◆新型コロナウィルスに伴う東京都休業要請期間中、実店舗は休業いたします。
実店舗について
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

ラフなガラスの味わいが特徴的なパラシリーズです。

Riihimaen Lasi Pala 花瓶/キャンドルホルダー (緑)(高さ6cm)

価格: ¥4,500 (税込)
[ポイント還元 45ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

フィンランドのRiihimaen lasi(リーヒマキガラス)で、Helena Tynelll(ヘレナ・ティネル)がデザインしたPala(パラ)シリーズです。このシリーズは様々な大きさ、色があることで知られています。パラとは英語でPieceという意味だそうで、これは少し訳しにくいのですが「一片」とか「ひとつの」といった感じでしょうか。

同じくリーヒマキガラスで活躍した女性デザイナーのNanny Still(ナニー・スティル)の作品が洗練された美しさなら、ヘレナ・ティネルの場合は荒削りの力かも知れません。土着的でユーモラスな作品を多く残しています。このパラもわずかに歪んでいたり、エッジの部分がブツリとカットされています。少し乱暴にも見えるところに美しさが光る不思議な作品です。

小さく可愛いサイズですので、花瓶としてだけではなく、キャンドルホルダーとしても良さそうです。内側の底の角に落ちきれない汚れがありますが、気になる程度ではありません。ごく小さな欠けが縁にありますが、もともとラフなデザインなのでほとんど気が付きません。全体的には特に目に付くダメージの無い良い状態です。

パラには様々なサイズがありますが、こちらは一番小さいものです。高さが9cm、7cmのものとの比較は下の写真をご参照下さい。

Riihimaen Lasi Oy (1910-1990)

Riihimaen Lasiは1910年にAatu Paavo Kolehmaisenによって、フィンランドに設立されたガラスメーカーです。設立後、数年のうちには大変知られたメーカーとなり、国内外の数々の賞を受けるほどまで成長。やがてアートグラス以外にも工業用ガラス、家庭用ガラスの生産も手がけます。1920年代から1960年代の間には他社を吸収合併し、技術革新や才能あるデザイナーにも恵まれ、フィンランド最大のガラスメーカーとなりました。

ところが、1970年代に海外から安価な製品が多く輸入され、1960年代から日常使い用ガラスの生産に重点を置いていたRiihimaenは市場に打撃を受けます。更にオイルショックが重なり、ついに1976年にアートグラスの製造を終えることにしました。Riihimaenの経営陣が親族主体であり、Iittalaを代表する他のメーカーが、プロフェッショナルな経営陣により、Kaj FranckやTapio Wirkkalaなどを擁し、アート性で差別化を図ることに活路を見出したのに対して、遅れを取ったこの経営判断の結果、ついに1990年に製造を終了しました。

商品情報

メーカー名 Riihimaen Lasi (リーヒマエン・ラシ)
商品名 Pala 花瓶 (高さ6cm)
サイズ(cm) W5 x D5 x H6
製造年代 1964年- 1976年
デザイン Helena Tynelll(ヘレナ・ティネル)

お買い求めにあたってのご注意

この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。したがいまして、どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。

フクヤのTwitterをフォローしてくださいね フクヤのフェイスブックファンページです フクヤのインスタグラムです フクヤのインスタグラムです
新着商品のご案内です
毎週木曜日21時に新着アップ!
Worldwide shipping
ENGLISH 

商品カテゴリ

アイテムで探す

ブランドで探す

ガラスを探す

ホーローを探す

カレンダー
  • 今日
  • 店休日
  • Welcome Day



お問い合わせは、メールにてお願いします。

新着商品やお得な情報をお届けします。
下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

お勧めコンテンツ


北欧買い付けレポート
北欧買い付けレポート
フッティルーテン(ノルウェー沿岸急行線の旅)
ノルウェー沿岸急行線の旅
フッティルーテン(ノルウェー沿岸急行線の旅)
北欧のおやつとごはんレシピ

北欧ビンテージのお買い得なアウトレットとセール商品。
お得なお値下げ品です!


フクヤの著作本

北欧のおやつとごはん

最新メディア協力

最新メディア情報
北欧ファブリック図鑑

フクヤ探訪

ページトップへ