しくなりました。

いや、しかし、おばあさんの手作りという贔屓目なしで、今回のフィンランド滞在で食べたもので一番おいしかった。

そうやって時々オヤツでパワーを補給しながら買い付けたものたちです。

マリメッコの古着を少し買ってみました。

こうしてまだまだフィンランドは続く。

ミタ

古いボタンたち。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド買い付けスタート

さて、フィンランド初日は、とりあえずの肩慣らし。いよいよ本格始動、の前に宿から目的地までの途中にある馬牧場で馬がごろんと横になって寝ていました。馬は立って寝るものですが、安心できる環境では横になるとは聞いていましたが、見たのは初めてなので、驚きのあまり撮影。

ちなみに、この馬はノルウェーのフィヨルド馬で小柄で大人しく、乗馬向きとか。馬に乗った少女たちが雪道を森の中へと消えて行くのを見ました。

このフィヨルド馬は鬣がツートンカラーなのが特徴です。2014年の10月に撮影したこの写真は鬣を短く刈っていたのでツートンカラーが良く分ります。

さて、馴染みのショップへ。3月に息子さんが産まれたので(以前から3月が予定日と知っていたので、今回の買い付けを出産後にずらしたという裏話があります)出産祝いを渡すと、わざわざ奥さんに電話して赤ちゃんを連れて来てくれました。生後5週間なのに、鼻が高くて顔立ちがしっかりしているのは、さすが西洋人。

では一緒にお茶でも…とベビーカーに赤ちゃん残したまま、奥さんも自分も中に入ったのにはビックリ。北欧では赤ちゃんは外の寒さにさらすのが健康にいいと、ベビーカーに残したままにするとは聞いていましたが、実際に目の辺りにするとヒヤヒヤします。

チラチラ窓から外のベビーカーを見ながらお母さんの手作りケーキを頂きました(一方両親はゆったりかまえていました)。

買い付けたものたち。

もう2ヶ月半も前なので、これからアップするものだけでなく、既にアップして完売したものもありますね。

買い付けを終えて宿に戻ると、珍しくスムちゃんが屋根の上にいました。地面が雪が残って冷たいから、あまり歩きたくないのかな。

フィンランドの買い付けは、もう少し続く。

ミタ

「チキチキマシン猛レース」を思い出した。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ストックホルムからヘルシンキへフェリーで移動

すっかり梅雨入りしましたね。さて、2018年春の買い付けレポート続きです。

ストックホルムでは博物館3つ訪れ、どれも大変感動したのですが、感動が大きくて上手く感想をまとめることが出来ません。そのうち落ち着いたら書きますね。なので、今回はスウェーデンを終了しフィンランドへ行く話から。

久々にフェリーでストックホルムからヘルシンキへと向かいました。フェリーはバイキングライン。

さようならスウェーデン。

離れ行くストックホルムを動画で撮影しました。

スウェーデン、フィンランド間のフェリーにはシリアラインもありますが、食事(ビュッフェ)の内容がいいのでバイキングラインを選んでいます。こちらは前菜コーナーです。

エビやサーモンがあるのが北欧らしい。

次はメインコーナー。魚系。

肉系。

盛り合わせ。

デザートコーナー。

食後のチーズも。外食でデザートを断ると「チーズは?」と聞かれることがありますね。私にとってチーズに食後のイメージは無いのですが、欧米ではデザートの一部。

デザートを全部盛りにしてみました。

これで夕食は終了。夏には及ばないものの、4月も日本に比べれば日の長い季節。夜の8時ごろでもまだまだ明るいスウェーデン。向かいのテーブルのカップルが席を外したタイミングで写真を1枚撮りました。

船にはスウェーデンとフィンランドの国旗がたなびいていました。

スウェーデンとフィンランドの時差は1時間。船内の時計には短針が2本。

一晩寝て、翌朝にはフィンランドに到着です。朝食はカフェテリアでとりました。

サンドイッチやパンだけでなく、お菓子も豊富に用意されていました。

フィンランドに上陸して、とりあえず1軒目へ。以前からお付き合いのあるショップですが、新しい場所に移転して初めて行きました。今一つ品揃えが良くなかったので、あまり量は買い付けませんでした。

ここではお願いしていたものを受け取る程度でいつもの宿へ。

スウェーデンは冬服では汗をかくほど気温が高かったのに、フィンランドの宿の裏の畑にはまだ雪が残っていました。やっぱり北なんだなあ。

宿猫のスムちゃんとも再会。

さあ、フィンランドでの買い付けがスタートしました。

続く。

ミタ

スムちゃんのび~。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フクヤのワークショップ、大きなバスケットを編む

こんにちは。ワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。ワタシのへやがあたらしくなりました。

それで今日は大きなバッグをあんだお話です。先生はしずく堂さんです。

5月27日と28日に8人ずつでやりました。

教えている先生。

水色の人。

赤の人が先生に教わっているところ。

それで赤の人が出来たところ。

あと緑の人はTakkuさんのところでブレスレット作ったんだって!

それで最後に先生が仕上げを教えているところ。

みんなちゃんと覚えておうちで出来上がったかなあ。

しずく堂さんは7月になったら別のもやるから来てね。

かぎ針で編む三角ショール

ねこ顔シルエットのバスケット

あとスタッフがさがしていた靴下が見つかったって言ってたから良かったと思います

じゃね!

みりん(猫営業部長)

※探し物は部長の胸の下です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

デンマークのディッシュクロスを編む

昨日、一昨日と編み物作家のしずく堂さんのワークショップがありました。その合間を縫って、彼女からかぎ針編みを教わってディッシュクロスを編みました。糸もしずく堂さんからの提供。

編み図はデンマークの「easy crochet dishcloths」から。もともとはデンマーク語の本を英訳したものです。

出来上がり全貌。本の編み図の半分くらいの大きさです。

本はデンマーク人の友人にプレゼントされたもの。去年に私が彼らのサマーハウスに宿泊した時に、キッチンにあった手編みのクロスを見て感激していたのを覚えてくれていました。

サマーハウス滞在記については下記リンク先からどうぞ。
デンマークのサマーハウスへ
心遣いがとても嬉しかったのですが、彼女の誤算は私が編み物が出来ないこと。一般教養として編み物が出来る北欧の人にしたら想像も出来なかったのかも知れません。そこで、しずく堂さんに登場してもらった訳です。私にはチンプンカンプンの編み図を読み解くのは魔法を見ているみたい(しずく堂さんのワークショップについては、改めてブログにアップしますね)。

実はそのデンマークの友人一家は4月から5週間日本旅行をしていて、長い旅の最初と最後の1週間ずつ我が家に宿泊していました。滞在中に渋谷に1年前に新装開店したデンマークのビアバー「ミッケラー」に一緒に足を運びました。

私はビールは苦手なのでシードルを。

デンマークのミッケラーにはフードは無かったのですが、日本のミッケラーには結構しっかりとしたフードがありました。飲みながら食事をする日本の文化に合わせたのかな。

デンマーク風のオープンサンド、ミートボール、ポテトサラダのメニュー。全然期待していなかったのですが、どれもおいしくて嬉しい誤算でした。

それは兎も角、そうやって、プレゼントしてくれる友達がいて、教えてくれる友達がいて、初めて出来上がった私のディッシュクロス。大切に使います。

ミタ

同じ本が日本のアマゾンでも買えるようです。ご興味があれば下記リンク先をご覧ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓