カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
実店舗オープンは毎週日曜日
北欧ヴィンテージ食器と雑貨の店フクヤ毎週日曜日オープン    
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

Riihimaen Lasi Grapponia ボトル (パープル)

光を美しく反射するナニー・スティルデザインのグラッポニアボトルです。

Riihimaen Lasi Grapponia ボトル (パープル)

価格:

0円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
この商品について問い合わせる

フィンランドのRiihimaen las(リーヒマエン・ラシ)で、Nanny Still(ナニー・スティル)がデザインしたGrapponia(グラッポニア)のボトルです。表面に付けられた大小のドットで模様を描いて、光を受けるとドットの部分で複雑に反射し、キラキラと美しく輝きます。窓辺に置いて飾りとすれば太陽の光を通し、床や壁に美しい光の模様を作ってくれるでしょう。

内側に水のミネラル分が付着した白っぽい汚れがありますが、目立つ程度ではありません。底には大きな気泡が入ってます。それ以外は特に目に付くダメージはありません。

ナニー・スティルは1949年生まれ、フィンランドの作家の中でも色彩豊かな作品を作ることで知られ、彼女の作品はガラスにとどまらす、陶器、金属、木製品まで才能を発揮しました。1950年代の終わりにはベルギーに移住し、ベルギー、ドイツのメーカーにデザインを提供しています。

Riihimaen Lasi Oy 1910-1990

Riihimaen las(リーヒマエン・ラシ)は1910年にAatu Paavo Kolehmaisenによって、フィンランドに設立されたガラスメーカーです。設立後、数年のうちには大変知られたメーカーとなり、国内外の数々の賞を受けるほどまで成長。やがてアートグラス以外にも工業用ガラス、家庭用ガラスの生産も手がけます。1920年代から1960年代の間には他社を吸収合併し、技術革新や才能あるデザイナーにも恵まれ、フィンランド最大のガラスメーカーとなりました。

ところが、1970年代に海外から安価な製品が多く輸入され、1960年代から日常使い用ガラスの生産に重点を置いていたRiihimaen las(リーヒマエン・ラシ)は市場に打撃を受けます。更にオイルショックが重なり、ついに1976年にアートグラスの製造を終えることにしました。Riihimaen las(リーヒマエン・ラシ)の経営陣が親族主体であり、Iittala(イッタラ)を代表する他のメーカーが、プロフェッショナルな経営陣により、Kaj Franck(カイ・フランク)やTapio Wirkkala(タピオ・ヴィルッカラ)などを擁し、アート性で差別化を図ることに活路を見出したのに対して、遅れを取ったこの経営判断の結果、ついに1990年に製造を終了しました。

商品情報

メーカー名 Riihimaen Lasi (リーヒマエン・ラシ)
商品名 Grapponia ボトル (パープル)
サイズ(cm) W14 x D5 x H19
製造年代 1968年- 1970年代
フォルムデザイン Nanny Still(ナニー・スティル)
デコレートデザイン  

お買い求めにあたってのご注意

この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。したがいまして、どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。

ページトップへ