カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
===消費税増税に伴うお知らせ===

期間限定ポイント3倍!
会員限定ポイント3倍キャンペーン!
実店舗オープンは毎週日曜日
北欧ヴィンテージ食器と雑貨の店フクヤ毎週日曜日オープン
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

Upsala-Ekeby 子猫の置物(Goran Andersson)

猫をモチーフにしたウプサラ・エケビィの置物です。

Upsala-Ekeby 子猫の置物(Goran Andersson)

価格:

21,000円 (税込)

[ポイント3倍中 630ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
この商品について問い合わせる

スウェーデン、ウプサラ・エケビィの猫の置物です。ヨーラン・アンデション(Goran Andersson 1935-1989)による1960年代の作品で、親猫と3種類の子猫が作られました。どれも猫らしいポーズの一瞬をとらえていて、とても愛らしいです。こちらは3種類ある子猫のうちのひとつです。片手を上げて、ピンと立てた尻尾、餌をねだるように上を向いている顔は猫を飼っている人にはお馴染みのポーズではないでしょうか。どの角度から見ても可愛らしい猫です。

状態は良く、目につくダメージはありません。

Upsala-Ekeby社
1886年に、当初はタイルとレンガのメーカーとして誕生。20世紀に入ると、次々と同業社を吸収、合併してUEグループとして大きくなりました。 1960年代から経営が悪化し1973年に閉鎖します。その後、工場は1980年代まで運営されますが、それもやがて閉鎖。その際、同グループとなっていた、Rorstrand(ロールストランド)はFinnish Warsilaに、Kosta Boda(コスタボダ)はOrrefors(オレフォス)へと渡りました。

Gefle社
1910年創業、Arthur Percy(1923年 - 1959年まで所属)など著名なデザイナーも擁し、シンプルな家庭用食器などを製造していましたが、1936年にUEグループとなりました。その後、Gefle窯として残っていましたが、1979年に窯も完全に閉鎖しました。

商品情報

メーカー名 Upsala-Ekeby/Gefle
商品名 子猫の置物(Goran Andersson)
サイズ(cm) W9 x D6.5 x H8.3
製造年代 1960年-1967年
フォルムデザイン Goran Andersson(ヨーラン・アンデション)
デコレートデザイン

お買い求めにあたってのご注意

この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。したがいまして、どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。

ページトップへ