北欧旅行最終日(3月31日)

120422-1.jpg
こんばんは、ダラダラと書いていたフッティルーテンの旅。ついに最終回です。

さて、上の写真はコペンハーゲン、いや、デンマークの観光ガイド本で必ずといっていい程表紙となるニューハウンの光景です。カラフルで可愛らしい家が運河沿いに並び、オシャレなレストランが軒を揃え、そしてかの有名なアンデルセンも居を構えていたという、泣く子も黙るニューハウンです。

コペンハーゲンの最終日の前日、ホテルで母に「明日はコペンハーゲン観光だけど、行きたいところある?」と聞くと母が「そうやね、やっぱりロイヤルコペンハーゲンのお店に行きたいわ。それから高いから買わへんかもしれんけどジョージ・ジェンセンは寄りたいねん。」
「それから?」
「あと、ガイドブック(「北欧のおいしい時間」のことです)に出てたナッツの屋台でナッツ買いたい」
「で?」
「まあ、そんなもんやね」

・・・・・え゛?

「あのー・・・、王宮とか、人魚の像とか、ニューハウンとか、衛兵の交代とかって
見なくていいの?
「ええ?」
「だって、デンマークに来てるんだよ。王宮とか、人魚の像とか、ニューハウンとか、衛兵の交代とか見なくていいの?」
「そう?じゃあ、行こうか?」
「いや、買物だけでもいいんだけど、でも、デンマークに来てるんだよ?」

というわけで、まるでちょっと隣街に遊びに来ているかのような母の発言に驚愕しながらも、翌日は日本に発つという最終日の3月31日、駆け足でコペンハーゲンの名所旧跡を周りました。あんまりにも駆け足だったので写真がほとんどありません。
120422-4.jpgとにかく、何はともあれ人魚の像。

120422-2.jpgそれから、アマリエンボー宮殿。

120422-3.jpgそこの衛兵たち。
ちなみに衛兵と並んで写真を撮ったのですが、時間が無い、急がなきゃと叔母と母が「ちょっとすみません!」と衛兵に声をかけながらカメラを持ってパタパタと近づいた時点で、衛兵の口元がニヤリと歪みました。

慌てて写真を撮り終わり「どうも、すみませんね」と叔母が頭を下げた瞬間・・・・
あの衛兵がぶっと吹き出して、あわてて真顔に戻りました。
私、衛兵が笑ったの初めて見ましたよ。

それから、冒頭の写真のニューハウンに移動して、ローゼンボー城の博物館で宝物鑑賞。この博物館に収められている王冠の素晴らしさは一見の価値ありでした。
120422-5.jpgお昼になったので、最近イスラエル広場に出来たフードコートでランチです。

その後、母待望のお買物タイム。

なんだかもう、ものすごく慌しくて、一日に沢山周ったので、写真が少なく記憶も曖昧になっていますが、とにもかくにも、こうして北欧家族旅行は終わったのです。

・・・・・いや、終わっていない。

実は最後に立ち寄ったインテリアショップのイルムス(Illums)で母が父のお土産に買ったシェービングブラシをカウンターに置き忘れてきてしまったのです。

そんなわけで、イルムスのインフォメーションに保管してあるというそのお土産を、来月の買い付けの時に取りに行くことになりました。
そう、シェービングブラシを回収して、この旅行は文字通り”無事”終了となる予定です。

さて「フッティルーテンで旅をした」というと「高かったでしょう?」と聞かれたのですが、実はそんなにかかってはいません。

今回の旅にかかった費用は下記です。
●航空券(2011年6月時点)
成田→コペンハーゲン
コペンハーゲン→オスロ
キルケネス→オスロ
オスロ→コペンハーゲン
コペンハーゲン→成田
109,570円(全路線、サーチャージ込み)
●ナットシェル(2011年12月時点)
オスロ→ベルゲン(フロム鉄道とフィヨルドクルーズのセット料金)
22,300円
●フッティルーテン(北行き6泊7日)(2011年6月時点)
エクスカーション(犬ぞり、トロンハイム観光ツアー、ノールカップ観光ツアー)込み
159,833円
*フッティルーテンだけなら1,052ユーロ(2011年6月現在)
ここに別途、初日のオスロ1泊、翌日のベルゲン1泊、最終のコペンハーゲン3泊のホテル代と、空港から市内に出たときや、市内の移動に使った交通費はかかりました。また、もちろん船に乗っていないときは食事代もかかります。

物価の高い北欧。ちょっと食事すれば数千円になってしまう国で、フッティルーテンは3食(それもかなり立派な)に宿泊、移動付きと思えば決して高く無いと思うのです。季節によって価格は違うらしいのですが、今は当時よりもユーロが下がっているので、もう少しお安くなるかも知れません。

次の旅行はノルウェー沿岸急行船を考えてみてはいかがでしょうか?何度も乗られている方もいらっしゃるのも分るくらいノンビリ、ゆったりとした船旅でした。個人的にはまた機会があれば行ってみたいと思っています。

そして、その翌日の4月1日、コペンハーゲンから成田へと飛び立ちました。

今回の旅の目的の一つはオーロラだったのですが、ついに見ることは出来なかったのが残念だったね、なんて話をしながら機内でうとうととしていたとき、座席の周りが何だか騒がしく目が覚めました。

通路を挟んだ隣の席の人が窓の外を指しながらなにやら興奮した声で話しています。目の前のモニターを見ると、ロシア上空・・・・もしや。
「すみません、オーロラですか?」
「はい、向こうに見えるんです」
慌てて母と叔母を起こすと、窓際の席の方が場所を譲ってくれました(ちなみにアイスランドオーロラツアー帰りの人たちでした)。

飛行機の窓から見たオーロラはゆらゆらと光りながら帯状に空中に煌き、なんとも幻想的な光景。色は白く、言われて見なければ気が付かなかったかもしれません。
そうやって、私たちは最後の最後にやっとオーロラを見ることが出来たのでした。

ミタ

追記:
忘れたシェービングブラシは2ヵ月後の買付けで無事回収しました。
デンマークでスウェーデン王族デザインのコーヒーセット
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ということは、もしかして過去にもロシア上空でオーロラを見ていたのに、気が付かなかっただけなのか!?

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

マルメ1日観光で買物三昧♪(3月30日)

120409-1.jpg
こんにちは、すっかり間が開いてしまった「北欧家族旅行」です。前回はついにフッティルーテンを下り、オスロからコペンハーゲンに向かったところで終了していたのですが、覚えていらっしゃいますか?
その日の夕方コペンハーゲンに到着したものの、早仕舞いの北欧のこと、ほとんどのお店が締めかけているなか、駆け足でメインストリートのストロイエを端から端まで歩いただけで終了しました。
そして、翌日はデンマークのお隣の国、スウェーデンのマルメ(Malmö)に1日観光。マルメは隣国にあるとはいえ、1999年に完成したオーレスン橋のお陰で、電車でたった35分の近さです。トップの写真はそのマルメの駅。
ちなみに、スウェーデンに行くのは叔母のたっての希望でした。叔母は「コペンハーゲンには昔行ったから、今回は別の国に行きたい」と言うのですが、叔母がデンマークに行ったのは45年前に当時通っていた女子大主催の旅行でのこと。もうかなり変わっていると思うのですが・・・。
ところで、45年前の旅行では全員スーツにハイヒール、荷物には着物を入れて行ったとか(祖母もこのために叔母に着物を作ったものの、結局持っていかなかったそうです)。そして、ちょうどその頃の父のパスポートは今と違って本革製。外国とはかくも遠きものだったのですね。
120409-2.jpgさて、マルメについてまず母たちを案内したのは旧市街地(Gamla Staden)です。この旧市街は建物の愛らしさだけでなく、ハンドメイドの製品を並べたセンスのいい小さなお店が並ぶForm Design Centerがあり、買物好きの母と叔母にはぴったり。

120409-13.jpg中でもお勧めがFönstret åt gårdenで、去年購入したPeter Kleist氏作のこの作品。
なんと、この真ちゅう製の立体作品(台紙は葉書サイズ)が1点50クローネ(約600円)ですよ、奥さん!
(額は日本で購入したものです)

これには母も叔母も姉も夢中で、沢山ある作品から好みのものをいくつも選んでいると、品のいい年配の男性がふらりとお店に入ってきました。
その男性こそ作者であるPeter Kleist氏!ひゃー。
120409-3.jpgわたくし、スッピンでしたが、このチャンスを逃すまいと、ここは思い切ってお願いし、記念写真を撮らせて頂きました。
写真に慣れていないので、緊張した顔で写っちゃいました(隣は母、一応本人の許可済み、修正しろとの指示でしたが、修正なしで出しちゃいました)。

120409-14.jpgその上、厚かましくも「この作品とこの作品を組み合わせて台紙に張ってサインしてください」とお願いしたところ、快く了承してくださいました。
左側の木はやや大きいので95クローネ、合わせて145クローネ(約1700円)でした。
とうとうオリジナル作品まで作って頂きましたよ、奥さん!

120409-7.jpgPeter Kleist氏は主に七宝の作品を作っています。2002年と2004年には日本での展覧会で入賞されたそう。こちらは2002年に入賞したときの作品と賞状です。
彼の他の作品は下記のホームページからご覧になれます。
Smycken & Skålar
お店には七宝のアクセサリーも置いてあり、どれもアート作品としてはリーズナブルなので、お勧めです。

旧市街のほかのお店でも手作り作家によるフェルトアクセサリーの買物などして、次に立ち寄ったのが、旧市街から少し離れた場所にある、これも地元の作家の作品を集めたセレクトショップFormargruppan。陶器、ガラス、金属、服など様々な作家による様々商品が並び、見ているだけでも楽しいのですが、お土産に丁度いいお手ごろ価格なのに個性的で実用的な品も手に入ります。
旅の始まりから友人たちへのお土産探しをしていた母と叔母は、ここで満足の出来る買物ができたようです。とても素敵なのですが、母の友人たちもこれを見ているかもしれないので何かは秘密にしますね。
さて、お昼は、Formargruppanのすぐ近く「北欧のおいしい時間」で紹介されていたLilla Pへ。
120409-4.jpgLilla Pはお魚屋さんの奥にあるセルフサービスのカジュアルダイニングです。

120409-5.jpg魚やエビの並んだショーケースの脇に数席のテーブルがあります。

120409-6.jpg私たちはフィッシュスープを注文。
たっぷり魚介類が入ったスープもさることながら、食べ放題のフォカッチャも香ばしくてとても美味しかったです。

120409-8.jpgそして再び色々なお店を覗きながらブラブラ旧市街に戻ると、ものすごい数の自転車が!

120409-9.jpgこの日は金曜日。沢山の人が早く仕事を終え飲んでいたのですね。とにかく自転車の数よりもずっと多い、人、人、人!みんなお店に入らずに外でわいわいと飲んでいます。
そろそろお腹も空いたけれど、こんなに大騒ぎしているところで食べたくないし・・・と夕食はマルメ構内に新しく出来たフードコートで頂く事にしました。このフードコートにはお昼を食べたLilla Pの本店、Johan Pも支店を構えていて、出店クオリティはなかなかです。
120409-10.jpg私たちが選んだのは、このSmå Smörrebröd。”小さな(北欧風)オープンサンド”という意味の店名で、北欧にしては小さめサイズのオープンサンドのお店です。

120409-11.jpg小さいとはいえ、そこそこボリュームがあり、工夫を凝らした具の数々は美味しく、日本人の女性なら3個も食べれば満足できる量です。

120409-12.jpgテイクアウトにも対応しているので、マルメに滞在ならここで買ってホテルで食べる事も可能。これはテイクアウト用の箱に入れているところです。
また、カウンター席とテーブル席があるので、ゆっくりお酒を飲みながら食べる事も出来ますよ(駅なので人の往来はありますが)。

素敵な街並みを眺め、ここでしか手に入らない記念になるような買物をして、美味しいものを食べて、大満足の1日でした。
ミタ

フェルト作品のお店では、お店の女性がスウェーデン語、叔母が日本語で話しているのに、見事に会話を成立させていて大笑いしました。コミュニケーションって時には言語を超えますね(買物という限定された状況ですが)。

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

最後の寄港地キルケネス(3月29日)

120406-1.jpg
フッティルーテンの旅は7日目にいよいよ下船です。
船は北行き最後の寄港地キルケネス(Kirkenes)に到着しました。この後、船は折り返し、同じ航路を南へと下ってゆきます。ここで旅を終える多くの人々を、そのまま南の往路を行くために残る乗客たちが手を振って見送ってくれました。
120406-2.jpg下船するとキルケネス空港行きのバスに乗り換えます。バスのチケットは船の中で予め購入しておきます。
たった1週間でしたが、船に運ばれながらの3食付きの旅は、移動の心配も食事の心配も無く、何も考えないゆったりとした時間が流れていました。
船の旅は高価と思われがちですが、フッティルーテンはノルウェーでは日常の足として使われている船なのでそれ程お高くはなく、3食・宿泊・移動付きと思えば、むしろホテルに宿泊して旅をするよりも安いかも知れません。
豪華客船のようにショーがあるわけでも、映画やゲームセンターのような娯楽が用意されているわけでもありませんが、その分何にも邪魔されない貴重な時間と素晴らしい風景が用意されています。むしろ私には、豪華客船と違い、レストランでも船内でも普段着で過ごせる気楽さが性に合っていました。
もちろん、その分船室は狭いのですが、普段はロビーやカフェエリア、人気の少ないライブラリーで寛いだ格好で過ごせるので何の問題もありませんでした。
船窓からの流れ行く光景を撮影しましたので、お時間が有るときにでもご覧になってください。天候の悪い日に窓越しに撮ったので、やや画像が悪いのですが、約25キロというゆっくりとした船の速度や、切り立った崖の真下に家が並ぶ、フィヨルドの独特の地形がお分かりになると思います。
1本目は途中ノルウェー語、英語、ドイツ語で次の寄港地(街の名前、人口)についてのアナウンスが入ります。小さくは有りますが、音が出ますので職場などでご覧になるときはお気をつけ下さい。


ご参考の為に、いずれこの旅にかかった移動と宿泊の経費をまとめようと思っています(やらないかもしれないので期待しないで下さい)。
120406-5.jpgさて、キルケネスを出たバスは空港に到着。
空港はとても小さく、ロビーはこの写真に写っているところで、ほぼ全てです。大きな電車の駅待合室程度の大きさ(インテリアはオシャレ)。
なお、この写真は私が撮ったものではなく、キルケネス空港のウェブサイトからお借りしました。この空港のホームページの写真は下記リンク先からダウンロードが自由で、そんなの誰が何に使うんだと思いましたが、ちゃんと役に立ちましたね。
Press – Kirkenas Airport

120406-3.jpgちなみに空港には小さな売店があり、そこにノルウェー名物(?)レーズンパン(Rosinboller)が3個で29クローネ(約400円/2012年4月現在)。でも、一つ一つを見れば大きさに結構ばらつきが・・・。
早い者勝ちですかね。
こういうところを製造側も客も気にしないのがノルウェーらしい。

120406-4.jpgキルケネス空港から2時間ほどでオスロのガーデモエン空港に到着。ここからコペンハーゲンへの乗り継ぎ便を待つ間、カフェで昼食。手前はその時食べた、タイ風ココナッツミルク飯。
船内での食事は美味しかったのですが、さすがに1週間連続でのヨーロッパ風のメニューは日本人にはヘビーで、なんだか胃が重くなっていたところに、アジア飯がキラキラと光って見えました(全然辛くありません)。
とはいえ、これで食べ収めかもと、ノルウェーワッフルとブラウンチーズも追加。ワッフルの横に「ノルウェーにおけるワッフルの歴史」的な英語の文章が貼ってあったのですが、食事だけでなく、横文字にも疲れていたので読みませんでした。せめて写真だけでも撮っておいて後で読めば良かったな。
ところで、肝心のオーロラですが、北極圏に入ってから天気が悪く、諦めていたところ最終日の夜はやっと晴天。ところがタッチの差でせっかくのオーロラを見逃してしまったのです!そのあと数時間デッキで粘ったものの、薄っすらとした白い雲のような光しか見ることが出来ませんでした。
それでも、さすがにオーロラ当たり年。この後、私たちは思いがけないところからオーロラを見たのです。
続きは、また。
ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
船での移動距離は約2400キロでした。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

いよいよヨーロッパ最北端(3月28日)

120403-1.jpg
フッティルーテンの船旅6日目、ノールカップ(Nordkapp)を訪れました。
120403-3.jpgその日は早朝に目が覚め、外に出てみると、雪が降っていて、どこかの港に停泊していました。時間から推測するとHammerfestという街のようです。

120403-4.jpg北極圏に入ってから徐々に北の光景になっていたのですが、山肌がすっかり雪に覆われた北国の景色に益々変化していました。

120403-5.jpg甲板にも雪が薄っすらと積もっています。

120403-2.jpg一方船内は半袖でも大丈夫なくらいポカポカ。ここはパノラマビューのロビーです。

120403-7.jpgそして、お昼頃に船はいよいよヨーロッパ大陸最北端「ノールカップ」のある街ホニングスヴォーグ(Honningsvåg)へ到着します。ちなみに、厳密には最北端ではないらしいのですが、それはそれとして・・・。

120403-6.jpg港に並ぶカラフルな家々。
船を下りると、今朝までの荒天と打って変わっていいお天気!船内から広々とした青空の広がる明るい光の元に降り立つと、叫びだしたいほどの嬉しさが体全体に広がりました。いい年なので叫びはしませんが、笑みが自然に浮かんできます。

120403-14.jpgガイド付きのバスに乗り換え、車窓から干しダラの並ぶ漁村を見ながらノールカップに向かいます。
ガイドは陽気な男性で、この町がいかに寒さが厳しく人が少ないかをネタにした自虐ギャグ、例えばガーデニングクラブに会員4名とか(つまり人が少ないうえに草花が育たないのですね)、の連発で車内爆笑。ところが私は早起きだった事と、慣れない英語に集中したせいでだんだん頭がぼーとしてきて爆睡。

120403-13.jpg気が付くとノールカップに到着していました。
海を臨むモニュメントは、澄んだ空と、ここまで来たんだなあという思いが重なり、なんだかとっても荘厳で感動的。

明日ほとんどの人がこの船旅を終了します。この日の夕食は最終日にふさわしく、豪華ビュッフェです。
120403-8.jpg。。120403-9.jpg
120403-10.jpg。。120403-12.jpg

120403-11.jpgそう、エビ、カニ祭りなのでした。

ミタ
にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
そして、この日は最後のオーロラチャンスだったのですが・・・。続きはまた。

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓

トロムソで犬ぞり!(3月27日)

120328-1.JPG
こんにちは、北極圏に入ってからずっと天気が悪く雨が降っています。
120328-2.JPG
昨日は今回の楽しみの一つ、犬ぞりをしてきました。犬ぞりは以前フィンランドのラップランドで乗った時の楽しさが忘れられず、いつかまたと思っていたイベントです。

120328-7.JPGところが、朝から降っていた雨は止む気配がなく、それどころか霰混じりになってきました。止むことを願いつつ、防寒着に着替えて準備万端。

120328-3.JPGいよいよ犬ぞりに乗ソリ(?)です。フィンランドでは5頭引きで二人一組になり、ひとりがソリに乗り、もう一人が操縦と、全て自分たちで行ったのですが、ここでは3人がソリに乗り、12頭だてと多く、操縦はマッシャーと呼ばれる専門の方が行ってくれました。
ここ3日ほど雨続きだったそうで、雪が溶けシャーベット状になった地面を犬が”えいやあ”とソリを引っ張り始めます。勢いが付くと進み方はスムーズになり、犬も興奮して嬉しそうに勢いを増していきます。
乗っているこちらは、霰が顔を打って冷たいし痛いしで最初はつらかったのですが、一緒のソリに乗ったドイツ人の50代くらいの女性が陽気で、犬の鳴き声を真似をして自分も吠えたり、ソリがはねるたびにキャーキャー言ってケラケラ笑うので、私もだんだんつられて最後には腹を抱えて笑って、笑っていつの間にか寒さが吹っ飛んでいました。
やっぱり犬ぞりは楽しい!

120328-4.JPG最後は温かな火の灯った小屋でコーヒーとチョコレートケーキをいただいて終了です。

さて、ここで突然ですが食べ物つながりで、船内施設「食事編」です。
120327-6.JPGこちらはカフェテリア、軽食や飲み物はここで購入できます。

120327-7.JPGそして、こちらは食堂。朝食と昼食はこのようにビュッフェ形式になっています。

ミタ
この日の夕食をどうぞ。
120328-5.JPG前菜はグリーンピーススープ

120328-6.JPGメインはノルウェーの伝統食、干しタラを戻したもののグリル。2、3ヶ月干したものを1週間くらい水に浸して戻すそうです。生のタラと違って、繊維が残っていて、しっかりとした食感を楽しめます。

120328-8.JPGデザートはチーズケーキ。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ..banner_03.gif
↑クリックで応援してください。
ずっと天気が悪くオーロラが見られていません。チャンスは今夜だけです。どうなるかな~?

↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓
Fukuya ネットショップ

フクヤのオリジナルコーヒー。北欧のシーンに合わせて選ぶ3つのブレンド。
hokuou-coffee.gif


No tags for this post.
↓Fukuyaのお店へはここをクリック↓