カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
実店舗オープンは毎週日曜日
北欧ヴィンテージ食器と雑貨の店フクヤ毎週日曜日オープン    
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

Riihimaen Lasi Carmen キャンドルホルダー/花瓶

リーヒマエンラシ製の花瓶とキャンドルホルダーの両方に使えるユニークなアイテムです。

Riihimaen Lasi Carmen キャンドルホルダー/花瓶

価格:

5,200円 (税込)

[ポイント還元 52ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
この商品について問い合わせる

フィンランドのRiihimaen lasi(リーヒマエンガラス)で、Tamra Arladin(タマラ・アラディン)がデザインしたCarmen(カルメン)シリーズです。ひっくり返すことで花瓶とキャンドルホルダーの両方に使える楽しいデザインです。暖かい季節は花瓶として、寒くなったらキャンドルホルダーにしてみてはいかがでしょうか。明るい緑色が美しく、涼やかです。状態は良く、特に目に付くようなダメージはありません。


※参考写真

Tamala Aradin(タマラ・アラディン)1932年生まれ。アラビア社で一年間働いた後、1951年から54年までアートスクールで学びました。卒業後はフィンエアーでフライトアテンダントとして働き、その後の1959年からデザイナーとして活躍した異色の経歴の持ち主です。リーヒマキガラスがアートガラスの生産を終了した1976年以降はデザイナーを辞め馬の飼育事業を夫と共に行っています。

Riihimaen Lasi Oy 1910-1990

Riihimaen Lasiは1910年にAatu Paavo Kolehmaisenによって、フィンランドに設立されたガラスメーカーです。設立後、数年のうちには大変知られたメーカーとなり、国内外の数々の賞を受けるほどまで成長。やがてアートグラス以外にも工業用ガラス、家庭用ガラスの生産も手がけます。1920年代から1960年代の間には他社を吸収合併し、技術革新や才能あるデザイナーにも恵まれ、フィンランド最大のガラスメーカーとなりました。

ところが、1970年代に海外から安価な製品が多く輸入され、1960年代から日常使い用ガラスの生産に重点を置いていたRiihimaenは市場に打撃を受けます。更にオイルショックが重なり、ついに1976年にアートグラスの製造を終えることにしました。Riihimaen Lasiの経営陣が親族主体であり、Iittalaを代表する他のメーカーが、プロフェッショナルな経営陣により、Kaj FranckやTapio Wirkkalaなどを擁し、アート性で差別化を図ることに活路を見出したのに対して、遅れを取ったこの経営判断の結果、ついに1990年に製造を終了しました。

商品情報

メーカー名 Riihimaen Lasi
商品名 Carmen キャンドルホルダー/花瓶 (グリーン)
サイズ(cm) Φ7.5 x H13.8
製造年代 1960年代 - 1970年代
フォルムデザイン Tamala Aradin (タマラ・アラディン)
デコレートデザイン

お買い求めにあたってのご注意

この商品は実際に使用されていた、ユーズド品です。したがいまして、どうしても使用に伴う損傷がございます。目立つような傷や汚れは商品説明欄にてできるだけご説明しますが、特に明記されていなくても小さな傷や汚れがあることもあります。ご了承ください。

ページトップへ