カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
実店舗オープンは毎週日曜日
     
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

【かぎ針編み】フィンランドの糸で編む大きなバスケット

※お申し込み受け付け開始は4月27日(金)20時より致します。


■超極太の糸で作るかごバッグ
フィンランドから取り寄せた極太糸でピクニックにも使える大きなバッグを編みます。

【かぎ針編み】フィンランドの糸で編む大きなバスケット

価格:

8,000円 (税込)

[ポイント還元 80ポイント〜]
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
この商品について問い合わせる
友達に教える
友達にメールですすめる

●講師プロフィール
■しずく堂
富山県在住。
2009年から作家活動を開始。ニット雑誌や書籍での作品発表、毛糸メーカーのキット商品へのデザイン提供、各地でのワークショップなど、幅広く活動中。 中でもワークショップは、住宅機器メーカーで取扱説明書を作成していた経験を生かした、きめ細かいレシピが評判。
「普段使いで活躍するもの」をコンセプトに、現代の北欧デザインにインスパイアされた独自の作風に人気が集まっている。著書に「北欧が好き しずく堂の手編みこもの」「気分は北欧 しずく堂の編みもの時間」がある(どちらも文化出版局刊)。

■運営Website
「shizukudo.jp」

●飲み物付きです
講座終了後にお茶と歓談の時間をご用意しています。
どうぞ、お楽しみに。

. . .
日時 5月27日(日曜日) 10:00 - 12:30
5月28日(月曜日) 10:30 - 13:00
※ご都合の良い時間をお選びください。同じ方の重複したお申し込みはご遠慮ください。
場所 東京都世田谷区深沢2-15-5(フクヤショップ内)
定員 各回8名 (最小催行人数2名)
締切 定員になり次第締切
受講料 8,000円

●製作するもの
今、北欧などのヨーロッパではテープ状の極太糸でバスケットやラグマットを編むのがブームとなっています。今回はフィンランドから取り寄せた糸を使って大きなバスケットを編みます。レザー底(直径28cm、合皮)を利用して編み始めるので、間違えやすい増し目の工程がなく簡単に編み始められます。

なお、当日の時間内には完成しませんが続きはご自宅で仕上げられるようご説明いたします。<制作所要時間:約10時間>

●フィンランドから取り寄せた糸について
Tシャツ生地を糸状にした極太の糸での編み物は日本でも大人気となっていますが、リサイクル糸のため糸の太さが極端に細くなったり、つなぎ目が多かったり、色合いが1玉ごとに違ったりしているのがネックとなっています。 今回、新たにフィンランドから取り寄せた糸は手編み用糸として作られたものなので、糸の太さが一定でつなぎ目がほとんどありません。色ぶれもなく、安定した編みごごちの糸です。

なお、以前に使用したフィンランドの広幅糸よりなめらかで編みやすい糸を使いますが、太い糸での編み物は手が疲れやすいのでご了承ください。

●糸の色について
糸の色は各色限定のため、第1希望と第2希望をお申し込み時の備考欄に記入ください。
[1]ブルーグレー
[2]ジェードグリーン
[3]ダークブルー
[4]ラズベリー

●ご参加条件
細編み、長編みなど、かぎ針編みの経験があり、ご自宅で作品を完成することが可能な方。なお、太い糸での編み物は疲れやすいので、指や腕などに怪我などがありますと編みにくいことがありますのでご注意ください。

久しぶりに編み物をされる方は思い出す為の簡単な練習をしてきていただくと当日はスムーズに編む事ができます。

●持ち物について
ジャンボかぎ針10mmと材料を持ち帰るためのエコバック。(底に編みつける時に使用する8号かぎ針は貸し出します)

●お支払方法
ご予約時の事前お支払いとなります。
ネットストアを利用したお申し込みシステムですのでカード(VISA、MASTER)やPayPal、キャリア決済などご都合の良い方法でお支払いをお願いします。
※材料費込み、飲み物のサービス付き。

●会場アクセス
フクヤの店舗で開催いたします。アクセス方法は下記リンク先をご覧下さい。
店舗への交通アクセス

●お申し込み方法
下記リンク先をクリックして「ワークショップ申し込み」フォームよりお申し込み下さい。
お申し込みサイト(別サイトが開きます)
※リンク先の申し込みフォームにキャンセルポリシーについて記載がありますのでご確認の上お申し込み下さい。

※先着順にて受け付けます。お申し込みのタイミングによっては満席の場合もございますので、折り返しのご案内で受講可能かどうかをご確認下さい。
※最少催行人数2名(1週間前までに最終催行人数に達しない場合は休講の可能性もあります)

ページトップへ