最初の1個は国王が

2月21日にアップする商品について調べていたら面白い背景があったので自分用の備忘録を兼ねて書きます。

スウェーデンで買い付けたガラスの花瓶。裏にエッチングされた文字からメーカーはReijmyre(レイミューラ)、シリーズ名はKungapokalen(クンガポカレン)。

表面には王冠が浮き出すように連続模様で描かれています。

裏のエッチング文字はハンドライティングなため読みづらく、何と書いてあるのか読み解くにはちょっと時間がかかりましたが、それさえ読めればあとは背景が分かってきます(分からない場合も少なくはないですが)。

デザインはPaul Kedelv(ポール・ケドルフ 1917-1990)。彼は1931年(14歳)からオレフォスで職人として修行を積み、1949年から1956年はFlygsfors(フリーグスフォース)で、1956年から1977年はレイミューラでガラスデザイナーとして活躍。他にもフリーデザイナー として多くのメーカーにデザインを提供しました。

このクンガポカレン花瓶は1975年から数年間製造されました。その間、数千個が作られましたが、主にレイミューラの敷地内売店で販売され、一般市場にはあまり出していなかったそうです。

面白いのは、最初の1個は1975年5月27日にスウェーデン国王カール16世グスタフがガラスを吹いて作ったということ。ちなみにクンガポカレンとは「国王の杯(トロフィー)」の意味。

この日に国王が訪問すること、吹きガラスを体験することが分かっていて、特別に用意したデザインだったのではないかなあと想像しています。王冠入れようよとか、トロフィーの形はどうかなとか、考えて。 そうやって作った記念デザインだから、工場内での販売に限っていたのでしょうか。

ちなみに下の写真は1976年の国王カール16世グスタフです。吹きガラスを吹いているところ、この写真の姿で想像しています。

King Carl XVI Gustaf Inside A Ford Car

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

あ、AAさんですよね!

熱心な読者なら覚えているであろう、私が1月23日に書いた謎のティーカップについて…。

えーと、熱心でない大半の読者の皆さま。こんにちは。

私、1月23日にアラビアの手彩色のカップについて、恐らくバックスタンプにある「AA」はデザイナーではなく絵付師のイニシャルで、製品は個人的な楽しみのために作ったものでしょう、とかなんとかいう感じの事を書きました。宜しければ下記リンク先からお読みください。

優しい草色のティーカップ

で、ですね、来週の新着を準備していたところ、見つけちゃいましたよ。

AAさん!

アラビアの手彩色の製品ロゴには「デザイナーのイニシャル/絵付師のイニシヤル」も書かれています。この場合、スラッシュの手前にはAnja Jaatinen-Winquist(アンヤ・ヤーティネン=ウィンクヴィスト)のイニシャルが、スラッシュの後ろに絵付師イニシャルのAAがあります。

この手彩色のカップが最後に入荷したのは2012年の2月ですので、ほぼ7年ぶりの再入荷です。さすがAAさんと思えるきっちりとしたぶれない絵付け。2月21日のアップを予定していますので、お楽しみになさってください。

なお、既にアップ済みのAAさんのティーカップは残り1個になりました。ご興味のある方は下記リンク先からご覧くださいね。

Arabia 手彩色ティーカップ (緑の花)

ミタ


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

ワークショップ、フィンランドの手工芸

こんにちは。ワークショップ担当の猫営業部長のみりんです。1月にやったさいごのワークショップはフィンランドのタックのヘイディさんが教えたフィンランドの手芸でした。

午前中と午後とあって、午前中は袋に刺繍して、午後は袋につけるハンドルを作りました。両方をやってもよかったし、片方でもよかったです。

ヘイディ先生

刺繍はフィンランドで小学校でみんなやるやつのテクニックで作ります。日本では「スウェーデン刺繍」っていう名前のとおんなじ感じなんです。スウェーデンとフィンランドの手工芸はにているってスタッフが言っていました。

ヘイディさんが教えているところです。

それで午後はバイキングの時からやっているかもしれない方法でひもを作ります。スタッフがリリアンみたいな感じねって言っていて、スタッフくらいの年の人はみんなリリアンやっていたんだって。

みんな上手にできたかな?

どっちも宿題になったからがんばって作ってね!

じゃね! おやすみなさい。

みりん(猫営業部長)

スタッフです。この講座はもしかしたら5月にまた開催するかも知れません。開催の際には当店のホームページ、ツイッター、フェイスブック、メールマガジンにてお知らせしますので、ご都合の良い方法でご利用ください。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランド映画『マン&ベイビー』大変なのは男だからじゃない

渋谷のユーロスペースにて現在開催中の北欧映画祭『トーキョーノーザンライツフェスティバル2019』でフィンランド映画『マン&ベイビー』を鑑賞しました。

『マン&ベイビー』 は2017年のコメディ映画で、クスクスと笑う場面が多く、基本善人しか出てこず、観終ってから考えさせられる良作。

無事に出産を終えた妻のピアが「母親にはなりたくない」と、病院からタクシーで失踪。アンティは、生まれたばかりの息子と2人残され途方に暮れるが、それは怒涛の日々の始まりだった…!子育て先進国フィンランドから届いた育児奮闘コメディー。男とは?仕事とは?そして子育てとは!?すべてのシングルファーザーへ捧げる応援歌。

トーキョーノーザンライツフェスティバル2019 公式サイトより

予期していなかった一人での子育てに突然放り込まれたアンティは何から手を付けていいのか全く分かりません。なにしろ妊娠中からノイローゼ気味だった妻に地域の子育て支援制度、いわゆる“ ネウボラ”の両親教室に行くことも拒絶されていたのですから。

数時間おきの授乳、おむつ替え、体をきれいに保ったり、寝かしたと思ったら起きてしまったり…。充分に寝ることも休むことのできない怒涛の日々が始まります。家は散らかり、自分の食事もままならない。もちろん仕事になんか行けないので、会社には1年の育児休暇を申し出ます。

やや仕事に未練がましいアンティに、あっさりと1年の育児休暇が出され、それどころか上司や同僚全員で拍手で送り出すのは、フィンランドだなあという場面。フィンランドは育児休暇中でも給料の70%程度支給されるそう。

初めての育児にストレスMAXなのに、ネウボラの担当者には、子供を福祉施設に取り上げられることを恐れたのか「問題ありません」と何もない振りをしてしまう。けれどもベテラン職員にはお見通し(この職員さんがジュディ・デンチ似なため私の中で、この人なら何とかしてくれると、謎の信頼感が生まれてしまった)。

ところで映画を観ながら、
<途中でアンティが育児を放棄→赤ちゃんが危険にさらされる→アンティが反省→「パパが悪かった」と愛情を強く意識する>
なんて展開もあるんじゃないかしら、と予想したのですが、そんなベタな想像は裏切られ、最後までアンティは疲労と闘いながら、責任と愛情を持ってまっとうに赤ちゃんを育てていく点が逆にリアル。

努力してママ友を作ってみたり、 ネウボラや、隣人家族に助けてもらったりしながら、経験を積み徐々に子育てのペースをつかんでいくアンティ。自分の時間が欲しいと嘆き、目の前の事に対処するのに必死だったアンティが、赤ちゃんのいる日常をこなし、未来について自然に考えるようになる、そんな彼の成長物語。

この映画は父親が子育てに奮闘する姿を描くことでドタバタコメディに仕立て、見ている方もアンティに同情しながらも笑っていられますが、もしもこれが母親なら?

遊びに行きたい、会社に戻りたい、自分の時間がない、と嘆く母親を描くと、「母親失格」「母性喪失」なんて反発を覚える人もいるのかも知れません。

けれども、翻って考えると、アンティが子供が生まれた途端に立派に父親になった訳ではないように、女性だって子供を産んだ途端に立派に母親になるものではないですよね。実際アンティの妻のピアは「子育てなんて無理ー!」と出て行ってしまっています(興味深かったのは、ピアの事を「母親失格」と責める人が誰もいない事)。大変なのは男だからでなく、経験の無いことだから。

いみじくもアンティは公園のママ友から男が子育てをすると褒められるのに、というような事を言われます。ママ友にはシングルマザーもいて、彼女もアンティと同じように孤軍奮闘し、十分に睡眠もとれない日々を過ごしているハズ。でも母親なら当たり前と見過ごされてはいないかな、そんなことに気が付くのです。

子育ての経験のある人は「あるある」と共感する部分が多いのではないでしょうか。また誰でも自分の親はこんな大変な思いをして育ててくれたのかと思いを馳せるようになるかも。

2月9日の初上映以降は、2月11日(月)21:30、2月15日11:30にも上映があります。また15日の上映後にはフィンランド大使館のマルクス・コッコ参事官によるフィンランドの子育て事情についてのトークショーが予定されています。

詳細は下記リンク先からご覧ください。
トーキョー ノーザンライツ フェスティバル

『マン&ベイビー(Yösyöttö / Man and a Baby)』
監督:マルヤ・ピューッコ Marja Pyykkö
2017年 / フィンランド / フィンランド語(Finnish) / 86min
字幕:日本語・英語【With English subtitles】

ミタ

この映画は周囲の登場人物も実に魅力的です。


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

フィンランドの名前ネタと映画と展覧会のお知らせ

映画『かもめ食堂』でTommi(トンミ)という名の青年が漢字で名前を書いてくれと頼み「豚身」と書いてもらうシーンがあります。あまりにも強烈な印象なので、以来アラビアのTammi(タンミ)シリーズの商品説明を書くときにうっかりトンミと書いてしまって、いかんいかんと書き直すことがたまにあります。

Arabia Tammi(タンミ)

実は、10年くらい前でしょうか、初めてタンミが入った時に思い込みが邪魔をしてトンミだと勘違いしたまま商品説明に「フィンランドの男性の名前」と書いてしまいました。

いま日本のショップで“タンミはフィンランドの男性の名前”と書かれているのを見る度に冷や汗が出ます。多分、出処はうちだ…。

では、タンミとは何かというと、フィンランドで使われる苗字です。意味はオーク(ナラの木)。フィンランドの男性の名前、の出処がうちだとほぼ間違いないと思う根拠は、調べれば名前でなく苗字と分かる事だから。

ということは、トンミ・タンミさんがいるのかな。なんて小ネタを言いたかっただけで今日は書いてしまった。

アラビアのタンミに興味が湧いたら下記リンク先からどうぞ。
Arabia Tammi

そして別のお知らせ。アイスランド映画『たちあがる女』と、フィンランドの陶芸家『ルート・ブリュック展』のチラシをお店でお配りしています。ネットでご注文の方には同封しますね。

『たちあがる女』は3月9日より全国ロードショー、『ルート・ブリュック展』は4月27日の東京を皮切りに1年かけて全国を巡回します。どちらもとても面白そうで、始まったら行くつもりです。みなさまも宜しければぜひ。

映画『たちあがる女』公式サイト
http://www.transformer.co.jp/m/tachiagaru/

『ルート・ブリュック展』公式サイト
https://rutbryk.jp/

ではでは。

ミタ


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓