カートをみる 会員ページ(ログインと新規登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
実店舗オープンは毎週日曜日
     
フクヤのお店ブログ 商品の話、買い付け、日常   フクヤのお得なメルマガ購読とメンバー登録

【ピルタナウハ】PISARA(しずく)の柄を織る



■しずくのパターンのリボンを編む
フィンランドの伝統工芸で愛らしいしずく柄のリボンを編みます。

【ピルタナウハ】PISARA(しずく)の柄を織る

価格:

4,500円 (税込)

[ポイント還元 45ポイント〜]
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
この商品について問い合わせる
友達に教える
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る


■フィンランドの伝統手工芸を楽しく気楽に
ピルタナウハピルタナウハ織はかつてはフィンランドのどの家庭でも作っていた伝統的な手工芸です。小さな織り機を使って、模様の入ったリボンを編み、飾りや日用品に使っていました。例えば、帽子や民族衣装のふち飾り、エプロンの紐や帯として、あるいは馬勒の紐、産着や弁当箱の止めひもなどです。

さらに、昔の人々はピルタナウハをプレゼントやお守りとして使っていました。19世紀のフィンランドでは結婚時に新婦が新郎の家族にピルタナウハを送る習慣もあり、新郎は絵や彫刻で装飾されたナウハピルタ織機を新婦に送ったとか。

現在でも、ピルタナウハは多数のフィンランドの小学校で教えられています。いまでは、民族衣装だけでなく、アクセサリーやキーホルダーまたは本のしおりなどが作られています。また、携帯電話のストラップやバッグの持ち手にしたり、手芸品の飾りとして使ってもいいでしょう。アイデア次第で使い方は広がります。

そんなフィンランドの可愛らしい飾り紐を1日講座で作ってみませんか?


Heidi Huusko (ヘイディ・フースコ)
幼い頃から手芸に興味を持ち、ファション業界とデザイン業界を経験。手芸を使って、現代人のニーズを満たすのが毎日の楽しみ。オックスフォード、アムステルダムと京都で衣類の構成や布を勉強した経験も現在の職に大変役に立っている。現在は、フィンランドの手芸について記事などを書いたり、アクセサリーやインテリア用品をデザインしている。

タックの一番の目標は、皆様が美しい手芸ができるように、分かりやすい説明書を作成すること。初級から経験者まで、レベルに合わせた色々な面白く、楽しいワークショップを開催。皆さまの意見を反映して製品の改善を目指している。

. . .
日時 2017年4月15日(土曜日) 11:00-13:00
場所 東京都世田谷区深沢2-15-5(フクヤショップ内)
定員 8名
締切 定員になり次第締切
受講料 4,500円 *織り機持参の場合は、4,000円

●製作するもの
しずくをイメージした「PISARA」(読み:ピサラ、意味:しずく)のデザインです。色は写真の青以外に赤と黒の3色からお選びいただけます。お申し込みの際にご希望の色を忘れずにご記入ください。また、写真と同じヘアバンドに仕上げたい方には材料の革と銀線を別途販売いたします(1400円)。

※ご自分の織り機をお持ちの方はご持参ください(織り機持参の場合は参加費が500円割引です)。

●持ち物
ご自分の織り機をお持ちの方はご持参下さい。また、当日は織り機を無料でお貸ししますが、販売も行っていますので、ご購入も可能です(8,800円)。

●お支払方法
講座当日に全額(4,500円/4,000円)を現金にて講師に直接お支払い下さい(お釣りの無いようにご用意下さい)。
*材料費込み、飲み物のサービス付き。

●会場アクセス
フクヤの店舗で開催いたします。アクセス方法は下記リンク先をご覧下さい。
店舗への交通アクセス

●お申し込み方法
「4月15日PISARA」のタイトルで takku@takku.org に下記をお知らせ下さい。

1、お名前(読み方もお願い致します)
2、ご連絡先(電話番号か携帯メールアドレス)
3、お持ち込み道具(織り機)有り/無し/購入
4、希望の色 青/赤/黒

*お申し込みの時に織機(8800円)を予約する場合に参加費が500円割引になります。
*先着順にて受け付けます。お申し込みのタイミングによっては満席の場合もございますので、折り返しのご案内で受講可能かどうかをご確認下さい。
*最少催行人数4名(1週間前までに最終催行人数に達しない場合は休講の可能性もあります)